オーガニック・エコ農業ってなんでしたっけ?

030_20161028115523d17.jpg
今年は長雨で菊がダメになってしまいましたのです。
ちょびっとしか収穫できませんでした(泣)



わたくし今期、有機農業参入促進協議会というNPO法人の理事を
務めさせていただいております。

有機農業参入促進協議会、略して有参協は
以下のような事業を行っております。

有機農業への新規及び転換参入の促進に関する事業
有機農業技術の体系化に関する事業
有機農業の生産・流通・消費に関する調査研究の事業
国、県や市町村等からの補助事業等の受託に関する事業
ほか、この法人の目的を達成するために必要な事業

サイトはこちら。http://yuki-hajimeru.net/
Facebookページもありますよ。
有機農業をはじめよう!

さて、有参協の理事就任は6月でありましたが、その理事会で
わたくしは新しい言葉を知りました。
「オーガニック・エコ農産物」あるいは「オーガニック・エコ農業」。

えとえとえと。それなんだっけ? という素朴な疑問を抱いたのは
どうもわたくしだけだったらしく、他の方々は当然のように
その言葉を使われておりました。知らないの、わたくしだけ?

オーガニックはわかるけど、エコ農業ってなに?
つーことで調べてみました。

そうしたら平成28年度の農水省の事業がヒットしましたよ。
7800万円の助成金が出ております。
そこから推測するに、どうも特別栽培農産物のことを
「エコ農業」と呼んでいるようです。

平成27年の有機農業関係の農水省主催の会議の資料では、
「環境保全型農業」と呼んでいましたが、変化したようです。

オーガニック・エコ農業の拡大に向けて
http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/pdf/06_sankou_160201_1_1.pdf

この言葉がメジャーになったきっかけのイベントがありました。
オーガニック・エコ農と食のネットワーク(略称:NOAF)設立記念シンポジウム
「オーガニック・エコを日本のライフスタイルに」

これ以降、オーガニック・エコ農業が一般的な言葉になったようです。

知ってました? わたくしは知りませんでしたが、
今後は一般的な言葉として認知され使われていくでしょう。
時流に乗り遅れないようにご注意ください。

そして現在 「東京オリンピック・パラリンピック オーガニック・
エコ食材調達戦略会議」という会議が定期的に開催されており、
オリンピックに向けてどのようにオーガニック食材を調達するのか等々の
議論が行われているようであります。

これはとてもステキなことです。これをきっかけに
オーガニック野菜の昨付け面積が増えるかもしれません。
また、慣行栽培から有機へ転換する人がいるかもしれません。
なにしろあと4年あるのです。今から転換しても間に合います。

というようなキラキラした未来はわたくしにはあまり見えなくて
「オーガニック食材調達」というレガシーがどのように残っていくのか
あんまし想像できませんが、集まっているのは業界の重鎮の方々、
また非常に賢い方々です。期待したいと思います。

さて、有参協では農水省の事業を獲得し、
さまざまな取組を行っております。

わたくしが理事就任時に非常に興味深いと思ったのが、
「地域農業の発展とJAの役割」という小冊子です。
http://yuki-hajimeru.net/wp-content/uploads/2016/06/hajimeyo8.pdf
※ダウンロードできます。

あまり知られていないような気がするので、
もったいないので紹介します。

とくに24Pから25P、有機農産物を取り扱っている34のJAなどに対して
行われたアンケート結果が書かれております。興味深いです。

日本全国にいくつJAがあるのか知りませんが、
そのなかで有機農産物を取り扱っている、あるいは促進しているJAが
なんと34しかない。この事実に驚愕するわたくしです。

つーことでわたくしちらりと考えました。

オーガニック・エコ食材を現在有機をスルーしている全国のJAが出荷すれば
今なんだかんだでできていないそのしくみ(物流ほか)ができれば
それは明るいキラキラとした未来になり、非常に強力なレガシーとして
未来永劫続いていくのではないかと。

それこそがオーガニック・エコ農業の促進に
寄与するのではありませんか。キラキラキラ

なんてことになるといいなー。と昨日妄想してみたのですが、
調達に即してはいろいろな欲や既得権益がからみますから
むずかしいかもね。っつかむずかしいよね。

オーガニック・エコ農業と言葉を変えても、
現状が変わらないのであれば何も変わらないのです。なんちて。

今日は冷たい雨が降ってて先日大酒飲んだせいで風邪ひいたしで
気分もふさいで悲観的なことを書いてしまいました。

明るい未来に向けてがんばろう。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

加工食品の全原料原産地表示というちょびっとうれしい話

008_20161024115347a15.jpg
梅干しを始めとする野菜の漬物については
原料原産地表示が義務付けられています。梅干しの表示を
見てみましょう。梅(国産)とか書いてあると思います。

 

加工品を購入する際、食品の裏側にある一括表示を見ていますか?

日本人の半分以上が「見てない」と答えているらしいが、
見ている人でも、加工品の原料原産地は一部の食品に限られている、
というのはご存知でしょうか?

原産地表示ってちょこちょこされてるの見かけるよね、
というイメージだがその通りで、ちょびっとしか表示されていない。

表示が義務付けられているのは、農産物漬物、野菜冷凍食品、うなぎ加工品、
かつお削りぶしの4品目のほか以下の22食品群である。
※全部見るのがかったるい人はすっ飛ばしてください。

1. 乾燥きのこ類、乾燥野菜及び乾燥果実(フレーク状又は
粉末状にしたものを除く。)
2. 塩蔵したきのこ類、塩蔵野菜及び塩蔵果実(農産物漬物品質表示基準
(平成12年12月28日農林水産省告示第1747号)第2条に規定する農産物漬物を除く。)
3. ゆで、又は蒸したきのこ類、野菜及び豆類並びにあん(缶詰、瓶詰及び
レトルトパウチ食品に該当するものを除く。)
4. 異種混合したカット野菜、異種混合したカット果実その他野菜、果実
及びきのこ類を異種混合したもの
(切断せずに詰め合わせたものを除く。)
5. 緑茶及び緑茶飲料
6. もち
7. いりさや落花生、いり落花生、あげ落花生及びいり豆類
8. 黒糖及び黒糖加工品
9. こんにゃく
10. 調理した食肉
(加熱調理したもの及び調理冷凍食品に該当するものを除く。)
11. ゆで、又は蒸した食肉及び食用鳥卵(缶詰、瓶詰及び
レトルトパウチ食品に該当するものを除く。)
12. 表面をあぶった食肉
13. フライ種として衣をつけた食肉(加熱処理したもの
 及び調理冷凍食品に該当するものを除く。)
14. 合挽肉その他異種混合した食肉(肉塊又は挽肉を容器に詰め、
 成形したものを含む。)
15. 素干魚介類、塩干魚介類、煮干魚介類及びこんぶ、干のり、焼きのり
 その他干した海藻類
(細切もしくは細刻したもの又は粉末状にしたものを除く。)
16. 塩蔵魚介類及び塩蔵海藻類
17. 調味した魚介類及び海藻類(加熱調理したもの及び調理冷凍食品に
該当するもの並びに缶詰、瓶詰及びレトルトパウチ食品に該当するものを除く)
18. こんぶ巻
19. ゆで、又は蒸した魚介類及び海藻類
(缶詰、瓶詰及び
 レトルトパウチ食品に該当するものを除く。)
20. 表面をあぶった魚介類
21. フライ種として衣をつけた魚介類
(加熱調理したもの及び
 調理冷凍食品に該当するものを除く。)
22. 4または14に掲げるもののほか、生鮮食品を異種混合したもの
 (切断せずに詰め合わせたものを除く。)


010_20161024120218003.jpg
おもちにも原産地表示が義務付けられておりますが、これが以下の
「原産地に由来する原料の品質の差異が、加工食品として品質に大きく反映」
ということでしょう。日本人の心、おもち。



上記の条件として「① 原産地に由来する原料の品質の差異が、加工食品として
品質に大きく反映されると一般的に認識されている品目のうち、
② 製品の原材料のうち、単一の農畜水産物の重量の割合が
50%以上である商品に表示を義務付け
  とされております。

なんのことだか大変とてもわかりにくいです。
おおまかに言うと、22品群の原料中の単一の農水産物の重量割合が
半分以上あるものは表示してね、ということのようである。

消費者庁のQ&Aなどの個別事例を見るとさらにもっとわかりにくくて、
例えば「12.表面をあぶった食肉」は鶏や牛肉のたたきのことを指すが、
中まで火が通っている焼豚に表示義務はない。えーと。なぜですか?

そしてローストビーフには表示義務はあるが、
これにタレをかけると表示義務はなくなる。
えーとえーと。どうしてですか?

何か理由があるのでしょうが、素人にはわかりません。

この原産地表示が拡大されるかもしれないというニュースが
先日新聞その他で報道された。自分的には「うおお!」と思ったのだが、
冷静に細かく見ていくと、んー、どうなのかと思うところも多い。

さて、加工品の裏側に記載されている一括表示にはルールが決まっていて、
一番最初に書いてあるものが、その加工品の原材料のなかで
一番重いもの、である。原材料は重い順に並んでいる。これがミソです。

あとひとつのミソは、重量順に食品が並んだあとに、
食品添加物がさらに重量順に並んでいるということだ。
食品添加物の一番最初に書いてあるものは、もしかしたら食品の
一番最後に書いてあるものよりも重いかもしれないが、そこんとこは不明だ。

今回の新ルール案(案ですから決定ではありません)は、
この一番最初に書いてある食品の原料原産地を
すべての加工品を対象に義務化するというものである。

おお、すごいじゃないか!!!

基本全部原料原産地表示ということなので、ローストビーフや焼豚、
レトルトパウチ食品も全部表示だ。消費者にとって非常にわかりやすい。

しかし問題点はすでに指摘されている。
例えば、肉を輸入する際に相場を見ながら輸入国を変えている場合、
国別に重量の割合の 高いものから順に国名を表示するのが原則だが、
以下のような例外が認められている。

今後の加工食品の原料原産地表示制度(案)_ページ_6
【今後の加工食品の原料原産地表示制度(案)について】消費者庁・農林水産省
加工食品の原産地にはこのような事例が多いということですね。
その他加工されたものが原料の場合(ベルギーでつくったチョコレートとか)
カカオの原産地は表示できないので製造国を表示とか、
難題が山積しているようであります。



可能性表示
使用可能性のある複数国を、使用が見込まれる重量割合の高いものから順に
「又は」でつないで表示。
例) 豚肉(アメリカ又はカナダ)

国別重量順標記が困難な場合「その他」も認められる。
例)豚肉(アメリカ又はカナダ又はその他)

とにかく外国の肉が原料なのね、とわかる場合はいいが、
国産の豚肉も使われている場合は以下のようになる。

例)豚肉(国産又はアメリカ又はその他)

んー。なんだかなって感じだ。さらにさらに。
3つ以上の外国を「輸入」と括って表示できる大括り表記という案もある。

例)豚肉(国産、輸入)→重量が国産のものが多い場合
例)豚肉(輸入、国産)→海外のものが多い場合。

こうなると何がなんだかって感じで「これでいいのか!」的な指摘が
消費者団体からも業界からもなされているようだ。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/other/pdf/161005_shiryou1.pdf
今後の加工食品の原料原産地表示制度(案)について 消費者庁・農林水産省
おもしろいので一度見るといいと思います。

今回の案には現行の原産地表示の条件「重量の半分等々」が設けられておらず、
「国内で製造し、又は加工した全ての加工食品を義務 表示の対象とする。」のだ。

食品の裏側の一括表示をチェックする40数%の消費者にとっては
非常にうれしいことに違いない。問題はあるがメリットもある。
これからはこれらの問題についてどこかで議論されていくのかなって感じだ。

というように、ますます表示から目が離せませんよ。
この「案」が立ち消えにならないように注目していきましょう!


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

【第2回ジビエお料理教室】開催します!

1339.jpg
前回のお料理教室ではエゾジカソーセージをみなで作りました。
なんかすごーく大変だったので、今回はカンタン料理にします。
あとおみやげも充実させました。ぜひご参加くだされ!!



(社)全日本ジビエ協会は、ジビエを振興するためのイベント、というか、
一般の方々にジビエを楽しんでもらうイベントを定期的に行っております。

前回非常に好評だった【ジビエを使ったお料理教室】の第二弾を
11月13日(日)開催することが決まりました。
つーことでお知らせします。

さて全日本ジビエ協会は設立以来イベント以外の活動をしておらず、
名前は立派なのに何をしてるんだ! なんちて思われてたら困るなー、
どうしよう、などと思うことが非常にしばしばあります。

なぜサクサクと進まないのか。それには理由があります。

代表の永野和明氏は都内レストランにジビエを卸す仕事が本業のため、
狩猟シーズンの11月以降はジビエの処理・販売等々に追われ
死ぬほど忙しい! っつか死ぬかも!! なんて叫んでいるうちに
毎年春になってしまい、あっという間に夏に、そして秋になってしまうのです。

実は代表、及び理事全員がプロボノで活動しておりまして、
誰か一人が死ぬほど忙しくなると何も進まなくなってしまうのでした。

しかし実は全日本ジビエ協会の大きな強みが
この永野氏の「死ぬほど忙しい」ジビエの販売卸業務にあります。

つまり我々の強みは「販路」を持っていることなのです。
今回この件について少し夢と野望を書いてみたいと思います。

ジビエの振興に必要なものはふたつあります。

エンドユーザーに向けては肉をなじみ深いものにすること。
つまり消費者に「購入する価値のある肉」だと認識してもらうこと、と
ハンターには「自分が狩猟で得た肉を換金できる」こと、
売り先があり、ハンターが仕事として持続可能であること、のふたつです。

上流(ハンター)と下流(消費者)が充実しないと流通はむずかしいということです。

前段階の肉の処理・解体施設や衛生管理等の問題はありますが、
処理施設や衛生管理が完璧にできても消費者に肉を訴求できなければ、
また、ハンターが利益を得て継続していくことができなければ
単に国や県の補助金を食いつぶす事業になってしまいます。

売り先を持っている人はいるでしょうがそれは既得権益ですから、
新規参入のハンターに紹介してくれる人はいないでしょう。
これでは趣味のハンターも職業ハンターも減っていくばかりです。

あとひとつ、ジビエを流通させる上でも問題があります。

0008_20160606115823732.jpg
猪バラ肉が食べたいからバラ肉売ろうよと言ってみたところ、
この程度の脂にするのにものすごーく大量の脂を削り取るそうで
べらぼうに高くなるってことで、肩ロース肉の販売をすることにしました。
スライスして冷凍したものを予約販売いたします。ううう楽しみー。



ジビエが流通するのは主に狩猟シーズンですから、
その他の季節で肉の需要があった際には対応がむずかしく、
冷凍施設を持っていたとしても、肉質については不安が残ります。

狩猟シーズンでもレストランの「今日欲しい!」という需要に
すぐに応えられない場合もあります。そういったことを納得してくれる
オーナーシェフもいますが、そうではないところもあります。

常時需要に応えられない=継続した販路を獲得することが難しい。
これはどんな商品、たとえば有機農産物なども同じ問題を抱えています。

ジビエは旬のものだと言われればそれまでですが、
それではメジャーな肉にはなれないでしょう。

そして我々が目指しているのは、ある程度メジャーで
ジビエが魅力的な肉として流通できるようになること。
ハンターも消費者もうれしい社会になること、です。

大量のシカやイノシシを駆除するのはいいけど
処理できなくて山に穴を掘って埋めたり、
石油を使って経費をかけて燃やしたりしている現状は
けっして持続可能な状況ではありません。

肉として食べ、資源として活用してこそ意義があるのではないですか。

というような状況のなかで全日本ジビエ協会は
ハンターから鹿・猪を仕入れてレストランに販売する事業を
来年の猟期をめどにスタートする予定でおります。
将来的には駆除したものにも広げていく予定です。

もちろん、きちんとした処理施設で処理されていたり、骨付き肉で的な
条件はありますから個人のハンターとの直接取引は難しいかもしれません。

しかし六次化でとりあえず処理施設を作ったけど売り先に困っていて
肉が余ってどうしよう的な自治体や、そこに持ち込めるハンターのみなさまには
ぜひご協力いただければと思っている次第です。

というようなジビエ上流の話も検討しながら、
エンドユーザーに向けてはジビエの魅力を知っていただくイベントも
継続して開催していく所存なのであります。

ということで、11月13日(日)のテーマは
「クリスマスに食べるジビエ料理」です。

007_20160606115825a03.jpg
販売用のエゾジカは冷凍の500gのブロックの予定です。
オリーブオイルでマリネしたあと、ローストしたり煮込んだり
いろいろなお料理で楽しんでください。部位は柔らかい内モモにしようかな、
と永野さんが言っておりました。ひー、おいしそう!!



元銀座和光レストラン「THE WAKO」料理長・鈴木康太郎さんに
クリスマスにピッタリの「エゾ鹿のブイイ 野菜ぞえ オレンジソース」
を教わります。「ブイイ」はフランス語で「茹でる」という意味。
つーことはカンタンに言うと「茹で鹿」?

エゾジカのブロックを野菜と一緒に茹でるだけの簡単料理ですが、
せっかくジビエを使ってお料理するのでそれだけではもったいない。
翌日はポトフやカレーにアレンジできるレシピも教わります。

ひと粒で二度おいしいジビエ料理。
ぜひご参加くださいませ。

今回はお肉の販売も行います。わたくし的にはもう
猪の肩ロース肉をガッツリ購入しようと心に決めております。

日時・11月13日(日)13:00~16:30
場所・品川区立総合区民会館(きゅりあん) 調理室
「エゾ鹿のブイイ 野菜ぞえ オレンジソース」を作って試食します。
参加費・3,000円
※シカ及びイノシシのソーセージ1Pずつお土産進呈!


当日は以下のお肉の予約販売をいたします。
・エゾジカモモブロック肉500g
・イノシシ肩ローススライス200g
・エゾジカの生ハムスライス ※価格は後日

お申込みお問合せは teshima@hontabe.com



★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

銃所持許可証が出たので猟友会に入ってみた

10991083_668793789888320_333747553534179603_n.jpg
わたくしは網猟の免許は取らなかったのですが、果樹園があったら
網やりたかったなーとしみじみ思っとります。しかし、
実際には非狩猟鳥が大量に捕まるらしく、それはそれで大変。
なんだって。そりゃそうだよね。(写真提供・高取寛氏)



銃所持許可がおりまして、手帳をもらったです。

「猟銃・空気銃所持許可証」はパスポートみたいなちっこい手帳で
銃を持つときには必ず携行しなくてはならない、と書いてあります。

手帳には顔写真とか登録番号、交付日などが記載されております。

わたくしが許可を申請した銃はベレッタの自動銃ですが、
この後エアライフルが欲しくなったら再び申請しなくてはなりません。
なぜなら所持許可は銃一本ごとに行なわなくてはならないからです。

有効期間は所持許可を受けた日から3回目の誕生日が経過するまでの間。
結婚記念日もつれあいの誕生日も忘れるわたくし的に
絶対忘れるよねって感じです。Googleカレンダーに登録しとこうっと。

さて、わたくしの所持許可証は、生活安全課保安係のおじさまが
どういうわけだか男に◯をし、間違ったことに気づいたあと
砂消しで消して女に◯をしたのはいいけど「男」の字が消えちゃったので、
おじさまの手書き文字で「男」と書いてあります。

「砂消しで消したけど大丈夫だから」だって。そうですか。

砂消しってひっさしぶりに聞いたよな、まだ売ってんだ!! と
間違いよりも砂消しに気を取られたわたくしですが、
その後さらにでかい間違いをされていたことに気づくのでありました。

許可証が下りたらすぐに銃を送ってもらい再度生活安全課保安係に行って
「許可が下りた銃と同じです」と見せなくてはなりません。
ということで、銃の手配をぬかりなく行いました。

さらにわたくしは山形県の農家のお友だちから
「狩猟解禁日の11月1日にはみんなで鴨を撃ちに行くから、
そこに間に合うように狩猟届を出しとけ」という指令を受けているため
速攻で大日本猟友会東京都猟友会◯地区の地区長さんのところに行きました。

「大日本猟友会」大げさな名前です。
いったいどのような組織なのでしょうか。

『野生動物管理のための狩猟学』(朝倉書店)によると、
設立は1929年(昭和4年)だそうです。当初の名称は
全日本総合猟友会でした。大層な名前ですが時代を反映したものでしょう。

設立事由について「狩猟道徳の向上」があったと書かれております。
当時はモラルもへったくれもなく密猟が横行していた、というのは
当時の日本人の民度を考えると当然だろうって気がします。

11665766_720015344766164_8165480764404141941_n.jpg
わたくしの地区の猟友会会員は鳥撃ちの人が数名(じいさま)いて、
みんな千葉県に行ってるそうですが、だいたい単独行らしいです。
いいなー、鳥撃ち。とりあえず鳥撃ち専門でやりたいと思っとります。
※今回の鳥写真は全部非狩猟鳥獣です。


第ニ次世界大戦中は軍からの要請もあり、野生動物の毛皮(軍用毛皮)や、
肉などの供給などの協力体制を敷いたようです。
戦後は食糧増産計画の一環としての食肉の獲得と有害駆除目的もあり
猟友会はさらに活躍の場が広がりました。お金も儲かったでしょうね。

そして野生動物の数が大きく減ることになりました。
さらに事故の発生もかなり多かったようです。あわわわ。

1963年「狩猟法」は「鳥獣保護及び狩猟に関する法律」に大改正されました。
もとの狩猟法がどんなもんだかこの文献を見てもよくわかりませんが、
積極的な「保護」という概念はあまりなかったのではないかと思います。
なぜなら「アホウドリ」も狩猟鳥獣になっているからです。

野生動物を取りすぎると絶滅する、などの概念は
狩猟法が定められた1918年にはおそらくなかったのでしょう。
このあたりでニホンオオカミが絶滅しているからです。

しかし「鳥獣保護及び狩猟に関する法律」も正しかったかというと
科学的な知見もなくとりあえず「減ってるものは保護」的な
やみくもな保護を行い、ニホンジカ、エゾジカの爆発的な増加をもたらしたのは
今だから言えるということもありますが、周知の事実です。

2015年、鳥獣法は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」と
わざわざ「管理」という言葉が追加され改正されました。
これにともなって職業ハンターが生まれるのではと期待されています。

さて大日本猟友会は現在では一般社団法人です。

下部組織として47都道府県に自治体ごとの猟友会があります。
大日本猟友会→東京都猟友会→地区猟友会、という構造です。
各地区は地区長が会員の管理をしています。

猟友会に入ると地区長が狩猟届けを取りまとめて提出してくださったり、
ハンター保険に加入できたりもします。初心者にはとても役立ちます。

わたくしの地区の地区長は、ハンターにありがちな顔色の悪いじいさま
ではなく少し年上のフツーの方で、iPadとiPhoneを持っていました。

おお、りんご教信者か。きっといい人に違いない。

そして地区長は保安係のおじさまの「男に○」どころではない
でかいミスを発見してくださったのでした。

10959336_668076333293399_1726357545018265644_n_20161014094428ea9.jpg
海外の冒険小説読んでるとトレーサーって人がよく出てきます。
山歩きで獣の足跡や糞の痕跡からあれこれ見つけることができる
(冒険小説の場合は人間を見つけることが多い)のですが、
わたくしはそういう人になりたいなと思っております。



詳細は省きますが、このミスのまま狩猟届を山形県に出していたら
突き返されたに違いありません。地区長は速攻で警察署に電話し
修正をしてくださりましたよ。やっぱりいい人なんだ。そして

くそう!!! ふざけんなよ!!!

警察署方面に向けて呪詛の言葉のひとつも吐きたくなるわたくし。
保安係のおじさまから「今度銃を持ってくるときに許可証持ってきて。
修正するから」と翌日電話がかかってきました。

「すんません、悪かったね」くらい言え!!! 
くらい思ってもバチはあたらんでしょうと思うわたくし。

猟友会に入らずわたくしが一人で狩猟届を書いていたら、
間違ったまま山形県に行き、差し戻しをくらって、
ただでさえ遅い処理がますます遅れたことでしょう。

猟友会(というか地区長さん)ありがとう!!!

「猟友会に入るべきか否か」とWEBを検索すると結構出てきます。
ハンター初心者の初歩的な相談なのかもしれません。

銃砲店が猟友会の地区長をしているところもあるので、
銃砲店にしょっちゅう出入りする人はそこに入ればいいかもしれません。
射撃大会とか狩猟ツアーとかやってる銃砲店もあるようです。
イベントが好きな人は地区ではなく銃砲店を選択するといいと思います。

わたくしの場合は猟に行くとしたらとりあえず知り合いがいる
北海道か山形県で、地元の人と狩猟をすることはまずないでしょう。

数十名いらっしゃる地区の構成員も好きなところに行ってるので、
「僕の仕事は事務屋さん」と地区長が言うとおり、
23区内の地区猟友会は諸手続きを円滑にしてくれる事務屋さん
なのかもしれません。そして彼の場合、完全なボランティアなのだそうです。

スゴイわー。さすがりんご教信者、いい人!

そして地区長が「もうやーめた」と言って後継者がいない場合
その地区は消滅するそうです。猟友会の将来も不安よねと思った次第です。

初心者は猟友会に入って懇切丁寧にいろいろ教えてもらうこと。
初年度はそうするのが一番いいとしみじみ実感したわたくしです。

地区長がりんご教信者ならもっといいでしょう。なんちて。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

世の中には3種類の人間がいる。捨てる人、捨てられない人、集める人

002_201610110748085ed.jpg
わたくしが今まで「ナニカ」に使おうと購入した缶で稼働中なのは
この3つだけです。数限りなく買ったのに3つだけ。あと全部ゴミ(泣)。
ちなみにクッキーの缶=イベントのお金入れ、ミルキー=筆箱、
ビスコ=移動中の地震の際の保存食入れ(ビスコが入っております)。



箱を捨てられない人がいる。

わたくしの元同僚は出張土産の箱を後生大事に大量に保管しており
「書類を分類するのに重宝するんだよねー」と言っていた。

そのうち箱を保管していたキャビネットに箱が溢れかえり、
書類を片付けるはずの箱が書類整理の邪魔になった。これを本末転倒という。
ある日彼女は癇癪を起こしてほとんどの箱を捨ててしまった。

しかし全部は捨てなかった。使えるものがあるかもしれないからだ。
そして数ヶ月後、再び箱がキャビネットに(以下同文)。

わたくしの母は買いもの時にもらえる紙袋を捨てずに保管していた。
押し入れをあけると横に積み上げた袋がドッサーーーーッと落ちてくる。
毎回毎回落ちてくるから保存方法を工夫するなり何なりできないのか!
と思っていたが、やはりある日癇癪を起こしてほとんど捨ててしまった。

これも全部ではない。いつか使う(つもりだ)からである。
使うか使わないかわからないけど捨てられないのだ。
わたくしの場合は缶を捨てられない。

捨てられないだけでなく、かわいい缶を見つけると買ってしまう。
缶は便利なものでイベント時のお金や文房具を入れたりできる。
携帯用の裁縫道具なんか入れてもかわいいなとか思ってしまう。
ふだん裁縫道具などは絶対に持ち歩かないにも関わらず、である。

一度成城石井で象の形の缶に入っている紅茶を見つけて、
「これはステキな何かに使えるはずだ!!!」と思って購入したが、
実際には入るものは何もなかった。

よく考えてみるとほとんどの缶にぴったりあう「いつか入れる何か」は
常にないのだった。そして気がついた。
わたくしはせっせと「いつか使うはず」のゴミをためていることに。

箱や袋や缶を捨てられないのは「いつか使う気がするから」である。
しかし「いつか使うこと」や「いつか使う日」が来ることはそんなに多くない。
つまり、ほとんどのものが「ゴミ」になるのだった。

つーことで、フツーの人は「捨てる人」と「捨てられない人」を行き来しながら
収納スペースを広げたり狭めたりとゆらぎながら暮らしている。

しかし最初から全くゆらがない人たちがいる。
それが「集める人」だ。

006_201610110748072b8.jpg
わたくしの家にも「集める人」が一人生息しております。
ウルトラマン・怪獣・ゴジラ・鉄人28号などが家のそこここにいます。
そして彼の部屋の壁、というか床その他は一面CD・DVDでいっぱいで、
地震が来たらCDに埋もれて死ぬよね状態ですが、
それはある意味「集める人」にとっては本望かもしれません。



「集める人」は意識して特定の何かを収集しているため、
基本的に捨てるという概念がない。捨てるなんて考えられない。
自分が集めたものはすべてステキな宝物である。誰がなんと言おうと。

わたくしの周辺にいた「集める人」は(主に某D社界隈)、
フィギュア、カメラ、LP・CD(特定のアーティストのみ)、本などを
ひたすら集めていた。集めたものを見て楽しむとかではなく
部屋に突っ込んでおいて全然見ないし触りもしない、という強者もいた。

こういう人は「持っていることがうれしい」タイプで
「集める人」のなかに一定の割合いるが常人にその感覚は全く理解できない。

結婚していて夫婦二人とも「集める人」ならいいのだが、
だいたいは夫婦のうちのどちらかは「集めない人」のことが多い。
集めない人にとって、家の中に価値のわからないものがどんどん増えていき、
ただでさえ狭い家がさらに狭くなる恐怖は計り知れない。

いいかげんにしないと全部捨てるぞ!!!! と心の底から思っているが
ふだんは笑ってることを「集める人」は知っておいたほうがいいだろう。

ということで、あなたはどのタイプですか?
以下のご質問に◯か×でお答えください。

・コンビニでもらう割り箸を捨てられない
・納豆や豆腐についている小さなタレや醤油のパックも捨てられない
・スプーンやフォークをもらったら自分の家にあるものを使って保管する
・紙袋はとりあえず押し入れにしまいこむ
・っつーか包装紙も箱も後生大事に取っている
・スーパーで「お箸いりますか?」と言われると必要なくても一応もらう
・ここ1週間、上記のもろもろの「保管しているもの」を一度も使わなかった
・ことがわかっていても整理できない
・でもきっといつか何かに使えるはずだ、と自分に言い訳している
・そういう自分がイヤになって数ヶ月に一度全部捨てようと思うが、
 なんとなく少しだけ残してしまう

◯がひとつでもあればあなたは捨てられない人です。
そして以下のご質問はどうでしょうか。◯か×でお答えください。

・海洋堂がどんな会社で何をしているか知っている
・グリコの食玩を大人買いしたことがある
・好きなものにはどんなにお金使っても平気だ
・自分の部屋に自分のコレクションを全部飾るのが夢だ
・CDやDVDはものすごーく丁寧に取り扱いラベルも汚さないよう気をつけている
・幼いころソフビの人形、ミニカー、仮面ライダーカードを集めていた
・[ペプシスターウォーズボトルキャップ]を集めようと一瞬思ったことがある
・何かを集め始めるとすべて収集しないと気が済まない
・コンプリートしたコレクションをヤフオクに出して大儲け!!
 とか思っているがもったいなくて一度も出したことがない
・自分が死んだらコレクションをお墓に全部入れて欲しいとちらっと思うことがある

◯がひとつでもあったらあなたは「集める人」です。

ふたつとも数が多ければ多いほど重症です。
ご家族と仲良くお過ごしください。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

絶滅危惧種・スターキングにまつわるお話

0007_2016100707405950c.jpg
りんごらしい赤と形のスターキングは、イラストで書かれるりんごに似ている。
白雪姫が食べたりんごはスターキングだったのではなかろうか。


わたくしが担当していた山形県のりんご農家の畑に一本だけ、
というかふじか何かの枝の一本だけに、スターキングがなっている。

スターキング。すげーなつかしいでしょう?

わたくしが中学生のころ、りんごといえばスターキングだった。
真っ赤な色が美しい、りんごらしい形をしたりんごだ。
りんごらしい形というのは絵に書かれるりんごと同じ形という意味である。

中学の頃、スターキングにいちごジャムをつけて食べるのが好き、
だったことを昨日思い出したが、なぜそんなことをしていたのかは謎だ。

部活が終わっておなかペコペコで家に帰りコンバトラーVを見ながら
スライスしたスターキングにいちごジャムを乗せて食べていたのだ。
大変とても懐かしい思い出だが、トマトに砂糖をかけて
食べてたことを思い出したときのようにちょっと恥ずかしい。

当時鳥取県で売られているりんごはほとんどボケていた(らしい)が、
わたくしは知るよしもなかった。

ボケるってのはりんごがふかふかして柔らかくなってしまうという意味で
現在でもりんごを常温で保存するとパリッとした歯ごたえがなくなり
ふかっと柔らかくなってしまう。だからりんごは冷蔵庫で、
一個ずつラップでぴっちりくるんで保存しなくてはならない。

昭和の時代は物流事情もりんごの保存状況も悪く、特に西日本では
ほぼボケりんごが売られていたらしい。ことはりんごの担当になって知った。

「西日本の(しかも陸の孤島・鳥取の)ヤツがりんごの味わかるわけないじゃん。
生まれてからずーーっとボケりんご食べてんだから!」と東京生まれの同僚に言われ、
くそう! と思ったが、わたくしは確かにボケりんごしか食べたことがなく
りんごの食感の微妙さについて、当時は非常に鈍かったと思う。

しかし精進したおかげで今ではりんごの食感には非常にうるさくなった。
氏より育ちだよね!!と思ったりする、っていうかこの使用法間違ってる?

この「ボケりんごしか食べたことがないんだから!!!」というのは、
後日、親戚のおばちゃんに友人のりんご農家がつくった
めっちゃおいしいりんごを送ったときに証明された。

「ほんたべちゃん。このりんごはとてもおいしいけど、硬いね」と
おばちゃんは言った。えーと。そうですか。
収穫したばかりでバリバリと音がしそうなりんごだったが、
硬いと言われればそうかもしれないなあ。

でもさあ、それがりんごなのよ、おばちゃん。

と、わたくしは言いたかったが
「常温に置いとけばボケ、、、じゃなくて柔らかくなると思うよ」と
りんご農家が聞いたら卒倒しそうなアドバイスをしてしまった。

教訓・ボケたりんごしか食べたことのない人は
自分がボケりんごを食べていることを知らない。


IMG_1511.jpg
5年くらい前の本田達義さん、クニヨさんご夫妻。
クニヨさんの嫁入りのときに植えたふじの前身「東北7号」が、
まだ残ってるというから驚き。本田さんの畑の大きなりんごの木の
一本の枝だけに、いまだにスターキングがなっております。



さて昨日、上述の山形県のりんご農家、本田達義さんから
待ちに待ったスターキングが送られてきたのだひゃっほう!!!
夏に伺ったときにお会いして、スター食べたいなと言ってみたら
1ケース送ってやっから! と約束してくださったのだ。

ウキウキしながら箱のフタを開けると、懐かしい色と形のりんご、
スターキングが「ほっとくとどんどんどんどんボケるわよ!!!」
りんごらしい甘い香りを放ちながら叫んでいた。

速攻で冷蔵庫に入れたが冷蔵保存しても1週間くらいでボケるだろう。
スターキングはそういうりんごだからである。

さて、わたくしが大人になり「りんごの品種」を意識したころには
スターキングは市場から姿を消していた。
スターキングはほとんどのりんご畑から消えた絶滅危惧種でもある。

スターキングの例に漏れず、りんごの品種の変遷はわりあいと激しく、
人知れず絶滅、というか市場から駆逐された品種は非常に多い。
作りにくいもの、市場性のないもの(売れないもの)は
農家も作りたがらないから、そういうりんごは店頭から姿を消す。

紅玉のように絶滅危惧種から奇跡の復活を果たすりんごもあるが、
そういうものはまれで、たいがいはそのまま姿を見なくなることが多い。

青森のりんご農家のところに印度(インドともいうけど)があるのを見つけ
「今年で切っちゃうから」というので1ケース送ってもらったが、
モッサリモサモサした食感はとてもりんごとは思えなかった。

当時55歳位だった上司が「印度ってすげーうまいりんごだと思ってたけど、
こんなんだったっけ」と悲しそうな顔してため息混じりに言っていたが、
それはつまり現在のりんごがべらぼうにおいしくなっている、
ということでもある。

わたくしたちは今、世界一おいしいりんごを食べているのだ。

日本のりんごは糖度が高く、上から下までまっかで、大きい。
それはそうなるよう農家が死ぬほど手間暇をかけているからだ。
世界のスタンダードは、酸っぱくて赤くなくて小さいりんごである。

gazou 089
本田さんちのりんごの木。今ではこのような大きな木でりんごを作ってる人は少なく、
省力化のため、矮性台を使った小さな木で作っている。しかしやはり
大きな木でつくったりんごはおいしい。環境の影響を受けにくいことや、
この大きな木でないとほんとうの味が出ない、という人もいる。



日本のスーパーで世界のスタンダードのりんごを並べたら
誰も買わないだろう。日本人は甘くて大きいりんごが好きなのだ。
しかも赤いりんごはまんべんなく隙なく絶対に赤くなくてはならない。

ということで、現在の絶滅危惧種の代表的なものが「北斗」「千秋」で、
どちらもとてもおいしいのだが、シンカビ病という病気が入りやすく、
収穫間際に肩が割れるとか、落っこちるとかいう性質がありつくりにくい。

切ってみないとわからないシンカビは、市場に嫌われる原因である。
だってお客さんが怒るでしょう。半分に切ったらタネのところに
カビが生えてんだもん。取れば問題ないが消費者はそうは思わないのだ。

「おいしいのになー」と残念に思うが、商品としてむずかしいのであれば
新しい、より良い品種に変更するのは当然である。
昨今は甘くておいしくて魅力的な品種がずいぶん増えているからだ。

かくしてスターキングも国光も印度もゴールデンデリシャスも
店頭からもりんご畑からも消えていったのだった。

というような歴史に思いを馳せながらスターキングを食べたら、
全然ボケてなくて爪で果実を弾いてもコンコンと高い音がするのに、
食感はもっさりもふもふの「あーこれよく食べたよね」って食感であった。

もさもさと食べながら思わずふふふふと笑ってしまったのは、
頭の中に「ブイ! ブイ! ブイ!! ビクトリー!!!」という
コンバトラーVのテーマが流れたからではなく、中学のときの冬の空気や
実家の台所、階段に寝そべっていた猫など、もろもろの思い出が蘇ったからだ。

スターキングはわたくしの中学の思い出にかたく結びついていたのだった。
なんてことを今まで知らなかった。スターキング、奥が深いぜ。

今日はいちごジャムをのっけて食べてみようかな。
鳥取の湿った冬の空気のにおいや当時住んでいた家の自分の部屋、
友だちの顔が、もっとよく思い出せるかもしれない。
わたくしの通った中学も住んでいた家も、今はもうないのだから。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR