ほんたべ農園秋作…っていうか冬の種まき

gazou 0s13
種まきしてたらやってきた猫にゃん。「なぜてくれる?ねえねえ~、ねえってば!」と
ずーっと横でおしゃべりしてるので気が散り、大根と春菊を同じところにまいちゃいましたよ。
猫アレルギーだけど猫大好きなわたくし、しばしの間の幸福な時間でございました。



三連休、山に海に繰り出す人々を横目に、畑で粛々と種まきをしております。

本来秋作の種まきは9月上旬から10月にかけてするもので、
10月中旬なんかにしてちゃ、やっぱダメなわけですよ。

この時期、一日の種まき、定植の差が、
12月になれば1週間になっちゃうのですよ。
菜っ葉なんかはあったかければ45日で出荷の大きさになるんだけど
寒くなるとかる~く2カ月とかかかるわけで。

ってことで、今種をまいて、食べられるのは11月下旬以降ってことになります。

今年は9月ごろ定植されたものの台風被害が大きかったため、
11月から始まる関東の平地の野菜が足りなめになり
野菜がお高くなることはわかってるんだけど…自給は間に合いませんでした。

ははは(乾いた笑い)。

gazou 011
ウチの穂ジソで栄養補給をしているモンシロチョウちゃん。
よその区画はアブラナ科が植わり放題なので、卵産み放題。で、栄養補給はウチ。
うーん。もしかして人様の迷惑になってるのかも~とちょびっと心配していたら…。

gazou 003
お隣の区画に飛んでいき、電光石火の早業でキャベツに卵を産みつけまくってました。
やっぱり……。それにしても小さい卵。これじゃ肉眼では見つけられないよなあ…。



2009年の秋作も種まきが遅れたのですが、その理由はひとつ。

面積が狭いので、夏の果菜を「もうちょっとイケるかも」と引きずり、
結局片づけが遅れるから、種まきが遅れるのでした。

この「果菜を食べたい」という欲と、「菜っ葉を食べたい」欲を比較すると、
「果菜」に軍配があがっちゃうわけです。

こういったことをぐだぐだと考えて「しまった~っ!」と毎年後悔するので、
どこかに1反位の畑を借りたい!と欲が出るのも毎年この時期。

でもね。1反なんてできないの。耕運機がないと。
というへなちょこなわたくし。永遠に後悔し続ける宿命なのでしょう。

gazou 026
区民農園じゃないお隣の畑にアシナガバチの巣がありました。
パセリにくっついてたアゲハの幼虫が知らぬ間にいなくなったのは、彼らの仕業。
実際にイモムシ団子を作ってるのも見たけど、こんなに近くに巣があったとは…。
いや~、君たちけっこう食べてたよね、イモムシを。生態系ってすごいよなあ。



さて、トマきゅうを片付けたのは9月17日の連休時。
その後、カルスNCRと米ぬか、その残さを畑にすき込み2週間休ませました。

わたくしの畑は腐植分が少ないので、粗大有機物を入れねばならないのです。
同時に草なども入れたので、この際のチッソ補給はしませんでしたよ。

そして2週間後(先週)、モグラ堆肥Aを入れましたです。

モグラ堆肥Aのチッソ分は4%ですから、秋作の肥料としては、
まあだいたいのものはできるよねという一反15kgを目安に計算しましたです。

ちらっと脳裏をよぎるのが、カルスNCRが有機物を分解する際に使うチッソ分。
夏作に引き続きチッソ飢餓になってるかもしれないという不安です。

でも菜っ葉だし。アブラナ科だし。

gazou 028
果菜類を片付けられない理由…今頃青いトウガラシがまたできてるし。
今某D社の宅配で青ゆずが売ってるので、これで自家製「青いゆずごしょう」ができるよなあ…
結局この2本は片づけられないわたくし。そして菜っ葉が植えられないわたくし。



アブラナ科って肥料がなくてもほっといても大きくなる気がする、
菜っ葉としてはわりと簡単な作物(そのかわり虫害が多い)。

気難しいほうれん草と比較して、なんかバカっぽい気がする野菜なので、

まあ、いっか!って感じです。テキトーに大きくなれば!って感じです。

そしてあとひとつ。小さな不安。

今回土壌分析が間に合わなかったので、カリの数値がわかりません。
後日上がってきたら葉面散布等で対応する予定でございます。

調べてみたら、セシウムの菜っ葉への移行係数は0.049でした。
(日本放射能学会HPより。乾燥重量での数字だからもっと少ないかもね)。
果菜類よりちょっと高く、米の0.001よりははるかに高いのでございます。

でもま、カリ欠にしないことで対応するしかありませんね。
ほんと、原発ってこの世に必要ないわ!と怒りが再燃する三連休でございます。

gazou 030
全部2009年の種でございますよ。アブラナ科だから大丈夫でしょう。
gazou 019
本庄市の有機農家、瀬山さんの自家採種かつお菜をいただきました。
おひたしにするとダシがいらないほどうまいらしいです。楽しみでございます。



で、本日は伸ばしに伸ばしたオクラの生育が悪くなってきたので、
オクラの片づけとカルス・肥料投入。

肥料はサカタのタネの「銀の有機」でございます。

ボカシ肥なのにお安い肥料でございました。さらにチッソ分が高いのでございます。
モグラ堆肥Aの4%と比較して7%。1,980円。やすい~!!!

そしてここには11月にキヌサヤとスナックエンドウをまく予定です。むふん。
キヌサヤ大好き。なるのは5月だけど。

しかし、種まき時に毎回限りなく広がる欲と妄想が、今回はいまいち盛り上がりません。

やっぱ、菜っ葉ってわたくしにとっては、
心うきうきする作物ではないということなのでしょう。

gazou 004
お隣の区画で2度目の定植のキャベツ(一度目は虫害で全滅)。
ネキリムシにやられとります。菜っ葉とかレタスとか、根元を切られる、これが腹立つ。
土壌消毒剤やってる慣行農家は問題ないけど、無農薬だと手取り除虫です。うひい。



1月に入って霜にあたりまくった菜っ葉や大根を食べれば、
幸せが心に満ちあふれると思うんだけど、種まき時はわりとクール。

でもこの程度の「愛」の方が、植物にとっては幸せかもしれませんなあ。

過剰な愛は負担になるってことですよ。

まあ、テキトーにがんばってくれたまえ! 菜っ葉たちよ!


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
猫アレルギーなのに猫大好きとは、不思議な方ですね(^^)
(誉めてますよ)
連休中に種まきとは、流石「畑バカ一代」です。
天気が良ければ、畑でしょう!

夏野菜を引きずって、冬野菜が作れなかった。
昨年それ経験しました。
でも花が咲いて実をつけてると引っこ抜けない。
農家失格かもです。

「カツオ菜」名前からして美味しそうな香りがします。
パソコンの前なのに不思議です。

Re: No title

スナフキンさん

こんにちは。

> 猫アレルギーなのに猫大好きとは、不思議な方ですね(^^)

そもそも猫好きで、猫をずっと飼ってたのがある日突然猫アレルギーになりました。
その時の猫はもらわれていきました。

それ以来猫を触り放題に触ると、3時間後位に大鼻水とくしゃみの嵐です。
悲しいです。

> 連休中に種まきとは、流石「畑バカ一代」です。

おお!ありがとうございます。

> でも花が咲いて実をつけてると引っこ抜けない。
> 農家失格かもです。

そうなんですよね~。
あとナスがもう一個なってんですけど、花も咲きそうなんすけど、
これをどうするか悩み中です。

ピーマンは11月まで収穫できることを知ってるので、残してます(^^)

>
> 「カツオ菜」名前からして美味しそうな香りがします。

とう立ちしてくるとそれはそれはおいしいらしいです~。
福岡の在来種だそうですよ。お雑煮に入れるとか。

No title

おお~ アシナガバチの巣だ~
すばらしい。

こんな近くにあるってことは、
小さな生態系循環システムがちゃんと機能してるってことですね。
片方で困ったことになっても、別の方でまる~く収めてくれるという・・・。

まあ、農業となるとそんな暢気なことも言ってられないんでしょうけどね。

>気難しいほうれん草と比較して、なんかバカっぽい気がする野菜なので

なんだか、分かるような、分からんような・・・。
つまり、テキトーにつき合っても適当に許してくれる気取らない関係ってことでしょうか(←よけいに分からん)。

ではでは v-22

Re: No title

Fuさん

こんにちは~。


> 小さな生態系循環システムがちゃんと機能してるってことですね。
> 片方で困ったことになっても、別の方でまる~く収めてくれるという・・・。

そうかもしれません。けっこうな勢いでイモムシ狩ってましたから。
目の前でトマトについてるヨトウを見つけて、ちくちくつついてたりとか…。

あとどこから飛んでくるのか不明ですが、スズメバチもいます。
これには人間も警戒です(><)


> つまり、テキトーにつき合っても適当に許してくれる気取らない関係ってことでしょうか

はははは、それはつまり、夫婦の間柄ってことでしょうか…(ますますわからん)

まず
①種まくとすぐに芽が出る
②肥料が少なくてもそれなりに生育する
③失敗しても種まくとすぐに芽が出るので、まき直しが効く
④大根なんか間引きさえちゃんとやってればそれなりに大きくなるからほっといても平気

てな感じでしょうか。

生育中に肥料が足りなければ追肥してやったり、病気にかかんないように資材まいたり、
手間ひまかかる果菜類と比べると、やっぱ放任でOKって感じで。

放置プレイOKってことですかね~(さらにますますわからん)。

No title

ほんたべさん、おはようございます。猫君、おはよー♪

種まきお疲れ様でした。畑の片づけって、やろう、やろうと思っているうちに月日が経つものだなぁと、収穫を終わると、燃え尽きてしまうタイプなので、部屋の片づけみたいなものだと割り切ってするしかないのだと思っています。

>過剰な愛は負担になるってことですよ。
そうですねー。人間も、野菜も、溢れんばかりの愛は、胸焼けしてしまうかもしれませんねー。

Re: No title

駆動さん

> 畑の片づけって、やろう、やろうと思っているうちに月日が経つものだなぁと、収穫を終わると、燃え尽きてしまうタイプなので、部屋の片づけみたいなものだと割り切ってするしかないのだと思っています。

部屋の片づけ。確かにそんな感じです。
片づけないと次のが作れないから、やんないといけないんですが。
面倒なんですよね~。

> そうですねー。人間も、野菜も、溢れんばかりの愛は、胸焼けしてしまうかもしれませんねー。

植物の場合は最悪、枯れますから…。
愛しすぎてはいけないんです…。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR