「有機農業には勇気が必要でした」 富良野市 今利一さん

広大な大地、どこまでも青い空、広がる草地…。
そんな豊かなイメージのある北海道ですが、現実は、一年のうち半年しか農業ができない厳しい土地。
5月中旬から10月下旬までの短い間、農民は農作業に追われます。

kon.jpg
富良野と言えばドラマ「北の国から」。この番組の有機農業の指導もしたことがあるという今さん。
有機農業への思いはだれにも負けません。


そんな北海道で約25年前から有機農業に取り組んでいる、今利一さん。
有機農業を始めるきっかけになったのは、アスパラガスの栽培でした。

「アスパラガスって、一番面倒なのが除草なんだよね。だから一般的には除草剤を散布する。
今はどうか知らないけど、当時は収穫前日まで除草剤をまいてよかった。
それを出荷するでしょう。出荷しながらね、これ、人が食べるんだなあ…こんなことしていいんだろうか。
これではダメだなあ。そう思ったんだよね」

hatake.jpg
この傾斜地から見えている山の中の土地は全部今さんのもの。
大型機械が入りづらいため作業には倍以上の手間がかかり、ときには命に関わることも。


今でこそ、「有機農業推進法」が施行され、有機農業は国の政策であることが認識され、
一般的にも認知されている有機農業ですが、当時はそうではありませんでした。
有機農業などと言おうものなら、地域からは村八分にされ、異端児扱いされることもしばしば。

今さんも例外ではありませんでした。

「有機やってると人の迷惑になるからとか、迷惑だからつぶしてやるとか、まあ、
いろんなことを言われました。近隣の農家が廃業するとき借金の肩代わりで土地の購入をするんだけど、
山の中とか傾斜地とか買わされるわけ。有機だから虫が出て迷惑だからとかで」

そば畑2
傾斜地に栽培されているそばはほぼ放任栽培。
雨が降って流れた水のあとがそのまま残るようなやせた土では、なかなかいい作物はできない。


ほとんどがそういう条件の悪い土地…機械は入りづらく、雨で土は流される…
そんな今さんの畑は、今50ヘクタールあります。
有機質肥料を入れても入れても追いつかないので、現在、半分は緑肥を入れて休ませています。

北海道の農業は、本州の農業と違い、大規模集約型。
ほとんどの農家が即効性のある化学肥料を使っています。
そんななか、あくまでも有機農業に取り組む今さんの思いは、どこからくるのでしょう。

「農業の役割って何だと思う? 食糧の生産だよね。
食べものを作ることだよね。だから安心できるものを作りたい。

農薬や、化学肥料を使う農業はダメだと思う。
有機質を土に返して作物を作る…これは有史以来ヒトがやってきたことでしょう。
薬を使う農業は正しくないと思うんだよね」

zyosou.jpg
片側100mの畑の草をもくもくと除草する今さんのスタッフ。
淡い緑の部分がまだ除草できていないところ。
除草剤をまくのが前提の北海道の農業で、こんな手間をかける人はそんなにいない。


化学肥料を入れれば、農薬を使えば、それなりの収穫量が見込めることがわかっていても、
(なにしろ以前、富良野で一番の収量を上げた経験もあるんです!)
小さい玉ねぎやじゃがいもができて、収入が減ってしまっても、
自分の信念を貫く今さん。

「有機農業は哲学であり、思想なんですよ」と笑います。

「少しぐらい借金があっても、作物が全滅しても、
俺、今まで自分の思うとおりにやってきたんだもの。
そういうの苦労じゃないと思うよ」

そろそろ玉ねぎやじゃがいもの準備に取り掛かる今さんの畑。
今年はどんな年になるのでしょう。全滅しないことだけを祈っています。

今さんのとうもろこしを食べてみたいと言う人はぜひ拍手を!↓

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR