ほんたべ農園的「愛」についての考察

img064.jpg
強いビームが出過ぎるのはだいたい生育初期。その後飽きちゃうので
まあ、それはそれで枯れたりするわけですよ。農業に向いてないのかも。



「愛しすぎる女」であるわたくし、今年のほんたべ農園には
いまいち「愛」を注入できずにおります。

その理由はただひとつ。「暑いから」。
基本、暑いのが大嫌い。
いつもある、あふれすぎる「愛」が現在どこかに吹っ飛んでおります。

涼しかった6月末から急激に暑くなった7月にかけて
愛しすぎてはいけないと思いつつ、距離を置きながら
とりあえず世話をいたしました。

野菜たちは問題なく生育しておりました。

本来はこのどこかで追肥をすべきだったのでしょう。
しかし今年のわたくし。暑くなってからはド貧血も相まって
ほんのりとほったらかしたのでございます。

さらに8月。鳥取帰省中に水やりをしなかったせいで、
帰ってみたらほとんどの野菜がへなへなと弱っておりました。

どんだけ暑いんだ! 今年! 

っていうか、暑さのせいだけじゃないんだけど。

夏の野菜のはずのオクラがへなちょこなのは
肥料が切れているからってのは、葉っぱ見たらわかります。
でもねえ、今から追肥してもねえ、暑くて吸わないのよね。
もう葉面散布しかないのかしら。

30℃以上になると着果しなくなるいんげんは、
元気だけど花咲きまくってても実がつかない。
これはいいの。そもそもそういう野菜だから。

しかし、アホほど収穫できて食べきれず、
「ちょっと休んでくれ」とお願いするほどだったきゅうりは
枯れ上がってしまいましたのです。

「樹さえ元気なら未来永劫採れる」とおっしゃった
西出先生の発言が脳裏をよぎり、追肥すればよかったなあと
いまさらながら後悔をしているわたくし。

無肥料スタートしたナスとピーマンも、やっぱり息切れ中。
追肥一回では全然足りなかったのでしょう。
早急に追肥の必要がありそうなのでございます。

やっぱり果菜類の無肥料って難しいんじゃないかな~と実感。

さてこのように全体的に青息吐息のほんたべ農園で
一人気を吐いているのがミディトマト。
糖度が高く大変おいしく、ほんとは大玉が好きなんだけど、
ミディも植えといてよかったなあ!と思っております。

それにさあ、トマトって、肥料いらないのだね。

今年、初めて大玉が8段目まで収穫できたのは、
無肥料でスタートしたせいでしょう。
これ以上採るには、どこかで適度な追肥をすればいいのだと
よーくわかったのでございました。

そして、全体的になんだかいまいちな原因は、
たぶん肥料にもあると思うわたくし。

昨年秋、モグラ堆肥が終わっちゃったので、
サカタのタネの「銀の有機」ってチッソ分7%のボカシを購入。
これ、冬作にはいいんだけど、果菜類にはダメなんだよねえ。

やっぱり夏作はモグラ堆肥を使うべきだと強く、強く認識した
わたくしでございました。

そしてもうひとつ。愛しすぎてはいけないけど、
「愛」はかなり必要だってことがわかったです。

来季、区民農園が当たったら、「愛」に遮光カーテンでもかけて、
「愛」が野菜を直撃しないよう、気をつけて作ろうと思っとります。

だから神様、来季の区民農園、もっかい当選させて(祈)。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR