毛髪ミネラル検査をやってみた!

gazou 002
ヒトの体の96.7%は酸素、炭素、水素、チッソで構成されております。
写真はうっかり起こしたチッソ飢餓時、トマトに出たアントシアンですが
人の場合のチッソ不足ってどんな症状が出るのかなー? 生育不良?



野菜の生育に必要なものはなんでしょう?

5つの多量要素と9つの微量要素(最近は10)と言われておりますよ。
それらがバランス良く組み合わさって健康な野菜ができるのです。

たとえばマグネシウム(苦土)が足りなくなると、
葉脈にそって黄色く変色してくるという欠乏症が起きますよ。
苦土欠になると葉緑素がうまく作れなくなるため光合成ができなくなり、
いい作物ができません。

カルシウム欠乏になるとトマトやピーマンの尻腐れや
生長点が枯れるなどの症状が出てきますよ。これも作物がうまくできません。

微量要素は適正量あること及びバランスも必要ですが、現在は
微量要素どころか土壌バランスすら整ってない畑が多いから、
いいものをつくるならまず土壌バランスを整えるべし!!! と
わたくしの師匠、西出隆一さんは言うわけです。

また、日々いろいろな食べものを食べていればサプリメントは必要ないように、
ことさらに微量要素を気にする必要はないというのが師匠の自説。
微量要素資材は高くて貧乏な新規就農者が買うのは難しいですから、
わたくしは結果としてリーズナブルな師匠の教えをおすすめしております。

さて、では人間の微量要素はどうなのかな? と、ふと考えてみたですよ。
ということで、やってみましたよ、毛髪ミネラル検査。

検査対象は「有害ミネラル」と「必須ミネラル」、今後必須性が確認されるかもね、
だからとりあえず参考値を出しときました的な「参考ミネラル」の3種類。
結果を元に「こんなもん食べましょう」というアドバイスがついて1万円である。
http://www.lbv.jp/  ら・べるびい予防医学研究所

img05_2.jpg
そしてヒトの体の残りの3.2953%はミネラル類等で構成されております。
ネギのカリ欠(葉先から生長点に転流するので先端が枯れこむ)はこんな感じ。
ヒト(とくに日本人)はナトリウムを排出する働きのあるカリがかなり大事で、
カリ欠になると慢性疲労症候群とか高血圧とかの症状が出るそうですよ。



必須ミネラルのなかにモリブデンを見つけ思い出す某D社時の同僚との会話。
「野菜の微量要素のモリブデンってさあ、自転車に使われる金属だよね?」
「だよねー。どうやって吸収すんのかね? 自転車を粉にしてまくの?」
「吸わないよなー」「吸わないよねー」だよねーだよねーとうなづき合うふたり。

とてもプロのバイヤーの会話とは思えないが、なんとそのモリブデンが
わたくしの体内にも存在しているのだった。おおおお驚いたぞ。
自転車と同じ成分を持っていたのか自分! 教えてあげたい元同僚に。

ということで、数値を見てましょう。

ちなみにこの数値、基準範囲となっている部分は
「一般健常者の68%が含まれる範囲」ということであくまでも平均値である。

検体は髪の毛の生え際1cmのところから3cmほどカットしたもので、
つまり、わたくしの生育期間4ヶ月前からひと月前までに伸びた部分。
検査にひと月ほどかかっていたので、えーとえーと、
5月から7月いっぱいの自分の食生活を反映しているものと考える。

この間わたくしはほんたべ農園の野菜(果菜類)と炭水化物が主食で、
その他はほぼ某D社で購入し、一週間に一度程度外食しビールを飲んだくれている
というような、健康にはいいかもしれないが肝臓には良くない食生活であった。

という前提で数値を見てみると。

必須ミネラルのナトリウムが高いのは熱中症対策の塩分の取り過ぎが原因だ。
カリウム、マグネシウム、カルシウムは基準範囲でちょっと意外。
カリ欠・苦土欠だと思っていたが、ちゃんと食べていたのか自分。エライぞ自分。

必須ミネラル
マグネシウムとカルシウムの数値が双方高い場合は
体内では足りない場合があるとかいう但し書きがついておりました。
そう言われても意味不明だ。おそらく数値は継続して見ることが大切で、
習慣性を伴う一度やったらやめられなくなるビジネスなのかも。



基準範囲ギリギリのふたつ「クロム」は何に含まれているかというと、
小麦胚芽とか大豆、スイカの種(食べないって!!!)とからしい。
クロムってピンとこないけど、インスリンの働きを助ける物質で、
糖尿病患者の方々にクロム濃度の低下などが見られるそうである。

もうひとつの「鉄」はそもそもが貧血で、現在食材で補充中だからだ。
むしろここまで改善したことに喝采だ、エライぞ自分!

気になる有害ミネラルは高レベルなものがふたつあった。

そのひとつ「カドミウム」の汚染源になり得るものは排気ガスやタバコなどだが、
なんとなくコメかなーと思うわたくし。

そして「アルミニウム」は缶ビールではあるまいか。
そうとしか考えられないわたくし。だってさあ、アルミの調理器具持ってないし
アルミホイルも全く使わないもん。ケーキ(BP由来)も食べてないもんね。

缶ビール飲み過ぎてんじゃないよ自分! と言いたいわたくし。

これらの有害ミネラルというか金属は、疾病との相関性が疑われている。
例えばアルミニウムはアルツハイマー病との相関性があると考えられているし、
カドミウムは言わずもがなである。うううううう。

有害ミネラル汚染源のいくつかに「タバコ」がエントリーされているが、
喫煙者の方々はどれぐらい汚染されてるのだろうか。知りたいぞ。
資料にはカドミウム量2倍とか書いてあるのだ。誰かやってくれないかな。

わたくしのからだは主に食べたものでできていると考えていたが、
タバコを吸う人の横で大酒飲んでゲラゲラ笑ってたり、
渋滞の環八で暑いから窓開けて眠気ざましに大声で歌ったり、
アルミ鍋で調理したり缶ビールをがぶがぶ飲んだりしても
有害なものが蓄積されるのだった。

有害ミネラル
自分の体内にヒ素がどれぐらいあるのか興味があったが
そんなでもなかった。ナポレオンの髪の毛に高濃度のヒ素が残ってた
とかいう「ナポレオン毒殺説」は本当かも!!! ボルジア家の毒も
ヒ素混じってたというウワサがあるし、ヒ素恐るべし!!!



「生きていればいろいろな化学物質が体内に入る」のよね。
そういったもののコントロールを完璧にすることなどはたぶんできないが
積極的に取り込む必要もないよね。避けることはある程度は可能である。

汚染源となるもの=タバコ、大型の魚介類、アルミ調理器具、排気ガス、
石炭石油燃焼時に排出されるガス、残留農薬、ベーキングパウダー等々だが、
食べてはいけないのよキーッ! などと神経質になると疲れちゃうから、
できる範囲で取捨選択をすることが必要なのだろうとわたくしは考える。

自分のからだは自分で責任をもつしかないのよね。

何かのネタになるといいなーと申し込んだミネラル検査だが、
ちゃんとネタになってうれしいわたくし。
今度の講演にもこのネタを使っちゃおうっと。うひっ。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ベーキングパウダー

旦那さんは一緒に検査はされなかったのですか?
食べ物の一定量は共通でしょうから、そこからの相関が出る要素とそうでない要素とが分かるかも、と思いましたが。もっと多くの人のデータを比較しないと正確なことは言えませんけど。
何が生活のどの要素からの影響が強いというのが分かると対応もしやすいですね。

ところでベーキングパウダーですが、アルミニウムが含まれるのは一般に焼きミョウバンですから、これを含んでいないベーキングパウダーであればアルミニウムの問題はありません。自分がたまに買っている商品も含んでいないやつです。最初は確認して買いましたが、特に高いわけでもないです。出来合いの食品で使われる分に関しては、アルミニウムフリーを謳ってない限りは判別が難しいですね。ただミョウバンを使うと少し苦味が出るそうなので、現状で焼きミョウバンを含んだタイプをあえて使う意味があるのかどうか。

Re: ベーキングパウダー

> 旦那さんは一緒に検査はされなかったのですか?

夫はやっていません(笑

> 食べ物の一定量は共通でしょうから、そこからの相関が出る要素とそうでない要素とが分かるかも、と思いましたが。

このビジネスは、その都度出る数値を蓄積して初めて役に立つもののため、他者との比較は必要ないのでは。
おそらく同じものを食べたとしても、代謝も免疫も個体差があるでしょうから、他者の数値は参考にならないと思います。
自己管理ツールのひとつなんでしょう。継続して調査することで傾向がわかるという。

>
> ところでベーキングパウダーですが、アルミニウムが含まれるのは一般に焼きミョウバンですから、これを含んでいないベーキングパウダーであればアルミニウムの問題はありません。

わたしはBPは使いませんし、最近ケーキやクッキーなどいっさい食べてないのであまり意識していませんが、市販の焼き菓子でも「膨張剤」と書いてある場合にアルミニウム(ミョウバン)が含まれている可能性があるでしょうねえ。
ふと思いましたが、安いウニ(回転寿司とかスーパーで売ってるヤツ)にも焼きミョウバンが使われていますねえ、ううううう。

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR