TPPに参加したら何が起こるかデータで見てみよう

gazou 071
現在の米の自給率は100%。日本人の心、米。主食である米。
これをを守らずしてどうする!と言いたいのでございます。



10月27日、内閣官房「包括的経済連携に関する検討状況」という
調査報告書が、農水のHPにUPされています。

11月、野田総理大臣がTPPへの参加表明を一日保留したその翌日、
衆参両院で「TPP集中審議」が行われましたが、その際に
佐藤ゆかり議員やその他の議員が質問のベースにしたのが、
ここに紹介されている数字です。

野田総理は質問に明確に答えられなかったばかりか、
細部を理解していないという醜態(っていうか、無知蒙昧さ)をさらし、
国会中継を見ていたわたくしは愕然といたしましたが、
それはおいといて。

参加した場合、どうなるのか。データを粛々と転記してみました。
とりあえず農業のみのデータをご紹介します。以下転用。

【試算の前提】 19品目を対象として試算
米、小麦、甘味資源作物、牛乳乳製品、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵等
【基準】
関税率が10%以上かつ生産額が10億円以上(林産物・水産物は含まない)

農地①
見た感じ耕してあるので耕作放棄地じゃないみたいですが、これは農家の意地。
草ぼうぼうにしとくと世間体が悪いから、または草が嫌いだからという理由で、
「一応うなってる」という状態。もちろん見たままの荒れ地もそこかしこにありますよ。
毎年微増しているのに、一気に146万ヘクタールも増やしてどうする。



■農産物について
・農産物の生産減少額  4兆1千億円程度
・食料自給率(供給熱量ベース) 40%→14%程度
・農業の多面的機能の喪失額 3兆7千億円程度
■農業及び関連産業への影響
・国内総生産(GDP)減少額7兆9千億円程度
・就業機会の減少数340万人程度

■その他国会審議中に出てきた数字
耕作放棄地の増加 146万ヘクタール
(関東4県を足した程度の広さだとのこと)

さても恐ろしい数字。

食糧自給率がカロリーベースで14%になると試算されています。
現在国内で自給されてるものだけで3食まかなうと、さつまいもが主食で
2日に1回卵…てなメニューが農水のHPに出てましたが、
14%になっちゃったら…毎日お腹がぺこぺこですよ。

また、農業の多面的機能とさらりと書いてありますが、これは
生物多様性・環境・景観・水資源等のこと。

以下の数字をみるとわかりますが、米が大打撃を受ける予定です。
すなわち、現在の水田のダム機能が失われるってことですよ。
下流域での洪水・水不足等が予測されます。

水を保持し、小さな虫を生み出し生態系を豊かにしている水田の役割を、
きちんと認識して粛々と試算…さすがお役人様。すごいけど、それはどうなんだ。

トンボ
農薬を使っていない田んぼから大量のトンボが羽化し、山に移動し、
そこで小鳥たちのエサになっているという調査結果があります。生態系の下支えをしている
それが田んぼの目に見えない役割。大切にしなくちゃね。



■個別の品目について(主な品目のみ抜粋。詳細はWEBを)
・米  生産量90%減 
新潟産コシヒカリ、有機米等のこだわり米等を除いて置き換わる。

・小麦 生産量99%減
国内産小麦100%をセールスポイントとした小麦粉用小麦を除いて置き換わる。

・生産量100%減の品目
甘味資源作物・でん粉原料作物・加工用トマト

・牛乳乳製品 生産量56%減
乳製品では、鮮度が重視される生クリーム等を除いて置き換わる。
飲用乳では、業務用牛乳等を中心に2割が置き換わる。

・牛肉 生産量75%減
4等級及び5等級は残り、3等級以下は置き換わる。

・豚肉 生産量70%減
銘柄豚は残り、その他は置き換わる。

gazou 005
こういった霜降り肉は生き残れるけど、赤身の肉は米国産になるよね~。
ってのが上記の数字です。ホルモン剤使った赤身の肉、絶対にイヤ!!!!



大打撃を受けるのは、米農家が心配している通り「米」です。

すでに絶滅が危惧されている小麦は、ほぼ0になるということでしょう。
畜産は現在最後の砦を守っている状態ですが、
小規模農家がバタバタつぶれることが予想されます。

「ブランド品目」は生き残れるけど、その他はダメとはっきり書いてありますね。
でもね。「その他」を作ってる農家の方が多いわけなんだから。

先日農業センサスが発表されて、全く農業振興が進んでいないことが
よ~くわかったばっかりです。なのに、さらに大打撃。いや、恐ろしい。

その他わたくしが非常にイヤだと思っているのが、表示の規制緩和です。

試算には出ていませんが、アメリカの要望で、
遺伝子組み換え食品の表示の法律や、牛肉(BSE)の表示などが
変更になる可能性が示唆されています。っていうかなるでしょ。

gazou 053
銘柄豚=黒豚・中ヨークシャー種・その他適当な名前つけてるLWD。
付加価値のないLWD(三元交配豚。今の日本では主流の豚)は生き残れません。
流通事情がよくなってるので、現在でもチルド輸入、しかも部位別輸入が可能です。
関税を撤廃されたら、早晩日本の養豚業は立ちいかなくなるでしょう。



現在日本の畜産物にはホルモン剤の添加は禁止されていますが、
アメリカはOK(EUは厳しく禁止してるのでアメリカとケンカしてます)。
また、遺伝子組み換え食品の表示もなしです。

日本の法律で定められている遺伝子組み換え食品の表示は、
現在でもEUと比較すると大変甘く、消費者は選択する自由を
与えられているとは言い難い状況です。

それが緩和されたら。もう選べない。
しかもそれを知らない消費者が多すぎる。

今私たちにできるのは「知ること」。
一歩進んで「自分の考えを持つこと」さらに一歩進んで「声をあげること」
この3つしかありません。

粛々とできることをやるのみでございます。

■資料は以下でございます

包括的経済連携に関する資料一覧(農水省HP)
「包括的経済連携に関する検討状況」平成22年10月27日 内閣官房
この資料の32Pめから農水省補足

下記2つ、何がどうなるか非常にわかりやすい一覧表
国境措置撤廃による農産物への影響試算について
国境措置撤廃による農産物生産等への影響試算について(品目別)

★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 相互リンクの依頼

鍵コメさま

相互リンク、歓迎です。
どうぞどうぞ。わたくしも後で張っておきますね~。

No title

ほんたべさんこんにちは。

TPPに賛成する人たちの意見を聞いていると、たとえば「今まで欲しくても手の届かなかったものが安く手に入るヨ」だとか「安い値段で農産物が入ってきたとして日本人がすぐさまそれに飛びつくほどバカでしょうか」とか「逆に日本の質の高い農産物を海外にアピールするチャンスだ」とかって言われるけれど、みんなどこかうしろめたげなのは何でですか?

ほんとはどこかで「これはまずいことになるぞ」っていうのがうすうす感じていながら目先の美味しそうなエサに目が眩んでいるように思えてしかたないです。

韓国は自国の農業にはっきりと見切りをつけてますね。で、工業一本で自国民を食わそうとする潔さがあってある種のスゴ味がある。あれはあれで一つの決断なわけです。
日本はそれを横目で見てなぜだか涎を垂らしている。
総理は「日本の美しい里山は断固守ります」的な美辞麗句を並べ奉りましたが、あんなことなら僕にだって言えますよ。

おっしゃるとおり「問題を知り自分の考えを明確にして声をあげる」ことが大事ですね。でもなんとなく諦めムードが漂ってる感じなんですよね。しかも薄々世論誘導されていることにみんな気づいている。
なんとかしなくては。

ではでは

No title

こんばんは。
アメリカのアメリカによるアメリカの為のTPP
アメリカと言う言葉は、穀物メジャーやヘッジファンドにも置き換わります。

知らせることは大切だと思います。
残念なのは、農家などの生産現場と食べる人達との距離が、物理的にも精神的にも離れ(離され)過ぎて、伝わりにくくなっている事です。
オレンジや牛肉の時に、国内産業がどうなったかは忘れてしまったのか?気付かなかったのか?
自分に出来る事を継続する。これに尽きます。

Re: No title

Fuさん

こんにちは。いい天気っすね~。畑日和です。

>
> TPPに賛成する人たちの意見を聞いていると、みんなどこかうしろめたげなのは何でですか?

説得力がないってわかってるんじゃないでしょうかねえ。
農水のデータ見ると経産省の試算「GDP上がる予定」分「下がる」って書いてあるような気がするんだけど。
経済のことはあまりよくわからないけど、経産省の試算もそんなにはかばかしいものじゃないと思うし。

ってことで、「データを見られるとウソついてることがわかっちゃうかもね~。
でもいっか、国民だまされやすいから」と思いつつ言うからなんじゃないでしょうかしら。

>
> 韓国は自国の農業にはっきりと見切りをつけてますね。

韓国の潔さには驚きました。確か、日本よりも自給率低い国なのに。
でも国民に内緒だったって言ってませんでしたっけ。
なので農業者含め、大事になってるような気がします。

未来の日本を見るようですねえ…。

> おっしゃるとおり「問題を知り自分の考えを明確にして声をあげる」ことが大事ですね。でもなんとなく諦めムードが漂ってる感じなんですよね。しかも薄々世論誘導されていることにみんな気づいている。
> なんとかしなくては。

有機JAS法施行のときも、さんざん反対したんだけど結局施行されちゃったし。
法律作るときには委員会とか言って有識者が入るので、そこに農業者が食いこむとかしかないんですかね~。

あとは民主党から政権を奪取することでしょうか。
で、ルーピーみたいに決まったことをひっくり返せばいいのでは!なんちて。

とりあえず、自分は反対と表明できる場合は表明するってことしかないのかもしれませんね。 

Re: No title

スナフキンさん

こんにちは。

> 残念なのは、農家などの生産現場と食べる人達との距離が、物理的にも精神的にも離れ(離され)過ぎて、

生産現場のことを消費者はほとんど知りません。
驚くほど知りません。それはほんとです。

でもある意味作る側にも問題があって、情報発信は誰かの仕事と思ってたりすることもあります。
とくに昔からの農家はそう。そんなの俺らの仕事じゃないって思ってるはず。
流通も「知らない方が具合がいい」ことが多いので、あえて伝える必要ないと思ってたりしますよね。

そういうのダメだよねってことで、間に入って情報発信する人々も、
正しい知識を持ってる人はそんなにいなくて、
何かのフィルター(金儲けとか自社のブランディングとか)がかかるので、
ゆがんだ情報のみ伝わるってこともとっても多いです。

でも情報伝達しても消費者はすぐに忘れるから、意味ないのかもとか思ったりもします。

> オレンジや牛肉の時に、国内産業がどうなったかは忘れてしまったのか?気付かなかったのか?

あ、これは気づかなかったと思いますよ。
みかん農家とその周辺の人しか。牛肉も同じだと思います。
牛肉の場合も「自分はよその国の肉は食べないし」って思ってる人多いから、よけいわかりにくいし。

現在では、和牛・国産牛・オージービーフってランクになってて、
庶民の生活の中では「どうなったんだっけ?」的な感じだと思います。
輸入肉は外食産業に行ってることも、知らない人の方が多いと思います。

あと輸入オレンジに発がん物質が塗布されてることも知らない人多いですねえ。
アメリカ牛肉にホルモン剤ってのも、知らない人が多いです。


> 自分に出来る事を継続する。これに尽きます。

粛々とするしかありませんです。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR