マクドナルドのWEBサイトがスゴイけど全然評価されてない件

ln.jpg
昨年ふるさと納税の鳥取牛で作った「野菜たっぷり牛丼」原価は700円くらい。
某社の牛丼の原価は、粗利50%だとすると200円くらいかな。
米とか玉ねぎとかどこの何を使ってるんですか!!! 


平成17年7月農水省から「外食における原産地表示に関するガイドライン」
というものが出されていたことを知っている人はどれぐらいいるかな?
ガイドラインだから罰則規定はなく義務でもないが、外食産業では
一定程度このガイドラインを取り入れて、情報公開をしているところが多い。

原産地表示なんて見たこと無いよねと思う人がほとんどだろうが、それはその通りで
店舗で公開されているわけではなく、だいたいWEBサイトにPDFファイルで置いてある。
もちろん全原材料の原産地が表示されているわけではなく、
主たるメニューの主たる原料産地が表示されている。

詳しくはこちら「外食の原産地表示ガイドライン」外食事業者の皆様へ
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/gensanti_guide/g_pamph/pdf/data2.pdf

表示を推奨されているのは以下である。

・メニューの主たる原材料
・メニュー名に用いられている原材料
・こだわりの原材料 などなど。

ハンバーガーで言うと、ハンバーガーの牛肉、野菜、バンズが主たる原材料、
ってことなので、肉と野菜、バンズの小麦粉の原産地が表示されている。

探してみるといろいろな表示がされておりさまざまな想像ができて楽しいが、
最低限の原産地しか表示しないもんねというメーカーの意志も読み取れたりして
情報公開の姿勢については温度差があるよねとしみじみ思ってしまうのだった。

さて、わたくしは某D社という情報公開が前提である会社の出身のため、
企業の情報公開の姿勢については厳しく評価してしまう。

今回ある仕事でハンバーガーの原産地をいろいろ見ていて
すごいことを知ってしまったのだった。それは
マクドナルドの情報公開の姿勢がすんばらしい!!!
という事実である。

そりゃあんなことがあってイメージが地に落ちた、ということもあるし、
その後も低空飛行を続けていて収益はマイナスだしってことで
起死回生の一環でできるだけの情報公開を行っているのだと想像できる。

それにしてもハンバーガーメーカーで一社がそういうことをすると
他社の原料も想像できてしまうというリスクがあるのにスゴイなと思うわけで、
わたくしのなかではマクドナルドの評価がドカーンと上がっているのだった。

ってことで、何が違うのか。

マクドナルド、モスバーガー、ロッテリア、フレッシュネスバーガー、
バーガーキングについてWEB上で公開されている情報は以下のとおり。
すべてチーズバーガーで比較しました。

モス 1
情報量の多さはこの2社が突出しており最終加工国も記載されている。
モスバーガーはサイトで「野菜情報」として産地の紹介なんかされてて
それはそれで非常にすんばらしいのだった。

ロッテリア
ロッテリアってシンプルだなー。フレッシュネスバーガーは野菜類は全て国産。
今回調べてわかったが、米国産牛肉を使ってるメーカーはゼロだった。
っていうかロッテリアには「他」って記載があるからわかんないけど。


バーガーキング
バーガーキングは個別のメニューの原産地表示がされておらず、
まとめて表示だったので、チーズバーガーっぽいものに使われているっぽいものを
選択して掲載したけど合ってるどうかは不明。不親切だのう。。。


その他、WEBでいろいろな取組が記載されており、こちらはかなり興味深い。

マクドナルド【食の安心Q&A】
http://qna.mcdonalds.co.jp/?_ga=1.36085539.2038366445.1457057269

ネット上に漂っているマクドナルドに関するウワサ話について
誠実にこまかーくこまかーく答えていらっしゃるのだが、
ここで注目すべきはパティの部位について触れられていることである。

Q.ビーフパティはどんな部位でつくられていますか?

A.肩、ロイン、もも、バラ、すねの部分から正肉を切り落とされる際に出る肉
(トリミング肉)を使っています。
肉のおいしさを保つために、加工された肉は
専門のスタッフがチェックし、赤身と脂身のバランスを確認します。

※トリミング→【と殺した家畜を解体し、枝肉、部分肉を作る際、
商品形態を整えていくこと(整形)】(日本食肉消費総合センター)

つまり原料は整形後に出る端切れの肉のことである。
牛肉100%だけど、トリミングの際に出る端切れ肉をミンチにして、
脂身や赤身を足したりして味を整えていますよ、と言っているのだった。

食肉業界では「ミンチにしちゃえばどこの肉だろうがわからない」から、
精肉で売れるモモやロースがミンチになんかならないのは常識だが、
消費者はそういうことはあまり考えない。そこに「端切れ肉使ってます」情報である。

これはその他のハンバーガー店でも同じことだと思うが
こんな言いにくいことを正々堂々と言ってしまうマクドナルドって
すごいなーとわたくしは単純に感動してしまった。

ちなみに、その他のメーカーで情報が充実しているのはモスバーガーで、
商品自体も国産率が高く、品質は一番すんばらしいので
情報公開を合わせて判断するとモスが一番すんばらしいのだと思う。

しかしわたくし的にはマクドナルドのしつこいまでのウワサ話否定情報が
ツボにはまったというか、素直に
すげーなーマクド!!! と思ってしまったのだった。

とは言えおそらくこのような情報をしみじみと見る消費者は
マクドナルドのハンバーガーの購入者層ではなさそうである。
見ていればあんなに売上は落ち込まないだろう。というか、
何を公開してあっても絶対信用しない! という人が多いのかもしれない。

一度評判が地に落ちるとその後信頼を回復するのは難しい。
おっこちた肉は使っていません! とQ&Aでどんなに叫んでも
読まれなくては全く意味が無いのだった。

ということで、わたくしマクドナルドの回し者ではありませんが、
WEBサイトを見てみると楽しいと思います。とは言え、別に買いはしませんが、
情報公開とはこうあるべきというすんばらしい見本だと思った次第です。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR