日本一手間のかかる味噌づくり第2回「草取り」のご報告

067.jpg
いつものことですが、畑で記念撮影をし忘れておりました。
終始雨がなんとなーく降ってる中での草取り、お疲れ様でした。

033.jpg
草取り前。カメラの設定間違えてピンぼけですんません。
060_2014092708371316e.jpg
草取り後。きれいになっております。どうでもいいけど欠株がひどいのは
小糸在来という在来品種の発芽がイマイチだったから。
最終収量が気になるところです。ううううう。

048_201409270836328ab.jpg
草取り後、中耕。根っこに空気を送って生育を促し、
1kgでも多く収穫量を増やすぜ! って感じでやる気まんまん。
中耕って意外と雑でいいのだね。なんとなくしみじみびっくり。



誰にでもできるけど中腰で何時間もしなくちゃならなくて、
ものすごーくくたびれるしつまらないから皆が嫌がる作業、それが草取り。

「なぜ草を取らないといけないのか、どうせ生えてくるのに」
なんて思っても言ってはいけない、それが草取り。

都市生活者が思うより、農村における草の地位は低く、
ミツバチや天敵を涵養するなんてことはほとんど考えられていなくて、
草とは「見つけたら速効で抜き取るもの」である。

わたくしが以前担当していた農家の畑には草ひとつなかった。
ただひたすら美しい地面が広がっていた。
とくに埼玉県、愛知県界隈に顕著であった。

彼らは人の畑に行っても、草を見ると反射的に引き抜く。
他人とか自分とか関係なく、とにかく「草」については脊髄反射的に抜く。

「草、悪!」そんな意識がひしひしと伝わってくるふるまいなのである。

しかし、草が生えてても気にしない農家もいる。

自嘲気味に「駄農」とか言って笑っててもオーケイだ。それは
そもそもその土地にながーいこと住んでいて農業をやってるからとか、
畑が自分の土地だとか、さらに地域の有力者だとかで、
そういう「何か」がないとそんなことはなかなか言えない。

026_20140927083716dca.jpg
「100倍返しの草」と呼ばれる強害雑草「豪州有田草」。ちっこいタネが葉軸に
いっぱいついてて、引っこ抜くとこれが全部落ちてまた芽を出す。
レーキでこそげ取るとタネが全部落ちるからめっちゃめんどくさい。

015_20140927083651ee2.jpg
抜いた草は全部畑の外に出さねばなりません。また生えてくるからね。
草取りを経験すると「除草剤って便利だなー」と必ずチラリと脳裏をよぎりますよ。
「いやいや、イカンイカン!」なんて頭をフルフル振ったりしますよ。

028_20140927083650c82.jpg
なぜ草をはやしてはいけないか、草を生やすとはどういうことか
いろいろと教えてくださった指導係の岩井さん。ありがとうございました。

031.jpg
なぜ草をはやしてはいけないのか、草を生やすとはどういうことか、
教えながらも手がめっちゃ動いていた指導係の富谷さん。ありがとうございました。



例えばこれが新規就農者だったりすると大変である。

畑が草ぼうぼうになっていると、地主は畑を貸さなくなったりする。
自分だけならまだいいが「だから新規就農者に土地貸すのヤなんだよ」
なんて言われると、その土地に新規就農者は入りづらくなる。

ってな感じで「草取り」ってものすごーく大事なのである。

いかに素早く取り除くか。近隣の農家の方々の心がざわめかないよう、
心安らかでいられるよう、常に努力しなくてはならない。
なんて思っててもわたくしの農園は草ぼうぼうだ。
隣のおじさまごめんなさい。

さて、今回大豆のタネまきをした千葉県の山武市あたりではとくに、
草は生えていてはいけない存在である。
一粒草の種を落とすと、その先何年も芽を出すことから、
「孫子の代まで草は祟る」とまで言われるらしいのだ。

近隣の畑を見ても、ほとんど草は生えていない。
ここでは「自然農法」「草生栽培」なんてのはできないのだ。
地面を貸してもらえるとかどうとか以前の問題なのだ。

その草を草取り体験のためにひと月放置させてもらうという、
さんぶ野菜ネットワークの担当者にとっては針のむしろ的なことを
今回我々は決行していただいたのだった。

ありがとうございました。ううううう。

035.jpg
今回中耕機を使わせていただきました。意外と取り回しが難しい。
足ざっくり行きそうで見てるほうが怖かったっす。

042.jpg
空いてるところに冬野菜のタネまきをしましたです。
富谷さんに教わったやり方がものすごく丁寧で、自分のタネまきと全然違ってて、
緑の指以前の問題だったのかもとか思って、なんかすげショック。



大豆栽培の指導をしてくださっている農家の方々も、
すごく、というか、一番というか、草を取ってくださったのだが、
反射的に「取らなくてはならない!」と脳から指令が出たのではないだろうか。

一畝だけ「一か月放置するとどれぐらい雑草って生えるのかなー?」的な
かるーい気持ちの実験してみて死ぬほど草が生えてた部分の
草取りを全部してくださって、ほんとにほんとーに申し訳なかったです。

ともあれ、ものすごーくキレイに草がなくなった畑で、
来月11日に再度草取りをするのだ。
3週間でどれだけ草が生えるのか。またご報告いたします。

なんてまた言ってます。すみませんすみません。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

いつも見ています。

大豆畑の欠株びっくりしました。次回からは苗を仕立てて移植することにしては・・・・
インゲンや大豆はマメを地上まで持ち上げて発芽するので俗に言う豆のヘソを下にして蒔いてみてはいかがですか。
発芽率あがるとおもいます。

Re: No title

中山間の黄色い家さん、コメントありがとうございます。

> 大豆畑の欠株びっくりしました。次回からは苗を仕立てて移植することにしては・・・・

そもそも種蒔き時期がひと月遅かったこと、その時期ものすごい旱魃だったこと、
豆を植えた後に鎮圧しなかったこと、前日にうなったので土がふわふわだったこと、
タネが二年ものだったこと、などなど、何が原因かわからないのですが、
小糸在来だけ発芽率が悪く、黒大豆はちゃんと出てたのです。

苗を仕立てて移植、というような手間がかけられないので、
直播き、鶏肉割れたらゴメンナサイ的な、
そこも楽しみましょう!的な体験なんですけどねえ。

> インゲンや大豆はマメを地上まで持ち上げて発芽するので俗に言う豆のヘソを下にして蒔いてみてはいかがですか。
> 発芽率あがるとおもいます。

おお、来年やってみます。
というか、自分が枝豆作るときにやってみます。

ありがとうございました!

草取り

欠株がなければ、手作業で草取りをする場合でも1回くらいで済むんですよね、たぶん。
初期に除草剤を使わず、手作業での草取りも避ける方法として、マルチムギはどうなんでしょうね。品種選定や量やタイミングがなかなか難しいみたいではありますが。

ところで最近、加工所がらみのことを少し調べています。今は許認可の種類ごとに設備を分けて用意せねばならないなど、厄介&高コストなんですね。仲間うちで作って消費する分には関係ないですが、製造販売しようと思うと。

Re: 草取り

H2さん、こんにちは。

> 欠株がなければ、手作業で草取りをする場合でも1回くらいで済むんですよね、たぶん。

んー、どうでしょう。
前回茨城でやった時には2回では足りませんでした。

今回は種蒔き時期が遅かったので、草も背が低いですが、
7月とかに播種すると夏草が思い切り生えますから、足りない気がします。


> 初期に除草剤を使わず、手作業での草取りも避ける方法として、マルチムギはどうなんでしょうね。品種選定や量やタイミングがなかなか難しいみたいではありますが。

どうでしょうねえ。。。。そこまで経費をかけるのかあ、
って感じですかねえ。

>
> ところで最近、加工所がらみのことを少し調べています。今は許認可の種類ごとに設備を分けて用意せねばならないなど、厄介&高コストなんですね。仲間うちで作って消費する分には関係ないですが、製造販売しようと思うと。


自分で加工場? ジャムのみみたいな目的があれば
個人でやってる人たくさんいますが、
作るものを広げれば広げるほど大変そう。

コスト

>前回茨城でやった時には2回では足りませんでした。
そうなんですか。
タイミングや畝間隔の違いによる研究とかないのかなーって思いますね。

>どうでしょうねえ。。。。そこまで経費をかけるのかあ、
>って感じですかねえ。
人件費もコストですよね。どっちが安上がりなのでしょう。
グリーンツーリズムの場合は関係ないでしょうが。

>自分で加工場?
いえ、個人ではなく、集落営農法人(既設)での展開の検討です。人手が足りなくていろいろな構想があっても展開しにくいことや後継者問題が大きな課題で、いずれはよそから新規就農者を受け入れていかないと、地元がらみの人材だけでは回らなくなるでしょう。
とはいえ、農業がらみで生計が立つ基盤が弱いところをわざわざ選ばないですよね。定年組なども含めて就農者を増やすには地元に直売所がほしいと思いますが、立地や人材、商品供給能力を考えると、いろいろな野菜を使える類の加工所が先かなと。よそに委託してやってもらう種類もあっていいですが、地元でも何か展開していかないと前に回らないと思うので。どういう順でやればうまく回るようになるか、状況を聞きながら勉強しているところです。菓子製造をやるにしてもまずはちゃんと勉強した人材がいないとなんですけどね。

Re: コスト

H2さん、こんにちは。


> いえ、個人ではなく、集落営農法人(既設)での展開の検討です。

加工場があると農産加工という選択肢が広がりますもんね。
よそで加工すると運賃がバカにならないですから。

とは言え自力で作るのは大変でしょうねえ。
がんばってください。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR