骨粗しょう症が気になる今日この頃のわたくし

173_2015021417102542f.jpg
色彩学の研修に行ったとき、講師に言われた忘れられない一言。
「女性ホルモンってねえ、紫色なの。だから白髪のオバサンたち、
髪の毛紫に染めてる人多いでしょ。あれ、女性ホルモンの補充なの」
わたくし紫色に執着はありませんが、最近ピンク色が好きになりました。



幼いころ、親戚のおばちゃんの実家に遊びに行ったら、
くったりと腰の曲がっているばあちゃんが縁側に座っていた。

「おばあちゃんの腰はなぜ曲がっているの?」
赤ずきんちゃんのような無邪気さで直球の質問をしたわたくし。

ばあちゃんはニコニコ笑ってこう答えてくれた。
「あんたくらいの小さな頃からずーっと腰を曲げて農業してきてね、
そうしたらこんなになっちゃったんだよ」

農業とはなんて恐ろしい職業なのだろう。わたくしはそう思った。
その後ながーいことばあちゃんの言葉を信じており、
疑問に思ったことすらなかった。

わたくしの住んでいる世田谷区界隈では、
腰がくったり曲がっているお年寄りの女性はほとんど歩いていない。
なぜ存在しないのか。それは農業従事者がいないからだ。
なんちて、ぼんやりと思っていたらしい。

2015年1月末、お友だちのお医者さんに上記の話をしたところ
「ぎゃはははは」と笑われ、初めて間違っていたことを知った。

腰が曲がる原因は骨粗しょう症である。
曲がる理由は背骨が圧迫骨折しているからで、
農業は全く関係ないのだった。

えええええー、こ、骨折?
骨が折れてるってこと? そんで痛くないわけ?
いろいろものすごくビックリしたので、あれこれ調べてみた。

調べてみるとあちこちで話題になっており、
「知らない間に骨折」とかでキャンペーンも張られていて、
圧迫骨折は世間の常識のようなのだった。

皆さん、知ってました?

さて、脊椎の圧迫骨折と診断されるきっかけになるのは
1.腰が曲がってきた
2.ここ数年で身長が2センチ以上縮んだ などだ。

腰痛で診察に行って圧迫骨折と言われることもある。
痛い人もいるが痛くない人もいるから発見が遅れることもある。
現在骨粗しょう症患者は1000万人ほどいると言われている。

008_2014041412282283c.jpg
骨粗しょう症予防のための栄養素はカルシウム(小魚)、
ビタミンD(鮭、サンマなど)、ビタミンK(卵、ほうれん草など)と適度な運動。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに似たふるまいをするらしいから
大豆製品は必須。味噌汁食べてりゃいいような気がするわたくし。



そもそも骨がスカスカになっているので、
自重を支えられなくなって骨の一部がぐしゃりと潰れる。
潰れるとまっすぐに体重を支えられないから前に傾く。
その結果、腰が曲がる。そしてさらにぐしゃりぐしゃりと骨折が進む。

こういう状態でうっかり転ぶとまた骨折したりして、
悪くすると寝たきりになったりする。
そうなるとQOLが著しく低下し医療費も嵩み、
どうかすると動けなくなって認知症になったりするのだった。

わあ、大変だ。骨粗しょう症、恐るべし! なのだ。

女性の場合はとくに「閉経」という
人生の後期における体質変化の最大のイベントと同時に、
骨粗しょう症のリスクが急激に高まる。

それまで潤沢に分泌され高血圧や肥満から守ってくれていた
女性ホルモン「エストロゲン」が減少してしまうため、
骨からカルシウムが溶け出す速度が速まるのだ。
同時に肥満や高血圧のリスクも高まる。

補給よりも溶け出す方が多くなり、結果骨がスカスカになる。

骨密度は20歳から40歳前半がピークで、
この後は減ることはあっても増えはしない。

加齢によってゆるやかに骨密度が減少していくなか、
それをできるだけ防ぐためにはカルシウムとビタミンDの補給、
おひさまを浴びて適度に運動することなどが常時必要になる。

骨密度がピークになる若くて元気な頃にカルシウムをちゃんと食べ、
ムリなダイエットなどをしていないことも必要なことらしい。
骨密度を稼げるのは40代前半まで。その後は減るばかりだからだ。

だからね。閉経直前に焦ってもダメなのよね。
それまでの食生活がどうだったかによるのよね。
閉経後は積極的に努力しなくちゃいけないのよね。

しかし昨今、背中が大きく曲がっている人を見かけない。
人々の栄養状態が良くなったことも大きな原因ではないだろうか。
そう考えると、給食で無理やり牛乳を飲まされたことなどは
骨密度を高める一助になっていたのかもと思ったりするわたくし。

給食時、人のぶんまでチーズをもらって食べていたが、
食べた甲斐があるといいよなあと今さら思うわたくし。くくく。

健康寿命
『ほんとうにおいしいものはお店で買えない』に書いた
健康寿命と平均寿命の差の図。切羽詰まって書いたわりに
うまいこと表現できました。なんちて自画自賛。



ともあれ、平均的な閉経の年齢は現在52歳である。
その13年後、65歳には半数の女性が骨粗しょう症になっているらしい。
そしてさらに10年後にはピンピンしていられる健康寿命がやってくる。

女性の平均寿命はその13年後である。
13年間は要介護状態で生きなくてはならないのだ。
ううう、なんて長いんだ。

とりあえずわたくし、背中が曲がるのはイヤだし、
寝たきりも、要介護で13年生き続けるのもイヤなのだった。

なんちてグチグチ言ってたら、お友だちがアドバイスをくれた。
「閉経時に骨密度を測って自分の基準を知っておくこと」。

基準値を知っていれば減ってきた時に対応できるのだ。
そして早期発見早期治療で骨粗しょう症の進行を遅らせることができる。

病院は嫌いだが、今の若い人たちに迷惑をかけないよう、
(なにしろ国民健康保険は2025年以降大変になるのだからね)
医療費削減に協力していく必要があるだろうと思うわたくし。

わたくしたちが健康に生き続けることは
自分たちの子ども世代を守ることにもなるのだ。

あとね。

いつまでもサクサク動くいい体を維持するためにはやっぱり
食べものに気をつけたほうがいいと思うのね。
バランスの良い食事、適度な運動、きちんとした食べもの。
大切なのはこの3つ。あと太らないこと。

なんかすごくわかりやすかったWEBサイト↓
食品成分有効性評価及び健康影響評価プロジェクト解説集
骨粗鬆症と栄養
http://www0.nih.go.jp/eiken/chosa/bone.html


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR