貧血の話

IMG_9364.jpg
貧血がひどくなると食欲がなくなりますが、少し良くなると
肉を食べたくなるです。やっぱり血が食べたいってことなのかなー。
レバーが好きなら何の苦労もないんだが。レバーは苦手だ。



スティーヴン・キングの「呪われた町」という小説がある。
あるいは小野不由美の「屍鬼」でもいい。ほぼおなじ話だから。

小さな町(村)に吸血鬼がやってきて、町の人を次々に襲い、
一つの町の住人全てが吸血鬼になるかも・・・というような話である。

隣の住人や中学の仲良しの友人がある日突然死んでしまい、
何日か後に歩いてるのを見かけるとかのそりゃもう面白い話なんだが、
人々が吸血鬼に血を吸われて死ぬまでの過程の部分が興味深かった。

まず朝起きてこなくなる。何をするにもおっくうになり一日寝たきりになる。
そのうち全身の機能がうまく働かなくなって死んでしまう。
これ、緩慢に血液を失うとどうなるかが克明に書かれているのよね。
さすが、ホラーの帝王、スティーヴン・キング。リアルなのである。

なんでリアルってことがわかったかというと、
去年、貧血がひどくなったとき同じような状態になったからだ。

体の機能が低下するまではいかなかったが、脚のむくみが治らなくなった。
お医者さんによると、人間の体ってあるところまでは恒常性を保ってられるが、
どこかに閾値があって、それを超えると一気に障害が出るらしい。

ということでわたくし、ヴァンパイアに血を吸われたのと
同じ体験をしたのだった。途中までだけど。

なんちて。なんでこんなことを書いてるかというと、ちょっと大量に出血し、
再び貧血というか血が足りなくなり、文章が全く考えられないからである。

日がな一日頭痛がし、動くと心臓がバクバクする。
ちょっと働くとめまいがして起きてられないので横になる。なんて感じで
寝たり起きたりの生活。これ、たぶんあと1週間続く。

血液ってね、1週間で400ccほど作られるんだって。わたくしの体内に
失われた分の血が満ちるまで、あと1週間。道のりは長いのだった。

さて、わたくしの貧血は鉄欠乏性貧血である。

鉄は体内に酸素を運ぶ赤血球のヘモグロビンという物質のもとだ。
ヘモグロビン値は血液検査をすると必ず出てくる数値で、
10.1~14.6が平常値のようだ(と血液検査の表に書いてある)。
これは、多くても少なくても良くない。

貧血というのはこの数値が平常値以下になることで、
女性は月に一度出血することもあり、なりやすいと言われている。
男性でも、胃潰瘍や痔などで少量ずつ出血していると貧血になる。

もしかして貧血なのでは?と自覚症状が出るのはかなり進行してからだが、
定期的な健康診断で必ず引っかかるから、通常はそこまで進行しない。
医者嫌いで医者に行かない人がひどい貧血になる(わたくしのことであります)。

貧血=酸欠状態なので、体内ではこれをなんとかしようと心臓がフル稼働する。
ほうっておくと心臓に負担がかかり、心不全のリスクが高まる。
貧血は進行すると恐ろしいのだ。ってことで病院では鉄剤を処方する。

鉄剤はいくつか種類があるが、だいたい消化器系等に副作用がある。
わたくしの場合は、胃痛、腹部の膨満感、下痢のどれかが出る。
鉄剤には即効性はなく、副作用と折り合いながら継続して飲まなくてはならない。

でも胃が痛くなったり下痢したりするとサボるようになる(わたくしのことであります)。
そして全く治療できていない人が日本中にきっとたくさんいるに違いないのだ。

鉄剤は小腸で吸収され、血液に乗って肝臓に到達し肝臓で貯蔵鉄に変わる。
血液内にある鉄の一部は骨髄で血液を作るのにも使われるが、
貯蔵鉄=貯金がいっぱいにならないと貧血が改善されたとはいえない。
少し大量に出血すると、すぐに貧血になってしまうからだ。

鉄分が少ないと赤血球の質が悪くなり、酸素がじゅうぶんに運べなくなる。
血の色が薄くなり、まぶたの裏がまっしろになる(今のわたくしであります)。
おお、恐ろしいぞ。そして白髪が増えたり爪が変形したりするのだった。

そういえば、わたくしの白髪が一気に増えたのは、健康診断で
「貧血だから再検査すべし」と指令が出たのと同時期だった。
美魔女の心得に「貧血を治療する」と付け加えなくてはならないのだった

さて、ヘモグロビン値が平常値まで上がるのにだいたい4週間くらいかかり、
肝臓に貯蔵される鉄分がいっぱいになるのに2ヶ月くらいかかる。
1週間鉄剤を飲んだくらいでは効果はない。継続は力なりなのだ。

てなことをお医者さんは言ってくれないのだ。
言ってくれれば10年前にまじめに飲んで白髪もなかったに違いないのだ。
なんちてこれは言いがかりでしたね、すんません。

ということで現在ゾンビのような状態になっております。
つまんないことしか書けなくてすんません。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ストレス⇒十二指腸潰瘍⇒下血
これを10数回やってきました
貧血の辛さ良く判ります。

「しっかりした働き者の良い人」
になる努力をやめて
自由な田舎暮らしに成ってから再発はなくなりました。

気持ちを切り替えて楽に生きることを
お勧めしたいです。

お大事になさってください。

健康になる食事

あらら、ちょっと油断しちゃいけない感じじゃないですか。
貧血って心臓にも負担掛かるんですね。説明聞いて納得です。
無理せずに養生してくださいよ。
鉄剤も副作用があるんですね。

ちょっと調べてみましたが、食品に含まれる鉄分には、
動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」があって、
吸収率が前者が25%前後に対して後者は数%とか。
レバーがダメなら、鶏や豚のハツはどうですか?
モツがダメと聞いているのでダメですかね。
赤身肉、大豆製品、海藻などに多いですが、量が取りやすいのは肉系ですね。
一度に食べ過ぎも胃に血液を取られるので注意が必要ですよね、たぶん。

安全で美味しい食べ物も大事ですが、健康になる食事が第一かと思います。
ほんたべさん、確か食べ物の好き嫌いが多かったような印象が。
自分は納豆が苦手でしたが、健康のために数日に1パック食べてます。
大量の薬味を入れて自分なりの調合をして食べ続けて慣らしました。

弱気にならずに、でも油断することなく、しっかり貧血を治療してください。
コメント返しはいつでも構いませんので。

Re: No title

間取さん、おはようございます。

> ストレス⇒十二指腸潰瘍⇒下血
> これを10数回やってきました


ひー。大変ですねえ!
男の人のほうがつらそうです。


> 自由な田舎暮らしに成ってから再発はなくなりました。


ストレスが原因だったのですね。
良くなってよかったですねえ。

>
> お大事になさってください。

ありがとうございます。
血がいっぱいになるのをひたすら待っている今日このごろです。

Re: 健康になる食事

H2さん、ご心配かけてすんません。


> レバーがダメなら、鶏や豚のハツはどうですか?
> モツがダメと聞いているのでダメですかね。

全体的に内臓肉がダメなので、全部ダメでーす。
レバーが一番いいんでしょうけど・・・。



> ほんたべさん、確か食べ物の好き嫌いが多かったような印象が。


ははははははは。
確かに。かなーり多いっすよねー。

内臓とか羊とか、ニオイのするものがダメでーす。
納豆ほか大豆製品は好きなのですが、まあ、貧血には役立ちませんね。
あ、でもモロヘイヤとかいいらしいので、もう少し積極的に食べよう。


> 弱気にならずに、でも油断することなく、しっかり貧血を治療してください。
> コメント返しはいつでも構いませんので。


ありがとうございます。

昨日ちょっと出かけてみましたが、暑いのもあり倒れそうでした。
もう少しすると血がいっぱいになるはずなので、
元気になると思います。

さっ、鉄剤飲もうっと。

鉄分補給

>内臓とか羊とか、ニオイのするものがダメでーす。
>納豆ほか大豆製品は好きなのですが、まあ、貧血には役立ちませんね。
>あ、でもモロヘイヤとかいいらしいので、もう少し積極的に食べよう。

「鉄分の多い食品」で検索して見つけたこのページによれば、
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/iron.html
納豆も鉄分は多いようですよ。

内臓肉、鮮度がよかったら食べられたりしないですかね。
まぁそうは言っても超新鮮なものが手に入らなければ無理なので、
あとは上手に調理して食べやすくするしかないですけど。
砂肝あたりなら比較的食べやすそうな気はしますが。
上記ページの下部にある含有量一覧表でも、まずまずの鉄分量です。
あまり好き嫌いなく、バランスよく色々と食べるのが副作用がないですけど。

お知り合いのシェフにでも、
「私でも食べやすい鉄分補給レシピをいくつか作って」
と投げてみてはどうでしょう?

No title

貧血、つらいですよね~。

よさげな食べ物は他の方がたくさん書いてくださってますけど、
あとは、魚とか豆乳、プルーン、アサリ、椎茸ぐらいですかね~。
でも、症状がひどいときは、
食事だけではなかなか劇的な効果って感じにくいですよね。

牡蠣エキスがいいとかも効きますけど、とりすぎもよくなさそう。

私は、昔 「婦宝当帰こう」という漢方薬を
しばらく飲んでました。 
(プルーンエキスみたいにドロッと甘いエキスです)
今は飲まなくてもよくなりましたけど、
冷え性やたちくらみがだいぶん改善した気がします。
やや高額ですが、ほんたべさんの体質にあうようなら、短期間 
つかってみてもよいかも?

体にやさしく効くものが見つかるといいですね~。
お大事にしてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鉄分補給

H2さん、こんばんは。

> 「鉄分の多い食品」で検索して見つけたこのページによれば、
> http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/iron.html
> 納豆も鉄分は多いようですよ。

海苔なんかも多いんですよねー。
でもすでに食べもので補充するには足りなすぎるので、
とりあえず鉄剤飲んでます(笑)。


> 砂肝あたりなら比較的食べやすそうな気はしますが。
> 上記ページの下部にある含有量一覧表でも、まずまずの鉄分量です。


砂肝もダメなんですよねー。んー。

つまり鉄分の多い食材は基本的にあんまり食べてないんですよね。
プルーンとか好きなんだけど、少し食べると飽きちゃったりして。

鹿肉とかよさそうですが、毎日の食材じゃないし。
H2さんおススメの上記サイトでいろいろ勉強してみます。

Re: No title

よもぎさん、こんばんは。

> 貧血、つらいですよね~。

家で仕事してる分には何も問題ないんですが、
ちょっと外に出るとはーはー言ってて変な人みたいです(笑)。
>

> 私は、昔 「婦宝当帰こう」という漢方薬を
> しばらく飲んでました。 


おっ! 漢方ってのは盲点でした。
いいかもしれませんねー。

今度東洋医学のお医者様に見てもらおう。
むかし漢方薬常飲してましたから、意外と平気です。

ありがとうございます。
がんばります。

鉄鍋

思い出したようにもう一つ。

フライパンってフッ素加工のものを使われてますか?
フッ素加工のものは保ちが悪いという理由から、もう長いこと鉄製の中華鍋(と南部鉄器の小型フライパン)を使い続けていますが、よく言われる貧血予防に効果があるのか、ちょいと調べてみたらやはりあるみたいです。サプリのように急性の効果はありませんが、日常的に使用することで効果はあるようですよ。

おまけに、鉄鍋はうんと長く使えるのでトータルでは経済的ですね。使い方にコツは要りますけど。

Re: 鉄鍋

H2さん、こんばんは。


> フライパンってフッ素加工のものを使われてますか?


もちろん、鉄のフライパンを使っております!
レバー嫌いな分、鉄分補給のためにはかなりがんばってます!

貧血、よくなりました。
今週から復活です!
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR