よく生きることはよく食べること

IMG_5613_20121028175038.jpg
スパゲッティって自分で作った方が絶対においしいよなって思う食べもののひとつ。
材料にお金かけられるからかなあとぼんやり思ってるわたくし。
「アレッタ(新しい野菜)とパンチェッタのペペロンチーノ」



現在このような「食べものブログ」を書いたりしているわたくし。
食べものにああだこうだとうるさいようだが、
一人暮らしをしていた娘時代は毎日カップラーメン食べてたです。
しかもカレー味。カレー味のどん兵衛も好きだったです。ははは。

デザイン学校行っててね、貧乏だったからね。

当時のわたくしの原材料の1/2は、上述のカップヌードルと
阪急百貨店の地下食品売り場で売ってた30円のあんぱん。

なにしろ、一日のうち食べものにかけられた金額は200円。
画材買わなくちゃいけないしね。食べものなんか後回しである。

しかし幸いなことに、晩ごはんはいいものを食べていた。

17時~22時までバイトしてた喫茶店で、
日替わりランチを食べさせてもらってたのだ。
鳥取などというド田舎から出てきた、生意気な小娘だったわたくしに、
そこのスタッフがなんだかんだ世話を焼いてくれたのだった。

IMG_7357.jpg
材料入れとくと勝手にパンを焼いてくれるパン焼き機ってすばらしい。
「くるみ・レーズン・ドライチェリーの全粒粉パンのサンドイッチ」
スライスチーズ以外は某D社で購入した食材っす。原価1,500円。高っ!



バナナジュースやアイスティー、クレープの作り方を教わり、
時折賞味期限切れのケーキ食べさせてもらったりして、
アハハケラケラと楽しくバイトして、時給は700円だった。

たいして仕事もしてないのに、今思うとすごく幸せである。

ママ、パパ、マスター、K谷くん、ありがとう。お世話になりました。
今わたくしが元気でいるのは、あなたたちのおかげだと思っとります。

さて、そんなわたくしが食べものを気にし始めたのは26歳のときである。

安全とかはあんまり関係なくって
「添加物の入ってない食品はすんごくおいしい」らしいという、
単なる好奇心がきっかけであった。食いしんぼのわたくしは、
「すんごくおいしいもの」を食べてみたかったのだ。

添加物の入ってない食品は、別に「すんごくおいしく」はなかった。

調味料は確かにおいしいが、加工品についてはどうだろう。
実際には添加物(化学調味料)が入ってないもので、
「おいしい!」と万人が感じるものはあまりない。

IMG_7334.jpg
毎年味噌を仕込んでるので、ここ20年は手前味噌しか食べてない。
大豆つぶして麹と塩を混ぜるだけなのに、いつもちゃんとできるのが不思議だ。
梅干しなんかより簡単なのに、なぜ皆作らないのかな~。



昨今のお総菜類には「たんぱく加水分解物」「酵母エキス」が入っている。
これはアミノ酸(化学調味料)と表示されてないが、ほぼ同じものだ。

これらが入らないと皆が好きな味でなくなることが多い。
また、価格が高くなりがちである。
某D社のお総菜が価格の割にいまいちなのはこのせいだ。

素材が良いからと言って、皆がおいしいと言うものができるかというと、
決してそうではないのだった。

食味に最大公約数を求めるのは難しいから、
平準化するために化学調味料などの添加物が必要なのだ。
それらが入らないおいしいものを食べたいなら、手作りするしかない。

ってことで、人々は手間とおいしさ、価格を天秤にかけて、
日々食べるものを選択している。

せっかく食べるならおいしいもの食べたいと思う人と、
おなかがふくれれば何でもいいって人では、選ぶものが違うのは当然の話だ。
そして、どっちがいいとも言えないのだ。

だって、人は自分の原材料を自分で決めてんだもん。
自分の身体の責任は全て自分が負うのだから、何を選んでもいいのだった。

子ども弁当
お弁当のふたをワクワクしながらあける瞬間ってすんごく幸せなんだけど、
そんなヨロコビは娘時代にしか味わえないってことに気づいた最近。
「おいしくなーい」「かまぼこ入れんのやめて」とか、好き勝手言ってた自分を
激しく反省している今日この頃。母よ、すまん。



さて、日本人は一日2回から3回なにかを食べて生きている。
わたくしの場合は朝ごはんを食べないので2回である。

ときどき3時にケーキやチョコレートを食べ、
コーヒーや紅茶やビールを飲む。
飲んだくれると夜なかにラーメン食べることもある。
でもまあ、おおむね2回だ。

娘のころからそれほどたくさん食べる方ではなかったので、
最近はほんの少しでおなかがいっぱいになってしまう。

ちょびっとしか食べられない=おいしいものしか食べたくない。
いつからか、そう感じるようになった。

なので、外食しておいしくないと腹が立つ。

玉川高島屋のレストラン街をうろうろして何も決まらず、
あー、もう!めんどくさーい!と思いながら、結局家で食べちゃうのは、
自分が作るものが一番おいしいからなのだった。
(それがまあ目玉焼き丼だったりするんだけど・・・)

IMG_6078.jpg
たけのこやわらびなどの山菜類、できあいのものは味が濃くて苦手。
下煮したりアク取りしたり、そのめんどくささからごちそうなのだと
最近気づいたわたくし。そのぶん、おいしく食べられる気がする。



ふと、自分はあと何回ごはんを食べるんだろうと考える。

あと20年生きるとしたら14,600回。30年だと21,900回だ。
多いようでもあるし、そうでもない気がする。
そしてこの食事が、この間の自分の身体を作る。

たぶん生きてる間は食べなくてはならないからずっと食べる。
生きることと食べることは同じだ。
自分の「生」を作るために「食べる」のだ。

だからこそ、「何を食べるのか」がとても大事なのだった。

「あああ、おいしかったあ!」と思いながら食べるのと、
何も考えず、ただ空腹を満たすためだけに食べるのとでは、
身体にたまっていく幸せの量が違うような気がしてならない。

よく生きることは、よく食べることかもしれない。
そんなこと考えてる食欲の秋。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんだか自分のブログを読んでるみたいで
ビックリ仰天!でした(笑)

考え方とか、やることとか似てるんでしょうかね。

桃と生ハムのパスタ
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-75.html
秋刀魚のパスタ・シチリア風
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-505.html

この季節、美味しいパスタ2種
どちらも、食事療法の前に作っていたオリジナルレシピです。

マクロビア筑前
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-486.html

こっちもオリジナルですが
作るたび、周りから「何すんねん!」と罵声や悲鳴が飛びます
それが、食べてみるとまたビックリで
ジャポニカ根菜のラタトゥーユ…などという方が
受けるかも知れません

たかが28,000日の人生
http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-158.html

過去。こういう記事を書いたことがありましたが
同じセリフがほんたべさんから出るとは夢にも思いませんでした。

お互い、美味しく、楽しく、生きて生きたいものですね。

美味しさって

美味しさってなんでしょうねぇ。
美味しさの構成要素って味覚だけじゃないですけど、
味覚に限ってもまだ科学的な完全解明はできてないんですってね。

それはさておき、最近感じるのは、
コンビニのパンは砂糖ベタベタ、即席ラーメンは塩分どっさり、
スーパーの惣菜もものによっては塩辛すぎますね。
コンビニに小麦の味わいを感じるパンなんて売ってない。(ごはん党ですけど)
そんなのを美味しいと感じてる人が多いのだとしたら、
それって砂糖や塩分・その他調味料の常習性・依存性なのかも、とも思います。

食品メーカーの開発者もひたすら味見してて感覚が麻痺してたり、
最終的にゴーサイン出すお偉いさん方も年齢が高いので、
味が濃くないとわからないんだろうな、とも思います。

ちなみに自分は、素材の味を引き出すシンプルな味付けが好きです。
でもそれだと素材がまずいと美味しくならないですよね。
素材のまずさを隠すためでもあるかも。>調味料たっぷりの市販の加工食品

No title

こんにちは。以前からお邪魔させておりましたが初めてコメントさせていただきます。
少し気を使えば生産者の顔の見える食べ物、それからオーガニックな食べ物が手に入る環境に身を置いていて、ほんたべさんが今日おっしゃっていることをつくづく感じていて、とても共感したのでコメントさせていただいています。
思い込みかもしれませんが、美味しい野菜と思って買うと、味をちゃんと確かめて食べたくなるし、味を確かめて噛むと美味しいと感じるし、美味しいと感じれば心がワクワクするし。
スーパーで買っても新鮮な野菜いっぱいあるんですけどね、スーパーの時は味の喜びを噛み締めて食べてないような気がします。自分の気持ちの持ちようなんでしょうけどね、それでも毎度の食事が心豊かになるというのはとても日常なことで、ですが贅沢なことだとも思います。

Re: No title

癌ダムさん、おはようございます。

> なんだか自分のブログを読んでるみたいで
> ビックリ仰天!でした(笑)
>
確かに(笑)。
同じようなことが書いてありました。
2年も前に(笑)

食べもののことを考えてると、こういうことってある日ふと思うのかもしれません。
しかししかし。
癌ダム師匠に思考が似てるといわれると、光栄なのでございます。


> この季節、美味しいパスタ2種
> どちらも、食事療法の前に作っていたオリジナルレシピです。

どちらもうまそうです。
やってみよう。

> マクロビア筑前
> http://gandam4d.blog8.fc2.com/blog-entry-486.html
>
むう。これもうまそうです。
クルミが大好きなのですが、こういう使い方は思いつかなかったなあ。
今度やってみます!

> お互い、美味しく、楽しく、生きて生きたいものですね。

ほんとですね。

長生きしても稼働時間が少ないんじゃつまらないですもん。
おいしいもん食べて、幸せいっぱいで、生きていきたいっすよね。

ってことで今日も手作りパンサンドイッチ作りました(笑)
やっぱり自分で作ったものが一番うまいです。

Re: 美味しさって

H2さん おはようございます。

> コンビニに小麦の味わいを感じるパンなんて売ってない。(ごはん党ですけど)
> そんなのを美味しいと感じてる人が多いのだとしたら、
> それって砂糖や塩分・その他調味料の常習性・依存性なのかも、とも思います。

某D社をやめてNPO法人で働いてるときにですね、
東京事務所は一人だけだったので、そのNPOが
ある音楽プロダクションと事務所をシェアしてたのですね。

毎朝ですね、そこの若者がコンビニのパン食べてるわけです。
昼はカップラーメンなんです。夜もカップラーメンだったりしました。
そこの社長もコンビニ弁当だったっす。

自分がいかに特殊な環境で生活してたかをつくづく実感しましたのです。
おいしいとかまずいとか関係なくって、おなかが膨れればいいんだろうなあって思ったのです。

> ちなみに自分は、素材の味を引き出すシンプルな味付けが好きです。

日本人って基本的にはそういう嗜好があるはずなんですが、
今は足し算の味付けが主流みたいですね。
おいしいもんに何かを足す必要ないと思うんですけど。


> 素材のまずさを隠すためでもあるかも。>調味料たっぷりの市販の加工食品


あ。それは基本です。
材料にお金かけないとおいしくないので、
調味料でごまかすってのが通常の加工品です。

加工度が上がれば上がるほど、その傾向は強くなるみたいです。

Re: No title

Naviaさん、初めまして。

わたくしも時折訪問させていただいております。
いつも楽しく拝見しておりました。

コメントいただいて光栄です。ありがとうございます。

> 少し気を使えば生産者の顔の見える食べ物、それからオーガニックな食べ物が手に入る環境に身を置いていて、

いいですねえ。そういう環境。
マルシェの記事を拝見しましたが、何もかもがおいしそうでした。
うらやまし~と思いましたです。

> 思い込みかもしれませんが、美味しい野菜と思って買うと、味をちゃんと確かめて食べたくなるし、味を確かめて噛むと美味しいと感じるし、美味しいと感じれば心がワクワクするし。

その通りですよねえ。

おいしい野菜はひとつひとつを大切に料理するし、ひとつひとつを大切に食べます。
作ってる人の顔がわかってれば、もっと大切に食べます。

今食品の廃棄が問題になってるのですが、
食材のひとつひとつを大切にできないのって、心の持ちようみたいな気がしています。
食べものを大切にできないってことは、自分が生きることも大切にできないみたいな、そんな感じ。

> それでも毎度の食事が心豊かになるというのはとても日常なことで、ですが贅沢なことだとも思います。

おいしいものを食べるのって、ほんとうに幸福な体験ですよねえ。
そして、Naviaさんがおっしゃるように、ぜいたくなことだと思います。

一度青山のフレンチレストランで、心が震えるような料理を食べたことがありました。
お料理で人をそれほど感動させることができるんだ!って驚きました。

そういう体験をすると、もっともっと毎日の「食べること」を大切にしようって思います。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR