シャインマスカットとマスカット香とわたくし

001_20150923144902222.jpg
ぶどう界のスーパースターになりつつある「シャインマスカット」
ちゃんとしたマスカット香が強く出てるものやそうでもないものなど
バラつきがまだかなりあります。お値段なりということのようです。



「香りの立つもの」が好きだ。

独特なフレーバー(食べものを口に入れて空気が鼻に抜ける際に感じる香り)を
持つものが大変とても好きなので、すっぱいすももと評価の低いサンタローザ
(熟すと洋梨のようなフレーバーが出てくる)が大好きと言ったりして
すもも農家に「味がわからん変なやつ」と思われたりする。

ワインも日本酒も、もったりした田舎臭いフレーバーのものはダメで、
華やかな、花のようなスパイスのような香りがあるものが好き。なので、
味重視の方々にやはり「味のわからんバカなやつ」と言われる。

某D社時に担当したりんご農家がつくっていた「アキタゴールド」という
マイナーなりんごは、熟すとクローブのようなフレーバーを持つりんごで、
わたくしだけが「すげーおいしいから増やして!!」と感動して提案したが
皆の賛同は得られなかった。もちろん増えもしなかった。

農家の皆様にはわたくしの嗜好が変だとわかっていたらしい。

「華やかな香り」にヒジョーに弱いわたくしが、
さらに弱くなってしまう香りが「マスカット香」である。

マスカット香はその名のとおり、大変高価なぶどう
「マスカット・オブ・アレキサンドリア」様が持つフレーバーだが、
アレキ様の血を引くぶどうでも出たり出なかったりする。

マスカット香を持つぶどうには「ルビーオクヤマ」「甲斐路」などがあるが、
天候や熟度によって強く出たり出なかったりして
そういう不安定な香りなのか気難しいのか技術の問題かは不明だ。

甲斐路からマスカット香なんて感じたことないんだが、ある人いるんだろうか。

012_20150923144906b75.jpg
去年生まれて初めて食べた「タネありオリンピア」。
タネなしならまだしもタネありはほぼ稀少品。「幻のぶどう」と
言われる通りでめっちゃおいしかったなー。もいちど食べたい。
これはハネ出し品で形悪いけど、それでも激ウマでした。



さて、マスカット・オブ・アレキサンドリアは高温多湿の日本では
作りづらい「欧州系ぶどう」で、これらは病気にも雨にも弱く手間がかかる。
ということもあり、欧州系ぶどうはおおむね高級品である。

欧州系ぶどうに対してアメリカ系ぶどうというのもあって、
これは病気に強く作りやすいが独特の香りがあり「狐臭」と呼ばれる。
なぜキツネ? どんなニオイなんだか不明だ。

現在日本一の栽培面積を誇り儲からなくなってきたぶどう「巨峰」は
欧州系ぶどうとアメリカ系ぶどうを交配してできた品種だが、
これを筆頭とする巨峰群(藤稔とかピオーネとか)の香りはとてもよく似ていて
わたくしのバカな鼻にはピオーネと巨峰の香りの違いがわからない。

わたくしにとっては「安芸クイーンも高雄も全部巨峰じゃん!」って感じだから
「スーパーの売場には巨峰しかないじゃん!!!」ってのが最近までの話。
そんな日本の巨峰群まみれのぶどう界に、マスカット香華やかな
すんばらしい品種「シャインマスカット」が登場した。

さて、わたくしがシャインを初めて食べたのは2007年か2008年の12月である。
「12月まで貯蔵できるぶどうがあるよ。味見してみる?」と食べさせてもらったのだ。

12月にぶどうが食べたいかどうかは別として、貯蔵性の高いぶどうは
当時はスチューベンしかなかったから、これはイケる! と思った。
その時食べたシャインマスカットはひたすら甘く香りもなく、
砂糖を食べてるみたいだった。

2年後、再びシャインマスカットを食べたときには
マスカット香はそんなにしなくて、しかも甘くもなかった。

ルビーロマン
今一番食べたいぶどう「ルビーロマン」。昨年は一房1万円とかだった。
これはまだ色が来てないので小汚いけど、ピンポン球くらいの玉になり
ルビー色になる。親が巨峰群だからやっぱり狐臭がするのかしら。



黄色くなるまで熟すと甘いけど香りがなくなる。だから早くもぐのだが、
そうすると味が乗らないと農家は言う。さらに、
熟度に応じてマスカット香が出たり出なかったりするらしい。

意外と気難しいなー。だったらルビーオクヤマのほうがいいなー。

当時のわたくしは「タネありぶどう推進派」であり、
ジベ処理でタネなしになるシャインマスカットにとくに愛は無かった。

そうしたら、3年ほど前ふと気づくと、スーパーのぶどう売り場が
シャインマスカットまみれになっていたではありませんか。
その拡散(高接ぎ?)力の速さにぶどう界の絶大な期待を感じたわたくし。
巨峰以来のスター選手登場!!!って感じだ。

デビュー当初は400g程度の小房だったが最近は800g位の大房になり、
黄色かった果実が緑色に、そしてどんどんでかくなってきた。

この緑色を保持するためにぶどうにかける袋には青い色がついている。
黄色くすると商品価値がなくなるのかな。でも熟度がわからないよな。
さらにマスカット香の出方にはバラつきがありアタリハズレが大きい。
マスカット香を出せる人と出せない人がいるのかもしれない。

そして昨年。わたくしは生涯最高のシャインマスカットを食べたのである。

糖度は17度とたいして高くないのだが、マスカット香が強く、
うまみがあって、いくらでも食べられてしまうこのシャインを作ったのは、
以前「60歳からのすんばらしいぶどう栽培」で紹介した五十嵐晴夫さんだ。
http://hontabe.blog6.fc2.com/blog-entry-340.html

075_20150923144904da6.jpg
マンソン仕立ての改良型。果実ひとつに葉っぱが何枚と
ちゃんと数えられてしかも作業性が良く、葉におひさまが
じゅうぶんに当たるというすんばらしい仕立て。
これが味に影響してるんじゃないかと思うわたくし。



なぜこんなにおいしいのか。本人は「土づくり」だと言う。
土がもっとできてきたらますます味が良くなると言う。
わたくしは改良マンソン仕立てによる葉数の確保が理由かもと考えている。

タネありぶどう推進派としてはあんまりにも悔しいので、
タネありのシャインマスカットも食べてみたが、なぜか
マスカット香が薄く「うんうんおいしいね」とは思うが
ぼんやりした味で、わたくしは愕然としてしまったよ。

タネあり推進派、五十嵐さんのシャインに完敗。。。。うううううう。

しかし全てのシャインマスカットからこの強烈なマスカット香がするかというと
そうではなく、うっすらとしか感じられないものもある。
おいしいくだものはつくる人によるのよね、ということがよくわかる、
技術があからさまになってしまうぶどう、シャインマスカット恐るべし!!! 

ということで、ここんとこ毎日五十嵐さんのシャインマスカットを食べ、
食べてる間、世界にはわたくしとシャインマスカットとマスカット香だけ
という忘我の世界に没頭している自分はやっぱり変なのかと思ったりしております。

そして最近では「シャインマスカットはおいしいからジベつけOK!!!」などと口走り、
知り合いのすもも農家に「なんちゅうことを。ダメじゃん、それじゃあ」とか言われ、
「タネありぶどう推進派」としての立場が危うくなっているわたくしですが、
決して「タネありぶどう」をおろそかにしているわけではないことを
ここに宣言しておきます。キリッ


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

規格外品だけを欲しいと言われても

gazou 027
収穫したばかりの原木しいたけ。へんてこな形のやつ、
ちっこいの、バカでかいのは規格外。原木しいたけって規格外できやすそう。
そう考えると菌床しいたけって正品率良さそうだなあ。



某D社時代に担当だった産地に行ってきたです。

わたくし産地担当時代に担当の果樹産地の仕入れ値を
9月中旬から始まる果物天国(売る方にとっては地獄)をクリアするため
ことごとく値下げしていただいたことがあったです。

当時は天候が良かったせいか果物の市場価格がめっちゃ安くて、
スーパーの価格が安いと某D社の果物は売れないから、
値下げによる販売促進をするしかなかったのだった。

しかしまあ、そんなことはすっかり忘れていた。

そう言えばこの交渉過程でわたくしに「夜叉」というアダ名が付いた。
わたくしは二つ名を持つ女である。

んで、約10年ぶりにその思い出話をされ「うひい」と思ったわたくし。
「値下げしたから売れたじゃん!!」とか思っても、
農家には売れたことではなく値下げの思い出だけが残っているのだった。

その際、わたくしは価格を下げていただいただけではなく、
出荷規格も整理させてもらった。たぶんきっとおそらく
いろんな人に嫌われていたのだろうなあと思ったりする。

「有機だから」「無農薬だから」虫食いだらけでいいとは思わないし、
食べておいしい大きさのものを出荷してもらいたいじゃありませんか。
ある程度の見た目の良さはどんなものでも必要であろう。
だって、それなりのお値段を払って購入していただくのだから。

なんちて。今さら言ってみたりするわたくし。

gazou 039
夜叉というアダ名はこのベリーA作ってる農家がつけてくれました。
大幅値下げしてもらったあげくあーでもないこーでもないと言ったせいか、
「可愛い顔してるけど、やることは夜叉だ!」だって。 んー。うれしいような。
悲しいような。今も仲良しだけど。



さて、出荷規格とは大きく分けて「見た目」と「大きさ」という
2つのものさしがあり、基本的にどちらもクリアしたものが
お店で売られている。

時折「小さいもの」が安価で売られているのを見かけるが、
「バカでかいもの」「虫食いだらけのもの」「病気のもの」は
売られているのを見たことがないので、
商品価値があるのは「小さいもの」だけなのだろう。

農家も「小玉ができちゃったから売ってくれない?」とは言うが
「バカでかいのができちゃったから売って」とはあまり言わない。
でかいものは生理障害が起きている可能性が高くクレームの可能性があるし、
基本的にはそんなにおいしくないことが多いからだ。

例えばじゃがいもは一個350g以上になると中心に空洞ができやすく、
そこが褐変したり、空洞ができなくても中黒という症状が出やすくなる。
さつまいももバカでかいものは中が黒くなりやすいのだ。

「でかい=チッソ分が多かった」という場合もあるから、
腐りやすかったりもする。内部が充実しておいしくて
しかも大きなものというのはなかなかないのだ。
その野菜本来の味を70%程度に薄めた味というようなものになったりする。

でっかくなるけど障害があまりなくておいしいもの、
問題ないものと言ったら、人参とズッキーニくらいかな? 

070a.jpg
非常にわかりやすい例。秋映の贈答用。きれいだねー。
065.jpg
秋映の正品(出荷用)。色のばらつき、若干のサビなどで
贈答にはならないの。贈答は色がきれいじゃないとダメなのね。

064_20141112115121b67.jpg
規格外品。ジュースになったりパートのおばちゃんや知り合いにあげたり用。
サビとかキズとか変形とか色が悪いとか小玉とか。
贈答と比較してみると「規格外ぶり」がよくわかるかも。



さて、最近はあまり聞かなくなったが、時々
「出荷規格外の野菜(果物)を安く売ってもらえれば
消費者にはとてもうれしいし、農家の支援にもなるわよね」とか、
「規格外品だけなら安くて売りやすいから出荷して」
とか言う流通・小売・消費者がいる。

たぶん善意のひと言なんだろうと思うが、
これを言うと農家には意外と嫌がられる。

試しに農家にそう聞いてみよう。皆困ったような顔をするはずだ。
「そうだねー」とあいまいな返事をされるかもしれない。
「規格外品が売れるなんてラッキー!!! めっちゃうれしい!!!!!」
みたいな反応を期待していたら、肩透かしを食らったような気になるだろう。

実は規格外品だけを段ボールにちまちま詰めて
やすーい価格で出荷しても全然割が合わない。
手間と暇と段ボール代と送料は正品と同じだけかかるのだ。
だから規格外品だけを出荷したがる人はあんまりいない。

「正品のついでに規格外品も買ってくれたらちょっとうれしい」って感じだ。
「規格外品作るために農業やってるんじゃねえからよう」と
非常にしばしば言われたが、これが農家の本音であろう。

だから「規格外品だけ欲しい」と言ってくる某社の悪口を
わたくしはあちこちの農家から聞いている。
農家にとっては「正品作ってなんぼ」なのである。

gsazou 002
長野まで取りに行った小玉りんごをマルシェで売ったことあります。
「小玉をいちいち分けるの面倒だしさー、規格外と一緒とジュースにした方が楽」
とか言われることが多くて、出てこないのよね、小玉りんご。
でもりんごって小玉がすげーおいしいのよね。



コンテナに入れて置いとけばジュース屋さんが取りに来るとか、
近所のレストランが欲しいと言うからちょびっと持って行くとか、
遊びに行ったら「ハネ出し持ってって」と大量に持たせてくれるとか、
(↑これ、すげえうれしいけど)
農家における規格外品の扱いは「出荷する」ではなく
「取りに来たらあげる・売ってあげる」てな感じだろうか。

なんて思ってたら。

某D社が規格外品を商品化したらしい。
おお、渋る(絶対に渋ってるはずだ)農家をどうやって説得したのか。
日頃の信頼関係の賜物か、某D社。すげえなー。

内容を見たら「キズりんご」「でかいさつまいも」とか書いてあった。
キズりんごは障害はないと思うが、でかいさつまいもはどうかな。

中黒だいじょぶなのかなー。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

そのスムージーは大丈夫? その2 くだもの編

019_20140423081345323.jpg
山の中に自生してるのを農民が収穫し出荷してたのがバランゴンバナナ。
最近はちゃんと栽培するようになって大きなバナナが来るようになったけど、
山の中から採ってきたちっこいのの方が味が濃くておいしくて好きだなあ。



バナナは遠く海外から船に乗って日本にやってくる。
そしてバナナにはむかーしから農薬が大量に使われている。

30年ほど前、フィリピンに留学してた友人に
バナナ農園の農薬散布と、そこで働く人たちの健康被害の話を聞き、
当時わたくしは貧乏でバナナは買えなかったから「買えなくてよかった!」と思った、

某D社に入社していろいろな文献を読み漁った後は
本格的にスーパーで売られているバナナを食べるのをやめた。

農薬などの問題のほか、児童労働や労働搾取など、
バナナにはいろいろと問題が多い。
市販のバナナを買うことでわたくしはこれらの問題に加担することになる。
養殖エビを食べるとマングローブ林を破壊するのと同じだ。

バナナをフェアトレードしているオルタートレードジャパン(ATJ)が
まだ小さな会社で、バナナは宅急便でしか注文できなかった1993年頃、
某D社の社員何人かでバナナをよく共同購入した。

久しぶりに食べるバナナはとてもおいしくて幸せな気持ちになった。
なによりも、自分の支払ったお金がフィリピンの農民の自立に役立つと思うと
お金の使い方としては間違ってないよなと思った。

今では某D社でもバランゴンバナナや有機バナナを取り扱っており、
欲しい時にバナナが買える。良い世の中になったものよのう。

なんてことは置いといて。

gazou 022
最近の防除暦では最後の止め消毒に使う農薬は毒性がそれほど強くないもの、
どひー!そんなの使うのう? 的なものは使われていない。コワイ農薬は
だいたい梅雨前に使われている。それがけっこう残ってたりするのよね。



バナナは遠くの暖かい国で青い状態で収穫され、
船に乗って遠く日本までやって来る。

青いバナナは移動中に追熟して黄色くなる。
そして、輸送途中にカビや病気にやられないよう、
収穫後農薬が散布されている場合がある。輸入柑橘と同じだ。

収穫後農薬はTRZとイマザリルであることが多く、
どちらも名だたる発がん性・催奇形性物質である。

これらは表示義務があるから使用した場合は表示されてるはずだが、
表示自体をあまり見かけない。ひょっとしたら散布されてないのか、
あるいは、スーパーが表示を忘れてる可能性がある。

入港したバナナは検疫を受け、虫がいたら燻蒸される。
燻蒸剤は青酸ガスのこともあるが、臭化メチルが主らしい。

臭化メチルはオゾン層を破壊する物質のひとつで、
土壌消毒剤など農業での使用は禁止されているが、
検疫時の燻蒸はフツーに行われている。

臭化メチルで燻蒸すると、作物には臭素が残留する。

これはバナナだけではなく輸入くだもの全般に行われている可能性がある。
海外の害虫は水際で阻止しないと日本で繁殖されたらおおごとなのだ。
しかし表示義務はないのでどこにも表示されていない。

ってこと、知ってました? 

IMG_6577_20140423081833656.jpg
桃を皮ごと食べる人がいるけど、桃ってちっこい毛が生えてるでしょう。
つるつる滑らないから農薬がきちんと留まって、けっこう残るの。
袋をかけて作ってる山梨の桃は問題ないけど、無袋の桃は
皮食べないほうがいいと思うなー。
<


輸入くだものを恒常的に食べると、これらのものを摂取する可能性がある。
バナナしかり、柑橘類しかり。ベリー類やチェリー、ぶどうも同じだ。
だから輸入くだものを選択する際は「有機」を選んだほうがいい。
有機農産物は燻蒸をされると「有機」と言って売れなくなるからだ。

さて、不安のタネは輸入くだものだけではない。

国産のくだものに散布された農薬は主に果皮に残っている。
残留農薬基準値は「全果」で検査されるので、
残留農薬は基準値以内になる。皮の農薬が果実で薄まるからだ。

食品衛生法で決まっている基準値以内なら販売しても大丈夫なので、
売られているものの残留農薬はゼロではないと思った方がいい。
ほんの少しだから気にしないと言う人には何の問題もないが、
気になるのなら皮はむいたほうがいい。

よく「皮はむいた方がいいの?」と聞かれるが、
残ってるか残ってないかなんてことは調べないとわかんないし、
食べてもただちに健康被害はないからなんとも言えない。
言えるのは、残留農薬はゼロではない可能性があるってことだけだ。

さてそんなことを考えてみると。

スムージーにりんごは皮ごと入れる。そしてバナナは必須食品らしい。
国産くだものには旬があるから、日々くだものを摂取しようとすると
輸入くだものを使わざるを得ないこともあるだろう。
さらに、グリーンスムージーには小松菜かほうれん草が入る。

うーん。うーん。
ほんとに健康的な飲みものなのかなあ。

gazou 022
6月下旬になるとすももが出荷されるけど、すももはスムージーには
使わないのかな? 酸っぱくておいしそうだけど。
でもまあ、そのままかぶりついたほうがおいしい気がする。



植物の酵素をそのまま取り込めるすんばらしい飲みものと書いてあるが、
原料によっては不安のタネを毎日飲んでるのと同じだと思うなあ。

ということで。

バナナは有機のもの、りんごは減農薬栽培のものを選んだほうがいい。
小松菜やほうれん草はあったかくなってきたら入れない方がいいと思うな。
梅雨に入ったら硝酸態窒素の数値はうなぎのぼりである。
光合成しないからね。暑くなると生育が早まるしね。チッソ吸い放題。

ということで、夫には「そんなもん絶対作らん」と言いました。
悲しそうにしてました。くくくくく。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

そのスムージー、大丈夫?

名称未設定 2
作ったことなかったのでスムージーを作ってみました。
家に菜っ葉がなかったのでレタスで。減量中なのでバナナとりんごの糖分が
ことのほかおいしゅうございました。水をいれるのを失念してたので
スプーンですくって食べました。ますます流動食っぽい感じ。



ある日、夫が言いました。

「スムージー作ってくれよう~」
す、スムージー? な、何で?

人間には咀嚼するための歯があるのに、
なぜ流動食のようなものをあえて飲まなくてはならないのか!
歯がある間は噛め! と思ったわたくし。当然スルー。

しばらくしてもう一度夫が言いました。
「スムージー作ってくれよう~」 

2度も言うということは相当作って欲しいらしい。
んで、少しスムージーについて調べてみた。

何年か前から周りに「スムージー飲んでる」という人が増えており、
からだにいいとかお肌にいいとか言ってるのをちらほらと聞いていた。
何を入れるのか聞いたら、バナナとりんごなどのくだものと、
小松菜やほうれん草、水菜などの菜っ葉と水、と言う。

ええええー。生の小松菜? ほうれん草? マジ?
ほんとにからだにいいんですか、それ。
と思ったが、言わなかった。余計なお世話だもんね。

そして今回調べてみて「スムージーってほんとにからだにいいのかなー」と
ますます思っているわたくし。その理由はふたつある。

1.菜っ葉を生で食べること
2.輸入果物を使うこと&皮ごと食べること

まず菜っ葉を生で食べる事について

gazou 023
ほんたべ農園のかぶの葉。最初に葉っぱをぐわーっと茂らせ、
その後根っこが太ってきます。ぐわーっと大きくなってるまさにその時に食べるのが
菜っ葉。生の菜っ葉、とくにほうれん草にはシュウ酸というアクもあるしで、
昔から日本人は茹でて食べてきたんだけど、何で生が流行っているのか。



菜っ葉の生育期間は45日程度と短い(春~秋まで)。
本来植物は花を咲かせて種をつけ、繁殖することが目的で生育している。
菜っ葉は生育初期に収穫して食べるが、ここに微妙な問題がある。

植物が体を作っている段階を「栄養成長」という。
「栄養成長」の期間は体を作るチッソ分をよく吸う。
繁殖の準備に入ると「生殖成長」に代わり必要な肥料が変わってくる。

通常チッソはアンモニア態窒素という形で与えられており、
これが土壌中の微生物によって硝酸態窒素に変わる。
植物は硝酸態窒素を吸収し、光合成でたんぱく質に変え、からだを作る。

硝酸態窒素が多くても、土中にあれば植物はそれを全部吸ってしまう。
消費しきれない場合は自分のからだにそれを貯める。
未消化のチッソが多いと虫がきて病気にもかかりやすくなるから
農家は農薬を散布してそれを予防する。

菜っ葉には平均して10(成分)の農薬が散布されている。
生育期間で割ると1週間に一度の農薬散布と考えてもいい。

で、何が良くないか。

まず硝酸態窒素。
これは体内で発がん性物質に変わるといわれており、
大量に摂取して牛が死んだ例などもある、意外と危険な物質である。

gazou 038
厳寒期の露地栽培で地面にはいつくばって寒さに耐えてるほうれん草。
硝酸態窒素の残留加減は葉の色でわかるとか言う人いるけど、わかりません。
冬場の菜っ葉はおおむね糖度が高く硝酸態窒素残留は少なめ。
スムージーに入れるなら冬だよねと思うけど、冬は飲んじゃいけないんだってね。



雨が降って光合成ができなければ一時的に残留値は高くなるし、
ちゃんと光合成すれば低くなる等の不安定な物質だから、
日本では残留基準値は定められていない。

そもそも菜っ葉は伝統的に茹でて食べるものだから、
茹でれば硝酸態窒素はお湯に溶け出し問題なくなる。てなこともあり、
硝酸態窒素が話題になるのは「有機肥料が危ない!」とか
「有機農業は環境を破壊する!」とかで有機農業を攻撃するときだけだ。

しかしここ数年、日本人は菜っ葉を生で食べるようになった。

生で食べることを推奨した人たちがこのことを知っているのかどうかは不明だ。
知らないのかなー。牛や乳児に事故の例がたくさんあるんだけど。

菜っ葉の不安は硝酸態窒素だけではない。
もうひとつ、残留農薬もある。

最後に何をまいてるか防除暦がないので不明だが、
農薬によっては残ってる可能性が高い。
基準値以内とはいえ、残留農薬はゼロではない。

農家によっては有機リンや合ピレなんかまいちゃってたりするかもしれない。
これらの農薬は洗っただけでは落ちないこともある。

んで、スムージーとは、硝酸態窒素と残留農薬の可能性のある菜っ葉を
くだものとガーッと混ぜて飲むものである。

んー。ヤじゃないですか?

gazou 011
キャベツやレタスは生育期間が長いため、硝酸態窒素の残留は少なめ。
グリーンスムージーには菜っ葉って決まってるみたいだけど、キャベツとか、
レタスとかでもいんじゃないかと思うんだけど。なにか決まりがあるのかな?



硝酸態窒素だけ考えてみても、夏場の小松菜やほうれん草には
控えめに言っても4000~5000ppmくらいの残留があるはずだ。
ハウス栽培のものは残留が多いことが知られている。とくに水菜は。

ちなみにEUの硝酸態窒素の残留基準値は
ルコラが7000ppm、ほうれん草は3500ppmである。

ルコラに高濃度で残留していることがわかったのは最近のことらしい。
7000ppmってのは相当な数値だが、吸いやすい野菜なのだろうか。
でも乳幼児は食べないからこれぐらいでいいだろ!的なざっくりした基準らしい。

ルコラ以外の菜っ葉の基準値がないのは、
ヨーロッパには小松菜はないからだよね、きっと。

さてこのように菜っ葉を生で食べることのリスクついてだが、
皆さん、認識してました? 
推奨している人たちは、少量だから平気って考えているのかもしれない。
もしかしたら知らないのかもしれない。

そしてそして。
これを飲んだ人たちは、ほんとに体調が良くなってるのかな?

良くなってれば問題はない。でも変化がないのなら、
ちょっと考えたほうがいいかもしれない。菜っ葉だけじゃなくて
くだものについてもどうかなーってところがあるからだ。

んで、文字数が多くなったので、くだものについては次に書きます。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


スーパーのトマトから見えるいろいろなもの

画像 059
画像 062
スーパーに行ったら探してみよう。放射状に出てるのがスターマーク。
上はフツーの大玉で出てたもの。下は高糖度トマト。塩トマトだったかな?
どうせ食べるならおいしいのがいいもんね。



ほんたべ農園で何年作っても全然収量が上がらないトマト。
かろうじて糖度は6度以上にはなるけど、なんかイマイチなトマト。
師匠・西出隆一さんはハウスで25段採って最後まで糖度7度のトマト。

昨日スーパーに行ってみたら、うまそうなトマトが並んでいた。
おお、そう言えばこの時期はおいしいトマトが出てくる時期ではないか!

ということで、トマトについて書いてみた。

さて、昨今のトマトは嗜好品に位置づけられているらしく、
甘くないと評価されない。

おいしいなーと感じるトマトの糖度はだいたい7度以上である。
6.5度でもおいしいが、5度くらいだとトマトソースにしたくなるし、
4度台なんかだったりするとそれはもうトマトじゃないよねと言いたくなる。

わたしの師匠・西出隆一さんは「5度以下のはトマトではなく、トマだ」と言う。
わはは。さすが25段取り、7度以上のトマトを作る人である。

しかし、トマトはいつからこのように甘くなったのだろうか?

幼いころ、トマトに砂糖をかけていたわたくし的には、
知らない間に甘くおいしくなっていたというのが正直なところである。

gazou 003
家庭菜園のような露地栽培ではトマトは必ずワレるんす。
かんばつが続いた後に大雨がふるとバッチリワレます。ということで、
トマトはハウスで栽培されてるんですねー。ちなみにこの色、とりあえず
6度以上の色です。ベースがオレンジ色がおいしいトマトの色。



高糖度トマトや、水を切って育てたちびっちゃーいトマトが
店頭に並び始めたのは1999年頃だった。
(それ以前にも緑健のトマトとかあったけど店頭では見なかったよね)

その砂糖のように甘く、深紅の色濃いトマトを食べた時には
ものすごくびっくりした。さらにその値段にもびっくりした。

ええええっ? トマトでこんな値段? 生ビールが飲めるじゃん!!って感じ。
トマト2個と生ビールと言われたら迷わず生ビールを選ぶわたくし。

しかし、あまりにも味が濃すぎて毎日は食べられないと思った。
そして、これら高糖度トマトのデビュー以降、どういうわけか、
フツーの大玉トマトの食味のハードルもかなり上がった。

フツーの大玉だから甘くなくてもいいじゃん!なんて理屈は通じない。
フツーの大玉でも6度以上ないと「トマ」と呼ばれてしまうのだ。

さて、この時期のトマトは促成栽培・半促成栽培のものである。
ご近所のサミットストアで産地を見たら、ほぼ熊本産だった。

特売で「糖度5度台。水分過剰」って色のトマトがあってぐったりしたが、
その安いトマトの横に、くっきりとスターマークが出てるトマトがあった。

おお! これは、お買い得だ! しかしトマトの見方がわからない人は
糖度5度台の「トマ」を買ってしまうかもしれない。安くて大きいからね。

白い点はカルシウム
そしてこれが「トマ」の色。キラキラ光ってるのはカルシウム。
もう終わり間近ですよーって時と、水分調整間違えてこうなってる時と
2パターンあるみたいだけどまあ、どちらにしても「トマ」。



実はこの時期、だいたいどのスーパーにもスターマークの出ているトマトがある。
そこそこ糖度があり価格は普通。たぶんおいしいはずだ。

おそらく、2月下旬から出荷が始まる産地があるのだろう。
トマトは出始めはおいしいものができる。5段目くらいまではOKである。
そして特売の「トマ」はどこかの産地の終了間近のものかもしれない。

関東では、半促成が始まるのが3月からだが、この作型のトマトは
6月ごろになると「トマ」になり投げ売りされる。「トマ」だからしょうがないのだ。

産地が変わっておいしいトマトが出てるのかもしれないが、
この後のことをわたくしは知らない。
ほんたべ農園の野菜で自給し始めるので、スーパーに行かなくなるからだ。

さて、関東のトマトは今年はどうなっているのだろう?

埼玉や群馬で先日の雪のために大きな被害があり、
ハウスが倒壊したり潰れたりした人が非常に多いと報道されている。
わたくしの知り合いも、出始めだったトマトハウスが潰れたと言っていた。

ハウスは一から建てるのもお金がかかるものだが、
壊れたり潰れたりしたハウスの撤去にはもっとお金がかかるのだ。
後継者がいないハウス農家は、おそらく離農してしまうだろう。
撤去して一から建てなおして加温の設備つけるなんてのはムリだからだ。

画像 045
価格もピンキリだし産地もあれこれあって選ぶの大変なトマト。
スターマークが出てて適当な価格のものがお買い得っす。
スパゲッティやラザニアなんかのソースにするのなら「トマ」がおススメ。



ということは、トマトはどこかのタイミングで品薄になるかもしれない。
そして、価格が上がるだろう。

促成栽培、半促成栽培、抑制栽培と地域を変え、
ほぼ周年スーパーの棚に並んでいるのがあたりまえのトマトだが、
どこかの地域で被害があると、その地域の時期が品薄になる。

この後、トマトが高値になったら、雪害で大変な思いをした農家が、
ひょっとしたら離農した農家がいるかもしれないってことである。

スーパーの棚を見ているだけではそんなことはわからないが、
ちらりとそういうことを考えてもらうといいかもしれないのだった。

そして日本の食料を支えている人たちのことを
ちょびっとだけ考えたりしてもいいかもしれないのだった。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

日本人は一年間でどれぐらいの野菜を食べているか

IMG_7651.jpg
この時期の白菜って一個まるごと買って外側からむいて使えば
2週間くらいは平気で食べ続けられるんだけど、カットで買う人が多いよね。
まあ、市販のは病気が入ってて腐ったりするからしょうがないのか。
そう思うと某D社の白菜はお得だなー。



野菜が高いらしい。

足りない食材は某D社で買い、スーパーにはほとんど行かないので、
全然知らなかったわたくし。そしたら先週の配送で、
某D社から、めっちゃちびっちゃいキャベツが届いた。

それで「あー市況が相当高くなってるな」と気がついた。

この時期、キャベツやブロッコリーの出荷の主になってるのは、
わたくしが以前担当していた産地である。
こんなちびいキャベツを出してるってことは、スーパーが高いから、
いつもはスーパーで買う人が、某D社で野菜を買っているということだ。

某D社の価格設定は、農家が再生産可能な価格になっており、
相場に左右されない。だから、相場が安い時には高く、
相場が高いとき(つまり今)は安く感じるため、注文が増える。

でもねえ、ないときはないのよね。どこにも。

昨年夏から野菜はずーっと高値で推移しているのだが、
それは天候が異常だったからだ。夏は暑すぎて生育不良になり、
台風、特に26号が列島縦断したことで被害が大きくなり、
暖かかった秋にもそれほど回復せず、12月になったら急に寒くなった。

秋があったかいので冬に出る分が前進して足りなくなる
というパターンがここ数年続いていたが、今年の状況は少し違っている。
寒波が次々にやってきて、このまま高値は続きそうである。

冬の産地から春の産地へのスイッチもうまくいかないだろう。
また4月上旬の端境期のキャベツが300円以上するんじゃないのかなー。

gazou 0s32
統計上日本人が一番食べている野菜はキャベツでした。
次が大根、玉ねぎ。意外と検討しているのがきゅうり。
キャベツが一番買われる理由、わかるなー。使いやすいもんね。



ところで、人々は高くて困ると言うほど野菜を食べているのかな?

日本人の野菜の予算はどれぐらいなのだろう? 
野菜の品目別1人当り年間購入量の推移(全国・全世帯)の
平成22年の数字を見てみた。

一人あたり21,151円である(総務省統計局「家計調査年報」より)。
食料品に占める野菜の割合は7.4%である(金額)。

えええええー、マジですか!??

わたくしの区民農園の料金は18,000円だ。
予算、あと3,000円? 肥料で全部使っちゃったよう~。

さらに世帯収入別の統計も見つけた。

1.年収360万未満   1,819円(一人あたり/月)
2.360万~477万円 1,883円
3.477万~635万円 1,637円
4.635万~870万円 1,640円
5.870万~       1,895円

野菜の購入額って年収による差があまりないものなのだね。
3と4の世帯の野菜購入量が少ないのはなぜだろう? 

ちなみにわたくしが先週購入した某D社の野菜は
キャベツ・白菜(一個)、人参800g、レタス一個、にんにく100g、
ネギ400gだった。その合計額は1,788円である。

うーん。

gazou 047
基本的に厳寒期のブロッコリーは生育が止まるので高値になるんだけど、
今年はきっとけっこうな値段になってるんだろうなと想像してみるわたくし。
でもこの時期が一番おいしいんだよね。硝酸態窒素の味がしなくって。



そこで「野菜の一か月の購入予算」でWEB検索してみると、
「2人家族で食費をひと月20,000円に収めるにはどうしたらいいですか?」
という質問がヒットした。

予算20,000円の場合、統計上の野菜の割合7.4%分は1,480円だ。
なるほど。この予算で野菜はどれぐらい買えるかな?
カットされたものならある程度買えるかも。

とりあえず、有機農産物や低農薬栽培等の付加価値商品や、
割高なものは無理そうだ。

野菜の価格って、農家から見たら決して高くはないし、
相場性だから安値が続くときには廃業する農家もかなりいるし、
それが高齢化・後継者不足にもつながって耕作放棄地も増えてるんだけど、
そういうことと家計のやりくりは多分別の話だ。

大規模集約化で農産物の価格を安くという国の方針は間違ってないんだろうが、
なんとなく新年早々暗澹とした気持ちになっているわたくし。

日本の農業に未来はあるのでしょうかしら?


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR