農薬と、農家と、ミツバチのこと

R0013126.jpg
開花とともに農薬散布本番になる桃栽培。こわ~い花腐病・灰星病、
せん孔細菌病対策でこの時期は殺菌剤が主。葉っぱが出てきたら殺虫剤。
ってな感じです。写真撮影・市川泰仙氏



今年の山梨県の桃の防除暦を見て「おおっ」と思ったわたくし。

有機リン、カーバメイト系の大変よく効く毒性の強い農薬が外され、
殺菌剤もへえ~と思う程度のものになってたのだ。
(まあ、ダーズバン入ってるけど)

すごいじゃん、山梨県! どうしたのかしら。
安全性に配慮してるのかしらんとか思ったわたくし。

でもこの事実、消費者に伝わることはないのよね。

「農薬」をひとくくりにして「悪」というのはたやすいが、
農薬にも安全性・毒性、いろいろとあることはあまり知られていない。

紫外線で分解されて毒性がなくなり、
雨が降ったら流れちゃうBT剤(有機許容農薬)と、
「あの、これ、ほんとにヤバイですよね。人、死にますよね」という
有機リン・カーバメイト系の農薬を同列に論じてはいけないんだが、
皆ごっちゃにして話している。

momo 036
んで、袋かけ前にダーズバン。シンクイムシ・ハモグリガ・ダニなどに。
どっちにしろそこにいる虫は皆死んじゃう有機リン系農薬だから、
一度このあたりで入れといて、害虫密度を減らしとくってことでしょうね。



雨が降らず曇りが続くお天気を狙い、満を持してまいたBT剤が、
予報になかった雨のせいで無駄になったりすると、
まいた農家は悪態の一つもつきたくなるだろうなと思うのだ。

高く売れない有機野菜に高い農薬を使って無駄になるとは。
腹が立つでしょう。わたくし、この愚痴を延々聞かされたことがあり
「うんうん、そーでしょーとも」とひたすらあいづちを打つしかなかった。

農薬の毒性にピンからキリまであることを消費者はほとんど知らない。

「農薬=悪」だけど、多くっても5回ぐらいしか使われていないと
消費者は信じている。それぐらいなら我慢できるよねと。

有機許容農薬の5回と、有機リンの5回とでは、
ぜんっぜん違うのだが、そんなことは誰も知らない。

さてしかし、ここ数年の話だが、EUでは「やばいですよね」という
毒性の強い農薬の安全評価の見直しが進んでいるらしい。

yotou.jpg
このぐらいの大きさになってくるとBT剤はあんまり効きません。
もっとちっちゃい頃にまかないとダメなのですね~。タイミングが大事。
お天気・虫の発生状況・その他もろもろ。ああ、大変だ。



1200品目あった使える農薬を、300品目に減らそうとしている。
EUの評価軸は「環境に悪影響を与える」というもので(いかにもヨーロッパ的)、
使えなくなる農薬は、おそらく有機リン・カーバメイト系だ。
(殺菌剤も相当あると思うけど)

有機リン系農薬の具体名はDDVP、スミチオン、ダーズバン、
トクチオン、マリックス、マラソンなど(名前が「むひ~っ」て感じよね)。

カーバメイト系はデナポン、ミクロデナポン、ランネート(!!!)など。
ホームセンターに行くとわりと平気で売ってる農薬だ。

アメリカでは人・家畜に対する毒性の見直しが行われており、
やはり有機リン・カーバメイト系がそのターゲットになっている。

これらの農薬が規制されるとアメリカの大手農薬メーカーが作らなくなるから、
結果的に日本でも作られなくなり、そのうち失効してしまう。
しかし海外での規制がないと、日本で規制されることはほとんどない。
日本では、環境・人畜への影響をとくに評価していないからだ。

IMG_5481.jpg
ラウンドアップを毒性だけで見た場合、もっと毒性の高い除草剤と比較すると、
有機リンとネオニコチノイド農薬位の差があるらしい。知りませんでした。
だから「安心な除草剤」とJAの人が言うのでしょうね。



日本の場合は、農薬関係の法律は農薬取締法で、
残留農薬については食品衛生法で定められているが、
どちらも、消費者への影響しか考えられていないように見える。

散布する農家に対する安全の指針はどこにもない。
気になって見てみたら、防除暦の表紙裏にちょびっとだけ書いてあった。

要約すると「肉体的に万全の備えをし、合羽・マスクなど防護具をつけて、
朝夕の涼しいときに風向きを考え農薬を浴びないようにまきましょう。
散布が終わったらお風呂に入っていつもの衣類とは別に洗濯しましょう」

アメリカには、農薬散布時の安全性のための法律があるらしいが
(散布後何時間は畑に入るなとか)、日本では上記の注意書きのみ。
農水省も厚生労働省も消費者庁も、消費者しか見ていないのだった。

農家の安全はどうでもいいのかな~。ふと疑問がわくわたくし。

ミツバチ
ミツバチが夏場の稲に散布するカメムシ対策の農薬で死ぬことがあります。
これはネオニコの「薬害」。蜂類崩壊症候群(CCD)とはちょっと違う。でも、
ごっちゃにして話す人がいるから要注意です。カメムシ対策は消費者が
虫害の米を嫌がるため、せざるを得ない。これも消費者は知る必要があります。



最近よく聞く「ネオニコチノイド系農薬に規制を!」と言ってる人々は、
この話を知っているのだろうかといつも思う。

有機リン・カーバメイト系農薬は、ミツバチどころかそこにいる虫を全部殺す。
人間にだって危険だ。農薬はすべて危険なものだが、危険度が違う。

ネオニコはこれらの農薬の代替物として開発された農薬で、
有機リン・カーバメイト系農薬が規制されたら、
これが主流の殺虫剤になるだろうという農薬だ。

確かにイミダクロプリドとクロチアニジンの2剤については、
ミツバチに悪影響があると言われ、フランスでは制限されてるが、
それ以前に有機リン他を制限してるのよね。EUでは。

ミツバチよりも、農薬をまく人間のことを先に考えるべきなのでは。
なぜ農薬をまかなくてはならないのか、考えることが先なのでは。

なんてことを思うわたくしはおかしいんでしょうかしら?


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ

先日おむかえのワンちゃんが体調不良で1日入院しておりまして、そのお宅の子どもさんが、「となりの桃畑の農薬が犬小屋の近くの雑草にかかり、それを食べた犬がお腹をこわしたかも…」と言っておりました。
農薬散布されていた農家さんはマスクもしないで動噴を巧みにあやつられていたので、そんなわけはないと思いながら…きっと親御さんの不注意な会話を耳にして言っているにすぎず…ただ、農薬の事を知らない非農家の方がこの話を聞いたら、農薬=悪が固定観念としてこびりついていくんだろうと…ちょっとゾッとしました。
後日、結局そのワンちゃんは、ただの消化不良を起こしてしまっていた事が判明しました。
農薬散布されていた桃農家さんにこの話が伝わらない事を祈るばかりです。。

No title

こんばんは。
自分で農薬を散布するようになって
本格的に勉強し始めた自分。
生協の職員だったにもかかわらず、
いかに無知だったかを痛感しています。
添加物とポストハーベスト農薬については、
結構勉強しましたが、
ほんたべさんのおっしゃる通り、
農作物の農薬については、
情報の露出が少なすぎる気がしています。

産地と消費地が遠くなったことも要因の一つですが、
そういう教育や情報公開がされていないですよね。
化学の授業で教えればいいのにとも思う。
原発の問題も物理学や社会で教えればいいと思う。
食育は声高に叫ばれるけれど、
農薬の問題は、毒入り餃子事件の時のように
中毒症状が出た時だけ問題視されて、マスコミが報道する。

野菜ソムリエさんはいるけれども、
農薬ソムリエさんはまだ登場しませんね。

食品工場の工場見学はありますが、
農薬メーカーの工場見学はやってないですよね。

自分は、やっぱり知っている人にブログや会話を通じで
情報を伝えることを続けていくことです。
その為にはもっと勉強する必要がありますね。

Re: No title

nikotomaさん

こんばんは。

> 農薬散布されていた農家さんはマスクもしないで動噴を巧みにあやつられていたので、

マスクしないで農薬散布とは、チャレンジャーですねえ。
ときどきそういう農家のじいさまを見かけますが、
決して立派な行為じゃないってことが、なぜわからないんだろうとほんとに思います。

ひょっとしたら資材の葉面散布だったのかもですね。

農薬はキケンなものなので、飛散にはじゅうぶんに注意する必要があります。
犬とか猫とか小動物は人間よりも感受性が高いので、被害にあう可能性も高いです。
ただの消化不良で良かったですね。

Re: No title

スナフキンさん

こんばんは。

> 農作物の農薬については、
> 情報の露出が少なすぎる気がしています。

少ないですよね~。あえて伝えられてない気がします。
自分自身今フリーな立場にいるから書けるだけで、
組織に属してたらとても難しいだろうと思います。


> 化学の授業で教えればいいのにとも思う。
> 原発の問題も物理学や社会で教えればいいと思う。

あ、それいいですね!

でも今小学校の教材で「食品照射は安全」的な資料が使われてるらしいですよ。
手回しのいいことです。農薬にはさすがにそういうのはないみたいですけど。

> 野菜ソムリエさんはいるけれども、
> 農薬ソムリエさんはまだ登場しませんね。


農薬ソムリエは普及所職員ではないでしょうか。
でもいい名前ですよね! そういう仕事誰かやんないかな~。

> 情報を伝えることを続けていくことです。
> その為にはもっと勉強する必要がありますね。


そうですね、アンテナを高くしておかないとと思ってます。
農薬のことも時々刻々と世界情勢が変わってるみたいだから。
スナフキンさんもがんばってくださいね!
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR