土用だし。うなぎの話

satou.jpg
うなぎから川魚のニオイを取ったら穴子になると思うんだが、
と言ってみたら、夫ちゃんにマジで違うと言われた。なんか違うらしい。
穴子は好きなんだけどな~。いいじゃん、穴子で。



幼いころ我が家では、年に一度だけうなぎが食卓にのぼった。

鳥取生まれのわたくしの家族は全員、
日本海の荒波にもまれたサバとかイワシ、イカ、カレイなどを
日常的に食べており、川魚は全く食べなかった。

というか、川魚は嫌いであった。とくに父が。

しかしなぜか毎年、土用になると唐突にうなぎが出てくる。
家族のだれ一人、うなぎが好きじゃないのに
母は毎年おまじないのように土用にうな丼を作っていた。

大人になって自分で食材を買うようになったら、
ますますうなぎと縁遠くなった。
一生食べなくてもいいと思っていたら、
どういうわけか、うなぎが大好きな男と結婚した。

彼はうなぎを食べない女と結婚したせいで、
多いときで年に2~3度しかうなぎを食べられない。

そもそも好きじゃないから買うことに気づかない。
夏になり、彼が「うなぎ~、うなぎうなぎうなぎ~!!」と叫び出すと、
「おお、そういう魚もいたじゃないか」と思う。んでしぶしぶ買う。

そうしたら、最近うなぎが高いらしい。

ニホンウナギは知らない間に絶滅危惧種になっており、
メディアでは代用品やら何やらでかまびすしい。
わたくし的には全く痛痒を感じない。食べなくても平気だ。
わたくしは、うなぎが嫌いな安上がりな女である。

さて、なぜニホンウナギが高いのか。それは完全養殖ができないからだ。
最初に「養殖できない理由」を知ったのは1998年ごろだ。

稚魚が何を食べているのかわからないから養殖できないと
某D社と取引があった静岡の漁協の人に聞いたのだ。

太平洋のどこかで卵から孵ったニホンウナギの稚魚は、
暖流に乗って日本に来る。
寒流にはプランクトンがたくさんいるが、暖流にはいない。
彼らは共食いをしているのではないかと思われているという話だった。

共食いするんじゃ大変だよなあ。うなぎ、さすがにワイルドだぜえ。

次に聞いたのは2007年ごろのことであった。
ニホンウナギはマリアナ海溝のあたりで産卵しており、
その後、稚魚をつかまえて食べているものを調べたら
稚魚はある種のホヤの排泄物を食べているらしいことがわかった。

ホヤの排泄物。どんなものなのか不明だ。
その後調査が進んでいるのかどうかも不明だ。

最近、ニホンウナギの養殖が成功しそう的な報道を何度か見たが、
だいたいそれっきりなので、やはり難しいのであろう。
水産業界の方々にはがんばっていただきたいものである。

いずれにしても、日本の川で収獲され高値で取引される稚魚は、
大変な苦労をしてマリアナ海溝くんだりから日本に来ているのだ。
すげえなあ、ニホンウナギ。そんな苦労をして遡上するときに
がっつり捕まるのだから、稚魚にはいい迷惑である。

さて、収獲後は養殖だ。うなぎの養殖にはイヤな話がたくさんある。

密飼いで病気が発生しやすいため抗生物質が餌に添加されてるとか、
生きた魚ではない何かの飼料を食べてるのでおいしくないとか、
急激に生育しているため肉がぐずぐずで柔らかいとか、そういう話だ。

某D社で扱っていたうなぎは、抗生物質は添加しておらず、
四万十川のきれいな伏流水を使い、池に炭を埋め込んであり、
タレも伝統的な調味料を使ってあるので当然だが高かった。

10年くらい前に1尾1,300円くらいした。去年は1,900円ほどだったかな。
そうしたら今年は注文書から消えてしまった。おいしかったのになあ。
わたくしは某D社のうなぎだけは食べることができたのだ。

しかし今やスーパーのうなぎがそれぐらいするのだから驚きだ。
うなぎはチョー高級魚になってしまったらしい。

いつの日か、うなぎは特別な日のごちそうになる。

わたくしの家族のように、日本国民全員が土用にだけ、
おまじないでうなぎを食べるようになる日は近いかもしれない。

追記・うなぎの完全養殖9割成功という記事が7/24の産経新聞に出てました。
これで絶滅危惧種から外れるといいですね。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
あたくし、旦那さま同様アナゴより断然ウナギ派です。

まあそれはいいとして、絶滅危惧種を血眼になって店頭に並べようとする人たちと、もう食えんようになるかもしらんからと我れ先にと買い求める人たちとの相乗効果でエラいことになってきましたね。

ここ数年この時期の新聞の見出しは決まって「値段もウナギのぼり」なんですよね~。困ったもんです
シラスウナギが10年前の10倍以上の値段ってんですから、土用だからってもう無理して食うこともないか、と今年はあきらめました。コンビニやスーパーのは結局美味しくないですし、牛丼屋入ってまでウナ丼食う意味もよくわかりません。

国の規制の前に絶滅ってのだけはなんとか避けてくれないかな、とそれだけです。

ではでは

Re: No title

Fuさん、おはようございます。


> あたくし、旦那さま同様アナゴより断然ウナギ派です。

そうでしたか。やはし、穴子はうなぎとは違うのですね。
>
> まあそれはいいとして、絶滅危惧種を血眼になって店頭に並べようとする人たちと、もう食えんようになるかもしらんからと我れ先にと買い求める人たちとの相乗効果でエラいことになってきましたね。
>
そうなんすか? ちょっとスーパーに行ってみよう。
メディアでもあおり過ぎみたいな気がしますけど、
そんなおおごとになっていたとは。

> ここ数年この時期の新聞の見出しは決まって「値段もウナギのぼり」なんですよね~。困ったもんです
>

お約束ダジャレですね~。
確かにそうなんだけど。

>
> 国の規制の前に絶滅ってのだけはなんとか避けてくれないかな、とそれだけです。
>
今日の新聞によその国からうなぎを仕入れるのはいいけど、
逃げだすとそれはそれでまた生態系を変えてしまうのでどうたらと書いてありました。

海外産のものが在来のものを駆逐するのはよくある話で、
安いからつってどんどんよその国のものをという
単純な思考はよしといたほうがいい気がしますね。

絶滅したら取り返しがつきませんもんね。

やはりいつか東南アジアのでかいうなぎ食いながら、
「昔はニホンウナギって種がいてね~」みたいな話を
孫にする日がくるかもしれませんね~。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR