家庭菜園から農業を変えようプロジェクト

gazou 047
自分で野菜作ってて、すんごく楽しいことのひとつ。
それはね、花や木の様子を観察することで、野菜と話ができるってことです。
今何が欲しいのか。よーく見てるとわかるようになります。
ソロモンの指環じゃないけどさ、植物の声が聞こえるようになりますよ。



標記のようなことができないかしら。てなことを最近考えた。

例えば家庭菜園をするとき、人は農薬をまこうとは考えない。
なぜか? 自分が作るので見た目は気にしなくていいし、
どんな形のものでもいとおしいし、安全な野菜が食べたいからだ。

中には家庭菜園だから農薬まくってな人もいるけど、
そういう方は少数派であろう。だいたい農薬代もったいないし、
農薬買ったら動力噴霧器とか必要だし、
マスクや合羽だって必要だからめんどくさい。
(もしかしてそういう人たち空手でまいてる?)

それよりも虫が出たと言っては自家製資材を工夫したり、
ぐひ~とか言いながら幼虫をつぶすのもまた、
家庭菜園ならではの楽しみであり、経験でもある。

家庭菜園の楽しみは、
小面積で、家族が食べるぶんを耕せばいいので、
少量多品目栽培ができるところ、珍しいものが作れるところ、
自分の畑だから何をしても自由なところにある。

gazou 022
自家製資材に凝り始めるとマニアになり、マニアが高じて
失敗したりなんつーのも楽しいのよね。まあ悲しくもあるんだけどさ。
自家製資材は手段なのに、そのうち目的になる人も多いから要注意だ。



コンパニオンプランツ・バンカープランツの利用や、
草生栽培(っていうか下農の粗放栽培含)、自然農法、
何をやっても誰にもとがめられることはない。
自分が食べるんだから、自分の責任において作ればいいからね。

草ぼうぼうにして隣の敷地のじいさまに
「たまには草を取らなきゃね」とやんわりと注意されるぐらいだ。
それも気にしなければなんてことないのだ。
(ごめんなさい、隣のじいさま)

都市部では土地の確保が難しいが、
プランターでも作物は作ることができるからそれでもいい。
プランターの場合は土の量が少ないため、
環境の影響をモロに受けやすく、管理が多少めんどくさいけどね。

でもまあ、それなりにやり方はあり、
作物が少しずつ育っていくのを見るのは楽しいものだ。
大量に害虫が発生して全滅なんてこともあるが、
それもまた良し。愛しがいがあるってもんじゃありませんか。

経験してみればさ、
野菜作りって簡単じゃないってことがわかるでしょ?

urihamusi.jpg
やたらと虫の名前に詳しくなるのも、家庭菜園家のいいところ。
葉っぱの食害あとをみただけで「ウリハムシだね~」なんちて言うようになると、
なんつーか「あんた何ものっすか?」みたいな人になっちゃうけど。



さてしかし。
ほんとに家庭菜園から農業を変えることができるんだろうか。

このアイディアは先日ほんたべイベントで
天敵観察会の講師をしてくださった、根本久さんの考えである。

根本先生はNHKの『趣味の園芸』という雑誌に、
最近、家庭菜園をする人々をターゲットにした連載を始めた。
家庭菜園向けの病害虫管理がテーマなのだが、
それがほんと、プロ向けの内容でさあ、情報密度が濃いのよね。

家庭菜園をする主婦の人々、定年後のおじさま方に
IPMなどの考え方をレクチャーし、さらに天敵や
コンパニオンプランツにも詳しくなれる内容なのだ。
おお、すごいぞ。ゲラを見せてもらって感動したわたくし。

IPMなんて言葉を知らなくてもいいのだ。
名前はどうでもいい、農薬を使わず、野菜を作ることができる技術。
それが家庭菜園家に広まるとどうなるか。

「家庭菜園では無農薬でできるのに普通の野菜はなぜ農薬使うの?」
いつか皆がそう思うようになるだろう。

gazou 012
小さなタネが、お日様と雨と土の力できれいな花を咲かせ
それがおいしい野菜になるのを目の前で見られるなんて、すごくないすか?
わたくし毎回その不思議に魅せられております。何度経験しても不思議です。



大規模農業と家庭菜園を同レベルで論じるなと言われるのはわかっている。
そうしたらなぜ大規模農業にならざるを得ないのか、
農薬と化学肥料で栽培される野菜について、疑問を持つことにつながる。

現在は疑問すら持たない状態だから、
皆農薬の散布回数などにも全く興味がない。
自分で作ると、その回数が現実味を帯びてくる(んじゃないかなあ、違う?)

まず自分で無農薬野菜を作ってみる。
そしてスーパーで売られている野菜のことを考える。
そのうち日本の農業に疑問を持つ。なんてのが理想である(無理かな?)。

現在ほんたべでは、このアイディアを一緒にあっためてくれる方、
プロジェクトの参加者を募集中です。
ほんとにできるかどうかは全く不明。でもいつかなんかやりたいよね。

大きな野望を胸に、最初の一歩を宣言してみましたよ。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

家庭菜園と農業の大きな違い、それは何より経済性だと思います。
安全安心とキレイ事を言っても結局全ては経費に集約されますからね。
自家菜園を前に電卓をはじいている人、いないですよね・・・。

営農規模や方針の根拠には何より経済性があるってこと、それにつながるのが資材費や人件費であり生産効率であるってこと、そこまで結びつけて初めて農家が解かるのではないでしょうか。

両方を見て体験してきたほんたべさんならではの発信を期待しています。


例えば、ミニトマト1粒にかかっている経費を出してみるとか(笑)

農薬は使わない派ですが...

本文中に唐突に出てきたIPMって何だろう?と思って調べてみたら、
「総合的病害虫管理(Integrated Pest Management)」
という考え方、概念なんですね。
これ自体はもっともだと思うんですが、
実際の技術とその効果がどの程度のものかが重要ですよね。

某巨大掲示板とかもふだん見て回ってますが、家庭菜園で農薬を使うか否かは、
農薬を使わない人はきっぱり使わない、使う人はいともあっさり使う、と2分化してて、
使う人も「少数派」というほどには少なくないような印象です。多数派ではないにしても。

農薬を使わない人は、難しい時期には作らない、
たとえ全滅しても仕方ないと諦める、自分の知識や技術が足りなかった、
という考え方をすると思いますが、
農薬をあっさり使う人は、完全なる支配を目指している感じ。
病虫害が一切無いのが当然で、少しでもやられたらおかしいと思う人もいるようです。
歳をとってもひたすら美容整形を繰り返すかのごとく。

また、初心者の状態から家庭菜園をはじめて、
ベランダのプランターならインゲンやナス、
露地ならナスやピーマン・オクラ・トウモロコシ・キャベツ、などを栽培したとき、
「農薬を使うのはしょうがないよねぇ」、
って結論になる可能性は決して低くはない気がしますけどどうでしょう?

そうならないためには、それなりの、いや時に圧倒的な知識と技術が要りますよね。
その習得にはそれなりの時間と労力がかかる。
「魔法の粉や液をパッとかければたちまち解決するのに」、
と思う人も決して少ないとは言い切れない気がします。

とりあえず、IPMベースの圧倒的な知識と技術を身につけるための
品目ごとに解説した体系的な栽培指南本を纏めてほしいところですね。
2000円くらいの1冊の本と、分類ごとのより詳しい分冊シリーズと。
家庭菜園をやる人がどんな本を買っているか、
それらの本を代替できれば影響は大きいんじゃないでしょうか。

Re: No title

野良あずきさん

こんばんは。
コメント返信が相当遅れました。申し訳ありません。

> 自家菜園を前に電卓をはじいている人、いないですよね・・・。
>
> 営農規模や方針の根拠には何より経済性があるってこと、それにつながるのが資材費や人件費であり生産効率であるってこと、そこまで結びつけて初めて農家が解かるのではないでしょうか。

家庭菜園から農家を理解するのは難しいでしょうね。
しかし自分が「作り手」になることで、農業への理解を深めることになるのではと思います。
まずはそこからかなあ。。。。
そんな感じですかねえ。

>
> 両方を見て体験してきたほんたべさんならではの発信を期待しています。
> 例えば、ミニトマト1粒にかかっている経費を出してみるとか(笑)

それ某D社時代に死ぬほどやりました。
結論=計算できません。

ってことで、それはムリ~(泣)

Re: 農薬は使わない派ですが...

H2さん

返信が遅れまして申し訳ありません。

> 実際の技術とその効果がどの程度のものかが重要ですよね。
>
IPMは農業の現場には降りてきていません。
ただ、施設栽培にはある程度利用されています。
効果もあると考えられています。


> 農薬を使わない人は、難しい時期には作らない、
> たとえ全滅しても仕方ないと諦める、自分の知識や技術が足りなかった、
> という考え方をすると思いますが、
> 農薬をあっさり使う人は、完全なる支配を目指している感じ。
> 病虫害が一切無いのが当然で、少しでもやられたらおかしいと思う人もいるようです。
> 歳をとってもひたすら美容整形を繰り返すかのごとく。

家庭菜園でも面積を増やすと農薬を使うって人たくさんいます。
区民農園レベルだと使ってる人はほとんどいません。
自家製資材を口コミで作って使ってる人多いですねえ。

>
> とりあえず、IPMベースの圧倒的な知識と技術を身につけるための
> 品目ごとに解説した体系的な栽培指南本を纏めてほしいところですね。
> 2000円くらいの1冊の本と、分類ごとのより詳しい分冊シリーズと。


根本先生の本が出るらしいです。
出たらご紹介しますね。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR