師匠(西出隆一さん)の本を書くことになった!

IMG_0755.jpg
北海道の農家のところを西出さんと回った時の写真。
現代農業等で使いまくられております。このときに西出さんの言うことが
ようやくわかるようになったって感じだったなー。



わたくしが師匠と仰ぐ西出隆一さんと初めて会ったのは
2006年3月、某D社の生産者会議「土づくり会議」で
西出さんを講師にお招きしたときのことだ。

「今回の講師どんな人?」
「んー、トマト農家。よく知らないんだよねー」と担当のY原くん。
どんな人なのかなー。名前聞いたこと無いぞ。

西出さんに講師を依頼した某取締役に聞くと「とにかくスゴイんだよ」と言った。
さらに「質問するとなんでもバシッと答えるんだよ。スゴイんだよ」と言った。
「スゴイんだよ」としか言ってないし全く返事になってないけど、
彼がそう言うのだから何かとてもスゴイのだろうと思った。

ということで、ウェブで「西出隆一」と検索してみたら
素人が作ったようなサイトがヒットした。
そのサイトにちんまりと西出さんの写真が出ていて、
理由も何も書いてなくて「師匠」と呼ばれていた。

「はぁ? なんなのよう、師匠って」

先生とか師匠とか呼ばれる人のことを信用しないナナメなわたくし。
かんべんしてよって感じだったのだが、
今では自分が「師匠」とか呼んでるのだった。どーなのよ自分。

ともあれ「師匠」と言われるだけのことはある方です。信じてください。

さて、土づくり会議での西出さんの講演というかお話は衝撃的であった。
わたくしのナナメの姿勢があっという間に前のめりになったほどである。
何が衝撃だったかというと、有機農業で起きるさまざまなことに
すべて原因と理由があると言われたことだった。

たとえば病害虫の発生。

正しいきゅうりの形
作物の姿形を見れば、正しい生育をしているかどうかがわかると師匠は言う。
このきゅうりは上から下まで葉の大きさが同じである。その他、新芽の太さ、
色合いなどからも、順調かどうかがわかるのだ。スゴイでしょ?



一般的な慣行栽培では農薬を散布する。
有機農業ではガマンする。
ガマンしない人は自家製資材を散布してみたりする。

自家製資材というのは酢と焼酎を組み合わせた忌避剤とかで
人それぞれいろいろなものを作っていて倉庫の隅っことかで
粛々と発酵してたりすることが多い。

中にはすごくよく効く(と農家が言う)ものもある。
その自家製資材のことを聞くたびに
わたくしはほんのりと疑問に思っていた。

農薬と自家製資材ってさ、出たらまくもんでしょ?
対症療法という意味ではおんなじなんじゃないの?
慣行では農薬、有機では自家製資材。役割としては同じだよね。

人間は病気になると薬を飲むが、健康的な食事とか適度な運動とか、
体質の改善や体力や免疫力を高めることで病気になるのを防ぐことができる。

農業には、作物には、そういうことができないのかな?
発生する前に何か対策が打てないのかな?
その方がずっと効率的だと思うんだけど。

西出さんはそのほんのりした疑問に答えをくれた。

「良い土」を作れば、つまり土づくりをすれば病害虫は劇的に減る。
自分のトマトハウスは数十年連作しているけど全く連作障害は出ないし、
農薬も使っていない。農薬を使う必要がないのだと西出さんは言った。
講演ではその具体的な対応策が次々に出てきた。

す、スゴイ! 
スゴイ!としか言えなかった某取締役の気持ちがよくわかった。

093_20141026173019f5f.jpg
最近の師匠。「能登里山里海マイスター」育成プログラム 特別講座
「西出隆一の農業者養成塾」のハウス前で。師匠の技術をみっちり学習できる
研修生を募集したけど、プロを目指す人の応募がなかったらしい。
プロを目指す若者が来てくれないかなーとおっしゃっておりました。



この技術がもっといろんな人に広まるといいのになー。
試行錯誤して農業やってる技術のない新規就農者なんかにはとくに。
すんごく役に立つだろうなー。もったいないなー。
わたしにできないかなー。やれるんじゃないかなー。やりたいなー。

ということで、その3年後に某D社を辞めた。
んでさらに5年経った今年、ようやく西出さんの本が書けることになった。
師匠は「好きなように書け」とおっしゃってくださっている。
がんばらなくては!!!

さてしかし、この本は農業技術本ではない。

だってわたくし研究者でもなんでもない農業が好きな素人だもの。
小難しい栽培技術のことをわかったようには書けないわ。
でも今までいろんなことをいろんな人に教わってきた。
そのことを伝えることはできるのだ。だってわたくしは媒体だもの。

そしてわたくしでなければ書けないこともきっとたくさんあるはずだ。

農家にも、農業をほとんど知らない人にもおもしろい本。
読むと自分でも野菜を作りたくなる本、そんなのがいいな。

で、お願いです。できたら買ってください。ペコリ。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

お店で買えないほんとうにおいしいものを食べた夜

112.jpg

全て国産の飼料を食べている山形村短角牛のサーロイン。
黒毛と違って赤身だけどアミノ酸含有量が高くてうまみが強い。
しみじみとからだにしみわたり、自分の血と肉となる気がするお肉。

115.jpg
それを炭焼きしております。手前にあるのが脂身。
この脂身がそりゃもう甘くてサクサクしておいしくて、
黒毛のサシなんか遠くどこかに吹っ飛んでしまうほど。

118.jpg
焼いたお肉はわさびでいただきます。
お肉が柔らかくて肉汁も楽しめるちょうどいい焼き加減。いい色合い。



2013年10月『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』
2014年3月『まだまだあった! 知らずに食べている体を壊す食品』
2014年7月『ほんとうにおいしいものはお店で買えない』

2013年に書いた一本の企画書が、3冊の本になったです。

「そろそろ3冊分、出版お祝いの会をしませんか?
ほんとうにおいしいお店で売っていないものを、
みなさんに食べていただいてはどうですか?」つーことで、
おともだちが出版お祝いの会を企画してくださいました。

せっかくおいしいものを食べていただくのだから、
野菜やコメ、肉ももちろん、きちんと素性がわかるもの、
調味料も無添加で伝統的な製法で作られているものを使って
お料理してくれるお店がいいな。果たしてそんなお店があるだろうか。

実はあるのだ。広尾に。
日本料理店「山藤」http://www.yamafuji.net/

このお店では、某D社が取り扱っている山形村短角牛を始め、
NON-GMO飼料を食べてる黒豚(系)やシャモを、
野菜は小金井の契約農家の野菜を使っている。
(端境期など一部違う場合もあり)

「どうだ! 驚いたか!」的な昨今流行の創作料理ではなくて、
おうちで食べるようなあたりまえの料理をきちんと作っている。
その味はしみじみとおいしく、からだに染み入るような料理で
「プロがきっちり作る最高の素材を使った家庭料理」って感じだ。

『ほんとうにおいしいものはお店で買えない』に書いた
ほんとうにおいしいものをできるだけ集めて料理してもらい
それを食べてしあわせな気持ちになってもらいたい。

そんなわたくしのわがままを全て聞き入れてくださり、
企画してくれたおともだちと山藤スタッフの尽力で
そのような会を開催することができたのだった。

皆様、わがまま言ってすんません。ありがとうございました。

117.jpg
仙台黒豚会のNON-GMO飼料食べてる黒豚系ばら肉の炭火焼き。
サンチュでくるんでねって言われたけどそのまま食べちゃった。
脂が甘くておいしかったー。豚の脂がこんなにおいしいなんて! 

092.jpg
銀だら西京焼き。魚の焼いたのっておいしいよねえ。。。。
ごはんがガシガシ食べたくなっちゃう。

094.jpg
料理研究家・井上穹子さんのオリジナルレシピによるコロッケ。
ちっちゃめに揚げてあるのでいくつでも口に放り込めちゃって、
サクサクですごーくおいしいの。

093.jpg
小金井の農家から朝採れ野菜のサラダ。「ただの野菜なのにおいしいねー」
って言ってる人がいた。最高のほめ言葉だなあと思いながら聞いたです。

091.jpg
NON-GMO飼料(飼料米も食べてる)平飼い養鶏の卵を使った玉子焼き。
あまーい玉子焼きって家で作るの難しいけど大好き。
配合飼料のニオイがしなくてほんとに素直な卵の味が楽しめました。



さてわたくし、出版時も現在も、無名の著者である。
そもそも出版なんて有名になってからオファーが来るものだと思うので、
売れ行きも「無名の著者で出版社の方すみません」って感じだ。

そんな人間が出版お祝いの会なんてこっ恥ずかしいと思っていたが、
まあ確かにこっ恥ずかしかったのだが、
お世話になった方、応援してくれた方、友人に祝福されて
大変すばらしい3時間を過ごすことができた。

参加していただいた方においしいものを食べてしあわせになってもらうどころか、
わたくしが大変しあわせになったのだった。それでいいのか、自分。
そして、そもそも「書く」という行為で自分が何をしたかったのか、
自分の軸が少しブレていたことにも気がついた。

わたくしがしなくてはならないのは、
某D社で担当していた農家の方々に教えてもらったいろんなことを、
誰かに伝えることである。

会の最初に某D社の社長、藤田さんが
「作家は出版記念パーティーなんてしないものです。
ってことで彼女は作家ではありません」とおっしゃったのだが、
そのとおりなのだった。

わたくしの役割は媒体であり物事をわかりやすくするフィルターである。
だから、自分で何かを生み出すのとは少し違うのだ。

そう思うとやるべきことはクリアでそのことだけを考えていればいい。
しなくてはならないことはたぶん、向こうからやってくる。
そして誰かがやってくれていることはやらなくてもいいのだ。

そう考えると自分の立ち位置が非常にニッチで、
誰もいないところにちんまりと身を置いているような気がするが、
そこで思う存分体を伸ばせているからそれはそれでしあわせなのだった。

008_20141020104108d05.jpg
山形県のおきたま興農舎の新米「ササニシキ」と「つや姫」のおにぎり。
海苔は柳川の海苔屋さん「成清海苔店」の「秋芽一番摘み」焼き海苔。
たかがコメ、たかが海苔と侮るなかれ、ほんとうにおいしいものはパワフルなのだ!

090_201410201041032ef.jpg
山形県東根市の奥山博さんが持ってきてくださった日本酒は、
どちらも入手するのがかなり困難な逸品でした。とくに十四代。
すげーおいしかったー。チョーしあわせの味。

016.jpg
デザートの奥山さんの黄貴妃(桃)と五十嵐晴夫さんのシャインマスカット。
「これ、桃とは別物だよね」「このぶどう、どこで買えるの?」と皆さん驚いてました。
おいしいくだものの力ってすごいなーと思ったわたくし。

166.jpg
誰もが驚く山藤の絶品かき氷。抹茶シロップはお店の手づくり。
氷屋さんで仕入れた氷を冷凍庫で保管しないで保冷庫で保存するのがコツ。
やわらかくてシャリシャリで口の中でほろほろと崩れて頭がキーンとならない氷。
かき氷で人が感動するのを初めて見たです。

254.jpg
山藤の親方、梅田鉄哉さんとわたくし。いろいろあれこれお世話になりました。
実は某D社時代から好き勝手なこと言わせてもらっておりますが、
いつも良くしてくださったです。ありがとうございます。



皆さんからいただいたあたたかいメッセージ、
たくさんの祝福の言葉はものすごーくパワフルで
わたくしのなかは現在その「愛」で満タンである。
燃費を良くして4冊目の本を書き上げるまでがんばるのだ。

ご参加いただいた皆様、応援してくださった皆様、
わたくしにいろいろなことを教えてくれた皆様、
また、3冊の本を買ってくださった皆様、すべての方に感謝しております。

今後も粛々とやるべきことをやっていきます。
皆様ほんとうにありがとうございました。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

【日本一手間のかかる味噌づくり】第三回・草取りやりました


草取り後3週間ではほとんど草が生えておりませんでした。
夏草シーズン終了!


ってことで、すぐに終了しちゃった草取り。

ってことで、中耕機体験しております。機械って便利で早いね。

かるーくやってるように見えた中耕も土寄せも、実は土がずっしり重くて
意外とはかどらないのでした。いやはや。手作業は大変だわ。



8月に種まきしてはや3回。欠株にも雨にも負けず草を取り、
10月11日の2回目の草取りは意外なほど草がなく、
種まきしたり農機具使ったりのまったりした一日になったです。

夏草がはびこるのは6月から8月まででそこから先は
秋の草にスイッチするのでしょう。
そう言えばほんたべ農園にもなんか違う草が生えてるわ。
ほとんど取ってないけど。

大豆は相変わらず欠株のままで(あたりまえか)、
これについて何人ものプロ農家の方から
「これじゃプロはダメだよね」「どうしちゃったの?」等々の
コメントをいただいたのですが「わかりません」としか言えないわたくし。

まき時期か、タネか、旱魃か、在来品種だったからか。
どれも理由になりそうだけど、隣に播種した黒豆はほぼ芽を出したから、
在来品種とまき方の問題かもなーと思ったりしております。

前回「大豆のタネまきから味噌づくりまで」を開催した石岡では
大豆のタネまきは遅くとも6月下旬までで、
それ以降は実ができないと言われたが、
今回の山武では通常でも7月中旬らしい。

千葉では早くまくと木が茂ってしまい(栄養成長が強くなるってことかな?)
結果的に収量が減ると言われるとそうかもなとも思う。
大豆についてはその地域ごとにいろいろ違うのだった。


第一・第三土曜だと参加できない美雨ちゃんが初参加。
いやー、大きくなってました。オバサンそのぶん年取ってるのね。


前回まいたラディッシュがこんな大きさに! さすが二十日大根!

相変わらずていねいなタネまきの指導をしてくださる富谷さん。
「ていねいにしないとたくさん採れないよ」。うぐぐ。ぐっさり胸に突き刺さったぞ。


畑に空きスペースをこさえてもらって、再度タネまき。
次回の収穫の際には菜っ葉摘み体験ができるでしょう!



まあすべての作物がそうかもしれない。
その土地々でタネまきの適期は全然違うってことよね。

さて今回も空きスペースに秋野菜のタネをまいたが、
けっこうスペースがあったので、ちょっと欲が出たわたくし。

「苗を定植するのは無理かなあ?」と聞いてみた。
即座に「無理」と言われがっかりするわたくし。

山武市は千葉なのに冬が激寒らしいのだった。

わたくし的に、千葉といえばあったかいイメージがあり、
春キャベツの産地でもあるため、三浦半島と変わらないのかと勝手に思ってたが、
それは銚子とか外房の話で、内陸部は冬季はフツーにマイナスになる。

ブロッコリーは1月まで、それ以降は凍ったり溶けたりしているうちに
全部ダメになってしまうらしいのだった。

埼玉北部でもブロッコリーは3月まで平気なのに
(どちらかというと蕾が開いてダメになるパターンだが)、
どんだけ寒いんだ! 山武! って感じだ。

さんぶ野菜ネットワークの代表・富谷さんによると
「宇都宮の気温とほぼおんなじらしいんだよ。寒いんだよねー」だって。
実は石岡とそれほど変わらないのかも。


毎回おおごちそう作ってくださるさんぶ野菜ネットワークの山本さん、富谷さん。
芋天と人参かき揚げを揚げ中。ごちそうさまでした!


春に収穫した人参と今畑にある人参の葉っぱでかき揚げ。
いやー最高に美味しかったっす!!! 


自家製味噌と自家製野菜のお味噌汁は滋味溢れる味で、
すげ元気でます。正しい日本のお味噌汁!って感じです。


てなわけでごちそう食べてたら試食用に収穫した枝豆のことを失念。
おいしかったけどまだちょっと若い感じ。食べごろは再来週くらいかな。
どっちにしても食べられないけど。



ということで、これからどんどん寒くなるし、
なんか台風きてたしで、大豆の実入りがどうなるか少し心配。

そうは言っても12月には予定通り収穫を行うです。
秋野菜も収穫できるでしょう。きっと。そしてそれで
味噌汁とか作って食べたりすると楽しいかもしれない。

日本一手間のかかる味噌づくり、あと3回。
ケガなく元気よくがんばりましょう。

次回の「収穫」は12月7日(日)の予定です。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村



「売れる売れるセミナー」ご報告

007_20141007101252428.jpg
セミナー講師の橋本和恵さん。現在は販売のプロとして活躍中だが、
昔は引っ込み思案で口下手な少女だったそう。だからこそ
販売は才能ではない、方法さえわかれば誰にでもできるというのが信条。



10月3日、金曜日、水天宮前の自然食品店・遠忠食品さんのご協力を得て、
やりましたよ! 「売れる売れるセミナー」。
カリスマ販売員・橋本和恵さんのお話を聞き、参加者が皆
「いつでもどこでも何でも誰にでも売れる人」になるセミナーである。

主に試食販売をテーマに4時間。
途中何度かロールプレイで実践なんかもやってみて、
「販売のプロ」の技を教えていただいた。

ものすごーく詳細にわたっていろいろ教えていただいたのだが、
お話を聞いていてわたくしが感じた一番のキモは、
「商品を販売する際に、あなたは何をしようとしているか」という
橋本さんの発言に集約されているように思うのだった。

「え? 何をって、商品を売るのでは?」と誰しもが思うだろう。
だって販売だもの。でもそうではない。

その商品を購入するとお客様にこんなメリットがある、
その商品を購入したら、お客様の生活こんなしあわせが待っている等の
「商品の価値を伝えること」が「販売」なのである。

わたくしは某D社で編集をやっていたので、
そのあたりはなんとなくピンと来るのだった。

商品価格が割高な某D社のものは全て説明商品である。
単に「なんとなくいいんだろうけど高いもの」では、
全く価値が伝わらないし、ファンも増えないのだ。

011_20141007101228b51.jpg
販売トークロールプレイ中。隣りに座ってる人とやってます。
お互い全然知らない人ですが、伝わったかどうかの意見交換もします。
これ、おもしろいよねえ。あっという間に隣の人と仲良くなれるの。



あなたが某D社に入会して商品を購入すると、
あなたのからだやあなたの生活がどのように変わるのか、
それが日本の農業にどのように影響をあたえるのか等々、
日々価値を伝えることが某D社の制作部門の仕事であった。

今はできてないと思うけどね。ま、いっか。

さてしかし、試食販売でそんな価値の説明ができるのだろうか?
長々と説明したって目の前の客は聞いてくれなかったりする。
気もそぞろだったりする。
そういう客の態度を見てると心が折れるのだ。

しかし橋本さんはそのノウハウも持っているのだった。

試食販売でありがちな、商品を食べてもらって
説明したところで終わって販売につながらない傾向についても
ちゃんとしたノウハウがあるのだった。

商品説明をして食べてもらうと、目の前の客が少し黙りこむことがある。
売り子としてはとても不安になる行為で、ついつい説明しまくってしまう。
「も、いっか、売れなくても!」なんて思っちゃったりもするのだが、
この時お客様は購入しようかどうしようか検討しているらしいのだった。

そのときに必要なのが「クロージング」である。

クロージングって営業なんかでよく使われてる言葉だが、
試食販売にも必要なのだ。
どうしようかなーと考えている客に最後の一押しをする。
それは「その商品を使ったり食べたりしているイメージを話すこと」である。

023_20141007101227c9f.jpg
目の前にいる人、3m離れてる人、6m離れてる人を集客する方法、実践中。
販売のプロは目の前の人だけに話しかけるのではなく、
同時に通路を歩いてる人や、遠巻きにしてる人にも話しかけているから
結果、人がどんどん集まってくる方法を教わっとります。

025_20141007101225f89.jpg
通りすがりの人を惹きつけるトーク実践中。興味を持った人に対して
どのように接近していくといいか等のコツも教わりましたです。
長年の実験と実践の結果、一番効果のあるものを発見したという
橋本さんのノウハウはほんとにスゴイのでした。



お菓子を売ってるのなら「コーヒーと一緒に食べてくださいね」とか
化粧品なら「明日の朝の化粧のりが違いますよ!」とか。
その商品を購入したらこんなしあわせが待っていると
目の前の迷っている人に伝えることが商品の購入につながるのだ。

橋本さんとお会いした際に「売る方法というのは何でも同じですよ」と
何度か言われたのだが、確かにそうなのだ。
商品の価値を伝えること、その商品を購入するといいことが待ってると
イメージを与えること。これはどんな商品でも同じである。

あとはそのトークの組み立てや方法なのだが、これは内緒。
以下、参加した人々のご感想をご紹介いたしましょう。

「売れる売れるセミナーで学んだことをやってみました。
結果は、なんと! 2倍の売り上げ! たった1日で、
すごい、すごーいすごすぎです!
橋本さん、遠忠さんホントにありがとうございます、
売れる売れるセミナー、美味しいですよ~美味しいですよ~」

「すごく、ためになるセミナーでした。次回の販売が楽しみです」

「昨日はありがとうございましたm(__)m
面白くて参考になるセミナーでした!」

「以前販売は才能だって会社の先輩に言われたことがあったけど、
そんなことないんだなあって思いました。
すごくためになるセミナーでした。まだ聞き足らない感じです」

039_20141007101224fc2.jpg
試食販売でとても困るシーン「買うか買わないかわからない客が
延々と話しかけてきて、横に商品持って買う気まんまんの客がいるのに
対応できないときにどうすればいいか」の対応実践中。
なるほどー、そうすればいいのかーと全員納得。しかも難しくない。



4時間があっと言う間で、しかもまだまだ聞き足りない感じという
販売の奥の深さ、その深淵をちらりと覗いたセミナーであった。

「橋本さんのセミナー、受けてみたい!」という方、ぜひ
メッセージを送ってくださいませ。第二弾を企画します。
info★hontabe.com ★を@に変えてメールしてくださいまし。

参加者はさまざまな業種の方々だったが、セミナー後はなんとなく
「同志!」的な感じがして、名刺交換なども活発に行われたのだった。
橋本さんの「やる気オーラ」を浴びると人が変わってしまうのかもしれない。

ともあれ、とても楽しい4時間でありました。
参加者の方、橋本さん、会場をご提供くださった遠忠さん、
ほんとうにありがとうございました。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR