「F1の野菜を食べたら不妊になるってほんとうですか」と聞かれたら

gazou 014
自家採種するとその土地にあった性質のものになっていくと
よく言われておりますが、とくにネギは非常に味がよくなります。
ネギのタネを採るのはわりとカンタンなので採ってる農家はわりといます。



先日お友だちに「F1って種のね、野菜を食べたら不妊になるってほんと?
どういう理由かわかんないけど、なんかこわいねー」と聞かれました。

「ならない。っつか、今スーパーで売ってるアブラナ科ほとんどがF1だから。
大根とかほぼF1だから。今までもみんな食べてるから平気だから。
それにあなた子ども3人いるでしょ。不妊になってないから」とわたくし。

元記事がどんなものか読んでないから不明だが、
お友だちが言うには以下のような記事だったらしい。

「今の野菜はF1とかいうらしいんだけど、なにかがよくなくて
それを食べると不妊になる心配があるとか。少子化もこれが原因だとか。
だけどそうじゃない種もあって、それなら大丈夫だって」
(↑ 農業に詳しくないお友だちフィルターがかかっているので漠然としています)

これはたぶんF1をつくる際の「雄性不稔」が不妊とか無精子症の原因、
とかいう話であろう。最近ネットでときおり見かける。

ちなみにF1とは一代交雑種とかハイブリッドとも呼ばれる。
植物の「優性遺伝」という性質を利用し特定の性質を獲得したもので、
中学の時に習った。一世代目には優性遺伝のピンクの花が咲くけど
次世代はバラバラになるというメンデルの法則の図を思い出してください。

特定の性質とは人間にとって都合の良い性質のことで、
たとえば大根なら50日で一気に収穫できるとか、まっすぐ生えるとか、
ネコブ病に耐性を持っているとか、とう立ちしにくいとかである。

問題は、これらの形質や性質は次世代にそのまま伝わらないということだ。
つまりF1の野菜のタネを採って畑にまいても同じ性質のものができない。
ということで、タネを毎年買わなくてはならないというデメリットがある。

上記の説明をしたところ友人は「農家ってタネ買うんだねー」と言った。
「みんな自分でタネ採ってると思ってたよ」「ひー(゚∀゚)」
みんな農業に興味ないんだなーと遠い目をしてしまったわたくし。

IMG_1474.jpg
以前大地を守る会で固定種を積極的につくってもらったことがあります。
おいしいかぶをつくる農家に「みやまこかぶ」を作ってもらったのですが、
「こんなかぶ作りたくない」と言われました。理由は「おいしくないから」。
「おいしいものを消費者に食べてほしくてつくるのに、こんなの作ってどうする」
なんちて言われました。固定種がおいしいとは限らないことを知りました。
※写真はみやまこかぶではなくほんたべ農園で採れたものです



そう、農家って毎年タネを買ってるの。んでそれがけっこう高いの。
でもタネ採りもすげー大変なの。例えば小松菜は3月に種まきして
4月下旬に収穫しちゃえば畑が片付いて次のものつくれるけど、
タネができるのを待ってると6月まで地面を使うわけ。

そんなの余分な土地があるとか思想とか余裕がある人じゃないとムリ。
だからみんなタネを買うわけ。でも作りやすいとか形がそろうとか
タネが採れないってデメリットよりもメリットのほうが大きいの。

「んじゃ何がダメなの、F1」とお友だち。
「タネが取れないこと」とわたくし。
「それだけ?」
「(企業によるタネの支配とかあるけどこの場合は)それだけ」
「へー。んじゃ大丈夫なんだね」会話終了。

さて、そうは言っても気になったので「雄性不稔」について調べてみた。

「雄性不稔」はざっくり言うと「花粉を作らない」ということだ。
りくつや歴史等含めて以下のサイトが非常にわかりやすいのでご確認ください。

「花粉を作らない雄性不稔のメカニズム—核とミトコンドリアの不思議な共生—」
http://www.kyoto-su.ac.jp/project/st/st17_07.html

「雄性不稔」が無精子症など不妊の原因になると言っている理由は、
雄性不稔の原因がミトコンドリアの持っている遺伝子によるという部分だろうか。

それを食べると人体のミトコンドリアにも影響するのではないか。
だから不妊になるのでは。最近少子化が問題になっているのも
男性の無精子症が増えているのも、これが原因、というような感じかな。

そこでわたくし的にはギモンがふたつ。

植物の細胞に含まれるミトコンドリアはヒトの胃でバラバラになりませんか。
仮にそのまま吸収されたとして、人体の生殖細胞のなかに
ウイルスでもないミトコンドリアが入れますか。入れませんよね。

言ってみればこれはタネなしぶどうを食べると不妊になる的な話ではないか。

であればタネなしスイカもキケンだし、トマトトーンで着果したトマトや、
単為結果するバナナやパイナップル、さらに平核無柿もキケンである。
しかしこういうものを食べて不妊になる。と主張する人はいないだろう。

ということで、F1はキケンではないし不妊にもならない。
でもタネが採れない、という問題がある。

gazou 047
どの野菜がF1か知りたい人はホームセンターでタネを見るといいでしょう。
F1とか一代交配種とか書いてあります。揃いがよくて作りやすいけど、
味がイマイチ。というものもあります。ネコブ耐性品種はたいがいそうです。


わたくしは在来品種を含めた固定種は(おいしいかどうかは別として)、
すんばらしいものであると考えており、
めんどうな自家採種をしている農家も尊敬している。

固定種はわたくしたちの固有の文化とも結びついている大切な財産だが、
効率や大規模化を優先する現在の経済(農業)のしくみから
ずいぶん前にこぼれ落ちてしまった。

つくりにくいとかそろわないとか、淘汰された理由を考えると
しょうがないとも言える。タネを採るより優先されることがあるからだ。

固定種やF1について語るとき、固定種がなぜ淘汰されちゃったのかとか、
なぜF1をみんなが作っているのか、というようなことを
いっしょに伝える必要があるとわたくしは思う。そうすれば
現代の農業がはらむ問題などについて考えることができるからだ。

その問題には「F1が不妊を引き起こす」的な話からは決してたどりつけない。
「F1」対「固定種」という偏ったイメージを与えることは、
タネについての正しい知識にダメージを与えるだけではないか。

この話は農業のことをよく知らない人(のみに、と言ってもいいかもしれない)に
非常にインパクトを与える話だが、聞くたびにいつもガッカリしてしまう。
この話をする人はこれが農業や農家のためになると考えているのだろうか。

なんてことを考え始めると夜も眠れませんよ。
だからもう考えないことにします。



★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

新しい畑なので土壌分析やりました

hontabe201702.jpg
ほんたべ農園4の数値。カルシウムの過剰さに寒気がしております。


今年も区民農園があたりましたよひゃっほう!!
つーことで、毎度ながら土壌分析をやりました。

今回の当選で5回目という、人に言わせると「運がいいねえ」ということですが、
それは大神山神社のおかげと言っても過言ではないでしょう。
ありがとう!! オオクニヌシノミコトよ!!

今までは毎回新しいところに応募していたのですが、
今年はナメクジも出ずCECも高くつくりやすかった
3年前まで借りていた畑に応募しました。

区民農園全体に言えることですが、おおむねCECが高く、
世田谷区というかウチの近辺の畑は多収が見込める畑と言えます。

つーことで、いまだに耕作をやっているじいさまたちが多いのは
当然って気がします。

そんなに条件のいい土の上にでかいマンション建ててるのもったいない
と思いますが、マンション立てれば儲かるのになんで畑やってんの、
ってのが一般的な考え方かもしれません。

さて、区民農園は開設当初から、毎年毎年春になったらやみくもに
石灰をまじないのように散布する借り主のみなさまのおかげで、
今回は驚きのカルシウムが337kg過剰という今までで一番の数値です。

今後100年位石灰を投入する必要はないのではないでしょうか。

というか、世田谷区は区民農園を借りる人に「石灰散布禁止」という
新たな条例をつくってもいいかもしれません。

しかし区民農園はいつかみんなマンションになってしまうので、
石灰がどんなに入っていてもとくに問題ない、とも言えます。
石灰過剰な土壌は基礎として強い、的なことがあるといいですね。
なんちて。

つーことで、周りの方々のまじない石灰散布にもとくに何も言わず、
ただ「数年後あそこがあたりませんように」と祈るのみのわたくし。
早く条例ができるのを心待ちにしています。

つーことで、石灰も苦土もなんかしらん大変な過剰なのは
「苦土石灰」を入れてるからかとミョーに納得しましたが、
カリの不足量を入れると塩基飽和度が大変なことになります。

CECとは土が肥料を捕まえておける土の胃袋のようなものですが、
それがべらぼうに高くても、入ってる塩基類がべらぼうに多いため、
土としては「もうおなかいっぱい」状態であります。

ここに不足分のカリを入れると塩基飽和度が90とかになってしまうため、
チッソを入れたら雨が降るたびにダダ漏れするでしょう。
ってことで、今回もモグラ堆肥をちびちび追肥作戦です。

最初につくるのが元肥が少なくて済む果菜類でほんとに良かった! 
と毎回思うわたくし。

そして、果菜類と言えばリン酸です。
世田谷区の土はリン酸吸収係数が高いためリン酸を吸いにくい、
という性質があります。今回もリン酸は多めに投入です。

カリは硫酸加里を、リン酸はようりんを入れる予定です。
有機質肥料だと計算して数値を整えるがむずかしいし、
バットグアノとか入れるとカルシウムがさらに過剰になりますから
とりあえず数値を整えるには単肥でGO!!! です。

「心は有機だからほとんど有機」ってことで
基本なんちゃって有機ですがいいのです。

心は常に有機農業とともにあるのですから!!!!(宣言)

そして今回はケイ酸が多く含まれておりました。
そういやこの畑は前回分析したときもケイ酸が多かったっけ。
それにきゅうりにネコブが出て枯れたっけ。

つーことで、加藤工業所の微生物資材「ネニソイル」を発注しました。
師匠・西出隆一さんは土壌病害が出ている圃場には、
ネにソイルを追加して入れなさいとおっしゃいます。

今回の畑はおそらく2011年から区民農園になっており、
今年でかれこれ家庭菜園家が同じものを作り続けて7年めです。
前回は借りたときにはまだ連作障害は出ませんでしたが
今年はなんだかんだ出そうです。つーことでネニソイルはマストです。

しかし、ネニソイルは10㎏袋。15平方メートルの区民農園には
アホほど多い。ということはわかっていても致し方ありません。
ああああああでっかい畑がやりたいなあ!!! 20坪くらいの。
(全然でかくないけど)

あとは山梨までモミガラを取りに行って、マルタにモグラ堆肥を
リサール酵産にカルスNCRを発注して4月までに上記肥料を投入です。
よる年波のため15平米耕すのもめんどくさくて耕運機が欲しくなるでしょう。

っつか毎回HONDAのカセットガスで動く耕運機を買おうかと思いますが、
アホかと言われると思うので絶対に買いません。

ということで、今年もヨロコビの家庭菜園ライフが始まりました。
今年はもう一度トマトの連続摘心に挑戦したいと思います!!


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

60歳になったら半狩猟採集農耕半Xってのはどうだ

051301.jpg
農作業と言えば長袖長ズボン農家のオバチャン帽子に
顔手ぬぐいです。ワンピースとエプロンなんてあり得ません(偏見)。



半農半Xってしばらく前に話題になっていたでしょう。
わたくしこれについてかなり否定的な気持ちを抱いておりました。

当時わたくしは大地を守る会で働いておりまして、
有機農業の畑を増やすことを自分の使命だと考えておりました。

当時の仕事は情報制作でしたが、わたくしの発信する情報によって
消費者会員が増えて野菜が売れる→契約農家の作付けが増える
→取り引き農家も増える→有機農業の畑が増える
→環境負荷が減って虫や小動物喜ぶ→なんかわかんないけどみんなハッピー、
なんて思っていたわけです。

そういう勝手な使命に燃えまくって仕事をしていたせいか、
同僚や部下、さらに取り引き農家からも「コワイ」と言われ、
「夜叉」とかあだなされたのかもしれません。いやはや、反省しています。

わたくしが会社をやめてしばらくして会ったほとんどの人が
「なんか顔が穏やかになったね」と言いました。
オニのような形相で仕事していたのか自分、と今さら反省しています。

ともかく、そのような使命に燃えまくっていたせいか、
移住して半分農業やって自給自足生活ナチュラルでステキみたいなのが
自分はいいかもしれないけど日本の農業の役には全く立たない! 
なんていう、非常に狭量な考えで半農半Xを否定しておりました。

「なんかスローライフしたい」くらいの感じで移住して当初は喜ばれたけど、
畑を草ぼうぼうにして近所の人とうまくいかずに撤退してしまい
これが原因でまじめに農業しようとして来た移住者が入りづらくなったりとか、
孤立したままそこに居続けやっぱり移住者が入りづらくなったとか
そういうウワサを聞くにつけますます否定的な気持ちは募っていきました。

半農半Xの人とは、コットンリネンのほわっとしたワンピースを来て
なぜか頭にターバンを巻いて化粧っ気がないすっぴんの女の人で、
パンとか焼いてナチュラルライフわーステキみたいな感じ(想像)ですが、
そんなカッコで農作業したら泥だらけになるしそもそもその長靴機能的にどうなの、
ターバンよりも日焼け防止は顔手ぬぐいと農家のオバチャン帽子でしょう! 
とか非常に狭量な感じの毒を吐いていた記憶がありますのですが、
その偏見力に現在のわたくしが驚いております。

しかししかし。人は老いるものです。

老いてなお怒り続ける人もいらっしゃるでしょうが、わたくし的には
「多様性のひとつ」と考えれば好き嫌いはともかく、許せない的な事象は
このところバンバン減り続けておりまして、半農半X別にいいじゃん、
自給自足も別にいいじゃん、などという境地に達することができました。

さて、猪瀬直樹氏がまだ東京都知事になる前、何かのインタビューで
「能力のある人は50歳で独立。その後20年その仕事を継続する。
50でやめれば後進のジャマをすることもなくていい」と言っていました。

なにしろヒトの能力が衰えるのは75歳以降です。
70までは働きたいではありませんか。
しかし50歳で独立できる能力のある人は限られそうです。

そこで農業というお仕事について考えてみます。

現役を引退したおじいさまやおばあさましかできない作業が
農業には存在します。

ばあさまはゴマの選果とか豆の収穫、じいさまは草取りとか木の誘引など、
バリバリやってる人にはできないけどしなくてはならない小さな作業を
息子世代に言われるまでもなくみなさん粛々とやっています。
年を取ったらする作業というのが決まっているのかもしれません。

農業とはいくつになってもできる仕事がある職業であります。
働く=誰かの役に立っていると実感も得ることができます。
日々体を動かす必要がありますから健康維持にも役立ちます。

つーことは、定年で退職して農業に新規参入っていいんじゃないの?
なんちてしばらく前から考えているわけです。

もちろん儲かってる大規模産地に素人が入る農地なんてありませんし、
ベンツと同じ値段する機械が必要な米とかに参入するのはムリですが、
耕作放棄地が増え続けている中山間地などに入るのは可能かもしれません。

自分の食べる分だけ耕作すればヒトの迷惑にはならないかもしれないし、
作り過ぎて直売所で売るとか小さな欲が出ればさらに長生きしそうです。

ということで我が身の来し方を振り返ってみて、そう言えば24歳くらいのころ
いつか自分のお家の前に5畝くらいの畑を持って野菜を栽培し、
庭にはりんごやゆずなどの果樹を植え、鶏とヤギを飼って自給自足して
自分のつくった野菜とヤギ乳のチーズでカレー屋さんをする、
なんていう激甘な夢を見ていたことを思い出しました。

大人になったわたくしはヤギ乳は飲めないしヤギ肉もキライなので
とくにヤギはいなくてもいいかもしれません。その代わり、と言ってはアレですが
わたくしは現在狩猟免許を持っており散弾銃も持っております。
そして今年、全日本ジビエ協会では特許出願中に画期的な罠を売り出します。

つーことで、半狩猟(鳥)採集(野草・きのこ)耕作(野菜・果樹)で自給自足し、
半X(あと6年でベストセラー書くとかジビエ協会の罠の行商するとか)で
もしかして60過ぎたら半狩猟採集農耕半Xでイケるのではないか!
なんてゆー妄想がどんどんふくらんでいる昨今のわたくしであります。

そしてそうなった場合のわたくしの衣装は
コットンリネンのワンピースと白髪かくしのターバンにすべきか、
迷彩柄のつなぎに目が潰れるほど鮮やかなオレンジ色の猟友会ベストにすべきか
どちらがステキに見えるでしょうかみなさま。

やっぱ猟友会ベストかな。目立つし。

そんなことを妄想し始めるとウキウキして夜も眠れませんよ。
あと6年、なんか東京でなくても日銭を稼げる仕事を見つけよう。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

ブラトップは楽だけど50過ぎたら向かない件

img117.jpg
ずーっとサイズがAだったのですが、知らない間に大きくなりました。
単に10kgほど太ったからだと思います。昔みたいに少年のような
ぺたんこの胸になりたいです。



【ご注意】今回わりとセキララなことを気にせず書きますので、
セキララ話が苦手な方はお読みにならないようお願い致します。


ということで気にせず行きます。

娘の頃、ブラジャーがキライでほぼノーブラだったわたくし。
フランス人なんか皆ノーブラだもんねーとか思っていた(ようだ)。
おまえ日本人だろ! と言われるとそうですねって感じだがまあいいか。

友人などは「形が悪くなるから」と寝るときまで装着していたが
苦しくないのだろうか。ナゾだ。

ブラジャーがめんどくさいと思っている人はたくさんいるのだろう。
ユニクロのブラトップが定番化し類似品がどんどん出てるのは、女性の心の声、
いちいちブラつけるのめんどくさいーってのの表れではなかろうか。

そのブラトップを気に入ってつけていた友人がある日、
「ユニクロのブラトップってさあ。なんか胸の位置変わるよねえ。
アタシの胸こんなんだっけ? って思うんだよねー」とつぶやいた。

確かにメリハリ、というか胸のあたりにしまりがなくなる(気がする)。
ブラトップだけでなくユニクロのブラジャーも同じだ。 
ということで、ブラジャーについて考えてみました。

さて、ブラを購入する際には「必ず試着すること」と言われている。

現在、下着売り場の販売員のおねえさんはだいたいわたくしより年下で
「脱いでも全然すごくない」というか今や「ひどい」とも言える
この肉体をお見せして不愉快になられるのではないかと躊躇してしまい
最近は下着売り場に全く近づけない。

しかし先日近所のデパートでTriumphのセールがあり、
販売員のおばさまはどう見てもわたくしより10歳は年上であった。
つまり全然すごくない(というかひどい)わたくしを見せてもへーきだ。
つーことで試着させてもらいましたのです。

実はわたくし自身試着をして購入したことは一度しかない。
20代後半のわたくしは当時Aカップのものをつけていたが、
試着したら寄せて上げたためかBカップになっていて驚愕した。

さらにさらに。自分の胸に見たことのない谷間ができていた。 

ちゃらり~ん♪「ほんたべはレベルが上がった!!!」(ドラクエ風)

その後自分では二度と谷間はつくることはできなかったがそれはまあいい。

それ以降わたくしはずっとBカップである。のだが販売員のおばさまは
わたくしの胸、というか脇のあたりをみてしみじみと言った。
「ここに余ってるお肉は全部カップに入れるのね。
余るってことはカップがすごく小さいの。Dカップつけてみようか」

img118.jpg
ハリウッド映画のコスチュームプレイでどーやったらあんな胸に?
なんて思うことがよくありますが、下着でつくるんだってことが
よくわかったです。寄せて上げれば可能です。ウキっ



でででで、Dカップですって? もはや未知の世界である。

おばさまは脇のあたりのぽよんとした肉をカップに押し込み、どころか、
背中の方でたるんでいる肉も全部前に持ってこい、と指示するのだった。
つまり胸の近辺で余った肉を全部カップに入れてしまえ!ということらしい。

そしてさらに驚愕の技を伝授されるわたくし。
「あなたねー、装着位置が低すぎるわよ」

わたくしはブラジャーが胃のあたりを圧迫するのがイヤなのだが、
胃を圧迫していること自体がおかしいとおばさまは言うのだった。
もしかして最初から間違ってたってこと? ううううう。悲しくなるわたくし。

おばさまは肩ひもでブラの位置を約2センチ上に調節し、胸をぐいっと持ち上げた。
そうしたら。なななんと、わたくしの胸にステキな谷間ができたではありませんか!
マリー・アントワネットさまのような谷間にウキウキするわたくし(見たことないけど)

「さっ! セーターを着てみてごらんなさい(キリッ)」とおばさま。

鏡の中には10数年前のパリッとしたわたくし(胸だけ)が立っていた。
いや、ほんとです。おおげさではなく。
胸が上がるだけで見た目ってすげー変わるのだとわたくしは知った。

加齢により胸が下がる直接の理由はコラーゲンだが、
もともとの理由はエストロゲンの減少である。
肌のハリには皮膚組織のなかのコラーゲンの量が密接に関わっているが
コラーゲンの生成にはエストロゲンという女性ホルモンが必要である。

女性は45歳過ぎたあたりからエストロゲンの分泌量が減少し、
骨粗鬆症や脂質異常症などのリスクが高くなるが、悲しいことに
コラーゲンも減少し、皮膚がたるんだりシワが目立ってくる。

どころか、コラーゲンによって支えられていたからだのあちこちが
重力に耐えられなくなり下垂し始める。二の腕がふるふるし始めるのはこのせいだ。

とくに脂肪組織で構成され筋肉組織がない乳房は一番最初に下がる。
しかしある日突然下がるわけではなく少しずつ下がるから気がつかない。
年をとるとまじまじと全身を鏡で写して見るなんてあまりしないから、
少しずつ下がったその位置が知らない間にあたりまえの位置になってしまう。

友人が「ユニクロのブラトップってなんか胸の位置が」と言っていたのは
カバーするだけの機能しかないブラトップでは下垂する胸を支えられないからだ。
失われたコラーゲンぶんの仕事をしてくれる下着をつけなくては
メリハリを取り戻すことはできない。

つまりブラトップはコラーゲンが豊富な若い娘のものである。とも言える。

であれば、大人の女は日本の女性のからだを研究して作られている下着、
つまりTriumphとかWacoalとかの7,000円くらいするブラジャーを買う、
というか、買わなくてはならない。と、わたくしは今回しみじみ考えた。

そして、女性とは胸の位置が上に見えるだけで若く見える。という
衝撃の事実にも気づいてしまった。ということは、ふだん下がってても
「ここ!」っていう勝負時に上げればいいのである。

つーことで、寝るときにブラジャーをつけるより豆腐や大豆などを食べ
エストロゲン様物質の補給をするほうが確実なのではないでしょうか。
ちなみに物理的に下がったものは二度と上がらないと思います。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)でヒグマも目覚める

0038.jpg
3月にもなると雪が減っているので鹿も逃げ足が早いのですが、
群れをなして山のなかを走っておりました。エゾジカはでかいので
この大きさでもバンビちゃんのようです。

009_2017030617570056d.jpg
山のなかにあった鹿の寝床。木の皮をめっちゃ食べています。
これでこの木は枯れてしまうです。
農業被害ではない鹿の被害を初めて見たです。
028_20170306175644364.jpg
鹿の通り道を見つけてその先を見ると鹿がいる、ということに
一時間ほど経ってから気がつきました。ハンターのおじさま方は
木の間にいる鹿を見つけられる「鹿目」を持っているのかも。


昨日は二十四節気の啓蟄。
今日は七十二候の蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)である。

天気予報で話題になるのは二十四節気だが、
七十二候とはその二十四節気をさらに5日おきに分けたもの。
より細かい季節の変化を表している。

「すごもりのむしとをひらく」とは、冬眠中の動物が目をさます頃、
という意味だが、「啓蟄」のなかにはその他「ももはじめてさく」、
「なむしちょうになる」と続く。なんか美しい言葉である。
いずれにしてもなんとなくもぞもぞし始める季節ということであろう。

さて、知床に鹿猟の取材に行ってきた。

スノーモービルで爆走しメス鹿を3頭ゲットして戻ってきたら、
同行しなかったハンターのおじさまに「クマの足跡あったかい?」と聞かれた。

「えええええーと、えと、気づきませんでした」とわたくし。
「んー、まだなかったよ」とハンターのおじさま。

まだ3月なのに冬眠から出てくるんかと、非常に驚いたが、
ヒグマは3月になると穴から出てきてあちこち歩き始めるらしい。

子どもを産んだメスのヒグマはいきなり遠くへ行くことはなく、
穴から出たり入ったりして子どもを外に慣らしていくが、
オスは出たら一気に遠くへ歩いていく。

いずれにしてもそれらとばったり出くわすとちょっとどうなの、
もしかしてレヴェナント? 知らずに山の中を爆走していたが、
ハンターのおじさま方は理解して爆走していたらしい。ひー。

そしてわたくしは翌日時間つぶしに入った知床博物館で、
ヒグマに出会ったらどうすればいいかというマニュアルを見つけた。

067_20170306175638ce6.jpg
手の骨というか爪にビビるわたくし。こんなのに軽くはたかれたら
顔全部持っていかれるよねー。

066_201703061756403c4.jpg
オスのヒグマが立ち上がるとこんなんです。
ツキノワグマとわけが違います。目潰しもムリそうです。
たぶんおーやまますたつ先生でもムリだと思います。


50mくらい向こうにヒグマがいてこちらに気づいていない場合、
すぐそばにいて襲う気満々で向かってきた場合、
銃を持ってるけどクマを撃つつもりがなかったのに会ってしまった場合、
等々、ありとあらゆるシーンを細かくこまかーく想定し
ああしろこうしろ、こうしてはいけないあれもダメ、と書いてある。

目があっても見てないふりをして立ち去る、
ヒトがいることを教えて立ち去る、などはまだできそうだが、
クマを撃つ目的で来ていない狩猟中にヒグマにバッタリ出くわしたら、
「初心者はやみくもに撃つとやられますから撃たないこと」と書いてある。

「かえって手負いにして攻撃的になり」ですってよ、みなさん。
レヴェナント(※)そのままである。うううううう。こわいよー。

博物館の外は吹雪でわたくしはへなちょこなバッグしか持っておらず、
540円のマニュアルはペラペラの紙に自分で印刷した的なもので
バッグに入れると折れるし買う気がしなかったのだが、今わたくしは
このへなちょこな紙のマニュアルを買わなかったことを後悔しているのだった。

なぜなら、今年の秋、エゾライチョウ撃ちに連れてってもらうからである。
エゾライチョウは10月中旬ごろから山に出て来るのだ。
そしてその時期はちょうどヒグマも山の中をうろうろしているのだ。

そしてそしてわたくしは、ヒグママニュアルの異常な細かさを見て
ゲラゲラ笑っているときには、このことに全く思い当たらなかった。

この日は知床自然センターでも「ヒグマキケン情報」を見学し、
わたくしの脳にはヒグマ情報がさらに蓄積されていった。
そしてエゾライチョウ=10月=ヒグマ=バッタリ会う可能性と
脳内のシナプスが繋がるのに丸一日かかり、
帰りの空港で愕然としてしまったわたくし。アホですか。

063.jpg
知床博物館で初めてエゾライチョウを見ました。
ほんとに林道をふらふら歩いているのかしら。
今年の秋が楽しみです。

0026.jpg
屈斜路湖畔から山に上がっていって屈斜路湖を眺めております。
が。なんていう山なのか全くわかりません。現在は
美しい風景を堪能しわたくしの内部には大自然がいっぱいです。


あああああああ買えばよかったー。

ということでネットを検索してみたら平成12年版を見つけました。
http://outback.cup.com/bear_resistant_manual.html
売ってました。
http://shop.shiretoko.or.jp/104396/7.1/913/

秋までには購入して丸暗記しておきたいところであります。

っていうか、バッタリ出会って向こうがやる気まんまんだったら
わたくし的に生き延びることは不可能なような気がするので、
しれとこ財団の方が90%は撃退できると言う熊スプレーを
高いけど買って持っていこうっと。
(残り10%がどうなったか気になるが不明であります)

※レヴェナント
レオ様が昨年念願のアカデミー主演男優賞をゲットした映画。
冒頭にレオ様がハイイログマ(グリズリー)に襲われるのですが、
そのシーンでクマに襲われたらどうなるか何が起きるのか、
想像しかできなかったことが明らかになり心底怖くなりました。

わたくしの大好きなトム・ハーディ様も出ていますが、
よーく見ないとわかりません。というか、誰が誰だかよくわかりません。
さらに、クライマックスシーンでトム・ハーディ様がかぶってる
ビーバーのかわゆい帽子が気になって集中して見られませんでした。

映画館で見た方が良かったです。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR