ほんたべ農園の収支報告

IMG_9038.jpg
今年はナスの本数を増やしたので、ナスが潤沢に供給されとります。
6月中旬に定植したツルムラサキの収穫が始まり、霜がおりる11月まで食べます。
オクラは現在6本生育中。一日2本程度の収穫。おかずにはならないなあ。



「収支」っていうかさあ、そう言えば「収入」はないんだから
(区民農園の野菜は売ってはいけないのだ)
もしかしたら「費用対効果」と言うべきかな。まあ、いいか。

支出の部
 区民農園費用 18,000円(1年11か月分)
 野菜の苗 6,000円(くらい。領収書がどっか行っちゃった)
 野菜の種 600円
 資材 モミガラ・ワラ 無料、モグラ堆肥 4,000円くらい?(忘れちゃった)    
 交通費 モミガラ・ワラを山梨県まで取りに行った2往復分 8,000円

えー、ざっくりだけどこんな感じだ。合計36,600円。
あ、土壌分析費用忘れてた。まあ、いいか。

冬作に使う種は昨年の残りがあるから必要ない。
肥料も一回買えば2年持つ。
この金額をとりあえず12で割ると、今年度は一カ月3,000円だ。

3,000円。・・・3,000円分の野菜ってどれぐらい?

某D社でトマト、ナス、きゅうり、ピーマン、おくら、枝豆
バジルなどを1Pずつ買うと、1回分の注文金額が3,000円位だ。

ってことは全体的にはプラスだ。はー。良かった。

IMG_9031.jpg
ここ2週間ほど30度を超える気温の日が多く、
いんげんは「花は咲けども実がつかない状態」に突入。
いつから回復するのかな。てんぷら食べたいよう。

IMG_9027.jpg
ハッと気が付いたら根元から脇芽が伸びていて、トマトの花が飛びまくり。
やっぱ生殖成長と栄養成長のバランスがうまくいかないみたい。大玉はとくに。



さて、東京では最近雨が降りまくっており、
早朝水やりをしなくて良くなった。畑バカからは卒業だ。
時折雷が鳴り、稲妻も光りまくり、野菜たちもうれしそうである。

だが、この雨続きでご近所のトマト、きゅうりが枯れ始めた。

ご近所の方々(とくにじいさま)はいつも初期生育は良いのだが、
雨が続くと具合が悪くなる人が多い(畑のね。じいさまではなく)。

来るたびに株元にぱらりと置いてしまう化学肥料のせいか、
とりあえずやみくもに入れてしまう苦土石灰のせいか、
粗大有機物を全く入れないせいか、貧弱な微生物叢のせいか、
そのあたりは不明だ。おそらく全部なのであろう。

彼らは野菜が枯れてきたらあきらめて、さっさと更新してしまうから、
枯れてもとくに痛痒を感じていないようだ。

わたくしのように「この夏はこの畑で採れたものしか食べないんだもんね!」
なんて決意をしてるわけではなく、人さまへのおすそ分けのために
作ってたりする人が多いから、問題ないのだった。

きゅうりが一本枯れただけで焦りまくるわたくしと違い、
「この畑はきゅうりと相性が悪いからね~」の一言で終わりである。

これ、むかーし家庭菜園やってた頃、わたくしもよく言ってた。

IMG_9029.jpg
2番手の四葉きゅうりの雌花がつきました。現在着果中。
きゅうりの雌花ってかわいいから好きだなあ。ピンボケですんません。

IMG_9028.jpg
四葉ちゃんの葉っぱも上から下まで同じ大きさ。
施肥がうまくいってるってことでしょう。きゅうり祭ももうじきかな。ひゃっほう!



本当は、砂質土壌でもない限り相性がどうたらなんてことはない。
このあたりの土質ならたいがいのものはうまくできるし、
土壌バランスを整えればとりあえずどんなものでもできる。

とくに、西出師匠の教えを受けた後は「相性」なんて言葉は存在しない。
うまくいかないのは、単に技術がないからなのだった。ううううう。

とりあえず、今年初期生育が不良だったこと及び、
現時点でもピーマンがどうしてもうまいことできていないのは、
カルスNCRの4年ものが賞味期限切れだったことと(そりゃそうでしょ)、
モミガラをテキトーに「ま、いっか!」てな感じですき込んだことにある。

ピーマンを定植した部分は実はモミガラと土が半々くらいだった。
「ありー、混ざってないや」と思ったけど「ま、いっか」とそこに植えたのだ。

神様、あの瞬間にわたくしを戻してくださいと言いたいわたくし。
農業とは、年に一度しか経験することができない厳しい仕事だ。
注意一秒、ケガ一生なのである。

まあでも他の野菜がうまいことできてるから気にしない。
来年ちゃんとすればいいのだ。来年同じことしたらバカだけど。
明日は明日の風が吹くのだ。

(なんかしらん最近、思考回路が、某D社時代に担当してた
農家のおっちゃんみたいになってきたな。いいぞいいぞ)

IMG_9025.jpg
5月下旬に播種した枝豆がようやく太ってきました。
なつみどりとかいう茶豆系で、すんごく楽しみにしております。

IMG_9022.jpg
例年バジルは苗を2本買い、定植と同時にタネもまいて、
苗で購入したものに花がついたら直播きに更新すると言う流れなんだけど、
今年某D社で有機バジルのタネ買ったら発芽率が悪いのなんのって。
んで、タネ取りをしております。これで今年後半と来年のバジルを確保。



途中に何があっても、結果が良ければいいのである。

大事なのは、そのとき起こっている「何か」にちゃんと向き合ったかどうかだ。
向き合ったうえでどうしようもなかったのはしょうがないのだ。

努力しても台風でぶっ飛んだら終わりだもんね。
(う。なんかこの例え、間違ってるような気がするけど、ま、いっか)

あと2カ月。今年は「暑いから今日畑行くのやーめた」とかでサボらず、
ちゃんと3週間に一度追肥して、秋まで自給生活を継続するのだ!

ほんたべ農園収支報告

支出の部 36,600円
収入の部 おいしい野菜と自己満足(プライスレス)



★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プライスレス

面積はどのくらいなのでしたっけ? そんなに広くはなかったと思いますけど、野菜は自給できるだけの量が採れちゃいますか。安いのか高いのかはよくわかりませんが、市民農園区画は大人気で、趣味だったり癒しだったりもすることを考えると、プライスレスですね。少し地方だと、奥さんが家庭菜園をやりたいからと、がっつり畑にする土地を買ってクルマで通う方もお見かけします(農地法の絡みがどうなのかは不明。農地以外を購入してから農地化?)。

暑い時期に向かないインゲンですけど、暑い時期に向く豆には、ササゲやシカクマメがありますよね。シカクマメは味的にはインゲンの代わりにはなりませんが、ササゲならいんげんの代わりになりませんか。インゲンとササゲ(と、ハナマメ=ベニバナインゲン)はごっちゃになってたりするくらいですし。あるいは、暑いのが得意な沖縄のインゲン品種(ハイブシインゲン、島インゲンなど)もあるみたいです。

ハイブシインゲンについて

補足です。

暑さに強いハイブシインゲンという品種を知ったのはつい先日なんですが、これです。
http://www.hinsyu.maff.go.jp/vips/CMM/apCMM112.aspx?TOUROKU_NO=6624&LANGUAGE=Japanese
品種登録されていますが、つい先日その保護期間が切れたようです(期間が15年の時の登録)。すでに固定された品種でもあり、来年用(今年の採種)から一般化するかもしれませんね。

ふだんサイトを覗いているタネ屋さんの中に扱っているところが複数ありましたが、これまで目に止まりませんでした。もちろん買って試してないので、味などの比較はわかりません。

Re: プライスレス

H2さん、おはようございます。

> 面積はどのくらいなのでしたっけ? 

15平方メートルですねー。

>そんなに広くはなかったと思いますけど、野菜は自給できるだけの量が採れちゃいますか。

夏は大丈夫ですが、冬はムリです。
大型野菜が面積的に厳しいのです。

> 暑い時期に向かないインゲンですけど、暑い時期に向く豆には、ササゲやシカクマメがありますよね。

ササゲ、作ったこと無いですねえ。
味は同じなのかなあ・・・。

来年やってみようかしら。

ちなみに、しばらく低温が続いたこともあり、昨日行ってみたら
いんげん、けっこう着果してました。
ほんとに温度変化に敏感なんだなあと感心しました。

Re: ハイブシインゲンについて

おお、ありがとうございます。
そのへんのお店には売ってないですねー。

ちょっと調べてみますね。

ハイブシインゲン

ハイブシインゲン、突き止めましたよ。
沖縄のフタバ種苗が発売元です。
http://www.futaba-seed.co.jp/16_111.html

タネのネットショップでは、太田種苗、つる新種苗、野口種苗、園芸ナビ、
などで扱っています。まだ在庫あり。
中間地より暖かいところならまだこれからでも播けるので、
まずは味の確認のために試してみるのもいいかもしれませんね。来年に備えて。
ちなみに「南星」と書いて「ハイブシ」と読むようです。
「南星 ハイブシ いんげん」で検索したら、
農家さんや家庭菜園で作ってる方のブログもいろいろ引っ掛かりますよ。
甘くておいしいという感想がちらほら。

品種登録の保護期間中であっても自家採種して自分で栽培する分には問題ないので、
結構前から自家採種を続けてる方もいるようです。

夏秋まきのタネはもう買い終わったのですが、
うーん、これから買ってすぐに試そうかちょっと思案中です。
基本1年に1回ですからねぇ。
来年を待つよりは、送料7-80円くらいで小袋(20ml約70粒)262円買えますからね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR