「有機入り複合肥料偽装」の件でよくわかんなかったこと

2010101011584343c_20150104121522ece.jpg
「有機米」として売れなくなると価格もかなり大きく下がるし、
有機圃場に対して出ていた助成金ももらえないし大打撃だと思うんだけど、
なぜか農家の報道をまだ見てないけど想像すると恐ろしいのです。



『秋田など11県の農家に供給している秋田市の肥料メーカー「太平物産」の有機肥料に
5日、成分の偽装表示が発覚した。「製造工程を簡略化した」との説明がある一方
「高価な成分を減らしたのでは」との臆測も出ている。
ただ、農産物の付加価値を高めようとする農家は裏切られた格好で、
県関係者は「聞いたことがない。農家の意欲を落としかねない」と憤った。』
(毎日新聞11月6日より)


最初にこの報道を見たのはNHKのニュースだったが、
全体的に変な報道に思えたのでわたくしは混乱した。

「有機肥料の成分が偽装されたため有機と表示して販売できなくなります」
(アナウンサー)
「有機が信頼できなくなりますよねー。何を信じればいいのか」(消費者)
「困りますねー(的な発言)」(お米屋さん)
「信頼して購入している肥料ですから困ります」(どこかの県のさくらんぼ農家)

ゆ、有機なのになぜさくらんぼ農家???? ← 一番の衝撃

JAに出荷してる人っぽいその農家は有機農家ではなさそうだった。
もしかして特別栽培農産物? 有機JAS適合の肥料なのに特栽に何の関係が?
そもそも有機複合肥料ってどういうもの?

有機JASと表示して販売する農産物には肥料にもキビシーイ決まりがある。
某D社時代に有機農業推進室という部署にいた友人はしょっちゅう農家に
「ちゃんと有機で使えるかどうかメーカーに確認してね」と言っていた。

有機JAS規格に適合しない肥料を使うと有機JAS認証は取得できない。
取得していた農家が適合外のものを使うと有機は取り消しになる。だから、
有機農家は肥料を購入する前にメーカーにちゃんと確認しなくてはならない。

大きく報道されなかったが、今年の春にも有機JAS適合として販売していた肥料が
実は有機に適していなかったという悲しい事件があった。
それを使ってた農家はその肥料を使った圃場で栽培していたものから全て
「有機」をはずさなくてはならなくなった。もちろん有機取り消しである。

これが具体的にどういうことかというと。

コメの場合とくに「有機」には優位性があり付加価値商品として売りやすい。
通常は「有機米」の販売計画をきちんと立てて売り先も確保しているから、
有機米が一般米になると売れなくなる。売り先からペナルティがつく可能性もある。

こういったことに理解のある売り先ならいいが、単に「有機米が欲しいから」で
取引されていた場合(ほとんどがそう)、今年の取引がなくなると
翌年も継続できる保証はどこにもない。
今年の穴に別のコメ農家が入れば、来年はそこに発注されるからだ。

また有機取り消しとは、その圃場は一からやり直しということである。
来年一年間有機JASに適合した栽培を行った後にようやく「転換期間中有機」
の申請を行うことができるのだ。つまり、今年度産及び来年度産を
一般米で販売したその翌年にようやく転換期間中有機で有機シールが貼れるわけ。

有機農産物とは
1.播種・定植前2年間有機JASに適合した栽培をした圃場で
2.栽培した作物にのみ有機JASシールを貼付して販売できる ものだ。
シールは作物に貼られるが、認証は圃場に対して与えられる。影響は数年に及ぶ。

gazou 011
有機JAS適合肥料でチッソ分が7%以上あるものは「ちょっとそれ
大丈夫なの?」と某D社でよく話してたことを思い出す。有機質肥料なのに
どうやってチッソ分を高くできるのかがよくわからなかったからね。
今回テレビで見た有機複合肥料のチッソは8%だった。高いよなあ。
でも有機で使えるチッソ分の高い肥料ってのは人気なの。



いやー。農家すげー大変。とわたくしは思うのだが、
報道からはそういったことはあまり伝わってこなくて、消費者が
「何を信じたらいいのかわからなくなりますね」なんて言っているのだった。

さらに「有機肥料ではなかったけれど栽培された作物の安全性には
何ら問題はありません」とアナウンサーが一日の間に何度も言うのを聞いて、
わたくしは「どどどど、どういう発言?」と思ってしまったよ。

ああいうことを言うと人はことさらに「安全性」が気になる。
肥料成分に化成肥料が混じってただけなのに安全性とか言うな!!!
んじゃ化成肥料は危険なのか!!! と聞きたくなってしまうじゃないか。

さらにわたくしが混乱したのは「この有機複合肥料を使っていた場合、
有機、特栽と表示して売れなくなります」という言葉である。

まず「有機複合肥料」=「有機質に化成肥料が混じってるもの」
だとわたくしは考えていた。
化成成分が入っていたら最初から有機JASでは使えないから変な話だと思った。
そしてここになぜ「特栽」が入るのかもわからなかった。

特別栽培農産物とは「その地域での一般的な栽培で使用する
農薬&化学肥料(窒素成分)の50%減で栽培されたもの」である。
有機JAS規格適合の肥料に別に関係ないじゃんと思ったのだ。

「有機複合肥料」についての疑問は全農から出たプレスリリースを見て解決した。
http://www.zennoh.or.jp/press/release/2015/212197.html
たーくさんある肥料のなかの一部が特栽と有機に使用されているということらしい。

特栽についての疑問は昨日お風呂に入っててふと思いついた。
わたくしの知っている農家は基本的に有機質肥料のみを使っており
特栽を取得していてもほとんどの人が化成肥料を使っていない。
しかし一般的にはそうではなく、有機質肥料だけで作る人はまれである。

でも特別栽培農産物にはメリットがあるから特栽で作りたい。
だから特栽が取れるチッソ成分50%減ギリギリの施肥設計をしているのではないか。
つまりチッソ成分の比率が変わると50%以上になってしまい特栽ではなくなる。
ううううう。悲しい話だよう。。。

有機JAS取り消しの影響は、販売する際の表示だけでなく
有機圃場に交付されている助成金の返金やそれを何年前まで遡るのかとか、
売り先の減少とか回収費用、もちろん売上も、ものすごーく広範にわたるが、
今後どうなるのだろう。なんだかどんどんいろんな情報が出てくるのだ。

全農取り扱い肥料だからJAがなんとかしてくれるのかな。どうだろう。

そうは言っても、実は我々消費者にとってはあまり大きな問題ではない。しかし、
これをきっかけに「やっぱり有機は信頼できない」的な話が出ないといいな。
なんて思ってしまったわたくし。

あともうひとつ。
人間関係で繋がってる売り先を持つのってやっぱり大事だよね。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR