大変わかりやすい食品表示の表あれこれ

gazou 011
オレンジの自由化の際にアメリカの外圧に屈して、国内で使用禁止だった
イマザリル、TBZ、OPPを食品添加物扱いで輸入柑橘に許可しちゃった日本。
発がん性、変異原性、肝臓・腎臓障害などの危険性が高いと指摘されております。
最近誰も言わないけどこれ、本当によくないポストハーベスト農薬なんすよ。



TPP参加が表明されたですね。

TPP参加に合わせたかのように、
新食品表示法が国会に提出されたです。

「新食品表示法」とは、食品衛生法・JAS法・健康増進法の3法の
食品表示に関わる部分を統合し、一元化するものでございます。

今回の新食品表示法では、表示基準を守らない不適切な表示についての
行政措置や罰則規定も盛り込まれ、消費者団体からの
事業者に対する差し止め請求なんかもできるようになるのです。

加えて、消費者の「安全の確保」「選択の機会の確保」
「必要な情報の提供」等消費者の権利も尊重され、
今までにはなかった考え方が織り込まれているらしいんす。

おお、すばらしい。

しかし、実際の表示のルールはこれからの検討となり、
詳細な表示基準はまだ決まっていない。
これってなんとなく、TPP参加を待っていたかのよう。

だってね。

今までも製造年月日表示がなくなったり、
製造者を書かず製造者固有記号を書けばよくなったりと、
外圧に屈して後退してきたという前例が多々ある日本。

今回もまたアメリカという大きな国の外圧に屈して
今よりもさらに後退する可能性が懸念されているのだ。

後退って言われてもピンと来ない人の方が多いかも。

現在の法律でどれぐらい原料の表示をされているのか
知らない人の方が多い気がする。っていうか、難しくてわからないし。

ということで、一覧表を作ってみました。
ええっ? たったこれだけだったの? てな感じで驚いてください。

■原料原産地表示が義務付けられている加工品一覧
表示義務のある加工品
加工食品の原料の原産地表示が義務付けられているのは、この表の
農産物4食品とその他22食品群だけ。意外と網羅されておりません。
ちなみに4の異種混合した野菜ってのはカット野菜のこと。この場合でも、
重量の50%未満のものは原産地表示が必要ないとか細かく決まってたりしてですね、
消費者どころか事業者にもわかりにくいルールで運用されております。

■表示義務のある遺伝子組み換え食品
表示義務のあるGM食品 4
遺伝子組み換え食品(加工品)については上記の33品目以外は表示義務がなく、
さらにこの33品目に於いても、原材料の重量上位3品目以内でなければ表示義務がなく、
上位3品目以内でも、総重量の5%未満ならば表示義務がないのですよ。
一回だけ聞いて理解できる人の方が少ない、難しいルールっす。

ここで特筆すべきはコーンフレークには表示義務がないってこと。
でもだいたいされてるけど。食品の裏側を見てみてください。


■EUと日本の遺伝子組み換え食品表示の違い
GM EUと日本 1
そのわかりにくさはEUと比較すると一目瞭然。ほとんどすべてを表示しているEUと比べ、
日本がいかにできていないかがよくわかります。でもまだアメリカよりはまし。
アメリカは全く表示されていないから。TPPでゴリ押しされそうで怖いのはここです。


■物質名がわかりにくいからという理由で
一括名で表示していいと決まっている食品添加物

一括表記のできる物質名
一括名で表示してあるから原材料表示の文字数が少なく見えていい感じ。
でも、実際にどのような食品添加物が使われているかは知ることができないのでした。
その結果は一番下の韓国との表示の差を見れば一目瞭然っす。


■物質名がわかりにくいからという理由で
簡略名で表示していいと決まっている食品添加物の一例

簡略名表示でkる物質名の例
食品の裏側でよく見かける「加工でんぷん」「VC」は実際にはこんな物質のことであります。
加工でんぷんは国際的な規格では上限を0.5%までと規制されてたりする物質もあって、
何が入ってるかわかんないのはちょっとヤな感じっす。


■日本で作られたごまドレッシングの日本の表示と韓国で売る際の韓国の表示の差
韓国の表示
1995年の法改正までは日本でも韓国並みの表示がされていましたが、
現在では上記の通り。シンプルで添加物が入っていないような気がするけど、
実際には韓国の表示が正しいわけで。いっぱい入ってる気がするわけで。

日本とEU、日本と韓国を比較すれば、表示が不十分なのは明らかなのでございます。

日本人が羊のようにおとなしく、現在の表示を受け入れている理由は、
ただ知らないだけなのではと最近思うようになったわたくし。

自分が食べてるものがどんなものか知りたいのは、消費者としては当然なわけで。
知らなくてもいい人はいいけど、知りたい人には後退はイヤなわけで。

知りましょう。んで、今後の食品表示法の推移を見守らなくてはですよ。
「イヤです。私は知りたいです」と言わねば、
知らない間に遺伝子組み換え食品が非表示になってしまう
可能性がかな~りあるのですから。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

区民農園の土壌分析の結果はやっぱしカルシウム過剰

分析結果
土壌分析結果の数値。これをもとに診断をするですよ。
塩基飽和度が高いのはカルシウムがべらぼうに過剰だから。こんなに高いと
窒素分が土壌中に流亡するので、アンモニア態窒素で入れると損しますよ。
CECが高いのは火山灰土特有の結果です。本来は20で計算すべきかも。



なんと今年も区民農園が当たったですよ!

ってことで、土壌分析をいたしました。
んで、結果が出ました。
んで、やっぱしカルシウム過剰でした。しかも181kgも。

なぜカルシウムが過剰なのか。

日本の土壌は酸性だから、石灰を入れましょうって、
どの家庭菜園の本にも書いてあるからです。

毎年毎年、とにかく石灰を皆が入れてきた結果、
今回の畑は181kgも過剰でね(前回は300kg過剰だった)、
もうこれから何年も入れなくていい!位の数字なの。
んでも、周りの人たちやっぱり石灰を入れちゃってるの。

今まで土壌分析の結果を何十と見て来たけど、
カルシウム過剰じゃない畑って見たことない。
それほど日本の畑はカルシウム過剰なのですよ。

区民農園借りた人は、とりあえず石灰を入れないところから
スタートしてみてはいかがでしょう。

さて、その他の数字についてはとくに問題なくて、
足りないものを粛々と入れていけばいいって感じだ。

有機質肥料でバランスとるとカルシウムが余分に入るので、
今回は単肥でやることにするのだ。えーと、つまり化学肥料で。
長年使う畑じゃないし、2年で更新だからさっさとバランス取るのだ。

でも元肥と追肥はモグラ堆肥を使うことは固く決意している。
モグラ堆肥を使うと果菜類がおいしくなるからだ。
去年使ったサカタのタネの「銀の有機」が残ってて、
もったいないけど、おいしくないからもう使わない。

「銀の有機」はチッソ分が高くて安くて経済的にはいいんだけど、
畑に微生物が少ないせいか、できた野菜は全然おいしくなかった。
「う。なんかちょびっとずつ足りないぞ」って感じ。

自分で作ってるからって何でもおいしいわけじゃなくって、
やっぱり「あれー?」とか思っちゃうわけです。っていうか、
自分で作るからこそガッカリ度が高いと言ってもいい。

やっぱり肥料なら何でもいいってわけじゃないのだ。
やっぱしボカシですよ、ボカシ。いいボカシ肥料が必要。

去年は道法さんの切り上げ剪定を実践してみて、
ナスはすんごくよくできたけど、ピーマンがへなちょこだった。
あまーくてぷくぷく太ったピーマンが好きなのだが、
痩せててへろへろのピーマンができてたのは、肥料不足のせいか。

無肥料でスタートしたトマトの出来はかなり良く、
大玉は過去最高の記録(7段目・・・最高でこの数字。トホホ)であった。
ミディトマトは11月中旬まで収穫できたので、今年は増やす予定。
ちっこくて料理しづらいが、たくさんできればソースにもなる。

なんちて。夢と妄想が再び膨らむわたくし。

しかし、今の段階でモミガラもカルスNC-Rも入れてなくて、
作業は例年通り遅れめなのだった。懲りないわたくし。

でもねでもね。埼玉県の瀬山さんにいただいた農事気象予報で、
4月中旬から6月下旬まではとにかくうまくできるってことだから、
多少遅れてもいいか!と思ってるのん気なわたくし。

ああ、これで今年も自分で作ったもので夏がしのげる。
食べものを自分で作るのってとても幸せなことだ。
おいしければもっと幸せだ。

楽しいほんたべ農園3号のスタートである。
(区民農園当たるの3回目=3号)


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

「コーヒーフレッシュ」についての思い出と考察

img165.jpg
実家にいたプードルはコーヒーフレッシュが大好きで、
母がコーヒー飲むたびにご相伴にあずかっとりました。17歳まで生きました。
トイプードルのくせに柴犬くらいの大きさがあったのはなぜ。



わたくしの母はコーヒーが好きで、
鳥取市内では有名な喫茶店のコーヒーをよく飲みに行っていた。
彼女はコーヒー豆が買えるようになってからは
自宅でもドリップコーヒーを飲んでいた。

わたくしも中学で試験勉強する際に眠気覚ましに飲んでたから、
わりあいと昔から家にはコーヒーがあった気がする。
そしてちっちゃなコーヒーフレッシュのポーションが
冷蔵庫に必ず入っていた。

わたくしにとっては、コーヒーはおいしいものではなかった。
試験勉強の時以外には飲まないし、飲んでもぐっすり眠れるため、
「全然意味ないじゃん!」と、そのうち飲まなくなった。

喫茶店でバイトしていた貧乏な学生時代も、
やっぱりコーヒーはおいしいと思えなかった。

しかし人々はコーヒーが好きだ。

コーヒーの注文を受けると、ウエイトレスであるわたくしは、
コーヒーフレッシュを入れたミルクピッチャーを一緒に持っていく。
足りなくなると継ぎ足す。フレッシュはステンレスのピッチャーに入れられ、
氷を並べたものの上に置いておく。

2時間ほどするとピッチャーの口に固形の物質がたまるので、
ナプキンでふき取る。そして閉店時には冷蔵庫に入れた。
翌日の朝担当のウエイトレスがそれをそのまま使い、
すっぱいニオイがしてくると全部捨てる。

氷の上に乗せてはいたけどまあ、ほぼ常温管理である。
腐るとか腐らないとか、全く考えたこともなかった。
コーヒーフレッシュ=牛乳とは思っていなかったが、
何だと思っていたのだろう?

コーヒーを飲まないわたくしには疎遠な存在だったのだ。

フレッシュがミルクではないと知ったのは29歳のころだ。
某D社と取引のある油脂メーカーの工場見学に行って、
パーム油の大きなタンクを見てるときに
「あれ、コーヒーフレッシュになるんだよ」と聞かされたのだ。

「パーム油に脱脂粉乳混ぜていろいろ混ぜて作ってるんだよ」

へえ。フレッシュってパーム油なんだ。素直に思った素直なわたくし。
飲まないからどうでもよかった。人ごとだから。うふ。

さてしかし。食べものについて知恵がついてくると、
飲まないけれど、気になってきた。
ほんとはどんなもので作られてるのかしら?
植物油の原料はもしかして遺伝子組み換え?

コーヒーフレッシュと言えばスジャータである。
めいらくグループのお客様相談室に電話してみた。

コーヒーフレッシュは、植物油に乳化剤を混ぜ、
脱脂粉乳と食品添加物で作られている。
脱脂粉乳の割合は企業秘密だ。
植物油はナタネ油とパーム油であった。

ナタネが遺伝子組み換え原料かどうかはお客様相談室の人にはわからなかった。
「油はDNAは破壊されてるから関係ありませんよ」と言われる。
確かに法律ではそう言われている。その通りである。

乳化剤として(だと思うが)、カゼインは必須で入っている。
その他乳化剤は大豆レシチンなども入っている。
コーヒーは酸性のため、アルカリ性のカゼインが含まれていると、
コーヒーに入れると塊ができたり溶けなかったりする(のだろうと推測した)。

なぜフレッシュがアルカリ性でそういう状態になるのか。
質問の仕方が悪く理由がいまいちよくわからなかったため、
カゼイン=強アルカリ性=固まるというわたくしの推測は間違ってるかも。

そして、それを防ぐために、PH調整剤が混ぜられている。
様々な物質を均一にするために植物繊維も入っている。
食物繊維はデキストリン・セルロースなど製品によってさまざまである。
(これらの食物繊維の原料は遺伝子組み換えコーンであることが多い)

プレミアム商品には、生クリームが入ってたりする。
それはよりミルクに近い味わいなのであろう。
飲んだことがないからわからないけど、だったらミルクの方がいいのでは。

ちなみにコーヒーフレッシュはマーガリンとは違うから、
トランス脂肪酸なんてできませんよと言われた。
うーん。そのへん勉強不足でよくわからない。

ミロディアンミニのWEBサイトにはトランス脂肪酸0.0%って書いてある。
できないのならなぜ原料変更で0.0%になるとわざわざ書くのだろう?

謎は深まる。

ともあれ、コーヒーフレッシュは限りなく遺伝子組み換え食品に近いけど、
そうじゃないかもしれないグレーな食品であった。

今度はメロディアンミニの会社に聞いてみようっと。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

遺伝子組み換えナタネの自生調査に行ってきた

IMG_8429.jpg
ラウンドアップ耐性GMナタネの自生はけっこうな問題になっております。
見ただけじゃわからないから「きれーだな」って思ってる人の方が多いでしょう。
人知れず道端にGMナタネが生えてるなんて、すんごくヤーな感じ。



春ですねえ。あちこちに菜の花が咲いていますよ。

多摩川べりに自生してる菜の花はとってもきれいで
おいしそうなんだけど、そう言えば食べたことないなあ。
ハッと気づいたらいつも全開で食べごろ逃してるんだよね。
まあ、いいか。

さて、この菜の花。

とある国道の中央分離帯や道端に生えてるやつに、
遺伝子組み換えナタネが混じってる可能性があるってことは
一般的にはあまり知られていない。

とある国道ってのは、大きな港のそばにある国道のことで、
全国に何か所かある。

なぜそこで遺伝子組み換え(以降GM)ナタネが自生するかと言うと、
港から製油工場や飼料工場に運ばれる間に、
GM作物がこぼれちゃってるからなのである。

昨年の農水省の自生調査結果
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/c_data/pdf/22_natane.pdf
平成18~20年実施分の取りまとめ(ナタネ類のみ)
http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/c_data/pdf/keka18-20.pdf

実はこれ、GMナタネだけじゃなくて大豆やコーンも見つかっている。

IMG_8422.jpg
道端におっこちてたトウモロコシ。GMかどうかはわかんないけど
ほんとに落っこちてるのだなあと不思議な気がしたです。持ち帰って
ほんたべ農園で栽培しようと思ってたのに、レンタカーに忘れちゃった(泣)。

IMG_8426.jpg
中央分離帯に自生してる菜の花。在来ナタネだったりするけど
GMナタネの可能性もある。鹿島港ではこんな感じでへろへろ生えてました。



自生して花が咲けば種もできるわけで、
また、花が咲けば花粉が飛ぶわけで、
その花粉が地域の在来ナタネと交雑しちゃう可能性もあるわけで、
GMに汚染される可能性が全くないとは言えないわけで。

ということで、春になると「ナタネ抜き取り」をしたり
「GMナタネ自生調査」をしている市民団体がいくつもある。

んで、今回「遺伝子組み換えいらない!キャンペーン」さんの調査に
同行させていただき、茨城県の鹿島港に行って来た。

鹿島港周辺には飼料工場がたくさんあり、いいにおいが漂っている。
でかいトラックがスピード出してバンバン通るなか(怖かったよう~)、
自生しているナタネを見つけて、簡易キットで調査してみた。

調査の対象はセイヨウナタネ、カラシナ、在来ナタネの3つ。
自生しているものを採取し、葉の形で分類するのだ。
意外と面白かったのだ。

そして、結論。

今回は12検体採取し、GMナタネは一検体も出なかった。
去年は一検体だった。れれれ? 意外と少なくない?

IMG_8444.jpg
簡易キットでは葉っぱを水に浸してよくつぶしこういう試験紙を浸します。
んで横線が2本でたら陽性(GMナタネ)ってこと。これは陰性。

画像 012
昨年鹿島港で出た陽性(写真左から二番目)。こういう事言っちゃなんだけど、
現物を見たかったなあ。いや、出ないのが一番なんすけどね。
(写真提供・大地を守る会)



鹿島港はGMナタネが自生している率が少ないと、キャンペーンの方は言う。
その理由はなんだろう?

農水省の調査結果を見ると、鹿島港では平成19年・20年と、
GMナタネは見つかっていない(22年には見つかっている)。
19-20年に見つからなかった理由は不明だ。
ちなみに、鹿島港は日本で一番最初にGMナタネが見つかった港である。

調査結果ではGMナタネは千葉・四日市・博多港でとくに多く、
調査したものの60%以上にもなっている。恐ろしいぞ。

その他の港でも陸揚げされているが、見つからないところも多い。

おそらくその理由の一つは、密封コンテナを使用する等の
こぼれ落ち対策を取っているからってことのようだ。
つまり、努力の結果ってことよね。

全く減っておらず増え続けている港と、着実に減っている港。

農水はこぼれ落ち対策について、とくに熱心に聞き取り調査を行っていない。
物理的な対策を取っているか取ってないかの違いなら、
徹底すれば結果が出ることは自明のような気がするんだが、
その他にも理由があるのかな。そのあたりは調査結果からは読み取れない。

IMG_8399.jpg
昨年は地震の液状化などで道路がグダグダだった鹿島港だけど
今年はきっちり修繕されてました。港のすぐ脇にある昭和産業のでかい工場。
昭和産業といえば、GM食べない一か月のときにてんぷら粉のことで電話したなあ。
ここにあるのはナタネじゃなくてでんぷん用のコーンだよね。

IMG_8436.jpg
GMナタネをかぎわけるGM犬!? ってわけではなく、
かわいいので大きさの比較のため、モデルになってもらったです。
このナタネもGMナタネではなかったです。



鹿島港でこぼれ落ち対策を取られているかどうかは不明だ。

しかし、鹿島港では今年はGMナタネの自生はゼロだった。
菜の花自体がなかったから、天候の具合もあったのかもしれない。
あるいは刈り取ったのかもしれない。

農水省の調査結果にもよるけど、
なんとなく、茨城県でアブラナ科の自家採種をしている農家は一安心かも。
交雑したりしなかったりって話より、自生してないのが一番である。
(交雑してるって結果も出ているからね)

しかし千葉港は違う。

ここんとこずーっとGMナタネの発見率は高まっている。
千葉港につながる国道沿いの菜の花は、
2本に1本はGMナタネってことだ(博多も四日市もだ)。

ってことで、千葉港界隈の国道をドライブする際に
菜の花を見つけたら抜いちゃってください。
あと、そこいらの菜花は食べない方がいいと思いますです。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR