自家採種ができなくなる日 NON-GMOで30日 19日目

041901.jpg
昨日の夜お風呂あがりにひざにでかい青タンができてるのを見つけ、
本日は体のあちこちが痛いのでございます。転んだばかりか、どこかに
ぶつかったのだろうと推測しております。いや、酒の飲み過ぎは大変危険です。



遺伝子組み換え食品を食べない一カ月のこと

4月19日(木)

つがるというりんごがある。

まっかっかに色づく「着色系」という系統があり、
日本中で苗が売られている。これを見つけたのは農家だ。

「いいりんごだからもっと増えればいい」というので、
種苗登録をしなかったか、ほ木を無償で提供したかで、
自分が見つけたりんごの苗木でお金を稼ぐことをしなかった。
たぶん登録してたらすごく儲かっただろう。

果樹類は「接いで増やす」ことができるので、
小さな枝を入手すれば自分の畑で増殖させることが可能だ。
そういう理由があるのかもしれないが、たぶんちょっと違う。

これは非常に日本人的な行為で、
例えば、だだちゃ豆を選抜育成してきた人も同じことをしている。

だだちゃ豆の系統は100種類程度あり、今ではブランド化されて、
その地域からタネが出てこないところもあるが、
基本的には「分けあう」ことで広がって行った。

おいしい品種は自分だけのものにしないで、
皆に分けて皆で楽しんでもらいたい。
そういう意識が根底にある。

東日本大震災のとき、整然と列を作って並び、
皆が少ない食料を分け合っていたと日本人が称賛されていたが、
このタネの話も同じなのだろうとその報道を見て思った。

基本的に「分け合う」のが日本人の特徴だ。

このせいなのかどうなのか(おかげと言うべきか)、
日本人は「知的所有権」という考え方に少々うとい。

そもそも上記のような土壌に「知的所有権」という木は育ちにくい。
さらに、虫のことを「わく」と表現し、自然と共生してきた日本人には、
生命に「所有権」と言われると何の事だかよくわかんない。

人さまが作ったものの商標を自国で登録し、
訴訟を起こす隣国とは意識から何から全然違うのだ。
島国育ちでお人よしの民族。すてきじゃありませんか。

さて、GM作物を開発しているのは、その「知的所有権」では
世界一うるさい国、訴訟大国の種苗会社だ。
だからGM作物に「知的所有権」を振りかざす。当然の権利だからね。

近隣で非GM作物を栽培していたトウモロコシ農家のタネ採りを
「知的所有権の侵害」でモンサント社が訴えたのは有名な話だ。
その農家はGM作物を栽培していたわけではないが、
「交配の可能性がある」ので侵害されたという訴訟内容だった(はず)。

いやはや。これは難癖じゃありませんか。ねえ。
それに誰か「GM作物は交配しない」とか言ってなかったっけ?

『フードインク』という映画には、モンサント社に訴えられた
ダイズのタネを洗浄する農家が登場していた。
ダイズのタネを取って自家増殖してた人がたくさんいたが
訴えられるので、自家採種をやめてしまったと言う。

資本力の差で、長引けば一農家に裁判は乗り切れないから、
結局和解することになるが、タネはもう採れなくなる。

日本の規模で考えたらたいしたことないようだが、
100ヘクタールにまくダイズのタネですよ。買うとどんだけ高いか。
でも買わないと訴えられるから買っている。いやはや、いやはや。

GM作物を栽培するってのはこういうことが起きる可能性も合わせて
引き受けるということだ。日本人に勝ち目はない。
だって「分けあう」幸せな島国の国民だもの。

現在日本には試験栽培が認められているGM作物が大量に存在する。
どこかで作られているのだろうが、不明だ。
しかしまだ試験栽培の段階で、商業生産には至っていない。

そもそも一戸当たりの栽培面積が狭いのに、
除草剤の空中散布などできるはずもない。
アメリカ的粗放栽培ができるのは、可能性としては北海道のみだ。
そして北海道では条例で遺伝子組み換え作物の栽培を禁止している(はず)。

当面安心だとは思うが、この事実を知ると、海外の見知らぬ
非GM作物を作っている農家を応援したくなる。そして
高くてもその作物を使っている日本の畜産農家・メーカーも。

だからわたくしはNON-GMOの食品を選んで食べる。

食べることが海外の非GMダイズやトウモロコシを作っている農家を
日本で非GM作物を使っている人を間接的に支援することができる。

そう思うとGM食品を食べたくなくなるでしょ? ならない?

■本日の宿題
思いつかない…。

■本日のごはん
昼・二日酔いで食べられず
夜・しば漬けチャーハン(大地を守る会)


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
つがるリンゴにはそんな歴史があったのですね。
「良いものはみんなで分け合う」
お金儲けだけがすべてではない考え方ですね。
否、そうすることが当たり前過ぎて、
考え方すらないのかもしれませんね。

「フードインク」と「ありあまるごちそう」見ました。
モンサント社とネスレが大嫌いになりました。
あれ以来ネスレの商品は買わない事にしました。

GM商品を(出来るだけ)買わない
NON-GM商品を選んで買う

フードマイレージの長い食品は買わない
出来るだけ地場や近隣の商品を買う

Re: No title

スナフキンさん

こんにちは。

> 「良いものはみんなで分け合う」
> お金儲けだけがすべてではない考え方ですね。

わりとそういうことが自然にできていたのでしょうね。
東京にいると少しわかりにくいけど、
でも区民農園界隈にはそういった感じが残っています。

なので、本来日本人が持っている美徳だと思います。

> GM商品を(出来るだけ)買わない

某D社で誰が考えたのか知らないけど
「お買い物で世界を変えよう」と言ってた時期がありました。
変わると思います。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR