やっぱり愛さない方がいいらしいほんたべ農園

IMG_8796.jpg
種まきしました。有機バジル・コリアンダーのタネを初めて買いました。
その他は賞味期限が2012年って書いてあるです。うう、発芽率どうなのかな~。
ってなことも含めて実験しようと思ったので、新しいのはまきませんでしたよ。
アバウトさ、ここに極まれり。枝豆なんて一昨年隣のおじさんにもらったものだし。



ここに越してきて区民農園が当たるのは4回目である。

最初は地主が宅地にするとかで、3月から10月までしか借りられず
果菜類がちょびっとしか作れなかった。まあ、いい。
この時は「なんちゃってやみくも有機農業」だったから、
たいしたものは、ってか、何一つうまくできなかった。

次に当たったときは最初から師匠・西出隆一氏の言うとおり
あれこれやってみて、ナス・ピーマン・オクラ・枝豆はよく採れたが、
トマト・きゅうりがさっぱりだった。

ここで作付する作物を限定することを学習した。

このブログを始めた年に当たった3年前は、
ブログに詳細に書いたとおりである。
愛しすぎて面倒見すぎたせいで、なんだか知らないけど、
技術的にはその前よりも後退したようであった。

家庭菜園やってる友人が「なんかさあ、
行くとちょっと化学肥料をぱらっとまいちゃうのよね。
そしたらなんかやってる気がするじゃん」と言ってたが
自分も同じことをしていたのだと、いまさらながら気づくわたくし。

ということで、今年当たった区民農園では
ほとんど何もやっていない。土壌分析して資材を入れて、
苗を植えたら植えっぱなしで定植時以外水やりすらしなかった。

IMG_8798.jpg
ミディトマトってチョロイから今年は3株植えました。
でも大玉の方がいい調子。栄養周期的には「無肥料出発」でいいってことで、
昨年もそれで前半調子良かったから、元肥ゼロでスタートしとります。

IMG_8808.jpg
葉っぱの形がチッソが多くもなく少なくもなくでいい感じ。
トマトって肥料いらないんじゃん? 3番目の花が咲いて葉っぱの色見てから
足りなそうだったら入れようっと。あとで脇芽の糖度計ってみなくちゃ。



それはなぜか。理由は簡単。
今回の農園はちょびっと遠いのである。

前回は駅と自宅の中間地点だったが、
今回は全く逆、というかこのあたりにこんなとこあったんだ!的な
未開の地であり、さんざん携帯のナビに振り回されあちこち迷い
ようやく最近、近道を見つけた位わかりにくい場所にある。

そして道が狭い。

だから車が路上に停められない。当然自転車で通うのだが、
わたくしのチャリはクロスバイクである。

カゴがついていないから農業資材が積めず、
テキトーにカバンに入れてハンドルにひっかけてたら
3度ほどハンドルとタイヤの間にカバンを挟み盛大に転んだ。

年も年だしチャリで転ぶのは酔っぱらったとき位にしておきたい。
なので何かを運ぶ際には夫の自転車を借りて通わねばならない。

なんてことやってると、足しげく通えないのである。
その結果、過剰な「愛」が薄まり、放任栽培度が高まり、
作物が自由にのびのび育っている(ように見える)。

IMG_8810.jpg
家庭菜園の教科書に出てそうな支柱の立て方を発見したぞ。
すげえなあ。こんなにギッチリできる人になりたい。どんな人だろう。

IMG_8809.jpg
えー、このへなちょこな感じがほんたべ農園的支柱の立て方です。
台風が来たらぶっ飛ぶかもしれません。でもいいんです。のらりくらりと
雨風をよけてくれれば。何事も真正面から向かい合うと疲れちゃうからね。
(あれ? 畑の話だよね?)

IMG_8803.jpg
ラッキー。前作の誰かが植えてたのかな、長いも発見。
抜かずに置いといて秋にムカゴ採ってムカゴごはんにしようっと。
今年は楽しみがひとつ増えたかも。



以前は肥料もガッツリ100g単位で計算して入れてたが、
今回は「これぐらいでいいかあ」的ないつものアバウトさで、
計算もしていないから計算間違いもしていない。

そして本日。
かなり久しぶりにきちんと準備して行きましたよ。

えーと定植が5月13日だったから、おお、なんということだ、
2週間ぶりじゃないか。びっくりだ。
なんて焦る必要は全くなく、フツーに生育していた。
というか、今までのなかでは初期生育は一番いい感じである。

それはそれでなんとなく面白くないのだが、
これはこれでいいことなので気にしないことにした。

心の奥底で「くそう!」と思っている愛し過ぎる女は無視だ。
今年こそ、トマト10段、ナス100個、ピーマン200個が目標だ!

テキトーに一生懸命手抜きしてぼんやりやるぞ!!!


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Drunke Chari

酔っ払って自転車で転ぶのは大変危険です!

側溝に落ちておぼれたりします。

お互い気をつけましょう。

Re: Drunke Chari

高木さん

酔っぱらってすっ転ぶのは大きな事故につながりますよね~。
今んとこ、1回だけ、コンビニの駐輪場でふらっと転んだだけですが、
相当恥ずかしかったです。

側溝に落ちることはないと思いますが、気をつけます(笑)

No title

かなり昔ですが、大島トマト(緑研農法)の
取材をしたことがありました。

大島(長崎県)トマトは、我が国で初めて成功した
緑研農法トマトですが、
不況時、斜陽産業である「大島造船」が
余った人材を活用する、代替事業としてはじめたもので
その人たちは、農業の「ド」が付く素人集団。

成功の理由は、素人であるが故
どんな意トマトの木がしおれていても
マニュアルどおり「一切、水ををやらなかった」から
・・・と言うもので、
失敗したそれまでの多くが、あんまり可哀想だったので
つい水をやってしまったけど、
僕達は造船技術者なんで、そんなこと解からなかったから・・・
と言う話で、思わず笑った事を思い出しました。

変な話ですが
植物も子どもも、せわしすぎない方が
かえってスクスク育つのかも知れませんね

Re: No title

癌ダムさん、おやほうございます!

> マニュアルどおり「一切、水ををやらなかった」から
> ・・・と言うもので、
> 失敗したそれまでの多くが、あんまり可哀想だったので
> つい水をやってしまったけど、
> 僕達は造船技術者なんで、そんなこと解からなかったから・・・

ははははははは。
いい話ですねー。


> 変な話ですが
> 植物も子どもも、せわしすぎない方が


世話してるとすんごくやった感があるのですが、
本当に必要としていることをしてるかどうかってのは別の話ですよね。
最近ようやくそのことがわかってきました。

やったらやった分だけってのは、農業には当てはまりません。
適正なことをやったらやった分だけってことだと思います。

種の有効期限

栽培用の種は食べてはいけません(笑)。賞味期限ではなく、有効期限ですね。

ご存知かもしれませんが、日本で販売される種の小袋は必ず、発芽試験から1年の有効期限になってますね。しかし、前シーズンの栽培個体からの採種とは限らないそうです。品目品種によりますが採種は数年に1回のものもあり、毎年発芽試験をしてその値にもとづいて毎年パッケージをするようです。

ちなみに外国の種苗メーカー、例えば英Thompson&Morganとか英Mt.Fothergillsとかその他多くのメーカーでは、小袋には数年の有効期限が印刷してあります。在庫の都合で購入時に残り1年ということはあるにせよ。

種は保管方法が適切であれば数年保つもの品目品種も少なくないので、有効期限の記載はあくまでも販売の都合ですよね。まぁ購入後は保管方法が適切でないことが多いかもしれませんけど。

今年は、日照時間が限られるベランダで、無謀にもかぼちゃの栽培を企んでます。プランターなので土量も限られ、どうなるかわかりませんが。GW明けに蒔いたのになかなか芽が出ず、蒔き直してからもかなり時間がかかってやっと芽が出かかっています。

No title

こんにちは
応援ぽち

Re: 種の有効期限

H2さん、お久しぶりです~。

> 栽培用の種は食べてはいけません(笑)。賞味期限ではなく、有効期限ですね。

そうですね~、種子消毒されてる可能性がありますもんね。
>
> ご存知かもしれませんが、日本で販売される種の小袋は必ず、発芽試験から1年の有効期限になってますね。しかし、前シーズンの栽培個体からの採種とは限らないそうです。品目品種によりますが採種は数年に1回のものもあり、毎年発芽試験をしてその値にもとづいて毎年パッケージをするようです。
>

例年密封して冷蔵庫で保管していましたが、なんかどうでもいいって話を聞き、
一昨年から常温保存に切り替えました。
昨日行ってみたら、ちゃんと芽が出てたです(笑)


> 今年は、日照時間が限られるベランダで、無謀にもかぼちゃの栽培を企んでます。プランターなので土量も限られ、どうなるかわかりませんが。GW明けに蒔いたのになかなか芽が出ず、蒔き直してからもかなり時間がかかってやっと芽が出かかっています。

寒かったですもんね。
去年と比較して、発芽までに時間がかかるような気がしています。
水やりに行ってないってこともあるかもですが。

Re: No title

ひろさん

応援ありがとうございます!
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR