【ジビエお料理教室】無事終了いたしました

0049.jpg
今回は記念撮影を忘れずにちゃんと撮れました。
皆さん、ご参加ありがとうございました!

007_20160606115825a03.jpg
エゾジカのローストブルーベリー風味。7か月くらいのバンビのシンタマ肉を
まず小さめのブロックにします。バンビちゃんなので臭みはありません。

0016.jpg
塩コショウしてたっぷりのオリーブオイルで焼き目をつけます。
この後バットにとってホイルをかぶせてやすませます。
このあとの写真を撮るのをすっかり忘れましたすんません。

0042.jpg
肉を焼いてからさらに付け合せの野菜を炒めたフライパンに
赤ワインを入れてブルーベリージャムを入れて肉を入れて、
また取り出して少し休ませてからカット。ソースをかけてできあがり。
熱いウチに肉を切ると肉汁が出ちゃうので焦らないように。



6月4日(土)品川区総合区民会館「きゅりあん」にて
全日本ジビエ協会初の「お料理教室」を開催いたしましたよ。

お料理教室ってすんばらしいアイディアだとわたくしは考えたのですが、
会場探しが意外と大変。そこで某D社時代によく使ったきゅりあんを検索したら
ちょうどいい感じで日程が開いており、しかも区民以外でも使えるってので、
小規模なマンションの一室的な会場(一日さんまんえんとか)はやめました。

きゅりあん、いいっすね。いやほんと、いろいろ勉強になりました。

実はお料理教室と言ってもけっこう運営が難しくて、
人数が増えれば増えるほど火を使う順番待ちとか、作業の遅れとか、
目が行き届かなくて滞るとかのさまざまなトラブルが予想されるため、
みんなで一緒にする作業はソーセージを豚腸に詰めるだけで、
あとはデモンストレーション見学にしてみましょうと考えましたのです。

そしたら、ソーセージのパテを豚腸に詰めるだけでも約30分かかるとか、
豚腸を口金にセットするのでも老眼(わたくし含む)の人は難しいとか
ほんとは作業の一時間くらいまえにパテは常温に置いとけば良かったとか、
いやほんと、いろいろ勉強になりました。

なんてこともありましたが、おおむねご好評いただいたようで、
Facebookに「ジビエお料理教室」が現在進行形でUPされ、
「美味しそう!!」なんつー書き込みが寄せられたりしていたので、
わたくしはほっといたしました。

というか、イベント主催のわたくし自身すごく楽しくて、
なぜいつもイベントって楽しいのかなーとよくわからないのですが、
人と会ったりするのが好きなんすかね。いやそんなことないはずだが。。。

0008_20160606115823732.jpg
通常ラードとか入れるリエットですが、猪なら脂多めなので、
バラ肉でオッケーです。なんか焼き肉にして食べちゃいたい感じのバラ肉。

0015_201606061158224b4.jpg
玉ねぎとにんにく入れてゆでます。アクはていねいに取りましょう。
0032.jpg
ミキサーでガーッと混ぜてできあがり。
冷蔵庫に入れれば固まります。

0028.jpg
発色剤とか入ってないので小汚い色合いの鹿ソーセージ。
それよりも何よりも、豚腸に詰めるのに力がいります。
心が折れそうになってる女性の参加者もいらっさりました。ごめんなさい。

0024.jpg
うまいこと詰めたらフツーはくるんとひねるんですが、
穴が開いたらヤなのでタコ糸でしばりました。
この後つまようじでちみちみと穴を開けます。

0037.jpg
ゆでます。ますます小汚い色合いになっていくソーセージ。
発色剤ってすげーなーとか思っちゃいました。

0039.jpg
詰める人によって形が全然違うのがめっちゃおもしろいところ。
なんか海にいるよね、こいつ、みたいな形のもできました。うひい。



ともかく、参加者の方々は今後ハンターから「おすそ分け」と
鹿や猪肉をもらってもたぶん困らないのではないかと思う次第です。
鹿肉はローストにしてブルーベリーソースでおいしく食べられるし、
脂が多い猪肉もらってもリエット作ればご近所におすそ分けできるです。

ジビエを食べてみようとか食べてみたいわーと思っても
レストランで食べればそれなりに、というかけっこうなお金を取られます。
なんてこともあり、決して身近な肉になり得ない、それがジビエです。

しかしご家庭でおいしく食べることができたらどうでしょう。
しかもレストランのレシピで食べることができるとしたら。

いつも焼き肉とかすき焼きとかじゃなくて、その他の食べ方を知ってるのと
全く知らないのとでは身近度合いが違うだろうなどとわたくしは思う次第で、
今回のお料理教室がそんな皆様方がさらに「ジビエ食べたい!!!」と
思ったりするきっかけになるといいな、などと考えておるのです。

今回はさて、全日本ジビエ協会で初めてジビエ肉の注文書を作成してみました。
食べてみたい! という方は、わたくしにメッセージをいただければ
注文書をお送りいたします。

ということで、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
ソーセージのご感想などお聞かせいただければ幸いです。

1339.jpg
お持ち帰りいただいた鹿ソーセージを焼いた写真をもらいました。
うまそうじゃん!!!! 焼くとおいしいと聞いたけど、
こんなにうまそうだとは!!!!



★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

参加者集め

ほんたべさんのような方が田舎にいて活動されるとそこは盛り上がりそうですが、人口密度の低い田舎だと、興味のある参加者を集めるのが難しいかもしれませんね。都会だと本当に興味のある人だけで成り立つでしょうけど、田舎だと関係者に(暗に明に)動員かかってやっとだったり。

しかしジビエのこういうイベントって、その日に合わせた材料の用意がなかなか難しくありませんか? 早くから冷凍で用意しておけば可能は可能ですけど。

イノシシ肉は実家でよく食べますが、鹿肉は試食の一度きりです。ソーセージおいしそうですねぇ。

Re: 参加者集め

H2さん、こんにちは。

> ほんたべさんのような方が田舎にいて活動されるとそこは盛り上がりそうですが、人口密度の低い田舎だと、興味のある参加者を集めるのが難しいかもしれませんね。都会だと本当に興味のある人だけで成り立つでしょうけど、田舎だと関係者に(暗に明に)動員かかってやっとだったり。

どうですかねー。
都会でも人集まらないイベントはあります。

要は費用対効果の問題で、お得感があるもの、行く価値があるものなど
参加者にはかなりシビアに効果を測定されると思います。

ジビエのイベントは一度公開で募集したら連絡が取れなくて困ったことがありまして、
以降、主にFacebookで集客をしております。そういう事情もあって、
基本的に参加者は自分のお友だち、またはお友だちのお友だちまでで、
その後リピーターになってくださる方が多いかな。

Facebookって便利ですよね。

また、このイベントは採算度外視でやっているためとくにお得感があるのだと思います。
主催側の人件費などは考えず全員プロボノでやってます。
ジビエ肉の振興が目的ですから、志の高さが自慢です。なんちて。

>
> しかしジビエのこういうイベントって、その日に合わせた材料の用意がなかなか難しくありませんか? 早くから冷凍で用意しておけば可能は可能ですけど。


ジビエ協会の代表がお肉の卸業者さんなので、お肉は非常にいい状態で冷凍されています。
レストランに卸している品質のものなので、おすそ分けでもらうのとは味が違っており、
だから素直に「おいしい」と思っていただけるのでしょう。

肉の管理もきちんとできてるので、例えば今回の鹿肉は
7ヶ月位のバンビちゃんとかちゃんと把握されています。
そのあたり、やっぱプロは違うよねって思います。


> イノシシ肉は実家でよく食べますが、鹿肉は試食の一度きりです。ソーセージおいしそうですねぇ。


ソーセージ、食いっぱぐれたので自分で肉買って作ってみようかと思ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR