自然農法を営む人  甘楽町 吉田恭一さん

nanohana

上信越自動車道を見下ろす高台の一角に、吉田さんの畑はあります。
約1ヘクタールのなだらかな起伏のその畑には今、春の草花が咲き乱れています。

きちんと管理された農場が多いなか、一か所だけ草が咲き乱れ、
昆虫などの小さな生きものの世界が広がるその風景。
ある種の癒し効果もあるのか、見ているとどんどん心が軽やかになっていきました。

ミツバチ

吉田さんは堆肥などの有機質肥料をできるだけ少なくし、
自然のものだけで作物を栽培する「自然農法」の実践者。

自然農法は、必要以上のものを土に入れずに
緑肥などの自然なものの力で農産物を生み出す、昨今話題の農法。
最近注目を浴びているようですが、以前からそういう思想はありました。

一般的に自然農法を実践するには相当の勇気が必要です。
少ない肥料では収量も少なくなり、当然それらの作物で得られる収入も少なくなります。
収入が少なければ農家経営は立ちいかない…しかし、吉田さんは言います。

「おひさまと自然の恵みで得られるものだけでいいんだよ。
私の仕事は食糧を生産する尊い仕事。でも今の農民は、
作物を換金する手段だと考えている人が多いね。
食べものがそういうものになってはいけないと思うんだよね」

宮内菜
宮内菜と下仁田ネギの混植。
自然農法ではこういった混植により作物を健康に育てるという技術がある。
宮内菜は収穫後は畑にすきこみ緑肥に。


農業が消費者の視点を持たなくなって久しい昨今、
そういった志のある農業者が今の日本にどれぐらいいるのか。

「海外に競争力のあるものを」「経費削減で大量生産を」
企業の農業参入も相次ぎ、今では農産物は工業製品の一部になっているような印象も受けます。

「人間は食べなくちゃ生きていけないからね。食べるものは本当に大切だし、
自分たちの作るものは、人さまの命を作るものでしょう。
そういう思いでいれば農薬なんかはまけないと思うんだけどなあ」

吉田さん
飄々としているようで信念は固い吉田恭一さん

農業の目的は食糧の生産。
安心して食べられるものを作るのは、農民の役割と吉田さんは言います。

吉田さんと自然農法との出会いは、スキーでした。

スキーのインストラクターの資格も持つ吉田さんは、スキー学校で自然農法に詳しい先輩と出会います。
最初は興味はなかったのですが、その方のいろいろな話を聞いているうちに関心を持つようになり、
40歳のころ、シンプルで環境に負荷をかけない自然農法に取り組むようになりました。

「いろいろなものを土に入れれば作物は大きくなるし、収量もあがるけど、
もっとシンプルな方法がないかと思ったんだよ。
農薬をまかないのもシンプル。自然なものだけで作るのもシンプルでしょう。
たくさんは採れなくとも、自然の恵みをもらえるだけ、腹八分目と考えればいいんだよ」

hearibetti
肥料を入れないのでチッソ分は緑肥で。
マメ科作物のヘアリーベッチの窒素供給量は高い。
しかしこの畑はヘアリーベッチに宮内菜が負けてしまいました…


吉田さんは約10年前、有機JAS認証を取得しました。
有機JAS認証では、決められた農薬を散布することができますが、
吉田さんの畑では農薬は一切使用していません。
基本は無農薬栽培。その信念は徹底しています。

その畑で採れる野菜は、たくさんではないけれど、野菜それぞれが本来の自分の味を主張しています。
生命力の強い野菜…そんな印象のある吉田さんの野菜の人気は高く、
東京の一流レストランでも使われています。

「私はたまたま土地も多くあるし、甘楽町の土はわりあいといい土でね。
条件としては恵まれているから、自然農法ができる。
収入のことなど考えると誰にでもできるものじゃないと思う。たまたま私にできているだけ」

春の日射しでいっぱいの畑の土の中では、これから新たな命を生み出すための準備が始まっています。


手島奈緒
関連記事

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR