【日本一手間のかかる味噌づくり】選別終わりました

125.jpg
今回は畑ではなく某D社事務所でやりました。
午前中で終了~。意外と楽ちんだったなー。



8月にタネまきして草取りして収穫して脱穀して、選別。
いやー、来月は味噌づくりですよ。月日のたつのは早いものよのう。

今回の大豆は8月のタネまきってこともあるせいか小粒が多く、
紫斑病が少なく、正品率が意外と高いのだった。
しかし正品率が高くても小粒が多いので収量は稼げない。

穀類における粒の大きさは収入に直結するのだなと痛感したわたくし。

そして某D社勤務時に小豆農家が「メッシュを0.5ミリ小さくしたい」と
担当に電話をかけてきてたことが走馬灯のように頭をよぎるわたくし。

メッシュというのは豆の大きさを選別する網のことである。
0.5ミリ(だったっけな)小さくすればひっかかる豆が増えるから
収量が上がるのだ。うーん、あの年は小豆が不作だったのだろうか。

ま、いいか。

豆農家なら機械でバババーっと選別できるのだろうが
ちまちまとヒトが選別するのはけっこう大変である。
選別機がなかったころはこれをヒトがやってたのかなー。
大量の豆を夜なべして選別する自分を想像して頭がクラクラするわたくし。

文明の進歩ってすばらしいわね。

115_20150209100034fd7.jpg
黒豆班と小糸班に分かれて選別。黒豆って紫斑病とか
わからないよなあ。この人たちははじかれた豆。

124_20150209100032f40.jpg
正品の豆。やっぱきれいですね。
103.jpg
お菓子の箱の蓋を使って選別しております。
時折おしゃべりしてはすぐに無言になるって感じで、みなさんマジメです。
くだらない話でゲラゲラ笑うなんてことがあんまりありませんでした。



さて【日本一手間のかかる味噌づくり】は来季も開催される予定のため、
今回「来季用のタネを採る」というミッションも課されていた。
選別した正品の中から、更に大粒で揃っていて
美しく瑕疵のないものを選別しなくてはならない。

これは「自家採種」と言って農業の基本でもある。
おお、すごいじゃないか、自家採種。すばらしい、自家採種。

苗半作とよく言われるが、タネの出来がいいのが前提の話だから
タネが良くないとその年の作柄は全然ダメなのだ。

だからタネ採りとは大変とても重要で、
へなちょこなタネを選ぶと欠株だらけなんてことになりかねない。

しかしそうなったとしても自己責任である。
だって選んだの自分たちだもん。
「あんたのせいじゃん!」とは誰にも言えないのだった。

などという責任重大な作業をちみちみと地味ーにやっていたら
山形大学の江頭先生に在来種の取材をしたときのことを思い出した。
江頭先生はとても興味深い話をあれこれされたのだが、
非常に強い印象を受けた言葉がひとつあった。

それがこれ↓
「タネ採りは昔から女衆の仕事でした」である。

113.jpg
来年のタネ用。粒揃い、美しいです。タカラヅカのトップスターのよう。
109_20150209100053755.jpg
味噌になる用。選果基準は「その豆で味噌作りたいかどうか」で
みんなちょっと厳し目に選別したかもなー。

107.jpg
味噌になれないカビ、ワレ、虫食いの人たち。合掌。
128.jpg
それぞれ2kgずつタネ用の大豆採りました。
10時スタートで終わったのは1時。意外と早かったなー。



種苗メーカーがタネを作って販売する以前は、
個々の農家がタネ採りをしていた。
タネは買うものではなく採るものだった。

「タネ採り」は翌年の家族の収入や食料を左右する重要な作業である。

良い種を選別しないと野菜や穀物がきちんと育たないかもしれない。
そうなると家族が飢えることにもなりかねない。
だからこそ、家族の台所を受け持つ主婦がタネ採りをした。

冬の間、女衆は夜なべして翌年のタネを選り分ける。
地道なこの作業は力仕事が自慢の男衆にはできない。
「タネを採ること」に必要なのは、
「家族を守る」という愛情なのだった。

うおう! それは大変だ。

来季の大豆がうまくできなかった場合は、
我々の愛が足りなかったってことである。ぐぐぐぐぐ。

7月にタネまきし、8月に畑に行って欠株だらけだったら
「愛が足りなかったのだなー」と反省しなくてはならないのだ。
取り返しがつかないけどしょうがないのだ。ううううう。

なんちて、7月の話よりもとりあえず来月の味噌づくりが先である。

ってことでみなさん。来月またお会いしましょう。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR