食べものは「安全・危険」よりも「愛」

ブログ用jpg
10月に、遺伝子組換え食品を食べないで過ごした1ヶ月のことを書いた
本が出ることになりました。んでマンガ書いたです。名づけてNON-GMO仮面。
ちょっと気に入ってます。くくく。



先日わたくし、日経新聞の夕刊にちょこっと載りました。

「市販の野菜を食べたくないから家庭菜園で自給してる」(変な)人
※カッコ内は自分的注釈
そんな感じでした。いやはやいやはや。

人から見るとわたくしは変なんだろうなーと最近よく思うです。
「そんなに食べものに気を使わなくていいんじゃん?」とか
「安全な食べものなんてないのにさ」とか思われてるのかなーと思うです。

確かに某D社に入社してしばらくの間は、食べものを
「安全」「危険」というものさしではかってたかもしんないけど、
2000年に産地周りの部署に異動してからはそうではなくなったです。

「安全」「危険」というものさしは他者に訴えやすくて、
そういうものを求めてる消費者がターゲットだったこともあり、
最初は何も考えることなくそういう情報出してたです。

安全=某D社 危険=その他
違いがすごくわかりやすいからね。

でもねー。産地担当になったらそうじゃないことがわかったのよね。
食べものをちゃんと作ってるかどうかなのよね。大事なのは。

某D社と取引している農家と何年か付き合ってるうちに、
中にはどうかなーって人もいることがわかってきた。
そういう人のものは食べたくないし、まあ、おおむねおいしくもない。

他の団体の農家も知ってるけど、やっぱりどうかなーって人がいる。
どうかなーと思うのは、食べものを作ってる意識の薄い人だ。

「自分たちが作ってるのは食べものだからねえ。
食べるって自分を作ることでしょう? 責任重大だよねえ。
自分の作った野菜を食べて、他の人が生きていくんだってさあ
そう思ったら、適当なものを作れないよねえ。
食べものだもん。ちゃんとしたものを作らないと」

出荷の1週間前まで除草剤まいてもいい作物を作ってて、
これで本当にいいのかなーと思う人と思わない人がいる。
それらが出荷されても、残留農薬は基準値以内だから法律上問題はない。
問題は作る人の意識である。

作物をお金だと思うとうまく行かなくなるねーと何人もの農家が言った。
お金は欲しいけど食べものはお金じゃないでしょ、いのちでしょ、と。

「そりゃお金は欲しいけどさ。毎日食べるもんだし、
べらぼうな値段をつけるのはちょっと違うよね。野菜だもん。
だからさあ、俺は再生産できる価格がついてりゃそれでいいよ。
大根1本400円なんてさ。普通に買えないじゃん?」

わたくしは、この人たちの野菜を食べたいと思う。
食べものってどういうものかちゃんとわかってる人だからだ。

しかし、中にはそうじゃない人たちもいる。
そういう人のものが届くとがっかりする。だから自分で作る。
なんて話を人にしてもよくわかんない顔されるし、
説明するのもめんどくさいからしない。

だから、食べものを「安全」「危険」ではかってる人たちを見ると
あれとは違うんだよなーと思う。でもま、やってることは同じだから、
まあ、いっか! と思ったりもするのだった。

加工品に食品添加物を入れるのも、基本的な考え方は同じだ。
加工品の場合はもっとわかりやすくお金に換算できる。

それを食べて人が生きていくという意識が薄いから、
化学物質をたんまり入れて「ADI値以内だから安全です」と言える。
食中毒で事故が起きたら大変だけど、食品添加物で事故は起こらない。
それにさあ、まず安くないと売れないしね。

でもそれ、ほんとに食べものですか?

販売価格で原価を想像すると、それらの商品は食べものだとは思えない。
なので知ってる人が作ってる某D社の加工品を買う。
大事なのは「誰がどんな気持ちでどのように作ってるか」だ。

必要なのはね、やっぱり「愛」だと思うわけ。

しかし世の中は「誰が」「どう作ったか」がわかるしくみになっていない。
名前の無い商品がスーパーに大量に並んでいて、人々はそれを、
安全だとか危険だとかどうでもいいとか思いながら選んでるのだ。

ちゃんとした食べものを作っている農家を個人で見つけるのは大変だ。
WEBを検索すると農家はたくさんヒットするけど、どれがどうだかわからない。

ならば、誰かが見つけたその農家から直接野菜が買えるしくみを作ればいい。

ってことで、今それをやろうと考えてます。
できたら皆さんにお知らせします。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

素敵な試みですね。
本当の食べ物を作る人と
それを求める人のつながりが出来ると
本当の食べ物を作る人を元気にすることが出来ますね。

Re: No title

間取さん、おはようございます!

主に新規就農者の野菜を紹介するサイトになる予定です。
ということで、も少ししたら農家探しでーす。

作る人も食べる人もうれしいと思うんだけどなー。
とか思ってます!

おめでとうございます。

出版、おめでとうございます。
記念パーティーは、どちらでやられますか?
花束の贈り先…お知らせください

購入しますから
タイトルと価格、出版社名など
早く教えてくださいね。

できれば、初版本・著者サイン入りが良いな~(笑)

ブログ上で「通信販売」とか
そういうのは、やられないんでしょうか?

とりあえず、おめでとうございます。

農家探し

もうすぐ本出るんですね。楽しみにしてます。


>ちゃんとした食べものを作っている農家を個人で見つけるのは大変だ。
>WEBを検索すると農家はたくさんヒットするけど、どれがどうだかわからない。

自分は宅配野菜とかを買う状況にはありませんが、買うとしたら、
ブログとかTwitterとかで畑が見える・人が見える・動きが見える農家さんから選びますね。
内容が滅多に更新されないホームページだけではダメ。
出会うきっかけでもありますし、選ぶにあたって<見える>ことは重要ですね。

そうはいってもなかなか手がまわらない農家さんも少なくないのでしょうが、
作業日誌は当然つけているはずだし、その一部として時々写真も撮っているはず。
ただIT関係にあまり詳しくない人だと、
メモリーカードの抜き差しやケーブル繋いだりが面倒でなかなかという人もまだ多そうです。
今は携帯やスマホから直接アップしたり、デジカメでもWiFiでPCに取り込んだりと、
環境を整えればかなりお手軽&スムーズにできるようになっているので、
そういうやり方を農家さんに紹介してあげることも重要じゃないですかね。
パソコンのスリープ機能を知らない人も結構いるようです。
いちいちパソコンを立ち上げることなくすぐ使えれば、敷居が下がります。

農家さんのブログもいろいろ読んでいますが、
ファンが多い(アクセスが多い、コメントが多い)ブログは
さすがだなと思う点が多々あります。
逆に、更新は多くてもいまいちに感じるものもあります。
提携の宅配を一定の主力としようとするなら、
その辺をしっかりしないとと思います。

Re: おめでとうございます。

癌ダムさん、おはようございます・

> 出版、おめでとうございます。
> 記念パーティーは、どちらでやられますか?
> 花束の贈り先…お知らせください
>

ありがとうございます。
記念パーティーなんてそんなあ・・・・やりませんです。
こっぱずかしいです。

> 購入しますから
> タイトルと価格、出版社名など
> 早く教えてくださいね。

了解しました!

昨日本紙校正が上がってきて、イラストの色がこすぎたので、
これからやり直しです。
発売は10月半ばになりそうです。

>
> できれば、初版本・著者サイン入りが良いな~(笑)
>

ううー。それもこっ恥ずかしいですー。

> ブログ上で「通信販売」とか
> そういうのは、やられないんでしょうか?


ブログでは売らないと思います。
書店も、おそらく首都圏の書店にしか置かれないと思うので、
お近くの書店にご注文いただくければと思うです。

ということで、よろしくおねがいします!!

Re: 農家探し

H2さん、こんにちは。
御返事遅くなってすみません。貧血でぐったりしておりました。

> もうすぐ本出るんですね。楽しみにしてます。
>
ありがとうございます。10月中旬の予定です。

>
> 自分は宅配野菜とかを買う状況にはありませんが、買うとしたら、
> ブログとかTwitterとかで畑が見える・人が見える・動きが見える農家さんから選びますね。
> 内容が滅多に更新されないホームページだけではダメ。
> 出会うきっかけでもありますし、選ぶにあたって<見える>ことは重要ですね。
>

情報発信力は大きなことですからねえ。
SEO対策なんてのは一般の農家にはなかなかできないし。
アクセス数が上がってくるまでには時間がかかるような気がします。

> 農家さんのブログもいろいろ読んでいますが、
> ファンが多い(アクセスが多い、コメントが多い)ブログは
> さすがだなと思う点が多々あります。
> 逆に、更新は多くてもいまいちに感じるものもあります。
> 提携の宅配を一定の主力としようとするなら、
> その辺をしっかりしないとと思います。


意外にSNSをやっていない人も多いです。
小さなことでもUPすれば拡散力は大きいのになあと思うのですが、
そういう手間がないのだろうなと思います。

そのあたり、今後の課題ですよね。
ページを準備しても更新されないんじゃ見ないですもん。

うまくいくやり方を考察中です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ファンづくり

>貧血でぐったりしておりました。

ひじきとかしっかり食べてくださーい。
http://ameblo.jp/farmers-keiko/entry-11616234840.html


>SEO対策なんてのは一般の農家にはなかなかできないし。

SEO対策とか小難しく考える必要はないですよ。人間が読んで分かりやすく書けばいいのです。検索エンジンの技術も結局はそこを意識して日々進化してるわけですから。1つのページ/1つの記事が何について書かれていて、内容が具体的であることが大事です。雑多な内容にしてしまうと何を伝えたいのか分からず、検索エンジンからもそう評価を下されます。読ませる文章や面白い文章を検索エンジンがどう扱っているかはちょっと最新の情報を持っていませんが、それも対人間では重要なポイントの一つですね。

上手な農家ブログにする方法としては、自分が読んでみていいなと思ったブログのテイストを真似ることだと思います。無理なレベルもあると思うので、自分ができそうな範囲でいいなと思うブログをまず探して、その雰囲気を真似る。

もう一つは、就農前の消費者の視点を持ち続けること。消費者が気になることを、気づいていないことも含めて、伝えていくこと。これが大事だと思います。読んでつまらない、役に立たないブログだと、固定読者は付きませんから。でもまぁ、就農前は本人自身あまり意識したことがなく、就農後は逆に消費者の視点を持つのが難しくなって、何を伝えたらいいのかよく分からない、ということはあるかも、という気はします。

3年辛抱して続けて内容がよければ、たくさんのファンがつくように思いますが、上手い人は1年くらいで芽が出るみたいです。お客さんになってくれるかどうかは別ですが、同じような商品があったら親しみを持つ人から買いたいと思うし、多少高くてもそっちを選びますよね。新規就農で提携の個人宅配を主力にするのは難しいとはよく言われますが、難しさの一つはそのファンづくりの部分だと思います。


ほんたべさんとは少し視点が違いますが、自分も直販をする個人農家さんとお客さんをつなぐ(つながり続けるところに重点を置いた)あるものを構想しています。知り合った同世代の農家さん用に無料でつくって使ってもらう予定です(打診了解済み)。まだしばらくは取りかかれないので、いつ頃になるかはわかりませんが。

Re: ファンづくり

H2さん、おはようございます。

> ひじきとかしっかり食べてくださーい。
> http://ameblo.jp/farmers-keiko/entry-11616234840.html

ありがとうございます。
がんばります。


> SEO対策とか小難しく考える必要はないですよ。人間が読んで分かりやすく書けばいいのです

これは大前提ですねー。

> もう一つは、就農前の消費者の視点を持ち続けること。消費者が気になることを、気づいていないことも含めて、伝えていくこと。

これも大事ですよねー。

ほんとに小さなことが面白いんだけどってのは、昔から思ってました。
「ええー?こんなことが?」みたいな小さなことなんですが、
あたりまえ過ぎて気づいていない人多いですよね。


> 上手い人は1年くらいで芽が出るみたいです。お客さんになってくれるかどうかは別ですが、同じような商品があったら親しみを持つ人から買いたいと思うし、多少高くてもそっちを選びますよね。新規就農で提携の個人宅配を主力にするのは難しいとはよく言われますが、難しさの一つはそのファンづくりの部分だと思います。
>

あと食べて本当においしいものを作ることですよね。
信頼関係ができてしまえばいいのだと思います。


> ほんたべさんとは少し視点が違いますが、自分も直販をする個人農家さんとお客さんをつなぐ(つながり続けるところに重点を置いた)あるものを構想しています。


おおっ! がんばってください。
できたら教えて下さいね。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR