チキンマックナゲット@の原材料を調べてみた

子ども弁当
チキンナゲットの写真がないので、買ってこようかなと思ったけど、
さすがに気持ち悪いので、ちょっと似てるから唐揚げの写真を入れてみた。
冷凍食品の鶏肉商品はたぶん中国で作られてると思うなー。



いやはや、すごいですね、チキンナゲット。

床に落っこちたものは食べない方がいいという日本人の常識を
根底からくつがえしたあの画像に衝撃を受けなかった人はいないだろう。
そして販売されているものはその自分の常識の範囲内で作られている
というのが実は妄想だったのかも、と思ったのはわたくしだけではないだろう。

ということで、チキンナゲットの原料を調べてみた。

WEB上で公開されているカナダのマクドナルド社の原料一覧
http://www1.mcdonalds.ca/NutritionCalculator/IngredientFactsEN.pdf
チキンナゲット@をGoogle先生に翻訳してもらいました。

白肉チキンマックナゲット@:鶏の胸肉、水、変性コーンスターチ、食塩、
調味料[酵母エキス、食塩、小麦デンプン、天然フレーバー(植物由来)、
サフラワー油、ブドウ糖、クエン酸、ローズマリー]、天然の抽出物ローズマリー
パン粉:水、小麦粉、コーンフラワーイエロー、変性コーンスターチ、
スパイス、食塩、ベーキングパウダー、デキストロース、
100%の植物油(キャノーラ油で調理した小麦デンプン、トウモロコシデンプン、
変性水素化大豆油、トウモロコシ油、ダイズ油、水素化大豆油(TBHQ)、
クエン酸、ジメチルポリシロキサン)。 小麦含。
※TBHQは日本では使用禁止の食品添加物(酸化防止剤)

さてここからわかることはなんだろう?

ナゲットは鶏の胸肉と水とでんぷんと調味料と食品添加物でできており、
それをいろんなものが入った油で調理してある。それ以外は全くわからない。

チキンナゲットがどこの国で作られてるのか、なんてことは、
外食産業には原料原産地表示義務がない日本の法律上、
表示しなくていいから全然わからない。

わたくし実は今回、最終製品まで中国で製造してたことにちょっと驚いた。
でも少し考えればあたりまえのことである。人件費安いもん。
安く売るためには全部海外で作ったほうがいいに決まってるのだ。

そういう海外での製造リスクを回避するため、
マックもファミマも「HACCP導入」を目安にしていたと報じられている。
HACCPとは「Hazards Analysis Critical Control Point」の略である。

「HACCP とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生する恐れのある
微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、
その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じれば
より安全な製品を得ることができるかという 重要管理点
( Critical Control Point ) を定め、これを連続的に監視することにより
製品の安全を確保する衛生 管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関( FAO )と世界保健機関( WHO )の
合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,
各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。」
(厚生労働省ウェブサイトより)

以前某D社でもHACCPを導入するとかどうとかで、現場が
「ひいー、すげー大変」と言ってたことを覚えているが、
この導入にあたっては、しくみの構築や管理体制が相当めんどくさいらしい。

HACCPを導入してれば衛生管理上安心よね的な常識があるのだが、
今回の事件ではしくみがあっても運用する人間がダメなら
衛生管理システム自体が機能しないってことがよくわかったのだった。

とは言え、最終製品からO157などの病原性大腸菌が出たわけではなく、
健康被害もおそらく出ないだろう。
カビが生えたり腐ってたりした肉でも、新鮮な肉と混じってれば
菌数自体はそんなに多くないんだろうと思うのだ。揚げてるしね。

唯一気になったのが、床に落っこちた肉を混ぜてたところだ。
床に落ちてたものがくっついてそのまま調理されるから
おそらく何かが混入しており「異物混入」の可能性がある。

しかしまあ、髪の毛やホコリがナゲットに入っててもたぶん、
気づかずに食べちゃうだろう。ソースをゴッテリつけるしね。

IMG_9052.jpg
ついでにビッグマックの原材料を知りたい方はこちらをどうぞ。
文中に「アメリカの」とありますが「カナダのマクドナルド社」の間違いです。
http://hontabe.blog6.fc2.com/blog-entry-279.html



ということで「気持ち悪いけど健康被害がない」というのが
今回の事件のキモである。しかし問題の根は深い。

さて、チキンナゲットなどを始めとした中食・外食で提供される
唐揚げやフライドチキンなどは「鶏肉調製品」と呼ばれる。

平成23年度の輸入量はタイ産が22万7852トン(対前年比11.3%増)、
中国産は22万618トン(同0.6%減)で、主な輸入国はタイ・中国である。
(農畜産業振興機構 月報 畜産の情報より)

鶏肉の自給率は66%と比較的高いためか精肉の輸入量は42万トン強だが、
鶏肉調製品は45万トン強と、平成24年に初めて輸入量が精肉を上回った。
ということは、外食・中食で売られている加工鶏肉商品は
中国かタイで作られたものと言ってもいいだろう。

どちらの国も人件費も肉も安いからね。
日本では安いものに価値があるからしょうがないのだ。しかししかし。

今回わたくしが一番驚いたのは、朝の情報番組を始めとする
メディアに出てらっしゃるお金持ちそうな方々のコメントが
「日本人が管理するために海外の工場に行くとなると、
コストが最終価格に反映されて商品が高くなるのはイヤですよね」とか
「安価なものを安全に食べられるよう、国がなんとかして欲しいですよね」
とか言ってることである。

安価なものを作るためにコストを削減した結果、
このようなことが起きているのだという視点が
テレビに出ている人たちからごっそり欠けているのだった。

そしてこれは「私が作った食べものは安全ですよ」という
作り手と食べ手の基本的な信頼関係なんかどうでもいいという人たちがいて、
国の指導とか衛生管理マニュアルの問題ではないという事実を
ちゃんと把握している人もいないようなのだった。

わたくしたちは「食べることで生きている」のだ。それを踏まえて、
「食べものを作る責任」とか「道義」とかを共有できない人がいることを
わたくしは思い知ったが、どれぐらいの人がそう思ったかな。

「食べものを作る責任」を持てないのは中国だからという問題ではなく、
根っこはもっともっと深いと思うし、日本人だって同じだと思うが、
とりあえず「毎日食べるものはちゃんと作られてるものがいいですよね!」
とか言って、お茶を濁しとくわたくし。

追伸・素材を買って自分で料理したほうがいいと思うんだけど、
世の中の大多数の人がそう思ってないことも、今回つくづく思い知りました。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

有機野菜セットがやってきた

001_201407141003481d9.jpg
クールで届いた有機野菜セット。
有機JASシールが外側のビニールに貼られております。
開けた瞬間に驚いた、美しい荷姿。

005_20140714100345ca4.jpg
それぞれの野菜がきちんとパックされておりました。
トマトはかなり完熟間近な状態だけどつぶれもなく、きれいなまま。
じゃがいもとトマト一緒に入れるの難しいよね。丁寧な仕事です。



わたくしの監修している新規就農者支援のポータルサイト
新鮮野菜.netに、とうとう野菜セットが登録されたです。

高知県の有機農家Yaokiさんの有機野菜セット3,000円が届いたです。
ということで、レポートしてみた。

3,000円の野菜セット、入っていたのは以下の野菜である。

内容:じゃがいも5個、アンデスレッド7個、ミニトマト250g、
ミディトマト300g、トマト300g、スイスチャード1束、
ごぼう3本、人参2本、コールラビ1個、ズッキーニ3本、
きゅうり4本、生姜1個、にんにく3個
※アンデスレッドはじゃがいも、コールラビはカブみたいな野菜、
スイスチャードは不断草

んんん、お得な感じだ。1週間分の野菜はこのセットでじゅうぶんだろう。
いろんな野菜が少しずつ、ちょうどいい分量でうれしい感じ。それに、
自分ではめったに買わないごぼうが入ってた! 
さらに、生姜やにんにくなどの薬味系があるのも気が利いてる。

野菜セットの楽しみは、自分がふだん買わない野菜が入ってること。
人によって「それが苦手」って言う人もいるけれど、
こういうことを含めて楽しめる人にはとてもお得である。

そのあたりが「野菜セット」を選択するかしないかの分かれ目かも、
とか思ったりするわたくし。

さらに、農家ごとに「野菜セット」の内容に個性があるから、
買う人と農家の相性が合うか合わないかってのもけっこうあって、
Yaokiさんの野菜セットはわたくしにピッタリなのだった。
果菜類多いとね、やっぱり楽しいよねえ。

006_2014071410051930e.jpg
高糖度トマト。この色合と大きさ、かなり期待して糖度を測りましたよ。
そしたら10度超えてたからビックリしたですよ。んで速効でサラダに。

021_20140714100518475.jpg
トマトがうまいとオリーブオイルと塩だけでじゅうぶんにおいしい
カプレーゼができるもんです。っつーことで、ほんたべ農園産のトマトでは
カプレーゼ作れませんよ(泣) 糖度6度だもん。くすんくすん。



内容的にすごく満足なわたくし。では味はどうかな?
トマトの糖度を測ってみた。

な、ななな、なんとびっくり! 10度と11度の間であった。

フツーの大玉トマトは6度あれば万々歳という糖度なので、
相当水を切って育ててるに違いない。そういう作り方をすると
トマトは甘くて小さくなり、収量が悪くなるのだ。

大丈夫なのかなーとか心配してしまうわたくし。
さらに。ミニトマトは8度、ミディトマトは10度であった。

サラダにしようとミニトマトをつまみ食いしていたら
止まらなくなって半分くらい食べてしまったわたくし。
べらぼうに甘いトマトは、おいしいトマトを買った時にしかしない
カプレーゼにしてみた。

コールラビはグラタンに、人参とごぼうはきんぴらに。
スイスチャードは煮びたしに、ズッキーニは素焼きにして
オリーブオイルと塩で食べてみた(写真全部撮り忘れ)。

どの野菜も素直においしく、新規就農者という甘えは一切ない感じ。
何よりも、この品目を全部有機JASで作っているということに
ビックリしてしまうわたくし。

糖度の高いトマトを有機JASで作るのは相当ハードル高いと思うし、
そんなにたくさん採れてないだろうと想像できるから、
Yaokiさんの経営は大丈夫なのだろうかと思ったりするわたくし。
よけいなお世話か。

012_20140714100344580.jpg
ちょうど夫ちゃんのお弁当を作ったのでズッキーニとミニトマトを入れてみた。
ミニトマト、自分では買わないのよね、なんかこう、どうやって食べればいいか
迷うから。でもおいしいからほとんどつまみ食いしちゃってなくなっちゃた。



ということで。

ご興味ありましたら「新鮮野菜.net」から、ぜひぜひ
Yaokiさんの有機野菜セットをご注文してみてください。
3,000円のセットと、2,000円のお試しセットがありますよ。

野菜セットに慣れていない人は「お試し」がオススメです。
これからの時期はナスやピーマンが入るそうです。

新鮮野菜.netでは登録料金をいただいておりませんから、
みなさまのご注文は、全て新規就農者の売上になります。
新規就農者の野菜を買って直接支援。すんばらしい!(自画自賛)

新規就農者の野菜セットをぜひ楽しんでみてくださいませ。
よろしくお願い致しますです(ペコリ


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR