とびっきりのぶどうを作る人たち―山形県・おきたま興農舎

IMG_1502.jpg


山形新幹線に乗っていると、赤湯からかみのやま温泉に向かう途中
車窓からこんな風景が見えます。

傾斜地に隙間なく建てられたぶどうハウスがお日様を浴びてキラキラ光り、
平地では稲穂が黄金色に輝いている…秋のこの時期だけ見られる美しい風景です。

平地には田んぼ、傾斜地にぶどうというこの風景を見るたび、
平地ではコメを、コメが作れない傾斜地にぶどうを栽培するという
日本人の勤勉さ、食糧増産の執念のようなものを感じて、少し切なくなります。

戦後、米もぶどうもものすごく儲かった時代がありました。

今は昔の物語ですが、ぶどうを2ケース売れば温泉で豪遊できたとか
大学卒の初任給の2倍ほどの収入があったとか、
昔語りに楽しげな農家の話を聞くことがあります。

確かに私が子どもの頃、巨峰はまだ高価なぶどうで、たまに食べられるとうれしかったものです。
今や巨峰は庶民派のぶどう。
それどころか、売れなくて困ったりしてるぶどうになってしまいました。

gazou 039
全国的に売れなくてワイン用とか言われ始めたかわいそうなぶどう「マスカットベリーA」。
酸味も香りもあるおいしいぶどうなのですが、昭和の味を感じてしまうのが売れない原因でしょうか。



食糧増産という国の政策は成功したのだなとは思うけど、
儲かったねえ!と笑う農民の笑顔は、あんまり見ることがなくなりました。

もう一度そんな日が来るといいなあ…そんな風に思う今日この頃です。

さて、この置賜盆地は有機農業が盛んな土地でもあります。
この地域の特徴は、農家の経営の形態。
米や野菜、果物などの単作ではなく、必ず米と果樹、畑作と米などの複合経営を行っています。
この形態だと、何かが天候の具合でダメになってしまっても収入がなくて困ることはありません。

東北の内陸という厳しい地で農業を営む農民の知恵なのですね。
また過去に何があったのだろうといろいろな想像もしてしまいます。

そんな地域の、頑固でまじめな農民たちが集まった「おきたま興農舎」という団体があります。

「できるだけ農薬は使わないでうまいものを作る」という信念のもと、農家が集まり、
日々土と向き合い、土を耕して、食べものを生産しています。

このおきたま興農舎に、二人のぶどうづくりがいます。

そのお一人、佐藤淳一さんが作っているのはルビーオクヤマなどの欧州系ぶどう、
種ありのロザリオビアンコ、安芸クイーンなどなど。

佐藤さんは種無デラも栽培していますが、それとは別に上記の品種を作っています。
理由は「皮の柔らかいぶどうは栽培が難しいけど面白いから」

ぶどうが好きな方なんですねえ。

syusei 033
「味が第一」。淳一さんと話しているとそんな執念を感じることがあります。
おいしいぶどうを作りたいっていう執念。スゴイなあ…と思う瞬間です。


syusei 049
でっかい体でちまちまとぶどうの作業ををする大沼さんを見ると、
あのでかい指でよくあんな小さいハサミでちまちま作業を…と感心します。
作るぶどうの味と言ったら、それはもう驚きの味なのです。ちまっとした作業の賜物です。


ネオマスカットやベリーAなどの昔懐かしぶどうを作っているのは、大沼延男さん。
完熟のベリーAは巨峰よりもおいしいと言わしめるほどのベリーAと
「こんなネオマス食べたことない!」というネオマスカットを栽培しています。

お二人に共通しているのは「早採りをしないこと」。

ぶどうは貯蔵が割合と効くため、早く採って冷蔵庫に入れておくことが可能です。

畑で完熟させてしまうとそりゃもうおいしいことはわかっているのです。
しかし「販売する」という視点を考慮した場合、粒が落ちやすくなったもの、
店頭にあまり長い間置いておけないものは困ります。

そういう理由から、ほとんどのぶどうは早採りのものが売られているのですね。

gazou 022
マスカット香の素晴らしいルビーオクヤマ。淳一さんの作る高級ぶどうです。
赤いぶどうは夜温が下がらないと色がつかないため、今年は大変な年になりました。
華やかな芳香とほんのりと感じる渋み…まさに大人の味。
やったことないけど、ワインとかリキュール類とか、そういったお酒に合いそうです。


gazou 023
「そんな写真撮らなくていいよ~」と言われながら撮りました。
色のつかないルビーオクヤマ。この色合いでは売れません。
樹によって色が悪いものがあるとのことでしたが、出荷できないとはもったいない。
山梨などでも全く色がつかなかったらしいですから、
赤いぶどうは難しいぶどうになりつつあるのかもしれませんねえ。



早採りするということは、その品種の味が出ていないということ。
「誰もこのこのぶどうの本当の味を知らないのだなあ。本当はおいしいぶどうなのに」
店頭に並んでいるぶどうを見ると、いつも少し悲しくなります。

とくにそれを感じるのが、ロザリオビアンコとネオマスカット。

どちらも黄色いぶどうですが、店頭に並んでいるのはだいたい緑色のもの。
さらに、ロザリオはホルモン剤で種無処理をされているものが多く、
本当の味を見つけるのは容易ではありません。

しかししかし。

お二人のぶどうを食べると、目からウロコがボロボロと落ちていきます。

gazou 020
もっと緑色の状態で売られていることが多いロザリオビアンコ。
山形県での収穫適期は9月15日過ぎ。これは9月26日の状態です。
ジベレリン処理した種無ロザリオはもっと早くから出てますが、なんだかなってな味ですよねえ。


gazou 044
食べた瞬間、花のような芳香に圧倒されるネオマスカット。
初めて食べた時「ええっ!? これほんとにネオマスなのう!」とびっくりしました。
ネオマスなんて、フツーのなんてことない庶民的ぶどうと思ってた自分が恥ずかしくなりました。



ロザリオビアンコはあくまでもあくまでも甘く、高貴な味わい。
また、ネオマスは名前に恥じない芳香のあるすばらしいぶどうだということがわかります。

何がこんなに違うんでしょうか。

単に長い間樹につけておいたというだけではなく、有機質肥料を長年入れ続けた土と、
アミノ酸資材の葉面散布などの栽培があってこその味なのでしょう。

一般の半分程度の低農薬栽培も、高い技術なしには行うことはできません。

化学肥料や除草剤、農薬を多投している畑からは、生まれ得ない味だと思います。

惜しむらくは、そのおいしさを誰もあまり知らないこと。
だって本当のぶどうの味を知ってる人が少ないんだもの。残念なことです。

本当においしいものは店頭には並んでいないのだと、最近ますます強く感じています。
ちなみにですが、皮ごと食べるぶどうは低農薬栽培のものを選択した方がいいと思いますです。



おきたま興農舎のWEBサイトは以下になります。
果物以外にもおいしいものがたくさんあります!これからは新米がすんばらしいです

http://y-umaiya.com/message/index.html


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ほんたべさん、こんにちは。ぶどうの美味しい季節になりましたね。
ほんの少し色が違うように見えるだけなのですが・・・ぶどうの香りや味がかなり違うのだろうなぁと、ほんたべさんの記事を読んで創造しています。
本物の味・・・そういうものは、やはり直接農家のところでしか味わえないのでしょうかねぇ・・・

Re: No title

駆動さん

ほんとうにおいしいものはお店には売ってないんじゃないかと思い始めた今日この頃です。
さらにいうと、作り手を知っているってのも大きなことですよね。

くだものはとくに、お店でおいしいものを探すのは難しいような気がします。

No title

観光農園に行ってぶどう狩りをしたことがありますが
おいしかったか、と言われると…。
秋の日差しの中で食べればおいしい、という意味では
もちろんおいしく楽しかったのですが…。
できるだけ安全でおいしいものをとこころがける
作り手の方のお話を聞き、選び方もおしえていただいた
先日のほんたべさんのブドウ狩りツアーの
味はこれぞほんもの、という濃さでした。
ほんものの味をもっといろんな人に知ってもらえるよう
ほんたべさんのツアー広めたいものです。

Re: No title

nabanaさん

ありがとうございます!

おいしいものって魅力的だと思うのですが…。
でも価格の安さも魅力的なのだと思います。

ツアー企画の経験を生かして、今後もがんばりたいと思います。
よろしくお願いいたします!
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR