「種子が消えれば食べものも消える。そして君も」

2010101011584343c_201310221157408e2.jpg
日本には明治時代稲の品種が4000品種あった。現在では300品種。
ここ100数年の間に3700品種が失われたということだ。しかしこの数字は
他所の国と比較すると穏やかな数字だという。
他国では急速に多様性が失われている。



「生物多様性と農業開発」という講演を聞いてきた。
タイトルの言葉はその講演で聞いたベント・スコウマンという植物学者の言葉である。

例えばわたくしの手に大豆が10粒あったとする。
この10粒が、この世に存在するとある品種の最後の10粒だったとする。
これを食べてしまうと10粒分の大豆にしかならない。
さらにこの大豆の品種はこの世から永久に失われる。

おお、大変だ!

しかし畑に植えると何十倍にもなり、後の世代に伝えることができる。

世界中の農家がこうしてタネ=品種をつないできた。
タネは個々の農家の保護に依存してきた非常に脆弱な存在なのだった。
そして貴重な遺伝資源であるにも関わらず、きちんと保護されて来なかった。

その結果、近代農業の効率化、主に高品質品種・ハイブリッド種の開発により、
現在ものすごい速度で昔からあるタネが失われつつある。
その危機感は一般の消費者はほとんど感じていない。

それはわたくしたちが「与えられるものしか食べていない」からでもある。

IMG_9583.jpg
例えば豆類はひとつのタネからものすごい数の豆をならせることができる。
しかしタネを植えて実がなるまで待っていられない飢えた人たちにとっては、
豆は今食べなくてはならないただの豆だ。
栽培できるというのは幸せなことなのだった。



消費者が日常生活でタネについて考える機会はそれほどない。

わたくしたちは、誰かが畑にまいて育てて収穫し、
誰かがきれいにパックしてくれたものをスーパーで買って食べる。

ブランド野菜でもない限り、品種なんてあんまり気にしない。
だって、大根は大根だもん。名前なんてあったんだあ、へー。ってな感じだ。

わたくしたちは、スーパーで野菜を吟味して選んでいるつもりでも
スーパーには「これなら売れる」と市場が考えているものしか置いてない。
実は消費者には選択の自由はない。市場がすでに選択しているからだ。

農家も同じだ。ほとんどの農家が、JAや市場が必要とするものしか作れないのだ。

わたくしたちの食べものは、市場が欲するもので決まっている。
そう考えると自由だと思っていた選択が非常に限られたものだとわかる。

実はわたくしたちは、与えられたものだけ食べている、
家畜のような存在なのかもしれない。

もしかしたら、市場と種子メーカーの家畜なのかもしれないのだった。

gazou 039
タネを採り、優れたものを選抜する技術というのは
属人性の高い作業でマニュアルが存在しない。意外と農家のかあちゃんの
専売特許だったりする。昨今ではその技術の継承も危ぶまれている。



2008年の世界の主要種子企業売上高は以下のようなものだ。

1位 モンサント(米国)
2位 デュポン(米国)
3位 シンジェンタ(スイス)

「タネを支配するものは世界を支配する」と言われる。

穀物の種子市場を席巻している上記の3社は、
GM作物を開発している会社だ。言葉通り、世界を支配しつつある。

植物の新品種の保護に関する国際条約という国際条約がある。
http://www.hinsyu.maff.go.jp/act/upov/upov1.html

非常に複雑で一度読んだだけではわからないのだが、
1978年条約と1991年条約では保護されている品種の条件が違い、
1991年以降に加入した国では保護された品種について自家採種が制限される。
(日本は1978年以前に加入。なのであまり制限されていない)

この条約に現在アフリカの各国が加入しつつあるらしい。ということは、
アフリカではそのうちかなりの品種の自家採種が制限されることになる。
そして上記穀物メジャー3社は今、アフリカでビジネスを始めようとしているのだ。

すでに世界は支配されつつある。

IMG_9598.jpg
小さなタネから出たこの芽が土と雨とお日様だけで野菜になる不思議。
そして実をつける不思議。菜園をしていると毎回感動する自然のしくみだ。
そういうの、みんなもっと身近に感じるべきかもしれないね。



さて、作りやすく収量のいいハイブリッド種(F1)が開発されるまでは
農家は自分の畑でできた野菜のタネを自分で採っていた。
自家採種することで翌年のタネを確保し、たまに農家同士で交換はしても
タネを買うことはめったになかった。

今では農家は自家採種をすることは稀で、タネやでタネを買う。
F1は品質も収量もよく、形もバッチリ揃うし病気にも強かったりして、
作りにくくて収量が悪い在来品種を作るより儲かる。

在来種が評価されているのは主に都市部の話で、
ローカルエリアであえて在来種を栽培する農家は少数派だ。

そうしてタネの多様性はますます失われつつある。
この流れを押しとどめることは可能なのかな?

日本では自家採種を禁じられている品目が81品目ある。
ほとんどが花き類で、野菜はほんの少し。ってか知らない品種ばっかだ。
http://www.hinsyu.maff.go.jp/pvr/pamphlet/060801jikazousyoku.pdf
日本では自家採種はほぼ制限されていないと言ってもいい。

さらに日本は、自家採種を行う農業者の権利を認めた国際条約
「食料・農業植物遺伝資源条約」に加入することになった。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000003621.pdf
2013年10月28日からこの条約は有効になる。

gazou 014/>
実は自家採種するには土地がないと難しかったりする。
なにしろその作物の収穫が終了してからでないとタネはできない。
畑の隅っこという土地に余裕のある人じゃないとできないのだった。
15平米の区民農園では絶対にタネ採りなんてできないのだった。



TPP交渉が進むなか、これに加入した意味は大きい。
日本の農家の自家採種を禁じることはできなくなる。
(アメリカは現在この条約を締結中)

タネはその国独自の貴重な遺伝資源であるにも関わらず、
農家という非常にローカルな存在に依存している脆弱なものでもある。

タネがある限り食べものは栽培できるが、無くなれば何も残らない。
タイトルの言葉通り食べものは失われ、わたくしたちは飢えることになる。

消費者にできることはほとんどないのだけれど、
そんなあたりまえのことをもう一度考えてみたほうがいいかもしれない。
日々の選択をもう少し注意深くしたほうがいいかもしれない。

失われてからでは遅いのだから。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。ちょうど今朝の新聞にも出てました。 http://mainichi.jp/select/news/20131022ddm007030151000c.html

なんだかほんとに種苗メジャーの世界征服計画が着々と進行してるですねぇ。いわゆる新世界秩序(NWO)思想とも完全に重なってくるんですよねこの件。
話が国家レベルなので無力感に苛まれますが、個人レベルで地道にレジスタンスしてくしかないんでしょうか。そういう意味でもご著書は反抗の指南書になりうると思いますです。

ではでは [腟究��絖�:v-22]

Re: No title

Fuさん、おはようございます。

> ちょうど今朝の新聞にも出てました。 http://mainichi.jp/select/news/20131022ddm007030151000c.html

これ見ました。いやー、あちこちでいろいろ起こってるんですね。
でもアフリカ開発は止められないでしょうねー。
>
> なんだかほんとに種苗メジャーの世界征服計画が着々と進行してるですねぇ。いわゆる新世界秩序(NWO)思想とも完全に重なってくるんですよねこの件。

うっ、それはどんな思想なのでせうか?
今度また教えてください。

今年開発された旱魃耐性トウモロコシをアフリカに無償提供するって話でしたし、
とりあえず無償提供して、その後どうするのかなって感じです。
タネ採りはできなくなるのですから。

アフリカは食いつくされるのかもしれませんね。


> 話が国家レベルなので無力感に苛まれますが、個人レベルで地道にレジスタンスしてくしかないんでしょうか。そういう意味でもご著書は反抗の指南書になりうると思いますです。
>


おおっ! ありがとうございます。
Amazonで売ってくれなくても楽天ブックスでがんばりまっす!!!
(しかし出版社に在庫あるのにずーっと在庫切れって、何かの嫌がらせ? ううううう)

ネット書店

>Amazonで売ってくれなくても楽天ブックスでがんばりまっす!!!
>(しかし出版社に在庫あるのにずーっと在庫切れって、何かの嫌がらせ? ううううう)

出版社の方はご存じないのですかね。amazonはamazonまかせにしてちゃダメで、出版社(&著者)の側から積極的にアプローチ&コミットする必要があるみたいですよ。品切れになると、在庫が復活するまで時間が掛かるようです。マメに在庫状況を確認しつつ(残り数点の時の在庫点数表示以外に、出版元がamazon在庫数を確認する手段があるのかどうかは不明)、品切れにならないように担当取次に納品するのがセオリーだとか。特に、各種プロモや告知を行なう前にはネット注文が増えることを見越して、多めに納品しておくなど。

あと、みんながamazonで本を買っているとは限らず、普段から贔屓にしているネット書店がそれぞれにあって、そういう各ネット書店の当該書籍ページへのリンクを書店バナーとともに、ブログやホームページの分かりやすいところに並べることも必要ではないですか?

amazon、honto、楽天ブックスの他にも、セブンネットショッピング、紀伊国屋書店ウェブストア、丸善&ジュンク堂ネットストア、TSUTAYAオンライン、などはそれなりに名前が知られていますし、他にも取次会社系や宅配業者系のネット書店・本の宅配サービスもありますね。「ネット書店」で検索すると一覧情報が見つかるので、個々に調べてリンクを作成したり、時間が掛かる(在庫を持っていない)書店に対して出版社経由でアプローチするなりできるかと。

売れないとすぐ返本されちゃったりとか、日本の書籍流通システムとの兼ね合いもあるし、なかなか難しい部分もあるとは思いますが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ネット書店

H2さん、こんにちは。

いやーいろいろありがとうございます。
出版社の方にもお伝えしましたよ。

わたしのブログのTOPに置くのは、Amazonで「在庫切れ」表示がなくなってからにしようかと思っておりましたが、次回の更新あたりから「本出しました!」的なプロモーションしてみます。

現在様々な友人の方々が書店注文をしてくださっているようですが、やっぱ楽天ブックスとAmazonで在庫切れだと困りますよね。
出版社のHPからも注文できるので、そういうこともきちんと書くことにします。

いろいろご心配していただいてありがとうございます。

Re: ネット書店

出版社サイトでの本の案内ページ、やっと出来ましたね。
見つからないなー、と思ってました。

小さな出版社だと、取次の対応がよくないこともあるようですね。
よってその取次から主に仕入れてる書店・ネット書店だと、思うように仕入れられなかったりとか。
取次を通さずに書店に納品したりもあるようですね。

時々チェックして在庫のあるネット書店をその都度アピールするのも手でしょうし、
本に限らずですが、amazonの一人勝ちの状況を進めてしまうと、
出版社にも著者にも消費者にも日本国にも損な状況になるので、
その辺も考えた方がいいかなーなんて思います。
なのでamazonとほぼ同等以上ならamazon以外を積極的に利用するようにしていますよ。
あまりマイナーなとこは、いろいろリスクがあるので要注意ですけど。

あと、利用したことがないネットショップ一般で気になるのは、
どういう梱包でどの業者が配達するのかが明確でなかったりすることです。
特定の宅配業者を嫌ってる人も結構いますし。
出版社の直販へ誘導するなら、こういう梱包ですよ、本が傷む心配はありませんよ、
というのがわかるように書いてあるといいかなと思いますよ。

Re: Re: ネット書店

H2さん、こんにちは。

> 出版社サイトでの本の案内ページ、やっと出来ましたね。
> 見つからないなー、と思ってました。

ちょうどWEBのリニューアルしてたらしくて、タイミング悪かったんすよね。
ご心配をお掛けしております。


> 出版社の直販へ誘導するなら、こういう梱包ですよ、本が傷む心配はありませんよ、
> というのがわかるように書いてあるといいかなと思いますよ。


確かにそういうの必要ですよね。

昨日出版社に行ってサイン本を18冊こしらえてきました。
出版社サイトで購入すると先着18名様にサイン本とその他おまけつきってのをやるみたいです。

えーいつからするのかは知りませんが、こっ恥ずかしいっすね~サイン本。くくく。

いろいろとありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR