農薬について知っておきたい10のこと

201503061652093f6_20160329132108322.jpg
今んとこ農薬の使用量がわかる公的なデータ最新版。
世界一というタイトルを韓国に奪われました日本。



1.農薬取締法でいろいろなルールが決まっています

農薬取締法は2002年に改正されました。それ以前は
「トマトに使ってもいい農薬だからミニトマトにまいてもいいよね」とか、
「希釈倍率が決まってるけど濃くしても(薄くしても)いいよね」とか
わりとザックリ使えましたが、今はダメですバレたら罰せられます。

農薬それぞれに使っても良い作物(適用作物)や希釈倍率とか
散布量とか何日前までに使用することとかが決まっています。

昔は登録がないから日本では売ってないけどよく効く農薬を中国から輸入した、
みたいな噂話をしょっちゅう聞きましたが、最近はさすがになくなりました。
農薬取締法が厳しく取り締まっているからでしょう。

2.農家は農薬をまくことを「消毒」と言います

なぜかは不明です。

3.平成26年時点で日本の農薬は4,339件登録されています

内訳は殺虫剤1096,殺虫殺菌剤504,殺菌剤915,除草剤1490(すげー!),
植物成長調整剤(トマトトーンとかジベレリンとかね)94、殺鼠剤28、
その他(展着剤とか)212 となっております。
http://www.greenjapan.co.jp/n_torokjokyo26.htm GREEN JAPANより

年々減っております。古くて安くて危険な農薬がとくにどんどん失効しています。

4.日本で一番売れているのは除草剤グリホサートです

農薬名はラウンドアップです。モンサント社の特許が切れたので
他の名前でも売られています。ラウンドアップは作物を枯らしてしまうため
栽培中は使えませんが、ホームセンターでも売っており、
ダントツの販売金額を誇っております。
http://jaccc.jp/pdf/ARfD_gn.pdf
農薬のADI及びARfD値 一覧表(含、我が国における出荷金額)
(株)化学分析コンサルタント-技術資料 より ※数字は平成22年

5.日本の単位面積あたりの農薬散布量は世界2位です

1位は韓国、3位はオランダです。韓国の農薬が多い理由は不明ですが、
オランダは施設栽培が盛んだからではないかと想像しています。

高温多湿なアジアモンスーン気候である日本は病害虫の発生が多く、
お国柄としてちまちました小面積で非常にていねいに栽培をすることに加え
消費者が世界一見た目にうるさいことなどから農薬の散布数が多めになっている、
と考えられます。だから日本は・・・などと言いたくなりますが、
粗放栽培&大面積で穀物を大量に作る米国などと単純に数字を比較してはいけません。

6.農薬にはマジで危険なものやフツーに危険なものがあります


農薬の裏を見ると「劇物」「毒物」「指定毒物」とか書いてあります。
これらは急性毒性が高いものなので取り扱い・散布に注意が必要です。
劇物は405、毒物は10(殺虫剤7、除草剤3)、指定毒物は殺虫剤で11あります。

真夏のクソ暑い時でもカッパ着てゴーグルかけてマスク、ゴム手袋して農薬まく、
というのが農薬散布時の一般的な装備ですが「俺はマスクしないで消毒するのが自慢」
みたいなおじさまや、有機許容農薬であるBT剤なら「手で混ぜてもいいんじゃないの」
とか言うおじさまもいます。

しかし、有機許容農薬である石灰硫黄合剤がカッパの隙間から入って手首と首に
ものすごい火傷を負った農家がいましたから、危険なものは危険なんですよ。
合剤は車の塗装もハゲるしね。だからちゃんとしないとダメなのよね、ほんとにもう。

7.同じ農薬を続けてまいているといつか効かなくなります

例えば、世代交代が早い害虫(コナガとかダニとか)に同じ農薬をまいていると、
死なずに生き残ったものが次世代に残り、また残りしているうちに
その農薬が効かなくなります。これを「抵抗性がついた」といいます。
農薬が効かなくなると大変とても困りますから農薬のまき方にも注意が必要です。

8.なんてことを加味して防除暦が作られています


作物に農薬をまくカレンダー「防除暦」は、当該地域の病害虫を予測して、
抵抗性がつかないようさまざまな系統の農薬をバランス良く配置してあり
その通りに散布すればそれなりに作物ができます。

出張に行くと朝っぱらから「今日は灰星病のナントカをまきましょう」
なんつー有線が流れてまきどきも忘れないしくみになっているようです。

9.農薬の散布量・散布数を減らすためには技術が必要です

防除暦通りに農薬を散布しているとそれなりに作物はできますが、
減らして作ろうとすると上記のような農薬についての知識及び、
栽培技術や土づくり、観察力などが必要になります。

例えば、某D社でわたくしが担当していた落葉果樹農家では、
地域の慣行栽培の農家の農薬散布数50%以下で栽培する人がほとんどでした。

落葉果樹類は農薬を減らして作るのが非常に難しいため、
某D社の落葉果樹農家は地域でも技術のある方が多かったのですが、
具体的に言うと、りんご、梨、洋梨はやっぱり難しくて1/2、
桃やさくらんぼで1/4ってな感じです。

なんだ大したことないじゃん、と思った農家の方々もいらっさると思いますが、
なんと某D社では有機リン、カーバメイト、キャプタンなどが使えません。
これらの農薬が使える一般的な特栽と比ベると、かなり技術が必要だと思います。

そして、割合で言うと大したことないようですが、りんごの場合殺虫殺菌混合で
18回散布のところ9回とか8回ですから、回数を知るとグッと来ませんか?

え。来ない? あれま。

やみくもに農薬散布を減らして栽培すると収入に関わります。
木村秋則さんが8年間の無収入期間を我慢できたことはすばらしいですが、
現実的ではないでしょう。誰にでもできることではないからすばらしいのです。

我が師匠西出隆一さんは「技術のないものは有機栽培するな」と言いますが、
ある意味真実だと思います。

10.そうは言ってもやっぱり日本の農薬散布量は多いでしょう

昨今の研究で、農薬・除草剤の散布により、土壌中の微生物や
植物にくっついている微生物相が変わることがわかってきました。
これらの微生物は植物の生育に大きな役割を持つと考えられています。
まだ研究段階ですが作物の食味にも大きく影響するとも考えられています。

そのうち科学的に「農薬の散布量が少ないほうがおいしい」と
言われるようになる日が来るかもね。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR