いつまで続く、無慈悲な暑さ

016_20150805103250bb9.jpg
ようやくパプリカを赤くすることができたですよ。
大量に食べたくて植えてみたけど木もまだ小さいし、
着果はしてるけど赤くすると老化するしで「大量」はムリかもな。



数日前、NHK見てたら気象予報士が2分間に7回
「モーレツな暑さ」と言いました。2分間に7回ですよ7回。

「思い切ったな、気象予報士!」と思ったのはわたくしだけではあるまい。

その証拠に、翌日はさらに「モーレツな暑さ」だったのに、
彼は「モーレツ」を2回程度しか使わず「厳しい暑さ」と言い換えていた。
全国各地からNHKに電話がかかってきてお叱りを受けたのか、
上司から「違和感がある」とかで注意されたのかは不明だ。

10回くらい言ってもいいよなあこの暑さなのにと
わたくしはNHKにちょっとガッカリしてしまったが、
別のいい表現を思いついた。「無慈悲な暑さ」。良くない?

誰か天気予報で言わないかなー「無慈悲な暑さ」。
どこかの国の将軍様を思わせるからムリかなー。
天気予報を見てるけど誰も言ってくれないので自分で言う。

さてこの無慈悲な暑さとかんばつのせいで、
ほんたべ農園の特定の作物が悲しいことになってきた。
30度以上になると着花しなくなるいんげんとかもうダメである。

定植後一月で収穫が始まりすぐにピークに達する露地きゅうりは
さすがに寿命が短く「もうムリですからやめてー」って感じ。

今年はちゃんと追肥して脇芽もバンバン出てきてたのに腹立つ。
雨が降れば生き返ることはわかっているが雨が降らない。

010_201508051032537f3.jpg
ちゃんと追肥してるんだけど、水が足りないので
肥料不足の色合いになってて悲しいなす。
なんか調子悪かったので剪定するのは辞めました。

013_201508051032527f2.jpg
唐辛子なのは間違いないけど日本のじゃないらしい。
しかし何の苗を買ったのか全く思い出せない。困ったー。
たぶん外国の激辛品種を買っちゃったんだろうなー。



「関東山沿いの地域」にはしょっちゅう雷雨が降ってるらしいが、
多摩地区以外の東京・千葉には一滴も降らない。こういうとき、
潅水設備もなく天水に頼ってる農家ってどうしてるんだろう。

水やりなんてムリだよね。大変だよなあ。

15平方メートルのほんたべ農園では水やりができるが、
世界に誇る東京水も作物に対してはイマイチなのだった。

空から降ってくる雨って空気中のチッソとか固定して
落ちてくるんだろうなー。雨と水道水はぜんぜん違うのだ。

空から落ちてくるものにはかなわないと再認識するわたくし。

あまりにも雨が降らないので、わたくしの故郷の「因幡の傘踊り(※)」
でも踊って雨乞いをしたいが、傘もないし踊りもほぼ忘れており、
鳥取の人々に東京で踊ってほしいくらいである。
しゃんしゃん祭り→http://tottori-shanshan.jp/
(※)雨乞いの踊りなので祭の最中によく雨が降ります。
最近は新しい踊りができてるようです。

今週始めまでは「この猛暑は木曜日まで」と言っていたが、
昨日あたりから「金曜日まで」になり、さらに今日は
「だいたい金曜日くらい。でもわかんない」になっていた。

高気圧を押し下げてくれる偏西風は日本のはるか上を通っていて
ぜんぜん降りてきそうにない。きっとまだ暑さは続くに違いない。

img260.jpg
農事気象予報。細々とした字を読んで想像してください。
10月から11月にかけて曲線が上昇傾向にあるけど、
全体的にエネルギーは下降ってことだそうです。



さてしかし毎年埼玉県の農家にもらっている「農事気象予報」では
8/14から秋になると言っているのだ。

暑かろうがどうだろうがこの「秋」にはハズレはなく、
夏の作物がこの日を境に一気に終了するなんてことがあるらしい。

ってことで、お盆前には老化きゅうりが終了するのではあるまいか。
いつもの年より生育の良いオクラも11月まで持たないかもしれない。
そして暑さも金曜日までではなく、14日まで続くのではないか。

こんなにクソ暑いのに信じられないが、今年は秋が早く、
土壌中に肥料があっても効きが悪いらしいので、
秋冬野菜の種まきは早めにしたほうがいいのだ。

野菜を自給するんだもんねとグズグズと11月まで収穫してないで
早めに見切りをつけたほうがいいということだろうか。

ううううううう。どうしよう。

ということで、現時点までのほんたべ農園(一本あたり)の成績は、
きゅうり33本、なす17個、ピーマン20個、パプリカ(緑)9個、
パプリカ(赤)2個(ようやく色を付けられるようになりましたよ)、
トマト11個、ミディトマト31個 

一本あたりに換算するとこれだけだけどきゅうりは130本くらい採れてて、
よく食べてるよなあと感心するわたくし。

img262.jpg
↑ 24歳くらいのわたくし。しゃんしゃん傘踊りってこんなんです。
写真で雨乞いを狙ってみるわたくし。ムリかなー。



冷静に考えてみて、初収穫6月初旬でその後1.5か月でこの収量ってことは
ナス200個ピーマン400個きゅうり100本はムリってことはわかった。

でもまあ、トマトの連続摘芯はいまんとこ順調である。

肥料と水が切れ、高温続きのせいでちょっと止まっているが、
32度以上になるとトマトは光合成をしなくなるのでしょうがないのだ。
そして、ちゃんと水と肥料やらないと連続摘芯はムリってこともわかった。

さて、今日も無慈悲な暑さは継続中である。
農家のみなさん、熱中症にはお気をつけくださいませ。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR