「タネの話」 NON-GMOで30日 13日目

041301.jpg
在来のなすって面白くて、姿形が西長東小。中央が丸。
白なすとか青なすとかそのほかいろいろあります。西日本のなすって長いですよね。
鳥取も長かったけど、熊本のなす見たときにはぶっ飛びました。長くて。


 
遺伝子組み換え食品を食べない一カ月のこと

4月13日(金)

大地を守る会の宅配に「とくたろうさん」という
在来種・固定種の野菜を食べられるセットがある。

わりと人気だ。珍しいものが入るからね。
そろそろ山菜が入ってるかな。

以前産地周りをしていたころ、青森の農家が
食べないトウモロコシを畑に一列だけ作っていた。
「これ何ですか?」と聞くと「トウモロコシ。でも食べないの」と
教えてくれた。

おいしくないから食べないけど、むかーしからタネが伝わっている。
自分が作るのをやめると、この「種」は絶滅することになるから、
食べないけど、種の継続のために栽培してはタネを採ってると言う。

「とくたろうさん」の作物を探していたときだったので、
すばらしい!と思って一度出荷してもらった。
「すごくおいしくない」と皆に言われ、取り扱いは一年限りだった。

彼は今も採り続けているのかな。畑のすみっこに一列だけ、
食べないトウモロコシを次世代のために作っている。

在来種がおいしいものばかりかと言うとそうでもなく、
おいしくなくて淘汰されたものもいくつかある。
またおおむね作りづらい。そして商品性がない。

作っても売れなければ誰も作りたがらないし、
一般市場でブランド化されてない在来種を売ることは難しい。
(ブランド化されたもの=だだちゃ豆・加賀野菜・京野菜など)

というような理由で淘汰されてきたのが在来品種でもある。

041302.jpg
なすと同じくとうがらしもいろいろです。うっかりかじると辛いので要注意。
しかし鳥取の長とうってよその地域では全く見ないんですけど、在来品種なのかな。



誰かが食べないと農家は作れないし、もっと言うと、
種を採ることをやめたら、その品種はこの世から失われる。
日本の在来品種って、意外と細いほそーい綱渡りをしているの。
最近見直されてるからそうでもないかもしれないけどね。

だから、食べることはとっても大切。

タネがお店で売られるようになったのは、最近のことだ。
F1品種という一代雑種が作られるようになったのも、
最近のことだ。それまでは農民がタネを採っていた。

タネを採るってのは、翌年の出来を左右するから
皆いいものを選抜した。
時折少しだけ性質が違う風変わりなものを見つけては、
面白いと思うとわざわざそれを植えてみたりした。

これでちょっとだけ性質の違う新しい品種ができる。
それがいい性質なら、みんなにわける。
その積み重ねで現在の豊かな品種が生まれた。

農家ならタネを採るのはあたりまえのことだ。
生きていくのとおなじ、自然な行為だ。
そのあたりまえの行為を「知的所有権」を振りかざして
禁止にさせている会社と国がある。

それがモンサント社。そしてアメリカ。
わたくしがGM作物を食べたくないもうひとつの理由。

種を取るという当たり前の行為を自国の農民に禁じ、
難癖のような訴訟を起こし、栽培されてるGM作物。

おかしくない? わたしはおかしいと思っている。

■本日の宿題
「植物新品種の保護の強化及び活用の促進に関する検討会報告」
をちゃんと読む。何度読んでも難しくてよくわかんない。

■本日のごはん
昼・アボカドサラダのサンドイッチ
夜・ビール、オーガニックナッツ、アボカドサラダ、豆腐塩麹漬
おやつ・白玉ぜんざい
ビールは麦芽とホップのみ、アボカド・成城石井、
その他野菜・白玉粉・小豆等は大地を守る会

★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ふむぅ~。とくたろうさんは今まで一度も頼んだことなかったのですけど、頼んでみようかな?って気になってきました。
どうしても会社帰りの疲れた頭と時間のない中で見知らぬ野菜の調理法が頭に浮かんでこないのですよね^^;
ただ、時々セットやおまかせ野菜果物セットに見知らぬ野菜が入っていると面白い!って楽しくなるのも事実なんですよ^^
在来種、守って行きたいですね。

ちなみに伏見トウガラシは見たことありますが、長とうがらしはないです??
伏見も昔は出回っていなかったですよね~?
知らない野菜を見ると食べてみたいと好奇心旺盛な私です。

あ、それと毛蟹は安くても何千円かはすると思います^^
と、言っても3歳までしかいなかったので帰郷した時に市場で見た程度しか知らないのですがe-263
鳥取の松葉ガニのメス食べてみたいです^^

フキですが、バカでかいですよ~。
最近は見かけなくなったのですが、子供の頃、祖母の庭でとれたフキを傘にして撮った写真があります。
子供用の傘ぐらいデッカイですよe-51

Re: No title

vermilion*さん こんばんは。

> ふむぅ~。とくたろうさんは今まで一度も頼んだことなかったのですけど、

これからの季節は山菜と茎たち菜系が入ると思います。
夏はナスです。ナス地獄です、なんちて、担当者に怒られちゃうかも…。

> 在来種、守って行きたいですね。

「食べる=守る」ってのがとくたろうさんの意義なので、
よろしければぜひ。

> ちなみに伏見トウガラシは見たことありますが、長とうがらしはないです??
> 伏見も昔は出回っていなかったですよね~?

最近在来品種は注目されてるみたいですね。
伏見甘長はけっこういろんなところで作られてて、
伏見で作ってるわけじゃないけど伏見甘長とうがらしって売られてます。

からくないとうがらしなので皆が珍しがってるのでしょうが、
鳥取ではむかーしから辛くない長いとうがらしを夏に食べてるので、
何をいまさらって感じなのです。

しかし、東京の人も大阪の人も、誰もその長とうがらしを知りません。
鳥取の人間しか知らないチョーレア野菜です(^^)

> 鳥取の松葉ガニのメス食べてみたいです^^

冬になると成城石井で「勢子ガニ」「香箱ガニ」という名前で売られてます。
今年は見なかったけど、一昨年は1杯800円くらいで売られてました。

> 子供用の傘ぐらいデッカイですよe-51

コロボックルちゃんですね。楽しそうだな~。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR