桃農家のかあちゃんと桃のシロップ煮を作ってきました

IMG_9270.jpg
桃ざんまいの一日を過ごしましたです。いや、桃、うまかった。
IMG_9217.jpg
桃を激写する参加者の方を激写するわたくし。
IMG_9211.jpg
絶対に売ってない葉っぱ付きの桃が採れた!
色合いも美しくていい感じです。という参加者の方を激写。

IMG_9215.jpg
桃の木一本分もがせていただいたのですが、けっこう時間がかかりました。
慣れないと意外と大変です。でも自分でもぐのは楽しいね。



4月。桃の花の満開シーズンに山梨県の一宮町あたりに行くと
桃畑の脇で桃のシロップ煮を売ってるのを見かけるです。

あれは農家のかあちゃんが出荷できない桃で作ってる農産加工品。
手作りなので農家によって、もちろん桃の味によって
シロップ煮の味も違ってて、いろいろと興味深いんす。

砂糖で煮ちゃうから原料果物の味なんて関係ない、なーんて
一般的には思われてるようだけど、ジャムにしろジュースにしろ、
もとの果物がどんだけおいしいかによって、
最終製品の味って、あたりまえに違うのよね。

産地担当時代、とあるりんご産地で
コンテナにみちみちに詰まったジュース用りんごを見て、
大手企業のりんごジュースは絶対飲まないと心に誓ったわたくし。

知ってる農家の手作りのものが一番おいしいし、
どんな具合に作られてるかわかるってのも安心なのである。

わたくしが以前担当させていただいていた桃農家のシロップ煮は
それはそれはおいしくて、やっぱ原料桃が違うと
最終加工品の味も違うわよねとよく噂しておりましたが、
今回そこでほんたべのイベントをさせていただいたです。

「自分でもいだ桃でシロップ煮を作ろう体験」
大変楽しいイベントでございました。

IMG_9224.jpg
お昼ごはんに作っていただいた桃ときゅうりの酢の物。
桃農家でしか作れないよなー。酢も自家製「柿酢」でした。
柔らかな味でおいしかったなー。桃の香りもちゃんとしてた。

IMG_9225.jpg
山梨県上野原市あたりの郷土料理「せいだのたまじ」。
じゃがいもの小さいのの油味噌炒めなんだけど、え? せ? せいだの何?
と何度も聞き直しちゃいましたよ。料理名。

IMG_9231.jpg
さて、昼食後は桃シロップ煮づくりに突入! 
まず桃を半分にカットします。ここだけは危ないので、やっていただきました。
種ごと半分にカットするのですよ。すごい機械だよね。

IMG_9229.jpg
んでその後、種くり抜き器で種を取ります。
けっこう力がいるらしいです。慣れたらサクサクできるらしいです。

IMG_9232.jpg
この後ピーラーで皮をむきます。
桃は作業行程中ずーっと水に浸かってます。酸化しないようにってことらしいです。



さて、桃というのは大変デリケートなむずかしい作物で、
熟した桃をうっかり強めに触ると、そのあとが茶色く変色したりするから
基本的にスーパーでは熟度が高いものは売られていないと言ってもいい。

だから、産地から出荷される際は、未熟の状態である。
そのため、よく熟した桃の味を知っている消費者は少ない。
ということも、あまり知られていない。

ほんとうにおいしい桃は桃農家しか食べてないんじゃないだろうか。

とは言っても、シロップ煮に使うのは硬めの桃である。
硬めなので熟度は低くなるんだが、そういう状態でも農家によって
おいしいものとそうじゃないものがあるのだから不思議だ。

むかーし西出師匠のトマト畑を見学してた時、
トマト農家の人々があえて青目のトマトを試食するのを見て
「なんで赤いの食べないの?」と聞いたことがあった。

「赤いのがおいしいのは当たり前。
青くておいしいのが本物なの。このトマト、おいしいよね。
青いのにこれだけおいしいってのは相当すごいんだよ。
つまり西出先生はトマトを作るのが上手だってこと」

あんた何にも知らないね的な顔で言われたのだったが、
確かに上手な人の作物は、多少若くてもうまいのである。
技術というのは大変なものなのだ。

IMG_9242.jpg
ビンには予めお砂糖を50g入れておきます。
ここに桃を詰めていくのです。

IMG_9247.jpg
桃は中まで火を通してしんなりさせます。
その後ビンにぎゅうぎゅうに詰めていくのです。
一ビンに桃1.5個~2個程度入るみたいです。

IMG_9252.jpg
本職のパティシエが参加されておりました。
手際よく、ジャムや桃のコンポートを作ってくださいましたです。感謝。

IMG_9257.jpg
詰め終わったら軽く蓋をして殺菌(脱気)します。
お父さんたち、火の番をされてます。グラグラ煮立たせないよう、
でも沸騰したお湯の中で30分間脱気します。

IMG_9263.jpg
脱気終了。完成! 砂糖が溶けてないので、下に向けて
砂糖を溶かします。熱いでのすぐには持てません。あっちっち。



たかが農産加工品と侮るなかれ、原料のいいものは、
最終製品の味がぜんぜん違うのである。

産地担当時代、久津間家の桃のシロップ煮をいただいて食べて
あんまりにもおいしかったので食べるのがもったいなくなり、
リスのように粛々と備蓄したわたくし。

今、家には10年ほど前にいただいたシロップ煮が大切にしまってある。

今回新しいのを作ったので、ちょっと安心。ってことで、
開かずの蓋(脱気してあるから開かないのよね)をあけてみようかしら。
そして今回のやつはもったいないから備蓄して、10年後くらいにまた・・・。
(なんちて、ますほさんに怒られるからやめとこうっと)

おいしいものってもったいなくて、なかなか食べられないのよね。
なんだかんだと欲張りなわたくしなのであった。

追記
昨年の大豆イベントで全工程ほぼ晴れたこともあり、
実はチョー雨女卒業だと自負しておりましたら、朝方から雨がざあざあ降りました。
やっぱり雨女だったかあ・・・しかしイベントスタート直前に雨がやみ、
イベント中はほぼ降らないというありがたさ。いやいや。

んでわたくしはまだ、雨女なのでしょうか?
謎でございます。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR