アメリカドラマと環境問題

20101228135524ca4_20141206124136bb5_20160318114658a93.jpg
アメリカのりんごはミツバチが受粉しているのだなー。
アメリカにはツツハナバチはいないのかなーとか素朴な疑問。
その場でGoogle先生に教わると知識が獲得できるという
ドラマにも効用はあるのです。いや、言い訳ではなく。


しつこいようですが、アメリカドラマを見ております。

昨日『エレメンタリー ホームズ&ワトソンinN.Y 3』を見ていたら、
蜂類崩壊症候群(CCD)が事件のきっかけになってて驚いた。

主人公のホームズはNYの自宅の屋上で蜂を飼っていて、
シーズン2ではキラービーが出てきたりと蜂ネタはけっこう多く
脚本家が蜂が好きなんだろうかと思ってたらとうとうCCDである。

「CCDの原因ネオニコチノイド系農薬を開発した会社アグリテック」は
直接事件には全く関係無かったが、↑ こんなことをドラマのセリフで
言わせるなんてすげーなーとしみじみ感じ入ってしまった。

実際はミツバチヘギイタダニを養蜂家の蜂にどんどん散布して
人為的にCCDを引き起こしたとかいう設定だったが、
主な事件は誘拐と殺人で、そもそもCCDを出す必要があったのか?
さらに、ミツバチヘギイタダニは養殖できるのか?
という疑問についての答えはなかった。謎だ。

エレメンタリーシーズン3は本国では2014年10月からスタートしており、
「CCDは沈静化しつつある」とホームズが言ってたから
アメリカでは現在そのような状況なのだろう。
それにしてもN.Yでりんごが栽培されているなんて知らなかったなーしみじみ。

アメリカドラマでは時折環境問題が取り上げられることがある。

先日始まった『ブラックリスト』シーズン3の第三話ではなんと
どっからどう見てもモンサント社でしょう!!! という会社が出てきた。

トウモロコシを栽培していた農民の畑に隣の畑から飛んできた
遺伝子組み換えコーンが根づいて、そのタネを開発した会社に訴えられて負けた
等々のエピソード(実際にあった事件)も含まれており、
製作者はモンサント社に何か言いたいことがあるのだろうか。さらに
こんな物語を作ってもOKなんだろうかとしみじみ感心したわたくし。

しかもその悪の会社(モンサントがモデル)はもっと悪いことを考えていた。

自社が開発している遺伝子組み換えコーンに対するウイルスを秘密裏に開発させ、
遺伝子組み換え反対派の農家を騙してそれを世界中にばらまかせたあと、
そのウイルス耐性コーンを売りだしてさらなる金儲けをたくらむというのだった。

なんてずる賢いんだ!!!

ウイルスを媒介するアブラムシを放出すればウイルスは蔓延する。
一度放出されたら取り返しがつかない。うひゃあ! 大変どうしよう!!!
なんて話だったが、もちろんジェームズ・スペイダーの活躍で無事阻止されたのだ。

さすがは禿げても太ってもジェムーズスペイダーである。いやはや。

ベクターがアブラムシとか言われてもあまりよくわかんないと思うが、
そういうことの説明はいっさいなかった。勢いがあるよなあ。
この悪の会社は誰が見てもモンサント社のことだとわかるが、
そういうことを正々堂々とやってしまうアメリカってスゴイのだった。

IMG_9082_20160318114202f6d.jpg
日本モンサント社の夏季学習会ではGMコーンが見られます。
コーンは風媒花なので交雑防止のために雄花が切ってありましたよ。
日本でGMイネが作られる場合、イネは自家受粉するから交雑は大丈夫、
と花粉症治療イネの申請書に書いてありました。現在パブコメ募集中らしいです。



環境問題と言えば遺伝子組み換えコーンの変化球的なものもあった。

イケメン兄弟が悪魔とか天使とかヴァンパイアとかと戦う『スーパーナチュラル』
(こないだシーズン8が終わったが話が広がりすぎてどう収集するのか謎)の
シーズン5(だったかな?)のエピソードである。

日本で言うところの果糖ぶどう糖液糖(異性化糖)である、
ハイフルクトースコーンシロップに毒を入れ、アメリカのある町の人間を
人喰いモンスターリヴァイアサンのエサにしてしまうのだ。

この毒を飲むと人間は家畜のようにおとなしくただ食べるだけになってしまう。

イケメン兄弟の兄はファストフードが大好きでこの毒にやられてしまう。
弟はオーガニック食品派だからその陰謀に気づくという設定であった。
もちろんイケメン兄弟の活躍でその野望は阻止される。

書くとアホみたいな話だが見てるとおもしろいからいいのだ。

当時わたくしは「遺伝子組み換え作物のない生活」後であり、
コーンシロップの原料は遺伝子組み換えコーンであること、その兄弟分の
果糖ぶどう糖液糖も遺伝子組み換えコーンが原料であると知っていた。

果糖ぶどう糖液糖は甘味料で、お菓子・冷果・お惣菜など、
ありとあらゆる加工品に入っており、アメリカでも同じだ。
だから、コーンシロップに何かを混ぜれば、あっという間に
国民全体に行き渡らせることが可能なのだった。これは日本も同じである。

すげーな!!! とわたくしは素直に思った。だとしたら、
日本を征服するには果糖ぶどう糖液糖に何かを混ぜればいいじゃないか!!

なぜ思いつかないのだ、ショッカー!!!!

世界征服を企む悪の組織はちまちまと怪人とか作っていないで、
それぐらいのことに気づいて欲しい気がするがどうだろうか。
怪人の開発経費の方がかかると思うが、まあいいか。

というように、アメリカドラマはいろいろ興味深く、アホな話も多いが
現実をグッサリ抉ったり風刺したりしていて、非常に興味深い。
なんちてアメリカドラマを見ている言い訳をしてるんではありませんよ。
時々はためになる話も多いと言いたいのです。

さて、かなりどうでもいい話なのだが、今週から4月22日まで
ゲーム・オブ・スローンズのシーズン1から5が一挙放送されており、
ショーン・ビーンが好きで見始めたら止められなくなり、
しかもショーン・ビーンはシーズン1で殺されるとかでもう、
どうなっちゃうんだろう!! 早く見たいーー!! 状態のわたくし。

これから一か月間、ゲーム・オブ・スローンズでバカになる予定です。



★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR