稲刈りを見て気づいたこと

gazou 071
黄金色の稲穂の風景は本当に美しいですよね。日本人で良かった!とか思っちゃいます。


先月から山形、広島、鳥取、和歌山、愛知と長期間移動しておりました。

ちょうど今、西日本も東日本も稲刈りの最中。
風になびいている稲穂、はざがけされた稲穂など、豊かな実りの風景が
あちこちで見かけられました。

これらの昔ながらの風情ある景色とともに、
一気に刈り取りモミにしてしまうコンバインの便利さなども目の当たりにし、
稲作について少し考えてしまいました。

昨年は一俵あたりの金額が12,000円だったと聞きましたが、今年はどうなのでしょう。
今年度産魚沼コシヒカリの価格が古米よりも安いと嘆いている農家が
ニュースに出ていましたが、また今年も安いのでしょうか。

米作はもう儲からない、そんな言葉が定着してしまったようです。


syuuseigazou 106
地域によるはざがけの形の違いレポート。これは西日本の山間地のはざがけ。
3段~5段の高さが必要な理由は、山間地で日照が短いためなのかしらと思っています。


syuseigazou 133
よく見るフツーの一段のはざがけ。この田んぼの持ち主はかけた上にさらにかけているみたいです。

syuuseiIMG_9531.jpg
山形から宮城県でよくみられる形。「くいがけ」と言うそうです。なぜこの形なのかは不明。
どなたかご存じの方教えてください。日照時間とかじゃないみたいなんですよね。


gazou 131
稲刈りシーズンになるとあちこちで咲く彼岸花。実は毒を持っています。
根茎に毒があるため、この花を植えておくとネズミやモグラの被害が無くなるそうです。
毒を抜いて食べられなくはないため、非常食としても使われていたと聞いたことがあります。
どこにでも生えているのには意味があるのですねえ。




さて、米の価格は、収穫が終わった11月~12月にかけて、
JAに出荷している米農家に支払われる「仮渡金」と、翌年、前年の米が売り切れたあたりで
最終価格の調整が行われて支払われる「追加分」の合計で決まります。

昨今あまり追加分が出ないというウワサを聞きますが、それはともかく。

平成21年度産のアキタコマチ仮渡金を聞いたところ、
一俵(玄米60kg)が12,300円(税込)だったそうです。

特別栽培農産物でも有機農産物でもない、一般的な栽培(慣行栽培)での価格です。

ニッポンの稲作はほかの作物と比較して省力化・機械化が非常に進んでいます。
限りなく効率化された結果、一戸あたりの面積もかなりの広さまで可能になりました。

そのため、一俵あたりの金額が多少安価でも、面積が広い農家であれば採算が合うようです。

しかし、中山間地の条件の悪い傾斜地などで栽培された場合、手間と経費がかかるため
18,000円~20,000円(1俵)くらいにならないと、かなり厳しいといわれます。

gazou 058
コンバインから出てきたらもうこの形になっているお米。文明の利器の力ってスゴイなあ。
あと日本人の効率化への情熱も。ちなみにこのお米、山形の期待の新品種「つやひめ」。
おいしいって評判のお米です。早く新米が食べたいなあ。



そこで、12,300円を検証してみました。

米の収穫量は10aあたり約10俵とします。
10俵採れたので、123,000円が10aあたりの売上になります。

このうち、利益はどれぐらいになるでしょう。

減価償却費、燃料、土地改良費、種苗代、農器具、修繕費等々が生産費になります。
この話をしてくれた農家の生産費は、1俵あたり約10,000円ということでした。

10俵あたりの生産費は…100,000円です。

10俵=10aだから…10aあたりの利益は…たった23,000円

うひ~、この価格で稲作を続けていけるの!? だれしもが思うはず。私もそう思います。

そして、今回山形でコンバインによる稲刈り風景を初めて見て、気づいたことがありました。

「あの機械、いくらぐらいするのかな~」
「ベンツとおんなじくらい」 一緒にいた農家がさらりと言いました。

gazou 061
この機械600万。お隣で作業してた人のはもっと大きくて1,000万ぐらい。
中古で買う人もいるそうですが、高い割によく壊れるとかいう噂も…とにかくスゴイ機械ですよねえ。


gazou 084
コンバインのお掃除をしているところを見せてもらいました。
人間の手が行っていた作業を機械ができるようにしただけ…と言われますが、誰が考えたのやら。
これは稲からモミを外すところらしいんですけど、誰がこの形にしようと思ったのやら。




コンバインは規模にもよりますが、だいたい600万から1,000万くらいするそうです。
1,000万の車を買うのは、サラリーマンだって躊躇します。びっくり!

さらにこの機械、一年のうち、稲刈りの1週間位しか使わないのです。もっとびっくり!
しかし買わなくては作業ができないのです。これが経費を押し上げているのですね。

大規模化をしなくては立ち行かない米価の低迷…でも、
大規模化するには、高額な機械の購入をしなくてはならない。

仮渡し金が急激に下がった何年か前、借金が返せないと嘆いていた農家の話が
初めて実感できました。

gazou 066
バッタだと思ったらイナゴでした。もっと凶悪な顔してると思ってました。まるっきり仮面ライダーでした。
しかしコンバインで刈り取ったらこいつらも一緒に刈り取られるのでは…?
「たぶん混じってると思うけど、この後の工程で粉々になって…」いやいやいや、もう聞くのやめときます。



付加価値商品である有機米や、ブランド産地ではもう少しいい価格だと思います。

しかししかし。
海外との競争力をつけるため、もっと安くと言われている米、
今のところ自給率100%を誇っている米ですが、
こんな儲からないんじゃ、作る人いなくなっちゃうんじゃないでしょうか。

だからこそ、個別所得補償制度があるのだと言われるかもしれません。
しかし根本的な改善には絶対にならないことは、誰もが気づいているはず。

そうは言っても大規模化は国の政策ですから、
今後この方向がブレることはないでしょう。

今まで小規模農家が大変だとばかり思っていましたが、
大規模な人たちだってすっごく大変なんじゃないかとふと思いました。

画像 002
ピカピカの新米は日本人の喜び。つい食べすぎてしまいます。
最初は塩むすびでわしわし食べて、炊き込みごはんはもったいないから、やっぱりサンマか…。
夢がふくらむ新米の季節。



わたしたちは、作っている現場のことを知らなすぎるんじゃないでしょうか。

お米がどんな風に作られていて、どう値決めされているのか
もう少し、知っておく必要があるんじゃないのかなあ。

まだ新米を食べていませんが、今年の新米はおいしいばかりじゃないような
そんな気がします。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ほんたべさん、こんばんわー。僕もようやく稲刈りが終わりました。今年は暑かったのですが、それほど被害は少なかったようです。

>くいがけ
父親に聞いたのですが、元々は、刈った稲は家の庭で乾かしていたそうです。それが、機械の導入により、田んぼで作業が出来るようになり、くいがけへと移行してきたらしいです。
それで、なぜ山形では、この「くいがけ」なのかというと、山形では竹がすくなく、「はざがけ」が難しかったという事と、輪伐が盛んだったためにその使えない木を使って、稲を干すようになったそうです。

Re: No title

駆動さん

稲刈りおつかれさまでした!
何事もなく、良かったですねえ!

また、くいがけについての情報、ありがとうございます!
地域によって素材も色々なのですね。

ひょっとしたらはざがけの樹の保存小屋が雪でつぶれるから、
長いものにかけられないのなあ…なんて思ってました。
違ってました(汗)

この情報、いろんなところで役に立ちそうです。
ありがとうございました!

感謝の心

>お米がどんな風に作られていて、どう値決めされているのか
もう少し、知っておく必要があるんじゃないのかなあ。

同感です!!
自然の恵みに感謝するとともに、自然と闘いながらコメ作りに励んでいる農家の方々の苦労をもっと知るべきです。

Re: 感謝の心

クレーマー&クレーマーさん、コメントありがとうございます!

そうですよねー。そういうことを伝えていきたいと思っとります!
今後ともよろしくお願い致します。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR