「種子が消えれば食べものも消える。そして君も」

2010101011584343c_201310221157408e2.jpg
日本には明治時代稲の品種が4000品種あった。現在では300品種。
ここ100数年の間に3700品種が失われたということだ。しかしこの数字は
他所の国と比較すると穏やかな数字だという。
他国では急速に多様性が失われている。



「生物多様性と農業開発」という講演を聞いてきた。
タイトルの言葉はその講演で聞いたベント・スコウマンという植物学者の言葉である。

例えばわたくしの手に大豆が10粒あったとする。
この10粒が、この世に存在するとある品種の最後の10粒だったとする。
これを食べてしまうと10粒分の大豆にしかならない。
さらにこの大豆の品種はこの世から永久に失われる。

おお、大変だ!

しかし畑に植えると何十倍にもなり、後の世代に伝えることができる。

世界中の農家がこうしてタネ=品種をつないできた。
タネは個々の農家の保護に依存してきた非常に脆弱な存在なのだった。
そして貴重な遺伝資源であるにも関わらず、きちんと保護されて来なかった。

その結果、近代農業の効率化、主に高品質品種・ハイブリッド種の開発により、
現在ものすごい速度で昔からあるタネが失われつつある。
その危機感は一般の消費者はほとんど感じていない。

それはわたくしたちが「与えられるものしか食べていない」からでもある。

IMG_9583.jpg
例えば豆類はひとつのタネからものすごい数の豆をならせることができる。
しかしタネを植えて実がなるまで待っていられない飢えた人たちにとっては、
豆は今食べなくてはならないただの豆だ。
栽培できるというのは幸せなことなのだった。



消費者が日常生活でタネについて考える機会はそれほどない。

わたくしたちは、誰かが畑にまいて育てて収穫し、
誰かがきれいにパックしてくれたものをスーパーで買って食べる。

ブランド野菜でもない限り、品種なんてあんまり気にしない。
だって、大根は大根だもん。名前なんてあったんだあ、へー。ってな感じだ。

わたくしたちは、スーパーで野菜を吟味して選んでいるつもりでも
スーパーには「これなら売れる」と市場が考えているものしか置いてない。
実は消費者には選択の自由はない。市場がすでに選択しているからだ。

農家も同じだ。ほとんどの農家が、JAや市場が必要とするものしか作れないのだ。

わたくしたちの食べものは、市場が欲するもので決まっている。
そう考えると自由だと思っていた選択が非常に限られたものだとわかる。

実はわたくしたちは、与えられたものだけ食べている、
家畜のような存在なのかもしれない。

もしかしたら、市場と種子メーカーの家畜なのかもしれないのだった。

gazou 039
タネを採り、優れたものを選抜する技術というのは
属人性の高い作業でマニュアルが存在しない。意外と農家のかあちゃんの
専売特許だったりする。昨今ではその技術の継承も危ぶまれている。



2008年の世界の主要種子企業売上高は以下のようなものだ。

1位 モンサント(米国)
2位 デュポン(米国)
3位 シンジェンタ(スイス)

「タネを支配するものは世界を支配する」と言われる。

穀物の種子市場を席巻している上記の3社は、
GM作物を開発している会社だ。言葉通り、世界を支配しつつある。

植物の新品種の保護に関する国際条約という国際条約がある。
http://www.hinsyu.maff.go.jp/act/upov/upov1.html

非常に複雑で一度読んだだけではわからないのだが、
1978年条約と1991年条約では保護されている品種の条件が違い、
1991年以降に加入した国では保護された品種について自家採種が制限される。
(日本は1978年以前に加入。なのであまり制限されていない)

この条約に現在アフリカの各国が加入しつつあるらしい。ということは、
アフリカではそのうちかなりの品種の自家採種が制限されることになる。
そして上記穀物メジャー3社は今、アフリカでビジネスを始めようとしているのだ。

すでに世界は支配されつつある。

IMG_9598.jpg
小さなタネから出たこの芽が土と雨とお日様だけで野菜になる不思議。
そして実をつける不思議。菜園をしていると毎回感動する自然のしくみだ。
そういうの、みんなもっと身近に感じるべきかもしれないね。



さて、作りやすく収量のいいハイブリッド種(F1)が開発されるまでは
農家は自分の畑でできた野菜のタネを自分で採っていた。
自家採種することで翌年のタネを確保し、たまに農家同士で交換はしても
タネを買うことはめったになかった。

今では農家は自家採種をすることは稀で、タネやでタネを買う。
F1は品質も収量もよく、形もバッチリ揃うし病気にも強かったりして、
作りにくくて収量が悪い在来品種を作るより儲かる。

在来種が評価されているのは主に都市部の話で、
ローカルエリアであえて在来種を栽培する農家は少数派だ。

そうしてタネの多様性はますます失われつつある。
この流れを押しとどめることは可能なのかな?

日本では自家採種を禁じられている品目が81品目ある。
ほとんどが花き類で、野菜はほんの少し。ってか知らない品種ばっかだ。
http://www.hinsyu.maff.go.jp/pvr/pamphlet/060801jikazousyoku.pdf
日本では自家採種はほぼ制限されていないと言ってもいい。

さらに日本は、自家採種を行う農業者の権利を認めた国際条約
「食料・農業植物遺伝資源条約」に加入することになった。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000003621.pdf
2013年10月28日からこの条約は有効になる。

gazou 014/>
実は自家採種するには土地がないと難しかったりする。
なにしろその作物の収穫が終了してからでないとタネはできない。
畑の隅っこという土地に余裕のある人じゃないとできないのだった。
15平米の区民農園では絶対にタネ採りなんてできないのだった。



TPP交渉が進むなか、これに加入した意味は大きい。
日本の農家の自家採種を禁じることはできなくなる。
(アメリカは現在この条約を締結中)

タネはその国独自の貴重な遺伝資源であるにも関わらず、
農家という非常にローカルな存在に依存している脆弱なものでもある。

タネがある限り食べものは栽培できるが、無くなれば何も残らない。
タイトルの言葉通り食べものは失われ、わたくしたちは飢えることになる。

消費者にできることはほとんどないのだけれど、
そんなあたりまえのことをもう一度考えてみたほうがいいかもしれない。
日々の選択をもう少し注意深くしたほうがいいかもしれない。

失われてからでは遅いのだから。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

種を採る女たち―次世代に繋ぐ物語

gazou 046
北海道の地豆たち。左から黒千石大豆、くらかけ豆、さくら豆(たぶん)、べに絞り、
大正金時、黒豆。北海道は豆の一大産地。換金作物としての大規模農業の豆と、
家庭菜園用の豆(野菜豆)が栽培されており、野菜豆は家庭の主婦が種を採り選抜してきたそう。
一般的に栽培されている大正金時も、元は野菜豆として作られていた本金時の突然変異種。
チリコンカンなどに使ってる金時は、実は家庭菜園から生まれた品種なのですね~。


だだちゃ豆というおいしい枝豆があります。

この名前のエピソードは、ご存じの方も多いはず。
様々なバリエーションがありますが、正しいエピソードは以下のもの(らしい)です。

「おいしい茶豆ができたので、お殿様に食べていただこうと
庄内・小真木地区に住む一人の農民が、茶豆を献上しました。
その豆がおいしかったので、お殿様は尋ねました。

「この豆は誰が作ったのか」「それは小真木のだだちゃが作ったのでがんす」
お付の人はそう答えました。※だだちゃ=おじさんというような意味
それ以来、お殿様は「だだちゃの作った豆が食べたい」と言うようになりました」

お殿様が登場するので、江戸時代の話かと思うとさにあらず。
これは明治30年頃から大正4年までのある時点の物語。
そして、お殿様のお名前も、だだちゃの名前もわかっています。

お殿様は酒井忠篤公、小真木のだだちゃは太田孝太という人でした。
そう、庄内のお殿様は、平成の今もまだ庄内に住んでいらっしゃるのです。

gazou 040
黒千石大豆はちびっちゃい黒豆で、元は緑肥作物だそうです(べにや長谷川商店のリーフレットから)。
ごはんと一緒に炊くと、紫色のきれいなごはんが炊けるそうですよ。
さやは大豆と同じでとってもちっこくてかわいいとのこと。区民農園に植えてみようと画策中。


さて、このだだちゃ豆の出自を調べた人がいます。

山形大学農学部助教授・江頭宏昌さんは
在来品種研究会の幹事もなさっている、在来種にとても詳しい方。
大地を守る会に勤務していた時代にお話を聞いたことがあり、
上記のエピソードはその際にお聞きしたものです。

古来より農民は、自分の畑で栽培した野菜類の種を採り、翌年の野菜を作っていました。
種がビジネスになったのは昭和に入ってからのこと。
それまでは、農民はその年によくできたもの・味の良いものを選抜し、
毎年種を採り続けていたのでした。

それらの種は固定種、または在来種と呼ばれています。

だだちゃ豆もそのうちのひとつ。現在だだちゃ豆には、早生から晩生まで、
また、豆の大きさ・甘み・うまみなどがそれぞれ違う30もの系統がありますが、
全てこの100年のうちに作られたと江頭さんは言います。

gazou 030
さくら豆は、東北地方から入植した農家が持ってきたものだろうと言われています。
代々自家採種されてきた豆はDNA鑑定などしないとその出自がわからないため、
江頭さんは茶豆のDNA鑑定を行い、茶豆がどこから来てどう定着したかを調査しました。
その話はまた枝豆の季節にでも。でも研究者ってすごいですね~、その情熱、すばらしい。



系統の育成には大変な観察力と持久力が必要です。

なにしろ、畑の中で生まれた突然変異種=一本だけある変わり者を目ざとく見つけ、
その種を採り、翌年性質を確かめて是非を判断し、その後性質が安定するまで
長年観察し続けなくてはならないのですから。

たった100年でこんなに多くの系統が作られる品種は、他に例を見ないと言います。
それほどに、庄内人のおいしい枝豆に対する情熱と執念は並々ならぬものだったのです。

それもそのはず。だだちゃ豆の種採りは、営利目的ではなかったのでした。

少しでもおいしい豆を作って、近隣の人々に種を分け与える。
おいしい豆をみんなで食べようという隣人への気遣い、思いやり。
それが良食味の豆を残し、さまざまな系統を作ることにつながりました。

お隣さん(地域社会)を大切にする日本人ならではの行為なのでしょう。
だだちゃ豆の種には、他者に対する思いがのっかっているのですね。

さて、昔から採種した種を選抜する仕事は、女衆=主婦が担当していたと言います。

一家の主婦は家族の食べものを管理するという、重大な役割を担っています。
農家がよく「くいりょう」と言いますが、自家用の野菜作りは主婦の仕事でした。

gazou 034
ひたし豆などにするとおいしいくらかけ豆。ほんとはここに入る予定の豆があるのですが、
まだその豆が届いていないので、写真がUPできません(泣)。その名も「真珠豆」。早く来て~。
届き次第、今回UPしている写真を全部見直して変更いたします。


その年いい野菜がたくさん採れれば皆が飢えずに済む…つまり、
少しでも良い種(収量が多く、おいしいもの)を選抜することが、
家族が健康で元気に暮らしていけるかどうかを決めるのです。まさに主婦の腕の見せ所です。
(男衆には力仕事はできても、そういった地味な仕事は向いていないらしくて、
男衆が選った種は発芽率が悪かったりするのだそうです)

種を採る行為というのは、自分のためだけにする仕事ではなかったのですね。

子孫に、地域に繋ぎ、皆が継続してこの作物を食べ続けられるように…
そんな思いがこもった、利他的な尊い行為でもあるのでした。

例えば、現代に住む私たちがおいしいだだちゃ豆を食べられるのは、
庄内の農民が代々種を採り続け、いいものを選抜し続けてくれたからに他なりません。

種を採ることをやめてしまうと、その種はこの世界から永遠に失われてしまいます。
それとは気づかず種を採り続けている一人の農民の肩に、
種の存続がかかっている、そんな可能性だってじゅうぶんにあるのです。

gazou 028
官能的な配色の紅しぼり。主に煮豆で食べられているそうです。
パンダみたいな模様のもの、虎模様、うずらの卵みたいなもの等々、
豆っていろんな模様のものがあります。どうしてこんな模様になったのか…見てるだけで飽きません。



今日、在来品種が付加価値商品としてブランド化されていますが、
これも、名もない農民たちが長年にわたって種を採り続けた結果です。
そう考えると、ちゃらっと食べたりしないで大切にいただかなくてはとか思っちゃいます。

在来種・固定種にはそれぞれに物語があります。長い長い、時を渡る旅の物語です。

私たちの子孫、またその次の世代まで、彼らがその旅を続けられるよう、
農民は種を採り、種をまき、生命をつないでいるのです。


※黒千石大豆、20粒ずつ3名様にお分けできます。
もし自分の畑で作って種を採ってみたいって方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
先着順でお送りいたします。コメント欄でお申込みくださいませ(ちょびっとしかお分けできなくてすみません)。
(住所等お知らせいただきたいので、鍵コメントでお願いいたします)


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

種を採る人たち 自家採種は楽し

daikon.jpg
青首大根の花。これから種を採っても親と同じ性質は獲得できません。

古来から農民は、畑でできた作物の種を採って翌年の作物を栽培してきました。
種を購入するようになったのは、本当に最近のこと。

それまでは、その年性質の良かったものを選抜し、種を採ってきたのです。

昨今ではF1種という、優良な性質が一代しか続かない種が農業の世界を席巻しています。
これは性質のよい親同士をかけあわせ、その優良な性質が出るように作られたもの。
中学の時に習ったメンデルの法則を思い出してください。

代表的なF1種が青首大根。

姿形のそろいがよく、同じ日に種をまけばほぼ同時期に収穫でき、
作りやすく、抜きやすいという素晴らしい性質を持っています。
同時期に出荷できればその畑は一気に片付きます。

その後すぐに他の作物を作れるというメリットがあることも青首大根が席巻する理由のひとつ。
現在の日本では、ほとんどの農民が青首大根を栽培しています。

さてさて。
そんななか、自分の畑で種を採り続けている人たちがいます。

自家採種を続けていると、その畑にあった性質を獲得するとも言われています。
長年自家採種をしているうちに、一定程度の食味を獲得するとも言われています。

ネギ坊主
もうじき種が採れるかな。春先のネギ畑はネギ坊主がいっぱい。
でも種を採る人はごくわずか…めんどくさいですからね。


自家採種しやすいものの代表選手がネギ。
春先に出てくるネギ坊主の中の種が熟すまで畑に置いておきます。
種が熟すまで畑が使えませんから、小面積の農民はなかなかできないかもしれません。
手間暇かかる種採りは、ある程度の覚悟が必要です。

埼玉県の瀬山明さんの畑では、毎年ネギの種を採種しています。

もともとは深谷ネギだったこのネギですが、長い間自家採種した結果
「瀬山ネギ」あるいは「本庄ネギ」と言いたくなるようなものに変化しています。

瀬山さんとネギ
種を採るために畑のすみっこに一列だけネギを残しています。
ネギ坊主を採ったあとは、育苗ハウスで乾かしてから、種を採ります。


甘くて、加熱調理をしても、生で食べてもおいしいこのネギ、
一度食べると、他のネギは食べられなくなります。

瀬山さんの畑の微生物の働きか、ボカシ肥料の手柄か。
おそらくそれらの影響もあるのでしょうが、自家採種することによってネギが獲得した性質も相まって、
他人には絶対に作れないネギに変化しているのです。

瀬山さんの畑では、最近ニンジンも自家採種するようになりました。
有機の畑で栽培されるニンジンの甘さ・香り・おいしさは、
ニンジン嫌いの子供でも「おいしい!」というほどの味になるものです。

IMG_0707.jpg
めったに見かけないニンジンの花。意外と繊細で美しいですね。
でも畑に長いこと置いておかないと種は採れない…なかなかできないことなんですよね。


その中でも、瀬山さんのニンジンのおいしさはダントツ。

時折出荷できないニンジンで作ったジャムをいただくことがありますが、
全くお砂糖を入れていないのにあま~くて香りもよくて、
これが本当にニンジンジャム?と思わず叫んでしまうほど。

購入すれば簡単な種。

手間暇かけて自家採種する楽しみは、経費削減という意味合いもありますが、
どんどん自分の畑にあった性質を獲得することと、食味が上がってくることにもありそうです。

さて、中には自分で新品種を交配する人もいます。

甘楽町の吉田恭一さんは、在来品種である「赤ネギ」と、下仁田ネギをかけあわせ、
赤い下仁田ネギを作ろうとしています。
今のところは赤ネギの性質、真っ赤な色合いが固定せず、てんでんばらばらな色あいで、
固定種になり得ていません。

赤ネギ
左から二番目の下仁田ネギはきれいな赤色が出ています。この色が目標。
でもその他のネギはなんか変な色。色がまだ固定していないのですね。


これが固定するのかしないのか。
固定したら新しい品種の登場ですね。一躍人気品種になったりして。

いつ固定するのか、楽しみに待っているところです。



プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR