「作ること」と「売ること」は両立できるか

紅秀峰だけど
ものすご~くおいしいくだものを作ってる人って強いなあと思う。
なぜならくだものは嗜好品であり、高くても買う人は必ずいるからだ。
野菜だとそうはいかない。単価の安い野菜の販売は、だから難しい。



某D社で産地担当になった2000年。

当時は「有機農産物」(有機JAS施行前だからね)なら売れる時代…
でもなく、すでに「安全な野菜」の勢いはなくなりつつあった。

某D社では一時的に作付減という事態に見舞われ、
産地訪問して作付を減らす交渉をした際によく言われたのがこれ。

「何を作ればいいんだい?」
「もうこれからは作れば売れるって時代じゃないんだね」
「消費者や流通が欲しいってものを作んないと」

「作れば売れる時代ではない」とその時農家の方々は認識したのだ。
そしてわたくしは「戦略無く、ただ作ってたのか!」と多少の驚きをもって
この言葉を聞いたのだった。

「マーケティングを行い売れ筋のものを考えてうまいこと売る」
当たり前だと思ってたことは農業の世界では当たり前ではなかった。
生きていくの必要な食べものだから? 嗜好品じゃないから?

グリーンマーク
野菜の中ではおいしいトマトを作る人が強いなあと思う。
高糖度トマトってすごくいい値段で売れるからね。熊本の「塩トマト」なんて
びっくりするぐらいの値段がついてるすでにブランド品。
ブランディングは農家がしたのか流通がしたのか不明だけど、とにかく上手。



この言葉は、10年経った今でも割合とよく聞く。
「何が売れるかわかんないから教えてほしい」

産地に行くと「あそこんちは今年ブロッコリーで儲かった」とか
「カリフラワーが良い値だったから御殿が建った」ってな
噂話をほんっとによく聞く。

自分で取引先を持ってる人たちは関係ないんだけど、
資材屋さんや種屋さんから情報が入って来るのであれこれ教えてくれる。
こういう噂話は主にJAや市場出荷の慣行農家のお話である。

で、何が起こるか。

噂になった作物を、翌年皆が作っちゃうのだ。
皆が作れば値段は下がるだろうになあと思うのだが、
どういうわけだか作っちゃうのだ。

この傾向を見るたびに、儲かるためには人がやってることを
そのままやってちゃだめなんだという商売の基本が見えてくる。

momo 036
おいしいものを作っててそれがちゃんと売れてれば加工なんてしなくていいんだけど、
ハネ出し品や出荷できないものを有効活用しようとすると、加工品が作りたい。
でも作り始めるとそっちに手を取られて本業がおろそかになる…ってのが問題。
そのために六次化政策がある。産業が生まれれば雇用が発生するからね。でもね。
農家ってうまいこと人を使えないのよね、職人だから。そこらへんが今後の課題かも。



でもね、でもね。JA・市場に出し続けているとたぶん、
販売戦略とか考える必要なくて、ただモノを粛々と作り出荷して
それなりの収入を得られるからいいのかな~とも思うの。
「アタシは作るから売って頂戴」ってことなのかもね。

ところが最近、状況は一変してきたようだ

販売も栽培もできる農家。こういう人々が必要とされているのだった。
その方向性が見えるのが、「農村漁村の6次産業化」という政策だ。

これは「雇用確保と所得向上のため」というお題目で、
けっこうな額の助成金が準備されていた(昨年度の話)。

農水省のHPを見てみると平成23年度の事業が全部書いてあったが、
知ってる農家が何軒か採択されてた。皆「やり手」といわれる人ばかり。

やっぱりなあ。以下ご参考まで。

農山漁村の6次産業化
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/pdf/6jika_suisin.pdf
六次産業化法に基づく認定事業計画一覧
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika/nintei/pdf/110531-03-2.pdf

gazou 003
始めて噂を聞いたのは2004年ぐらいだったシャインマスカット。その後
いっせいにぶどう農家が作り始め、最近スーパーでよく見るようになってきた。
2007年くらいに出荷した人はたぶん儲かってる。今もまだ高値。もうじき落ちる。
これが新品種の運命なのね。新品種は「最初に作ることが肝心」なのだった。



限界集落、離農、高齢化、失業率の上昇、人口流出…
農村における問題は山積している。

農村の未利用資源(バイオマス・農産物等)を発見し、
それらを活用した産業を興し、雇用を発生させ人口の流出を止め、
販路を拡大して農村に利益を還元するしくみを作る。

ざっくり言うとこれが六次産業化。
縮めて「六次化」とも叫ばれている(地デジカじゃないよ)。

補助金もらってとりあえず加工場作っちゃえ!とか
六次化って何すんですか?的な人もまだたくさんいるけど、
これがうまく機能すれば、農村が活性化するんじゃない?
最近そう思うようになった。

「作物と向き合っていいものを作る」のはとても尊くて大切なこと。
わたくしはそういう農家が大好きだが、何軒かに一人は
「売ること」に特化した戦略を立てられるような人が必要なのだろうと思う。

gazou 014
山形県のブランド米「つや姫」。確かにおいしいんだけど、やっぱり
魚沼コシヒカリには勝てない。一昨年デビューだからブランドとしても定着してない。
消費者の米の需要ってほんと読むのが難しいから、ブランドになるのが一番。
でもねえ、そこまでが難しい。だからブランディングでお金儲けができるわけ。



「地域全体が元気になる」ためには、
個別の農家が調子良くてもダメなのだから。

具体的にアイディアがあり実現したいという方には、
「中小企業ネットワーク強化事業」を利用するって手もある。
(WEB検索すると地域ごとにいろいろ出てきます)

某D社では9月に農業後継者の会議を行うらしい。

テーマは「販売」なんだって。いろんな事例が聞けると楽しいな。
中には面白いことを考えてる子が絶対にいるだろう。
そういう人たちが中心になり、農村が元気になるといい。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 初めまして。いつも楽しく拝読しております。私の主人の実家がみかん農家で細々とみかんを作っています。食べるのには困らないしそれはそれでいいのですが。これから私たちが残った土地を利用しようとすると、やはりほんたべ様のようなお考えが必要だなとぼんやりと考えていたところの記事で、参考になりました。いつも楽しい記事をありがとうございます。

Re: No title

yasaiさん

こんにちは。初めまして。
コメントありがとうございます。

ご参考になりよかったです。
今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR