「わたしたちはトウモロコシでできている?」 NON-GMOで30日 28日目

042801.jpg
キングコーンの主人公二人組は、自分たちがコーンでできてることを知っても、
ずっとハンバーガー食べてるの。何度も何度もハンバーガー食べるシーンが出てくる。
しかもソーダも毎回飲んでる。他に食べるものがないのかなあ。



遺伝子組み換え食品を食べない一カ月のこと

4月28日(土)

『キングコーン』という映画を見た。

大学を卒業したばかりの二人の男の子が、
自分たちがトウモロコシでできていること(※)を知り、
実際にトウモロコシを栽培しながら
トウモロコシについてあれこれ調べていくという物語だ。
(※髪の毛を分析して炭素の由来を調べたらトウモロコシだったので
分析官に「きみたちはトウモロコシでできてるんだよ」と言われる)

淡々と事実が積み上げられていき声高なメッセージはないが、
心底ぞっとする映画だった。
NON-GMO生活をしていなければ、
たぶんピンと来なかったなあと思いながら見た。

「コーンスターチ」が何にでも入っていることを今の私は知っている。
NON-GMO生活以前は全く知らなかった。
ということは、これはアメリカ人だけの話ではない。
日本人もたぶん同じだ。

映画ではトウモロコシを1エーカー栽培し(40アール=4反)
5トンのトウモロコシを収穫する。この収入は全部で約350ドルだ。
350ドル。安すぎない? 恐ろしいぞ、アメリカ。

しかし政府から助成金が出るので、これで問題ない。
広大な面積作れば利益は出る。栽培するのはもちろんGMコーンだ。
肥料はアンモニアガスで、除草剤・農薬も普通に使う。

ざっくりしてるよなあ。さすが単一作物の大規模農業。

こうしてできた安いトウモロコシは牛や豚、鶏の餌になり、
スターチになって甘味料になりソーダや清涼飲料水に入り、
スターチのまま加工品のとろみ付けや風味付けになり、
アメリカ人の身体を作っている。

さらにトウモロコシは輸出されて世界各国で甘味料になり、
牛や豚・鶏の餌になり、・・・以下同文。

昨日ふと思い出したけど、日本におけるきのこの培地も
トウモロコシだったのよね(コーンコブというトウモロコシの軸なのよ)。
きのこはこの培地を分解して大きくなるから、
きのこを食べる=トウモロコシを食べることになる。
うひい。(コーンコブはもちろんGMコーンの軸なのよ)

さて、一昨日にも書いたけど、日本では
年間1600万トンのトウモロコシを輸入している。
このうちの89%はアメリカからやってくる。

飼料に1000万トン、スターチに320万トン、
糖類に240万トンが使われる。
(日本スターチ・糖化工業会サイトより。2010年のデータ)

大豆と比較するとべらぼうな数字だ。

日本における大豆の輸入量は平成22年度で345万トンだ。
このうち飼料用が11万トンである。コーンの0.01%なのね。

日本の産業動物はほとんどがトウモロコシでできている。
効率を追い求めた結果だ。そしてそれを食べるのは人間だ。

日本人の炭素分はコメやコムギ由来じゃないかとふと思ったが、
主食で食べる量は、肉や清涼飲料水や加工品の量と比較すると
微々たるものだとすぐに気付く。

朝食の卵、ハム・ソーセージ(もちろんパンにも入ってる)、
昼食のトンカツ(衣も肉も)、晩酌のビール、乙類焼酎、揚げ物、
和・洋菓子、缶コーヒーやPETの紅茶、発泡酒、もちろんコーラ、
何しろ全てのものに「コーンスターチ」は入っている。

排除するならおうちごはんで手づくりしかない。
わたくしは今月GMに限らずトウモロコシを一切食べていないが
同じ暮らしをするのはたぶん困難だ。忙しい人はとくに。

別にいいじゃん、トウモロコシでできてたってと思えないのは、
知らずに食べてるもので身体が作られているのが不気味だからだ。
だからと言って、どうにもならない。

ふと不安になるのは、アメリカのトウモロコシ価格が上昇し、
輸入がなくなったらどうなるのかってことだ。

・・・・・想像すると怖いので、もうやめておこう。


■本日の宿題
コーラに入ってる糖類はGMコーン由来かどうか聞いてみる。

■本日のごはん
昼・銀ダラ西京漬け、味噌汁、納豆、レタスと長いもサラダ
夜・しらすと根ミツバのスパゲッティ
おやつ・甘酒・ココア(全て大地を守る会)


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

流動食のカラダ

過去、僕も同じ様な記事を書いた事があります。
確か、あなたのカラダはコンビニで出来ている…みたいなヤツです。

と、言いつつ、僕なんか、食事が出来なくなって半年。
ず~っと「流動食」ですから
本当に「骨の髄」まで人工栄養で出来ていると思います。

本当に水耕栽培の野菜みたい
もはや、まともな<ヒト>とはいえない存在かも知れません。
(冷蔵庫に入れとくと溶けちゃう人参ってヤツですね)

…と、好きでやってる訳じゃないんで、今のところ
そういう事は考えないで置きましょう(苦笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 流動食のカラダ

癌ダムさん、こんばんは。
お元気になられましたか?

> …と、好きでやってる訳じゃないんで、今のところ
> そういう事は考えないで置きましょう(苦笑)

そうですよ。早くおいしいもんが食べられるように、
一生懸命のんびりして、回復してください。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR