農業もイラストも基礎が大事

91bAgNG20aL.jpg

『現代農業』のタイトルにありそうないい感じのタイトルです。
帯に「石灰使わない」って書いてあるけどそんなことないですけど、
ここは修正できませんでした。いやはや。



高校1年のとき、油絵を習いに行った。

当時のわたくしは「ちょっと絵のうまい女の子」であった。
基礎ができてないと「ちょっと絵のうまい女の子」で終わってしまうと
誰かに言われ、んじゃ油絵やろうかなと思ったのだ。

個人レッスンの最初はただひたすら木炭デッサンの日々であった。

木炭で立方体・円錐・円柱・球・ブルータス・ビーナスを書いたが、
立方体からすでにつまづいた。

「この面の向こう側にも面があることを描け」とか言われるのだ。
もーちんぷんかんぷん。向こう側見えませんけど!!! 
何をどう描いても「違う」と言われ泣きそうになった。

デッサンを数ヶ月やり「ま、いいでしょ」と言われて油絵を始めたが、
静物を描くのがつまらなくて結局やめてしまった。

デザイン学校では早く乾くリキテックスが好きになり
さらにパステルを使ったので油絵の具を一度も使ったことはない。
デッサンはうまい方だったが単に「うまい方」だったため、
もっとちゃんとやっときゃ良かったと後悔した。

わたくしはその後「わりとイラストが描ける女」になれたが、
それ以上にはなれなかった。なんでもテキトーに描けるから
いろんなものを便利に描いていたらあるときから
何を描いていいかわからなくなり行く先を見失ってしまった。

昔は描くだけで毎日がウキウキしていたが、
最近はイラストを描くのがほんとにイヤでお金をもらっても描きたくない。
あんなに好きだったのが嘘のようだ。

デザイン学校の先生に「基礎やっとかないとつまづいたときに
先に行けないし上達が止まっちゃうんだよ」と言われたことを思い出す。
結局その通りになった。
デッサンを死ぬほどやっておけば先に進めたかもしれない。

絵でもスポーツでも基礎は必要だとこの年になってつくづく思う。
基礎をちゃんと知ってることが自信につながるし、
基盤がきちんとしているほど上達も早く大きく伸びるのだ。

040501.jpg
便利にとりあえずどんどん描けるイラストの例。↑
どこでつまづいたのかなー。ううううう。



西出さんの本を書いている最中にわたくしは
「西出式微生物農法」はデッサンのようなもんだなーと思った。

「いい土づくり」は農業の基本だ。

しかし今も昔も個々人が思い思いに土づくりをやっており、なんとなく
「こういう基本があるよね」的な指針はあるし、
「数値で見るんだったら土壌分析だよね」的な部分もあるが、
あいまいだったり思想が先走ったりすることもあり
万人にわかりやすい「基礎」を見つけるのは難しい。

「アタシの畑ではうまくいったけどアンタのとこではどうかしら?
気候も土質も面積も違うしね。同じことやってもムリよね」というのが
一般的な考え方だ。だから有機農業の技術体系がなかなか作れない。

しかし西出さんの「土づくり」は数値に基づくもので、
どんな土でも気候でも必要なものは常に同じである。

土壌分析の項目から適正値を計算して過不足を補う。
土壌三相分布を計測し数値を整える。
微生物資材を投入し微生物叢を豊かにし、
粗大有機物を常時入れることで団粒構造を作る。

これだけなのよね。すごくない?
どんな畑でもすることは同じ。
数値によって内容が変わるだけだ。

「西出式微生物農法」は実は「土づくり」のやり方なのである。

微生物資材を使うところに特徴があるが、
基本は数値化できるものをただひたすら整えるというシンプルなものだ。
しかしその土壌分析の項目は非常に細かいものだし、
普及所や肥料屋さんがやってくれる項目だと全然足りない。

わたくしも土壌分析診断はできるので何人かの農家に
分析数値を見せてもらったことがあるが、
「これをどうやって診断するんかなー」と思うものばかりだった。

なぜ違うのか、なぜこれで「OKだよね!」となってるのかは不明だ。
例えばCECを測らずどうやって石灰苦土カリの適正値を計算しているのか
なんちて質問しても誰にも答えられなかったりするのだった。

054.jpg
「西出会の会報を読めばわしと同じだけの知識は得られるけど、
いかんせんみんな経験がないからわしと同じようにはできん」。
11月の総会時に西出さんは言いました。知識があっても経験が伴わないと
技術にはならないと理解しました。どれだけ深いのか農業。



ともあれ農業の基本・土づくりは有機も慣行も関係ない。
いい土を作れば土が作物を作ってくれるのは周知の事実だ。

その「いい土」を作るために資材を投入しコストをかけるのが
「西出式」なのである。西出さんはいい土ができるのをのんびり待たない。
お金をかけて土づくりをしそのコストを短期間に回収する。

もしかしたら非常に前衛的な農業を提唱しているのかもしれないなあ。

素人でも家庭菜園家でも新規就農者でもプロの農家でも、
土づくりにおける基礎は同じだ。
その上にそれぞれの地域や気候に会わせた知識と経験を積み上げて、
個々人の技術が構築されていくのだとわたくしは思う。

でもねー。校正したときに西出さんにねー、
「この本読んだらえらい簡単そうに農業できるみたいだけど
農業はそんなに甘いもんじゃないよ」って言われたのよね。

その「甘いもん」部分は知識と経験と技術の蓄積部分だと考えると
わたくしが書いたのは基礎部分のみである。
そんなに無責任なことは書いてないと思うんだけどどうでしょう。

あ、あと、大規模農業に西出式は向いていません。
西出式が非常に効率よく機能するのは小規模農家、
あるいは小規模で儲けたい施設園芸農家だと思います。

つーことで、『儲かる!西出式農法』は5月8日発売予定で、
書店に並ぶのは11日過ぎだそうです。
Amazonで予約できるみたいですので、みなさま、ぜひ(営業)。
農業を知らない人にもおもしろく読める(はず)です。
『儲かる「西出式」農法』
91bAgNG20aL.jpg



★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


『パパ、遺伝子組み換えってなあに?』を観てしみじみ思ったこと

img255.jpg


米国のインディーズ系の監督、ジェレミー・セイファート氏の映画
『GMO OMG』(邦題・パパ、遺伝子組み換えってなあに?)を観てきた。

導入部分に美しい言葉が連ねられており、子どもたちはとてもかわいく
登場人物が多岐にわたる非常に示唆に富む映画だった。
しかし勘違いしている、というか妙な部分もいくつかあって、
それはあえてそう演出しているのか、本当の勘違いなのかは不明だ。

『世界が食べられなくなる日』のように拳を振り上げ、
モンサント社悪の化身、GM種子で世界征服、許せん!的な映画ではなかったから、
そういうのを期待していくと物足りないかもしれない。

でも知識のない人でもフツーにおもしろいんじゃないかな。

いくつかあった勘違い部分を頭のなかで取り除きながら見ると
善悪の判断なしに事実を淡々と並べ、積み上げているように思えた。
英語版のレビューを見るとバイアスかかりすぎとか書かれているが、
そんなようには思えなかったのは間違ってるところを無視して観たからかな。

その中立性を感じさせるのが再三出てくる「I don`t know」という言葉だ。
「遺伝子組み換え作物が安全か危険か、わたしは知らない」と
登場する科学者や政治家、農家が何度も言うのだ。

「わたしは知らない。でも予防原則は守る必要がある」
「わたしは知らない。しかし翌年もタネが取れない作物は嫌だ」
「わたしは知らない。問題は遺伝子組み換えではなく除草剤の残留だ」

ラウンドアップについての実験で名を馳せたセラリーニ教授も出てくるが、
彼ですら「実験の結果はGM作物だけのせいではないかもしれないけど」なんて言う。

遺伝子組み換え作物は安全かどうかは知らないけど
「(米国で)表示されていないこと」「F1で種が取れないこと」
「今までなかった除草剤の残留」という問題があるよと彼らは言ってるのだ。

わたくしは最近、遺伝子組み換え作物はすげー危険だから反対!
モンサント社悪魔の会社! ケムトレイルもまいている! とか言う人々に
微妙な疲れを感じることがある。ケムトレイル。のことはトンデモネタとして
好きだけど、遺伝子組み換えとかモンサント社にからめないでって感じ。

もしかしてトンデモな人=遺伝子組み換え反対派? みたいな倦怠感があり、
だからこそ「わたしは知らない」というところに新鮮味を感じたのかもしれない。

IMG_9065_20150417191501631.jpg
ラウンドアップ耐性大豆に対してラウンドアップは何回くらい
散布されるのかな? 米国にも防除暦あるのかしら。
残留農薬基準値はトウモロコシで1ppmだったけど大豆はいくつだったっけ。



実はわたくしは最近、遺伝子組み換え作物は必要なのだろうと
思っているのだった。とくに日本は。穀物の自給はできないし、
主たる穀物の輸入先は米国である。ブラジルでもGM作物を作りまくりだ。
ということは拒否したくともGM穀物を食べざるを得ない。

穀物なしの生活なんて今さらできないわよね?
でも人々が選択できるようにもう少し表示したほうがいいわよね。と
わたくしは考えている。それはこの映画の主張と同じである。
日本は米国と違って表示されてるけどね。

NON-GMOで食べものを作っている人がいる限りそういうものを選択するし、
国内で商業栽培されるのはイヤだとわたくしは考える。できるなら反対する。
それが穀物を自給できない国でできる唯一のことだからだ。

なんで反対しているの? と聞かれても
「なんかヤだから」としか答えられなかったが、
きっとこういうこと↓なのだろうと映画を見ていて気がついた。

わたしたち日本人は、ふだん全く意識していないが自然と共生しており、
なんとなく精霊や祖霊の存在を信じており、事あるごとに神仏に祈る。
河童や妖怪の類についても問題なく受け入れている。

虫は交尾して卵を産んで繁殖するものというよりは「わく」ものだし、
トイレにも台所にも神さまがいると言われると「いるかもね」と思う。
高い山に行けば何かヒトの手が及ばない大きなものの存在を感じ、
樹齢何百年の木に精霊が宿るとか考えるから、しめ縄を結んじゃったりする。

そこにあるものを淡々と受け入れることがあたりまえである自然観と、
「生命の基本情報をいじっていいもの作っちゃうぜ!」という
遺伝子組み換え技術は相容れない。とくに食べものについては。

はっきりとした理由なく「なんとなくイヤだ」と思う人が多いのは
そういう国民性もあるのではなかろうか。
そして、理屈で物事を受け止め判断する男性より、
情緒的な判断をする女性に反対する人が多いのもむべなるかなって感じだ。

だから米国では常識になりつつある「生命特許」についても、
妙な考え方だろうと思ってしまう。命に特許? ありえないでしょう。

IMG_9086_20150417191459f23.jpg
殺虫性トウモロコシの畑をガスマスクして駆け回るのは
おもしろいけどやり過ぎって気がしましたが、どうでしょうか。



映画の最後の方に「スヴァールヴァル世界種子銀行」が出てくる。
地下深くの冷蔵庫に保存されているのは世界中の作物のタネである。
その風景を初めて見て、心が震えた。

監督の長男、フィンくんは種マニアで、冒頭にそれが紹介されるのだが、
「一粒のタネを植えれば、百個もタネが取れるんだよ。
種ってクレイジーでしょ!」なんて言う。その言葉がここで胸に響く。

タネは人類共通の資産で、守るべきものだ。

形質の変わらないタネを採り続けられることを選択したい農民がいるのは
当然のことだ。とくにタネを買えない貧しい国の人々にとっては。

この映画は、遺伝子組み換え作物のみについて語られているのではなく、
持続可能な産業=農業についても、あれこれ考えるべきことのタネが
ヘンゼルとグレーテルのパンくずのようにあちこちに落っこちていた。

パンくずが多くて消化しきれなかったわたくし的には、
もう一度見に行きたいと思っております。

4月25日(土)から、渋谷UPLINKで上映開始です。
ご興味ある方はぜひ。
http://www.uplink.co.jp/gmo/


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

ほんたべ農園4号土壌分析結果

tuchi.jpg
今まで借りた中で一番歴史のある感じの土だなーと思ったら、
今までの土はたぶん客土だったんじゃないかと思い当たったです。
単粒構造でビシバシに詰まった感じの土でしたよ。あー困った。



雨ですねー。

作業の遅れが気になる方々がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
桃の受粉とかどうですか? なんちて思う今日このごろ。

ご報告が遅れましたが、区民農園が当たりましたよ。

ひゃっほう!!! やったぜ!!!

つーことで、土を採取し土壌分析に出しておりました。
すでにカルスNC-Rと山梨から持ってきたモミガラ・米ぬか・硫安を投入し、
一度耕起しております。

過去3回のほんたべ農園のなかで土が一番ヤな感じなのですが、
前この区画やってた人はちゃんと耕作してたのか、
どんだけ化学肥料で作ってたのかと思ったです。
たぶん「まじない石灰」もビシバシ入っているでしょう。

つーことで、分析結果が来ましたよ。

お。びっくり。CEC(※)がすげー高いじゃん!!!
しかも腐植(※1)もハンパなく高いじゃん!!!

これはもしかしてうまいこと作れば「多収の畑」になるのでは?
まだ苗すら買っていないのに妄想が湧き上がるわたくし。
妄想に目が眩み、CECと腐植に目を奪われていたが、
石灰を見てぶっ飛ぶわたくし。311.3kgも過剰ですよ。ひー。

今回の区画は今まで借りたなかでは一番歴史ある区画で、
倉庫とかクワとかの劣化具合がハンパないのだが、歴史あるぶん
「過去の利用者が粛々と耕作前にまじないのように石灰を入れてきた」
積み重ねがすごいのだろうと思うわたくし。その結果がこれだ。

家庭菜園の本に「日本の土壌は酸性だから石灰入れて」って
もうあんまり書かないほうがいいんじゃないのかなー。

ってことで診断してみました。

2015春


CEC33.3という数値はすばらしい数値だけど高すぎるので、
見かけのCECの可能性もあるため25で計算をしなおした。
そうすると石灰はますます過剰になるのだった。ひいー。

そして苦土もリン酸も過剰である。入れなくていいのは助かるけど、
前の人たくさん肥料入れてたんだろうなー。うまくできたのかしら。
わたくしが投入しなくてはならないのはカリのみである。

カリ肥料といえば有機だと草木灰だが、草木灰はカルシウム分も多いため、
よぶんなカルシウムが入って過剰がますます過剰になってしまう。
ので草木灰という選択肢はない。

こういうとき、有機って大変だよなとしみじみ思ってしまうなー。
わたくしの場合は家庭菜園だし躊躇なく「硫酸カリ」を投入!
あとは売ってるかどうかだ。去年は売ってなかった。ううううう。

そして、ケイ酸は適正量存在するため、とくに追加はしない。

ケイ酸が大量にあるとうどんこ病の発生が少なくなると言われており、
確かにきゅうりに肥切れが起きるまでうどんこ病が出たことはない。
世田谷区の土にはケイ酸がなぜかたくさん含まれているのだった。

さて、今年はほんたべ農園7年目である。

6年間毎年失敗している施肥管理をきちんとしなくてはならないのだ。
ってことで努力目標「きゅうりに肥切れを起こさない」
そしてもうひとつ。「トマトの新しい仕立てに挑戦!」

数年前に買った木嶋利男さんの本『プロに教わる家庭菜園の裏ワザ』に
トマトの脇芽を次々に伸ばす多収タイプの仕立て(連続摘芯栽培)が
紹介されているのだが、よくわかんなかったからやらなかった。

露地栽培でつるおろしをやってもうまくいかないと
ここ数年の経験でわかったわたくしだが、へなちょこ菜園では、
高い支柱を立てることは困難である。高い支柱はお値段も高い。

つーことでトマトを上に上にと伸ばすのではなく、
草丈を低くして収量を上げる方法がベストである。
んで久しぶりにこの本見てたらそういう仕立てが出てたわけ。

2.jpg
たったの15平方メートルなのに耕うん機が欲しくなるわたくし。
いつかカセットコンロ用のガスの耕うん機欲しいなー。
っつかでかい畑をゲットするのが先か。



ちなみに師匠の25段取りの仕立てはこの仕立てに似ているのだった。
でもこれすげー手間かかるらしいのよね。
めっちゃ手間かけるのが平気な師匠ですら「最近は手がかかるからやめた」
なんちて言うくらいなのだ。果たして下農にできるだろうか。

捻枝して脇芽を折りそうな予感がひしひしとするわたくし。

さて、トマトの問題はここ数年仕立て以外にもある。
それはね。肥料なの、肥料。施肥管理なのよ。

連続摘芯栽培は、通常の仕立ての1.2倍肥料が必要と書いてある。
わたくしのトマトは通常の仕立てで無肥料でやっていた。下手くそだから。
そして0×1.2=0である。むう。

施肥管理は一番苦手とするところで(っつか他に得意なとこなどないのだが)、
肥切れを起こすぐらいなら元肥をちゃんと入れればいいんだが、
トマトについてはうまくいった試しがないのだった。

現時点までのへなちょこ経験では無肥料スタートが一番できが良かった。
そして7段目までは問題なく収穫可能である。
あとはダメですけどね。ええ、ダメなんですよ。大玉は全然ダメ。
だから脇芽を挿し木して、11月までミディトマトを穫ってるの。

今回の畑はCECがべらぼうに高いから
理論上チッソ分もべらぼうに入ると思うけど、たぶん入れない。
だって下手くそだから。塩基飽和度(※2)高いしどうせ流亡するし。

なんちて考えて、チッソをすくなーめにすくなーめにやってるから、
結局肥切れを起こす。とくにきゅうり。

そして肥切れのサインが出てから追肥をしても
間に合わないことも学習した。第一果がついたらちまちま追肥、
みたいな対応をやらねばなるまい。とくにきゅうり。

ナスとピーマンはいいんです。11月までがっつりとれるから。

今年はちゃんと管理するのだ。なにしろ、師匠のことを書いた本が
来月には出版されるのだ。ちゃんとできてないと恥ずかしいのだ。

ってことでがんばるぞ!!! おー!
目指せ! 連続摘芯栽培!

※CEC 土が肥料分を保持できる大きさ。
人間で言うと胃袋の大きさと例えられる。
露地で20以上、ハウスで30以上が目標。
高ければ高いほど肥料分を多く入れられ多収型の畑になる。

※1腐植 土壌中の微生物によって分解されてできた有機成分。
5%以上が目標。CECと腐植の数値が高いと多収型の畑と言われる。

※2塩基飽和度 土に吸着している養分量のこと。
ハウスで80、露地で60が適正値。
数値が高いと養分が吸着できないから流亡しちゃうです。
んで肥料のムダとか地下水汚染とか言われちゃうわけ。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

脱「隠れエコババ」宣言!!


名称未設定 1

某D社に入社してしばらくの間「ほんたべちゃん宗教に入っちゃった」
とか言われて遠巻きにされていたが、さもありなんと今では思います。



「エコババ」と呼ばれる人々がいる。

ナチュラルをもって旨とし、お化粧はせず白髪も染めず、
インド綿の服を着て自然食品をこよなく愛し、
天然酵母パンを自分で焼き、息をするようにリユース・リサイクルをして
原発に反対し、主に中央線・京王線沿線に住んでいる。

わたくしこの人々とできるだけかかわりにならないよう
うまいことハンドルを切って今まで生きてきたつもりであった。

先日誕生日を迎え、今までの生活を見直そうとか考えて、
自分の生活を振り返ってみたら。なんとびっくり。

自分自身がエコババだったではありませんか!!!

「白髪を染めずお化粧をせず」のあたりを排除したら
わたくし、身も心もエコババなのであった。
いつからエコババになったのかと来し方をつらつらと考えてみると、
脳内に種が植え付けられたのはチェルノブイリ原発事故あたりのようである。

缶ビールのプルトップリングが今のように押しこむ形になっていなくて
当時、静かに怒っていたことをまだ覚えているからだ。

しかしそれとおしゃれとは別だとわたくしは考えていた。

ソバージュで太めの眉毛にアイメイクもばっちりした80年代の
ミニスカはいたりする鳥取のフツーの娘だったわたくしはしかし、
原発を48基も作るなんて気違い沙汰だ!とか怒っていた。心の底から。
誰にも言わなかったけど。

数年後、当時そういった意味でお仕事とエコが直結している
某D社に入社したのは当然のことだったのだろう。

しかし某D社に入社したわたくしは非常に驚いた。

裸足でもんぺと草履はいてたりジーンズとTシャツ着て走り回っている
ノーメイクで顔色が悪いショートカットのアルバイトにしかみえない女の子たちが
社員なのだった。今考えるとこれらの顔色の悪いインド綿の服を着た女の子
=エコババ予備軍ではあるまいか。

お化粧してスカートはいてるOLっぽい人は全員パートさんなのだった。

それまでNHKでバイトしていたわたくしは、世間が考える娘の常識通り
ファンデーションも口紅も塗っていた。そのせいか、
しばらくの間チーママとか陰で呼ばれていたらしい。

そのわたくしも2年後にはファンデーションも口紅も塗らなくなり
穴の開いたジーンズやインド綿の服を着始め、
同僚に「パジャマ着てくるなよな、おまえ」と言われたりした。

それと同時に合成洗剤を日常生活から全て排除し、
シャンプーもせっけんに切り替え、化学繊維の服を着なくなり、
牛乳パックを洗ってリサイクルに出すのは世間の常識あたりまえ、
家庭菜園で生ごみコンポストを導入し生ごみも完璧にリサイクル!
ああ、なんてステキなアタシのエコ生活。地球はひとつ、大切にしなくては!
 
なんて思っていたことを思い出したが穴があったら入って叫びたい。
これがエコババでなくてなんであろうか。

そして現在でも一部を除きこの生活はほぼ進行形である。

一部というのは、クイックルワイパー的なものと
キッチンペーパーを使い始めたことだ。

それまでは「紙を使い捨て」というのに罪悪感があり、
クイックルワイパーとキッチンペーパーは使ったことがなかった。
パルシステムのカタログに載ってるのを見つけて買ってみて、
2年ほど納戸に入ったままだったが、あるときふと思いついて使ってみた。

すげー便利じゃん!!!! というかもうそれだけで

すげーエコババじゃん!自分!

今でもキッチンペーパーを一箱使うのに半年くらいかかるし、
クイックルワイパー的なものも週に一度くらいしか使わない。
50歳過ぎたしこれぐらいの手抜きいいよねみたいに考えていたが、
それ自体たぶん一般的には変な気がするのだった。

わたくしったら「隠れエコババ」だったのね。

エコババとか言って笑ってたことをお詫びします。
すんませんすんません(中央線方面に向かっておじぎ)

つーことで、わたくしはエコババである。

さて、それでは、このブログを見に来ている人のエコババ度はどれぐらいかな?
以下質問を考えてみました。自分のエコババ度をご確認ください。

1.洗濯にはアリエール等の合成洗剤ではなく太陽油脂のせっけんを使う
2.無農薬・有機野菜を好む。
3.もちろん無添加の食品が好きだ。
4.シャンプーは太陽油脂のせっけんシャンプーである
5,どころか、固形石鹸で髪の毛を洗う
6.ボディシャンプーは使わない
7.お風呂洗い・トイレ洗いもせっけんである
8.カビキラーなどの塩素系洗剤は絶対に使わない
9.水道の蛇口には浄水器がついている
10.食品のトレイをリサイクルしている
11.白髪を染めていない
12・やっぱ染めないのは老けて見えるからヘナを使う
13.コットンのスカーフを10枚以上持っている
14.お風呂の残り湯は洗濯に使う
15.脱原発なので契約アンペア数がめっちゃ低い
16.ポリエステルなどの化学繊維がキライで綿・麻・絹が好きだ。
17.お化粧をしない。してもナチュラル系の口紅しか付けない
18.「買ってはいけない」を読んだことがある
19.靴下は2枚~5枚くらい重ね履きしている
20.布ナプキンを常用している

15以上思い当たった方、おめでとうございます! あなたはエコババです。
一緒にエコババを広めていこうではありませんか!!!

10以上だった方、エコババ予備軍です。精進しましょう。
ステキな未来が待っています。

10以下だった方、エコか非エコか、方向性を熟考しましょう。
あなたの選択に未来がかかっています。

5以下だった方、なぜこのブログを見に来ているのですか? 偶然?


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR