そのスムージーは大丈夫? その2 くだもの編

019_20140423081345323.jpg
山の中に自生してるのを農民が収穫し出荷してたのがバランゴンバナナ。
最近はちゃんと栽培するようになって大きなバナナが来るようになったけど、
山の中から採ってきたちっこいのの方が味が濃くておいしくて好きだなあ。



バナナは遠く海外から船に乗って日本にやってくる。
そしてバナナにはむかーしから農薬が大量に使われている。

30年ほど前、フィリピンに留学してた友人に
バナナ農園の農薬散布と、そこで働く人たちの健康被害の話を聞き、
当時わたくしは貧乏でバナナは買えなかったから「買えなくてよかった!」と思った、

某D社に入社していろいろな文献を読み漁った後は
本格的にスーパーで売られているバナナを食べるのをやめた。

農薬などの問題のほか、児童労働や労働搾取など、
バナナにはいろいろと問題が多い。
市販のバナナを買うことでわたくしはこれらの問題に加担することになる。
養殖エビを食べるとマングローブ林を破壊するのと同じだ。

バナナをフェアトレードしているオルタートレードジャパン(ATJ)が
まだ小さな会社で、バナナは宅急便でしか注文できなかった1993年頃、
某D社の社員何人かでバナナをよく共同購入した。

久しぶりに食べるバナナはとてもおいしくて幸せな気持ちになった。
なによりも、自分の支払ったお金がフィリピンの農民の自立に役立つと思うと
お金の使い方としては間違ってないよなと思った。

今では某D社でもバランゴンバナナや有機バナナを取り扱っており、
欲しい時にバナナが買える。良い世の中になったものよのう。

なんてことは置いといて。

gazou 022
最近の防除暦では最後の止め消毒に使う農薬は毒性がそれほど強くないもの、
どひー!そんなの使うのう? 的なものは使われていない。コワイ農薬は
だいたい梅雨前に使われている。それがけっこう残ってたりするのよね。



バナナは遠くの暖かい国で青い状態で収穫され、
船に乗って遠く日本までやって来る。

青いバナナは移動中に追熟して黄色くなる。
そして、輸送途中にカビや病気にやられないよう、
収穫後農薬が散布されている場合がある。輸入柑橘と同じだ。

収穫後農薬はTRZとイマザリルであることが多く、
どちらも名だたる発がん性・催奇形性物質である。

これらは表示義務があるから使用した場合は表示されてるはずだが、
表示自体をあまり見かけない。ひょっとしたら散布されてないのか、
あるいは、スーパーが表示を忘れてる可能性がある。

入港したバナナは検疫を受け、虫がいたら燻蒸される。
燻蒸剤は青酸ガスのこともあるが、臭化メチルが主らしい。

臭化メチルはオゾン層を破壊する物質のひとつで、
土壌消毒剤など農業での使用は禁止されているが、
検疫時の燻蒸はフツーに行われている。

臭化メチルで燻蒸すると、作物には臭素が残留する。

これはバナナだけではなく輸入くだもの全般に行われている可能性がある。
海外の害虫は水際で阻止しないと日本で繁殖されたらおおごとなのだ。
しかし表示義務はないのでどこにも表示されていない。

ってこと、知ってました? 

IMG_6577_20140423081833656.jpg
桃を皮ごと食べる人がいるけど、桃ってちっこい毛が生えてるでしょう。
つるつる滑らないから農薬がきちんと留まって、けっこう残るの。
袋をかけて作ってる山梨の桃は問題ないけど、無袋の桃は
皮食べないほうがいいと思うなー。
<


輸入くだものを恒常的に食べると、これらのものを摂取する可能性がある。
バナナしかり、柑橘類しかり。ベリー類やチェリー、ぶどうも同じだ。
だから輸入くだものを選択する際は「有機」を選んだほうがいい。
有機農産物は燻蒸をされると「有機」と言って売れなくなるからだ。

さて、不安のタネは輸入くだものだけではない。

国産のくだものに散布された農薬は主に果皮に残っている。
残留農薬基準値は「全果」で検査されるので、
残留農薬は基準値以内になる。皮の農薬が果実で薄まるからだ。

食品衛生法で決まっている基準値以内なら販売しても大丈夫なので、
売られているものの残留農薬はゼロではないと思った方がいい。
ほんの少しだから気にしないと言う人には何の問題もないが、
気になるのなら皮はむいたほうがいい。

よく「皮はむいた方がいいの?」と聞かれるが、
残ってるか残ってないかなんてことは調べないとわかんないし、
食べてもただちに健康被害はないからなんとも言えない。
言えるのは、残留農薬はゼロではない可能性があるってことだけだ。

さてそんなことを考えてみると。

スムージーにりんごは皮ごと入れる。そしてバナナは必須食品らしい。
国産くだものには旬があるから、日々くだものを摂取しようとすると
輸入くだものを使わざるを得ないこともあるだろう。
さらに、グリーンスムージーには小松菜かほうれん草が入る。

うーん。うーん。
ほんとに健康的な飲みものなのかなあ。

gazou 022
6月下旬になるとすももが出荷されるけど、すももはスムージーには
使わないのかな? 酸っぱくておいしそうだけど。
でもまあ、そのままかぶりついたほうがおいしい気がする。



植物の酵素をそのまま取り込めるすんばらしい飲みものと書いてあるが、
原料によっては不安のタネを毎日飲んでるのと同じだと思うなあ。

ということで。

バナナは有機のもの、りんごは減農薬栽培のものを選んだほうがいい。
小松菜やほうれん草はあったかくなってきたら入れない方がいいと思うな。
梅雨に入ったら硝酸態窒素の数値はうなぎのぼりである。
光合成しないからね。暑くなると生育が早まるしね。チッソ吸い放題。

ということで、夫には「そんなもん絶対作らん」と言いました。
悲しそうにしてました。くくくくく。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR