これはオススメ! 『有機栽培技術の手引』

038.jpg
本庄市で有機農業を営んでいるSさんちのナス畑。
マリーゴールドは天敵を涵養するために植わっとります。
IPM技術を応用した有機栽培っつーことで、手引で紹介されてます。

064.jpg
圃場周りには風よけのデントコーン、その内側にマリーゴールド。
ナスの前作は米で、後作は玉ねぎと肥料を効率良く使う輪作体系を構築中。
技術のある人は日々の努力を欠かさないってことですね。いやはや。



某D社の産地担当時代、何軒もの有機農家を担当していた。

技術がある人もいるが、そうではないような人もいた。
そして、もしかしたら有機農業には、
きちんと体系化された技術がないのかもしれないと思った。

2006年に、科学的な農業を実践している西出隆一さんを知り、
技術とはこういうものだよなあと実感した。
それ以来西出さんはわたくしの師匠となった。

担当している農家には、再現性可能な技術を持っている人が何人かいたが、
数千軒ある某D社の取引農家のうちの「数人」というところに、
科学的な有機農業技術の構築の難しさを感じちゃうよね。

わたくしは、農家に技術がないと言っているわけではない。
それぞれの農家がそれぞれの技術を持っているが、
自分の畑やその土地限定のことが多く、他者に教えるのは難しい。

よその土地でやっても再現性がないのだ。
よく言う「あんたんとこでも良くてもウチではダメ」である。

新規就農者がこの「土地限定」の技術を取得したとしても
再現性がないからうまくいかない。そういう事例はいくつも見てきた。

理由は「科学的じゃないから」である。

003_201408221030416cf.jpg
パラ見させてもらったけどすげーわかりやすくて、
毎日手元において丸暗記したいような内容。充実度、半端ないです。



再現性のない農法はいくつもあるが、
農業を始めたばかりの人にそれを見極めるのは極めて困難で、
最初の数年間をふいにしてしまう人も多い。

病気が出た畑を見て「有機農業は我慢です」とかいう人は
メディア受けはするかもしれないが
「私は技術がありません」と宣言しているようなものだ。

一昔前、有機農産物=虫食いというイメージがあったため、
虫に食われた野菜は安全と言われていた。
多少の虫食いは農薬を散布しなければ発生するものだが、
盛大に虫に食われたものはそうではない。

そういう野菜は施肥設計を間違っている事が多く、
おそらく食べてもおいしくないはずだ。

おいしい野菜は微生物が豊富で肥料分が適正な土から生まれる。
微生物を増やすには腐植が、適正な施肥設計には土壌分析が、
有機農業にはそういった知識が必要なのだ。

どうしてかなー? なんでかなー? と数年間試行錯誤している間に
なんとなく土ができてきて微生物も増えてきてうまくできるようになる。
それでは効率が悪いのだ。

さて、2006年に有機農業推進法が施行され、
有機農業技術の構築という目標があるのに、
いつまで経ってもその技術の構築できないのはなんでだろう? 
やみくもな有機農業では推進できないぞ!なんて思っていたら、
農水省の事業で『有機栽培技術の手引』というのができていた。

005_20140822103040f76.jpg
中身こんな感じです。


えええー。全然知らんかった。

でもさあ、この冊子、市販されてないのよね。
だから本屋さんに行っても見つからないの。
「各県の普及員向けに作られた」とか書いてあって、
一般人が入手するのはまずムリ。なんてケチくさいんだ!

入手するには日本土壌協会のサイトからダウンロードするしかない。

有機栽培技術の手引-果樹・稲作・大豆・果菜・葉菜類
http://www.japan-soil.net/report/h25.html

果樹、稲作・大豆、果菜類、葉菜類と4つあるのだが、
これがまたわかりやすく、有機JASで使える農薬とか
資材関係のデータも満載で、大変すばらしいのだ!
もうわたくし的にはウキウキである。

しかし、知っている人、どれぐらいいるのかなー?

わたくしはたまたま、葉菜類と果菜類の執筆者と
実際の栽培事例で紹介されている農家を知ってたので、
「こういうのに出たんだよー」と教えてもらうことができたが、
業界関係者以外は知らない人がめっちゃ多そうである。

すでに有機農業に取り組んで何十年も経つ農家でも
読むと大変勉強になるらしいので、初心者は読んだほうがいいのだ。
書いてあることがそもそもわからないという人は、
もしかしたら、その方が問題かもしれない。

006_2014082210303869e.jpg
これが葉菜類。某D社の農家の名前がありましたよ。
やはし、有機農業のパイオニア的存在だから? 某D社。



ということで本日わたくし全部ダウンロードしました。
めっちゃページが多いけど、出力しようと思っとります。

しかしなぜ販売してくれないのかしらん?
冊子になってればパラパラ見やすいのにさ。

PDF入稿で冊子作成できないかな。見積もりとってみようかな
なんちて考えている本日のわたくしでした。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

『ほんとうにおいしいものはお店で買えない』

10547640_747418935321941_7075072533799548633_n.jpg
シンプルでスッキリしたデザインで気に入っております。
『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』をデザインしてくださった
空組さんに再びデザインをお願いしました。色合いも好き。



出版業界も飲食業界も厳しいこの8月に、
あえて出版したチャレンジャーなわたくし。

ということで、3冊めの本が雷鳥社さんから出版されました。

前回の『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』同様、
書店にはほとんど置かれておりません(泣)

もし「おお! 読んでみようかしらん!」等と思われた方は、
Amazonか雷鳥社さんに直接ご注文ください。
雷鳥社さんにご注文いただいた場合は、
わたくしのサインを入れさせていただきます。
http://www.raichosha.co.jp/book/other/ot23.html

本日午後、雷鳥社さんにサインを書きに行く予定です。

『いでんし』の際には女の子を描きましたが、
今回は挿絵で一番気に入っている「子豚ちゃん」を描きます。
取材してた豚のことを思い出していたら手が勝手に描きました。
わたくしは豚のことが意外と好きなのだと知りました。

さて本の内容は、おおむね今までブログで書いてきたようなことです。

わたくしはおいしいものが好きです。
おいしいものを食べるととてもしあわせになります。
自分が作ったものでもおいしければ簡単にしあわせになります。

レストランでからだにしみ込むようなおいしいものを食べると、
シェフを尊敬します。シェフの愛を受け取ったと感じます。
また、おいしい野菜やくだものを食べると、作り手の愛を感じます。

そういうとき、食べてよかった! と心から思います。

食べなくてはいけない人の覚悟



しかし、そうではないもの、食べて後悔するものもたくさんあります。
なぜそういうものがあるのかな? 時折疑問に思います。

わたくしは、世の中の仕組みが「おいしいもの」とか「ほんもの」とかではなく
「経済」を中心に作られているからだと考えています。

売りやすい価格で食べものを作るために行われるいろいろなこと、
例えば劣悪な原料を使うとか、よぶんなものをたくさん入れるとか、
そういう行為は「たくさん儲けよう!」という面から見ると正しいけれど、
「食べものは人の命をつくるもの」という視点が欠けていると考えています。

某D社で産地周りをしていたわたくしは、ほんとうにラッキーなことに、
おいしい野菜と果物をつくる人たちばかりを担当していました。

そのときは気づいていませんでしたが、わたくしは産地に行くたびに
ものすごくおいしいものを食べていたのでした。いつの間にか
その味は自分の核になり、食べものを判断する軸になっていました。

そして、なぜ彼らの作るものがおいしいのか、よーく考えてみて、
ちゃんと作られたものはおいしいのだと思い当たりました。

とてもシンプルな理屈です。

「生命のもとを作っている」と考えている人たちが、
精魂込めて作ったものは、あたりまえにおいしいのでした。

食べものの価値をどこに見出すかは人それぞれです。
でもおいしいものを食べたほうがしあわせではないですか?

そしてそのおいしいものを、ちゃんと作られているものを
皆が選ぶことで、世の中が変わるかもしれないと考えたら、
とてもおもしろくはないですか?

おいしいものを食べて、世の中を変えよう。
この本のテーマはそこにあります。
そしてそのおいしいものの見つけ方を書いてあります。

ご興味を持っていただければ幸いです。(営業)


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

「日本一手間のかかる味噌作り」始めました

015_20140804090324034.jpg
お疲れ様でしたー! 楽しかったあ。次回もよろしくです。


ちょっと大げさなタイトルを付けてみた、今年の
「大豆の種まきから味噌作りまで」。

第一回、無事終了したです。

今年は千葉県のさんぶ野菜ネットワークさんの畑をお借りして、
ちんまりと3せくらいでやっております。
今回の主催はほんたべではなく、なんと某D社。っつか大地を守る会。
ってことで、どえらい暑さの8月2日土曜日に種をまいてきました。

一昨年茨城県のさちこさんの畑で種をまいたのは6月下旬。
8月で大豆になるんかな?と思ったんだけど、ちゃんとなるらしい。
早くまきすぎると虫が入って正品率が低くなるとか、
樹が大きくなる割に実ができないとか、いろいろあるらしい。

地域によって豆のまきどきは違うってことですね。

そして今回準備していただいたタネは「小糸在来」という
君津の小糸川あたりの在来品種で、とても貴重なものなのだった。

これはさんぶ野菜ネットワークの事務局、花見さんが、
自分で栽培して自分で採ったタネなのだった。
「小糸在来」という名前を使うにはいろいろとルールがあるので、
そういう名をつけては売れないのだが、売らないからいいのだ。

小糸在来
とても貴重な小糸在来。ちょっと緑色っぽい豆でした。
枝豆にすると甘くてほのかな香りがしてうまいらしい。
味噌にするとすごーくおいしそうである。

10584156_725503684176777_1683943048_o.jpg
小糸在来がたりなくなった時用の黒大豆も花見さんが自家採種したもの。
とても美しい豆でした。5列ほど植えたかな。どっちが発芽率がいいか楽しみ。



さて、このところの関東は全く雨が降っておらず。
とくに千葉はカラカラに乾いており、もうもうと砂埃が舞っていた。

そもそも千葉は火山灰土でCECは高くても軽い土。
風が吹くと表層の土が舞い上がり「ここは砂漠か千葉か」ってな土質で、
この時期乾かれると人参が発芽しなくて大変なので、
人参のタネをまいた人たちがあちこちで潅水していた。

しかし「味噌作り」の大豆は天水のみの栽培である。
潅水なんて大豆でする人はいないのだ。

ということで、来週の台風の雨に期待だ。

もしかしたら発芽率が悪く、欠株だらけになって
ひょっとしたら収量もめっちゃ悪いのでは・・・・(遠い目)、
なんちてしょっぱなから不安にまみれたわたくしだが、
参加者の方々には「出るでしょう! 来週雨が降れば!」と
楽観的なことを言っといた。

主催者(今年は違うけど)がのほほんとしてた方が、
神様は微笑んでくださるに違いないのだ(根拠なし)。

降るでしょう。

002_20140804090201589.jpg
一列に並んで粛々と種をまいております。
007_20140804090326447.jpg
個別に指導を受けております。ちょっと掘ると湿った土が出てくるので、
そこまで掘ってぎゅっと鎮圧しないとダメ!と言われております。
その湿り気で発芽するんだって。不思議だね。大豆。

007_20140804090159380.jpg
さちこさんの畑ではしなかったけど、今回は鳥よけも入念に行ったです。
ハトに食われたらそれだけで腹立たしいからね。食われませんように。



わたくしには農業の神様、大神山神社の大己貴命の
ご加護があるに違いないのだ(妄想)。

さらに、種まきしたのは在来品種である。
こういう旱魃とか悪天候とかの年には「在来品種」が強いのだ。

ここで思い出す、何年か前の埼玉の話。

旱魃でちっとも雨が降らず、大豆が不作で大変な年があった。
その年、秩父地方の在来品種「借金なし」を作付けていた人だけ、
フツーに採れたらしい。

「借金なし」は忘れられていた在来品種で
秩父の普及所かどこかが保存してた豆らしいが、
これによって一躍スターダムにのし上がった。

埼玉県ではこの後「やっぱ在来種だよね」ってことで、
「借金なし」を「幻の豆」として地域おこしの材料としているのだ。
「借金なし」の豆腐とかよく売ってるのだ。

ということで、小糸在来も「強い豆」だろうから、
旱魃だろうがなんだろうが、ちゃんと発芽して
ちゃんと人数分の収量を上げてくれることに期待である。

058.jpg
初回だからとお昼ごはんに人参のポタージュと焼きそば、お味噌汁、
お漬物、ナスの煮浸し、オクラとミニトマトなど準備してくださった
さんぶ野菜ネットワークの山本さんと富谷さん(写真撮り忘れた)、
ありがとうございました。んまかったです!

033※
今回農業指導をしてくださった岩井さん(左から)、雲地さん、富谷さん。
次回からもバッチリがんばるです! ありがとうございました。



まあ採れなかったら採れなかったで「すみません」なのだ。
だって豆は工業製品じゃないんだもん。
天候の具合によっては採れたり採れなかったりするのは当然だ。
そういうこと含めて「日本一手間のかかる味噌」を作るのだ。

どうも「「チョー雨女」を卒業したらしいのだが、
「旱魃女」になったらヤだな、とか少し思ったりしているわたくし。
雨乞いの踊りでも踊って、来週の台風に期待である。

次回は9月20日土曜日。草取りである。

今後の順調な成育を大神山神社の神様にお願いしとこうっと。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR