「大豆レシチンは大豆油の副産物」 NON-GMOで30日 27日目

042701.jpg
ひと月の間にゴディバのチョコレート詰め合わせ、ケーキ屋さんの焼き菓子セット、
大好きな抹茶ようかん、バターが不明で食べられないパイなどが溜まりまくっております。
他のものはどうあれ、毎日ゴディバが「アタシを食べて!」とわたくしを誘います。
今月が終わるまであと3日。絶対食べないし。来月になってもできるだけ我慢するし。



遺伝子組み換え食品を食べない一カ月のこと

4月27日(金)

1998年ごろだったかな。

某D社の商品情報誌を、1色から4色カラーに変更することになった。
表現力が大幅に上がり、食品がおいしく見える4色カタログ。

平版から輪転機に変更することで経費が大きく下がり、
ページ数も増えてなおかつ安価に制作できる。なのに
社内的には「なぜ4色が必要なのか」といわれ、説得に手間取った。

この反対。わけわかんないでしょう。
そこんとこが某D社らしいのだが、頭に来たわたくし。

印刷屋さんの営業に「なんかメリットない?」と尋ねた。
「大豆インクてのがありますよ。環境負荷が少ないと評判です」
という素晴らしい返事が返ってきた。もちろんそれも強調した。
しばらくすったもんだした結果、無事に4色のカタログは発行された。

入社時の目標「いつかカタログをカラーにしてやる」が達成でき、
大変満足だったわたくし。さてひとつだけ。
実は大豆インクについて内緒にしていたことがあった。

どのように環境負荷がないのか営業に調査してもらったところ、
「それほどのメリットはない」と驚愕の返事が返ってきたのだ。

「アメリカで大豆が大量に余ったんで油にして、
油にしても処理できないからインクに入れたらしい。
そもそも亜麻仁油を使ってたところを大豆油にしただけ。
環境にやさしいってわけじゃなく、アメリカの都合」

営業も、調べたこの結果に大変驚いていた。

営業とわたくし2人で驚き、驚いただけで全体化はしなかった。
この後わたくしはわりとすぐに部署を異動し、うやむやにした。

6年後、再び情報制作部署に異動した際、経費削減と言われ、
高いわりに大したメリットがない(と自分だけが知っている)
大豆インクの使用をやめようと考えた。

念のため、当時おつきあいのあった印刷会社の営業に、
再度大豆インクの優位性を確認した。

返事はほとんど同じであった。担当営業も驚愕していた。
業界では周知の事実ではないのかもしれない。
でも知らなかったメリットがひとつ。
「再生紙を作る際にインクのはがれが多少いい」らしい。ははは。

結局大豆インク以外のインクがもうなかったので、
大豆インクを継続して使うことにした。
大豆インクは現在スタンダードな商品になっているらしい。

今でも環境にやさしいと言われているのだろうか。
SOYマークのついてる印刷物を見るにつけ「ぶひっ」と思う。
あのマーク付けるのにもお金がかかるのだ。儲けるよなあ、アメリカ。

さて、日本における大豆の輸入量は平成22年度で345万トンだ。
このうち飼料用が11万トン。油用が247万トンである。

輸入国内訳はアメリカ71.4%、ブラジル16.4.%、カナダ10.7%。
金額は平成23年の数字しかないのだが、
アメリカ産大豆で60kg3,000円弱。ブラジルは2,700円位。
カナダは高くて約3,700円。ひょっとしてNON-GMOなのかな?

平成20年の数字だが、食品用に限ると自給率は25%だ。
飼料や油を入れると6%しかない。日本はほとんどの大豆を
主にアメリカ・ブラジルから輸入しているのだった。

たぶんほとんどGM大豆だ。

で、4月20日の宿題の「大豆レシチン」。

大豆レシチンはコーンスターチ同様いろんなものに入っている。
これは、大豆油を作る際に生まれる副産物で、添加物としては
乳化剤・界面活性剤として使われている。
天然由来のものだから、とっても安心なのよね。

そしてもうひとつの非常に注目されている用途が「サプリメント」だ。

肥満の元になる中性脂肪やコレステロールの蓄積を防ぎ、さらに
血管の流れをよくし、動脈硬化や脳内出血を未然に防ぐ効果もある。

おお、メタボ世代には魅力的なサプリじゃありませんか。
きっと需要が相当あるんだろうなあ。
その他に工業用の用途もあり、このあたりコーンスターチによく似ている。

食品の大豆レシチンはNON-GMOと表示してあるものが意外と多く、
サプリなんかはサプリなのにGMダイズってどうなのよって感じで、
けっこうNON-GMOのものが多いようだ。

気になる場合はきちんとメーカーに確認した方がいい。
表示がない場合は、ほぼGM作物だ。

そう言えばSOYJOYのCMで、大豆は動物が食べるよりも
人間が食べたほうがいいに決まってるというメッセージを出していたが、
原料はNON-GMO大豆なんだろうか。

それは正論だけれども、肉を手放すことはできないよね。

飼料に大豆とトウモロコシを使わず、それをヒトが食べれば飢えはなくなる。
でも世界中がそういう構造にはなっていないのだ。

わかってるのに、このまま突き進むしかないのかしら。


■本日の宿題
SOYJOYの原料大豆はGM作物かどうか調べる
■本日のごはん
昼・野菜と豚肉の塩麹いため
夜・さんまの塩焼き、納豆、豆腐の味噌汁、大根とレタスのサラダ
(全て大地を守る会)
おやつ・甘酒


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ゴディバ

いろいろとお疲れっす。
食べてあげられないゴディバやら羊羹やらは、ワタクシが食べて差し上げましょう。


お礼はいいよ( ̄▽ ̄)

No title

こんばんは。
大豆インクにこんな裏話があったなんて、
勘違いしていることが多いですね。

>飼料に大豆とトウモロコシを使わず、それをヒトが食べれば飢えはなくなる。
でも世界中がそういう構造にはなっていないのだ。

「ありあまるご馳走」で言ってました。
世界で起こっている飢餓と餓死
飽食と食品廃棄率世界一の国
「これは餓死ではなく殺人ではないのか?」

Re: ゴディバ

白玉さん

いや、5月になったら食べるから大丈夫っす~(^^)P

Re: No title

スナフキンさん

こんばんは。
大豆インク裏話、堪能していただけて幸いです。

> 世界で起こっている飢餓と餓死
> 飽食と食品廃棄率世界一の国
> 「これは餓死ではなく殺人ではないのか?」

自分たちの食べるもの、選択に責任があると思います。
ときどき振りかえらなくっちゃいけませんよね、来し方を。

No title

大豆インクって、”何となく良さそう”って今まで思ってました。
ちょっと自分でも調べてみます。
調査ありがとうございました:)

Re: No title

ゆうこさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
インターネットで検索するとすぐに出てきます。

http://www.ink-jpima.org/ink_kanryou.html#02

これが一番わかりやすいですかね。
石油系溶剤が環境に負荷を与えるので、それが減ってるかどうかがミソのようです。
現在ではもっと環境負荷のないインクが開発されています。

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR