日本からトウモロコシがなくなったら大変って話

IMG_6847.jpg
ポップコーンは爆裂種と言う種のトウモロコシです。
修行した人が作ってるというマイカルシネマズで売ってるのはGMなのか。
誰に聞いたらいいかわかんなくて未調査。好きなんだけど。
食べてると最後は発泡スチロール食べてんじゃないかって気になります。



アメリカ、史上最悪のかんばつとやらで、
トウモロコシ市場が高騰を始めておりますね。

GM作物でかんばつ耐性トウモロコシってなかったっけ?ってな
素朴な疑問はおいといて、この後どうなるか怖いっす。
なぜなら、日本の食品のありとあらゆるものが
トウモロコシでできているからでございます。

2007年ごろに穀物価格が高騰した際には、牛乳の価格や
ちょびっとだけど加工品の価格が上がったことがあったけど、
あんまり覚えている人いないかも。

当時は原油も上がってたので、燃料費のことは取り上げられていた。

トウモロコシのことってなんとなくピンとこない。
しかしこれが高騰すると相当おそろしい。
なぜなら、日本はアメリカのトウモロコシに依存しているからだ。

トウモロコシがなくなったらどうなるか。
ちょびっと考えてみた。

日本では年間1600万トンのトウモロコシを輸入している。
このうちの89%はアメリカからやってくる。

IMG_6618.jpg
酪農地帯に行くとけっこうデントコーンが植わってるのを見ることができます。
自給しようと努力しているのだなとはわかるんだけど、微々たるものなんでしょね。



飼料に1000万トン、スターチに320万トン、
糖類に240万トンが使われる。
(日本スターチ・糖化工業会サイトより。2010年のデータ)

トウモロコシと言っても、生食用じゃないので要注意だ。
生食用のトウモロコシはスイートコーンと言う。

アメリカで栽培しているトウモロコシは、
バラバラの粒のトウモロコシで、分類は「穀物」である。
生では食べないの。生で食べてもおいしくないからね。

これを粉にしたり、コーングリッツという加工品にしたり、
そのまま使ったり、あれこれ加工したりする。
そして、トウモロコシは以下のようなものになる。

家畜の飼料(とくに鶏・卵、次に豚、最後に乳牛、肉牛はちょびっと)

異性化糖(果糖ブドウ糖液糖・ブドウ糖果糖液糖)、その他糖類
醸造用アルコール、水あめ等の甘味料
コーンスターチ・スターチ

IMG_6637.jpg
乳牛は放牧されて牧草を食べてるんじゃないかという幻想がありますが、
基本的には牛舎にいて、トウモロコシなどの濃厚飼料を食べてミルクにしています。
この牛はおっぱいが大きくないので育成中。こういう子たちが草を食べています。



コーンスターチはその名の通りトウモロコシのでんぷんだが、
食用だけではなく工業用にもものすごく使われていて、
野菜を入れる「防曇パック」の滑り止めになってたりする。

もちろんGMコーンが原料である。

というか、油やその他のコーン製品の原料もGMコーンがほとんどだ。
今やアメリカではGMコーンの作付面積は86%にもなっており、
NON-GMコーンを手配することがだんだん難しくなっている。

コーンが醸造用アルコールの原料と言われてもピンとこないが、
清涼飲料水に入っている異性化糖(果糖ブドウ糖液糖など)と同様
トウモロコシで作られている。

トウモロコシと言われて日本人の頭に思い浮かぶのは
夏に食べるスイートコーンだ。
あれを頭に思い浮かべてこのかんばつ話を聞くと
「たいしたことないや」とか思っちゃうけど、実はそんなことない。

ものすごく大したことある話なのであった。
だからと言って、高騰するトウモロコシをどうすることもできない。

gazou 058
これは人間が食べる米だが、現在飼料米の作付が増えており、
各地で飼料米を利用した畜産技術が開発(というか報告)されている。
肉の脂の色とか、卵の黄身の色とか、食味とか。まだまだいろいろ改善中らしい。
収量がよくて補助金もたんまり出てる飼料米。早く実用化しなくっちゃ!!



しばらくの間、いろいろなものが値上げすることはないだろうが、
輸入トウモロコシの65%を家畜飼料に使っているのだから、
鶏(卵)、豚肉、牛乳などの価格が上がるのは目に見えている。

そのうちニュースでマイクを向けられた消費者の方々が
「牛乳や卵がお高くなるとねえ」などと言い始めるに違いない。

でもさあ。それ、そもそも輸入穀物に頼ってきたツケなのよ。

自給できない=よその国の都合で食品価格が上下するってことなの。
食べものを依存するってのは、そういうリスクが伴うってことなのよ。

最近は、デントコーンの自給や飼料米の普及に努めているが、
もちろん全く足りはしない。

今まで安価な輸入穀物の恵みを享受していた日本人。
他国に食糧を依存し、それでもいいと言ってきた日本人。
思ったよりも早く、考えるきっかけはやってきた。

なんて、ここんとこのトウモロコシ高騰のニュース見てて思うわたくし。
身を低くしてひたすら耐えてやりすごすんだろうなあ。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
気が付けば、米国の食料支配下にあるこの国。
トウモロコシも大豆も小麦も、
価格高騰だけならまだしも
輸入ストップになったらどうなるのでしょうかね。

飽食と食品廃棄を減らせば、生きていけるのだろうか?

Re: No title

スナフキンさん、こんにちは。

> トウモロコシも大豆も小麦も、
> 価格高騰だけならまだしも
> 輸入ストップになったらどうなるのでしょうかね。

どうなっちゃうんでしょうね。
国内自給だけの食卓ってのを農水が紹介してますが、
毎日芋、肉と牛乳は1週間に一回、卵は二日置きとか
そんなメニューでした。

江戸時代の食卓でしょうか。
でも人口増えてるから、皆飢えるでしょうね。

> 飽食と食品廃棄を減らせば、生きていけるのだろうか?

キューバのように、空き地で自給ってな政策が出そうですね(笑)
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR