アルツハイマーが予防できるお米の話を聞いてきた

04051.jpg
毎日食べるごはんでアルツハイマーが予防できたり
花粉症を治療したりする遺伝子組み換え米が研究されております。
でも医薬品にするにはチョー困難なんだって。わたくし誤解しておりました。



「米を食べて治す・予防する研究が進んでいる」
(食のコミュニケーション円卓会議)
というお勉強会に参加してきた。
 
目的は「遺伝子組み換え花粉症治療イネ」がどの程度(認可とか治験とか)
進んでいるのか聞くためだったが、なんと、ごはんを食べて
アルツハイマーを予防できるとかいう研究も進んでいることを知った。

んで、ちょっとだけアルツハイマーについてお勉強してみた。

アルツハイマー=認知症と思いがちだが実はそうではない。
認知症には、脳卒中の後遺症などによるもの、レヴィー小体型認知症、
前頭側頭型認知症、アルツハイマー(若年性含)といくつかの種類がある。

認知症患者は2012年に行われた厚生労働省の調査では約462万人で、
65歳以上高齢者の約7人に1人と推計されていた。予備軍を合わせると
4人に1人という計算になるらしい。これが2025年になると約700万人前後になり、
65歳以上高齢者に対する割合は約5人に1人に上昇すると考えられている。

予備軍を入れるとどんだけになるのか想像するのも恐ろしいのだ。
というか2025年にはわたくしは60歳になっており、
どうかすると予備軍の可能性もあるのだ。ひえーーー。

ともあれ昨今テレビでしょっちゅう「認知症予防」番組をやっていて
オメガ3とかの認知症予防食材ビジネスなどもチョー盛り上がっている。

認知症患者の介護・医療費負担は今後増えはしても減ることは絶対にない。
自分が誰かすらわからない人間が病院にあふれ、介護施設も満員、
なんてことが予想されているから、現時点でなんでもいいからできるだけ
そういう人を減らす対策をとっておきましょうってことだろう。

さて、認知症患者のうち50%を占めるアルツハイマーの原因は、脳の萎縮、
脳内に蓄積する老人斑(主成分アミロイドβタンパク質)だと考えられている。

個人によって症状も状態も全く違うがんと違い、アルツハイマーの原因は
全世界共通のため世界中で研究が行われており、薬もいくつか作られたが、
発生異常などの副作用があり試験の中止が相次いたそうだ。

アルツハイマーは若年性も含め、現在でも不治の病である。

ということでアルツハイマーの研究の第一人者である東京大学大学院の
石浦章一氏の「アルツハイマーのワクチン療法」の話になる。

ココアイメージ
【アルツハイマー予防】で検索すると出てくるのはポリフェノール、オメガ3、
ビタミンC、適度な運動など。【アルツハイマーリスク】で検索すると喫煙、
糖尿病、睡眠不足なんてのがヒットします。でもま年取るといつかは
皆認知症になるわけですから、予防は必要ですね。



石浦氏はアミロイドβタンパク(以下Aβ)を抗原として投与し、
免疫力を用いてAβの蓄積を防ぐことを考えた。2002年に注射による
Aβワクチンの投与実験を行ったところ、髄膜脳炎などの重篤な副作用が出て断念。
そこで「食べるワクチン」として野菜にAβペプチドを入れてみることにした。

当初はピーマンの葉にAβペプチドを発現させたが、これを食べたマウス、
注射したマウスでAβを除去する効果があると確認された。

ピーマンの葉は苦いため、現在は米に発現させたものを用いている。
石浦氏はその米を自分で食べて実験してみているそうだが、
ご自分の脳内の老人斑の減少をどのように検証するんだろう。

ということは、ヒトでの治験なんかチョー難しいのではなかろうか。
何年食べれば予防できるのか、なんてこともまだわからないのだった。

ネットで調べてみたら、このニュースが最初に出たのは2009年だった。
現在2016年。5年間進展はなかったのだろうか? という素朴な疑問が残る。

質疑応答の時間がなかったので上記の質問はできなかったのだが、
商品化されるためにはまず、厚生労働省に相談したりする必要があるらしい。
医薬品となると製薬会社との連携などもろもろのハードルがめっちゃ高いため
機能性食品などになるのではないか。ということである。

仮に認可され商品化されるとなっても、遺伝子組み換え米だから、栽培者、
というより栽培場所、さらに消費者の啓蒙など問題は山積である。らしい。

質疑応答の時間になってこのイベントが遺伝子組み換え推進派の人々のものである
と気づいたが、推進派の人々の反対派への憎悪というか罵詈雑言というか、
まあ、反対派の人々も似たりよったりだが、もう少し双方歩み寄ってはどうか
とか思っちゃったなー。どちらも極端すぎると思うんだがどうでしょうか。

そして推進派の人が口角泡を飛ばしていうほど世の中の人々は
遺伝子組み換え作物について考えてないのではと思うのだが
そうは言っても消費者の漠然とした「なんとなくイヤパワー」はスゴイのだと
なぜか推進派のイベントで再認識した次第でした。

ちなみに、Aβペプチドは米の中にあるプロテインポケットという部分に発現し、
プロテインポケットは胃酸では分解されず腸まで到達するため、
きちんと抗体ができるという話です。これは花粉症治療米も同じなんだって。

なんだかんだいろいろ興味深かったが、そのうち商品化されるかもしれないね。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR