規格外品だけを欲しいと言われても

gazou 027
収穫したばかりの原木しいたけ。へんてこな形のやつ、
ちっこいの、バカでかいのは規格外。原木しいたけって規格外できやすそう。
そう考えると菌床しいたけって正品率良さそうだなあ。



某D社時代に担当だった産地に行ってきたです。

わたくし産地担当時代に担当の果樹産地の仕入れ値を
9月中旬から始まる果物天国(売る方にとっては地獄)をクリアするため
ことごとく値下げしていただいたことがあったです。

当時は天候が良かったせいか果物の市場価格がめっちゃ安くて、
スーパーの価格が安いと某D社の果物は売れないから、
値下げによる販売促進をするしかなかったのだった。

しかしまあ、そんなことはすっかり忘れていた。

そう言えばこの交渉過程でわたくしに「夜叉」というアダ名が付いた。
わたくしは二つ名を持つ女である。

んで、約10年ぶりにその思い出話をされ「うひい」と思ったわたくし。
「値下げしたから売れたじゃん!!」とか思っても、
農家には売れたことではなく値下げの思い出だけが残っているのだった。

その際、わたくしは価格を下げていただいただけではなく、
出荷規格も整理させてもらった。たぶんきっとおそらく
いろんな人に嫌われていたのだろうなあと思ったりする。

「有機だから」「無農薬だから」虫食いだらけでいいとは思わないし、
食べておいしい大きさのものを出荷してもらいたいじゃありませんか。
ある程度の見た目の良さはどんなものでも必要であろう。
だって、それなりのお値段を払って購入していただくのだから。

なんちて。今さら言ってみたりするわたくし。

gazou 039
夜叉というアダ名はこのベリーA作ってる農家がつけてくれました。
大幅値下げしてもらったあげくあーでもないこーでもないと言ったせいか、
「可愛い顔してるけど、やることは夜叉だ!」だって。 んー。うれしいような。
悲しいような。今も仲良しだけど。



さて、出荷規格とは大きく分けて「見た目」と「大きさ」という
2つのものさしがあり、基本的にどちらもクリアしたものが
お店で売られている。

時折「小さいもの」が安価で売られているのを見かけるが、
「バカでかいもの」「虫食いだらけのもの」「病気のもの」は
売られているのを見たことがないので、
商品価値があるのは「小さいもの」だけなのだろう。

農家も「小玉ができちゃったから売ってくれない?」とは言うが
「バカでかいのができちゃったから売って」とはあまり言わない。
でかいものは生理障害が起きている可能性が高くクレームの可能性があるし、
基本的にはそんなにおいしくないことが多いからだ。

例えばじゃがいもは一個350g以上になると中心に空洞ができやすく、
そこが褐変したり、空洞ができなくても中黒という症状が出やすくなる。
さつまいももバカでかいものは中が黒くなりやすいのだ。

「でかい=チッソ分が多かった」という場合もあるから、
腐りやすかったりもする。内部が充実しておいしくて
しかも大きなものというのはなかなかないのだ。
その野菜本来の味を70%程度に薄めた味というようなものになったりする。

でっかくなるけど障害があまりなくておいしいもの、
問題ないものと言ったら、人参とズッキーニくらいかな? 

070a.jpg
非常にわかりやすい例。秋映の贈答用。きれいだねー。
065.jpg
秋映の正品(出荷用)。色のばらつき、若干のサビなどで
贈答にはならないの。贈答は色がきれいじゃないとダメなのね。

064_20141112115121b67.jpg
規格外品。ジュースになったりパートのおばちゃんや知り合いにあげたり用。
サビとかキズとか変形とか色が悪いとか小玉とか。
贈答と比較してみると「規格外ぶり」がよくわかるかも。



さて、最近はあまり聞かなくなったが、時々
「出荷規格外の野菜(果物)を安く売ってもらえれば
消費者にはとてもうれしいし、農家の支援にもなるわよね」とか、
「規格外品だけなら安くて売りやすいから出荷して」
とか言う流通・小売・消費者がいる。

たぶん善意のひと言なんだろうと思うが、
これを言うと農家には意外と嫌がられる。

試しに農家にそう聞いてみよう。皆困ったような顔をするはずだ。
「そうだねー」とあいまいな返事をされるかもしれない。
「規格外品が売れるなんてラッキー!!! めっちゃうれしい!!!!!」
みたいな反応を期待していたら、肩透かしを食らったような気になるだろう。

実は規格外品だけを段ボールにちまちま詰めて
やすーい価格で出荷しても全然割が合わない。
手間と暇と段ボール代と送料は正品と同じだけかかるのだ。
だから規格外品だけを出荷したがる人はあんまりいない。

「正品のついでに規格外品も買ってくれたらちょっとうれしい」って感じだ。
「規格外品作るために農業やってるんじゃねえからよう」と
非常にしばしば言われたが、これが農家の本音であろう。

だから「規格外品だけ欲しい」と言ってくる某社の悪口を
わたくしはあちこちの農家から聞いている。
農家にとっては「正品作ってなんぼ」なのである。

gsazou 002
長野まで取りに行った小玉りんごをマルシェで売ったことあります。
「小玉をいちいち分けるの面倒だしさー、規格外と一緒とジュースにした方が楽」
とか言われることが多くて、出てこないのよね、小玉りんご。
でもりんごって小玉がすげーおいしいのよね。



コンテナに入れて置いとけばジュース屋さんが取りに来るとか、
近所のレストランが欲しいと言うからちょびっと持って行くとか、
遊びに行ったら「ハネ出し持ってって」と大量に持たせてくれるとか、
(↑これ、すげえうれしいけど)
農家における規格外品の扱いは「出荷する」ではなく
「取りに来たらあげる・売ってあげる」てな感じだろうか。

なんて思ってたら。

某D社が規格外品を商品化したらしい。
おお、渋る(絶対に渋ってるはずだ)農家をどうやって説得したのか。
日頃の信頼関係の賜物か、某D社。すげえなー。

内容を見たら「キズりんご」「でかいさつまいも」とか書いてあった。
キズりんごは障害はないと思うが、でかいさつまいもはどうかな。

中黒だいじょぶなのかなー。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

勉強になりました

農家(米と野菜)やってます。野菜も規格外は捨ててます。話がわかりやすくて楽しめました。

Re: 勉強になりました

ながやさん、初めまして。
コメントありがとうございます。

今後とも宜しくお願いします。
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR