日本のトウモロコシの輸入量は主食であるコメの2倍

042001_20130506210917.jpg
葉付き人参のてんぷら食べました。かき揚げにしてたら
途中で空中分解したけど、香り高くておいしかったです。
かき揚げがうまく揚げられるようになりたいものよのう。



毎年4月、ISAAA(国際アグリ事業団)から
昨年度の世界の遺伝子組み換え作物の栽培状況データが出る。

日本の穀物自給率等と合わせて、2012年のデータを見てみた。

■トウモロコシ 輸入量は平成24年度で1,489万トン
(以下の数値は農林水産物輸出入概況2012年確定値・農水省より)

日本では自国で必要とする穀物が自給できない。
国土が狭く、穀物を作っても農家経営が立ちいかないからだ。
ということで、自給できないものは輸入している。

というか自給できているのは基本的に主食用コメ(100%)と
みかん(101%)のみ。その他はほぼ輸入で賄っている。

穀物のなかで一番多く使われているのがトウモロコシだ。
これは油、コーンスターチ、飼料等々になっている。

昨今の穀物高騰により、飼料をトウモロコシのみに頼ってられないから
飼料米作ったりデントコーンも栽培されたりしてるけど、
統計で出てくるトウモロコシの自給率は0%。ほぼ全て輸入だ。

主たる輸入先はアメリカ。もちろんGMトウモロコシなのね。
アメリカのGMトウモロコシの作付率は平成23年度で88%。
1年に1%~2%ずつ増えてるの。ってことは100%になるにはあと10年?
 
貿易統計見てたら、世界で一番トウモロコシの輸入量が多いのは
ダントツで日本だった。わあ、びっくり。驚いた。
この小さな島国でトウモロコシを何に使っているのだろう。

■大豆 輸入量は平成24年度で272万トン

自給率は食用で22.5%。飼料や油分を加えると6%。トホホな数字である。

輸入大豆の価格を調べてみると、アメリカ産大豆・60kg3000円弱だった。
1俵、さんぜんえん? やすっ!
 
大豆の作付面積が一番多い北海道で10アール当たりの平均収量は
240kgあればいい方らしいから、このアメリカ産大豆の数字を当てはめると、
12,000円。さて、ピンときてませんね? 

この数字、なんと米60kg(1俵)よりも安いのよね。
これでは農家が大豆を作るわけない。

しかし自給率を高めなければならないから、
国は助成金を投じて国産大豆の作付を増やそうとしている。
でも全然足りない。いったいどうなっちゃうんでしょうか。

■ナタネ 輸入量は平成24年度で240万トン

油に使われているナタネもほぼGM作物だ。ナタネは油を搾った後、
飼料や肥料になる。最近は国産ナタネの栽培が推奨されており、
平成22年の数字しか見つけられなかったが、
国産ナタネ栽培量は1570トンだった。自給率は0%台である。
(農水省・平成22年度ナタネの作付面積及び栽培量より)。

主な輸入国はカナダで、ちょっぴりオーストラリア。
NON-GMOナタネはほとんどオーストラリア産ってことなのかな。
なぜならカナダのナタネのGM作付率は93%だ。
オーストラリアはまだ6%だ。がんばれ! オーストラリア!

大豆とトウモロコシ価格が高騰しているため、
平成23年の輸入ナタネの量は過去最高の数字らしい。

トウモロコシ同様、世界一の輸入国は日本である。
この小さな島国で…以下同文。

さて、世界に目を向けてみると。

2012年の世界の遺伝子組み換え作物の作付面積は1億7030万ヘクタール。
天笠啓祐さんによると、世界の耕地面積の約10%で
遺伝子組み換え作物が栽培されているらしい。

このうち一番作付面積が多いものが大豆、
次いでトウモロコシ、綿、ナタネと続く。

これらの遺伝子組み換え作物には、除草剤耐性と殺虫性と、
どちらも兼ね備えたものがあるが、除草剤耐性のものがダントツに多い。

ということはラウンドアップがたくさーん売れてるってことなのよね。

そしてこれらの国から日本は、主食である米の消費量の2倍以上の
遺伝子組み換え作物を輸入している。主食の2倍。いったいどゆこと?

日本は世界最大の遺伝子組み換え作物輸入国なのだった。
(平成13年のコメの生産目標は791万トン。確かに2倍以上)

データを見れば見るほど、調べれば調べるほど、
極東の小さな島国で……以下同文。

GWにこの数字見つけて、気がふさいだわたくし。
とりあえず、畑に枝豆のタネまきました。
(無駄な抵抗・・ってか抵抗にもならず)


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR