有機農業の重鎮なのに錆びない人-鶴田志郎さん

035_201608151754011a2.jpg
株式会社マルタ会長の鶴田志郎さんとおつれあいのほとりさん。
某D社時代にあちこちの産地で鶴田さんとはお目にかかっておりましたが、
先日初めて畑を見学に行かせていただきました。
お話してとても楽しかったです。



有機農業の先駆者の方々が有機農業に取り組み始めたのは1970年代である。
日本のあちこちで誰に言われるともなく始まったように思えるのが不思議だ。
つまり同時多発的に有機農業運動が生まれた。ってな感じなのである。

現在重鎮とされる方々は、だいたいその地域でただ一人有機農業を始め、
最初は農協からも近所の人からもバカにされたり頭がおかしいと言われたり、
そんなことするなら出荷させない的な嫌がらせを受けた人が多い。

しかしそのうち、彼らを慕って有機農業に興味のある人が集まってきて、
最終的に「有機農業の町」とか「村」とか言われるようになったり、
そこを卒業した人がまたあちこちに散らばって有機農家が増殖していく、
的な流れがあるように思える。現在はその段階ではないだろうか。

とにかく「誰か始めた人がいる」というのがミソだ。
コアとなる人がいてこそ初めてその土地に有機農業が根づくと言ってもいい。
誰も有機を始めなかった土地で新しく有機農業を始めるのはむずかしく、
このご時世でも「頭がおかしい」的なことを言われるところもある。

では「有機農業を始めた人々」は「なぜ始めた」のか。

よく言われるのが有吉佐和子さんの『複合汚染』がきっかけというものだ。
(某D社とかがそうです。ちなみに某D社の設立は1975年だ)
また「(近親者が)農薬まいて酒飲んで風呂に入ったら倒れて病院に行った」等の
農薬の薬害でなにか大変な事故が起こったのをきっかけに、というのもある。

当時の農薬は今と違って剣呑な、人が死ぬものもたくさんあったため
農薬=素直に「悪」であり「危険なもの」であった。
またトンデモな使用方法というのもわりとまかり通っていたようである。

当時はああだったなあ(遠い目)的な農家のおじさま方によく聞く昔話では
ナスのつやを良くするためにホリドールにドブ漬けしたとか(ひいいー)
ぶどうの日持ちを良くするためにホリドールにドブ漬けとか(うろ覚え)
今なら農薬取締法で即出荷停止なさまざまなことをわりと平気でやってたらしい。

中国のことなんだかんだ言えないと思うわたくし。

023_201608151754069af.jpg
遠くの山肌に見えるのが田浦の鶴田有機農園。中晩柑類が植わってます。
あちこちの山肌に元甘夏畑今廃園という畑が散見され、
強者どもが夢のあとだなーと思ってしまったです。

026_201608151754049ab.jpg
これが廃園。高齢&後継者なしで耕作をやめて3年でこうなります。
ここに猪が来て住み着いたりしてよその畑を食害します。
ごっそり廃園ならまだしもあちこちにあるってのが一番よくない状態なのかも。



そう言えば15年ほど前、どこかのスイカ産地で収穫少し前に除草剤をうすーくまく、
というような、最後にぐわっとスイカを肥大させる裏技を聞いたことがあるが、
こういうのは農取法改正以降行われていない(と思う。だって農取法違反だもん)。

ちなみにホリドールとはすでに失効した農薬であり、現在は売られていない。
農家のおじさま(60歳以上)に会ったら「ホリドールってどんな農薬?」
と聞いてみよう。上記のような話を聞けるかもしれない。

てな感じで「有機農家が有機農業を始めた理由」は主に安全性によるものが多く
わたくしはそれがあたりまえ、というか一般的な理由だと思っていた。
有機の流通も同じである。まず「安全性」。次に「おいしさ」、
ちなみに一番最後で置いてきぼりになってたのが「見ため」だった。ううううう。

しかしそうではない人もいると先日知って少しばかり驚いた。
それが株式会社マルタグループの取締役会長・鶴田志郎さんである。

鶴田さんは熊本県芦北町の田浦で有機栽培の中晩柑類を栽培している。

熊本の人なら知っているが、田浦は海際まで山の迫った不便な土地だ。
平地が少ないので少しばかりの水田と畑しかなく税入が非常に低い貧乏な村だった。
そこで、すでにレモンやネーブルを栽培し柑橘類では先駆者だった鶴田さんのお父さんが
甘夏を育種し栽培を始め、地域の皆に広げ、販促も行った。

昭和30年代後半の話である。当時は晩柑類と言えば夏みかんしかなかったから、
甘くておいしい甘夏はべらぼうに儲かった。
鶴田さんは一本の甘夏の木から上がる売上が一万円だったと言う。
一反(10a)に100本植えると100万円だ。昭和40年頃の100万円。どうですか。

植えれば植えるほど儲かったので、皆が山を切り開いて甘夏を植え、
しばらくすると田浦地区は税収が全国TOP10に入るお金持ちの村に生まれ変わった。

このチョー景気のいいときに鶴田さん親子はなぜか農薬をまくのをやめ、
有機農業の道に踏み入ったのだった。
その理由がなんと「おいしさ」と「微生物」である。

013_20160815175418eb3.jpg
「夕陽がとてもきれいなのよねー」とほとりさん。夕陽の波長は
作物の食味を上げると北海道農業研究センターの池田成志さんが
おっしゃっていたけど、この畑はバッチリ夕陽があたってるから
さらにおいしいのかも。鶴田さんの甘夏はほんとうにおいしいのです。

004_20160815175419a13.jpg
海に面した畑は海風からの適度なミネラル補給がメリットだけど
台風の直撃に合うってところがチョーデメリット。
ものすごい台風で苗木がやられだが、ここ数年でようやく大きくなってきた。
ようやく収量が上がり始めたところだっていうからほんとに大変。


【ある時、義父は東京・神田市場でちょっとした情報を仲買人から得ます。
この年の鳥取のナシはひどい不作で味が悪いのに、一産地だけ例年通りに
うまい梨を出してくるところがある。というのです】
鶴田ほとりさん『みかん山に吹く風』(熊本日日新聞社刊)より

鳥取に行ってみるとその人たちは堆肥で梨をつくっていると言った。
当時は化成肥料をバンバン入れて作物を作る時代である。
なぜ堆肥でつくると味が良くなるのか。鶴田さんがすごいのは
これを科学的に証明できる人を探して話を聞きに行ったことだ。

つてをたどって京都大学農学部の研究者、小林達治さんを紹介してもらい、
土の中の微生物の働きや作物の食味との関係などを聞いた鶴田さんは
まず化学肥料を使うのをやめ6ヘクタール分の畑の農薬をやめた。

近隣の人たちからはやはりなんだかんだ言われたらしい。
チョー儲かっているのだからそんな新しいことをする必要はないじゃないか。
なんで今そんなことをするのだ、とお説教もされた。よくある話だ。

しかし鶴田さんはお父さんといっしょにマルタ有機農業生産組合を立ち上げ
(なんと某D社の設立一年前の1974年)全国の有機農業に取り組む生産者と連携していく。

数年後には堆肥センターを作り「モグラ堆肥」の販売も始めた。
モグラ堆肥はわたくしも使っている初年度から食味があがるすんばらしい堆肥だが、
この鶴田さんの歴史を知ると、さもありなんとしみじみ思ってしまう。

041.jpg
落葉果樹と違って柑橘類の畑って海っぱたにあることが多いから、
景色はいいけど台風が大変だなー。今年は台風が来ませんように。



「化成肥料がダメな科学的な理由=微生物→堆肥=食味向上」がまずあって、
そういう作物を作るためにどうすればいいかという結果の有機農業。

もちろん安全性も必要だし大切なことだが、おいしさも大事だ。
安心して食べられてもおいしくなくてはだめじゃないかとも思う。しかし、
今でも農家の前でそれを言うのは少しはばかられる的な微妙なところはある。

最初から「食味の良さ」を追求し有機農業を始めた人をわたくしは知らない。
「安全」はわかりやすい指標だがときとして「思想」という隘路に入り込み
これは安全でこっちはダメ的な、わけのわからない話になったりする。

有機農業の重鎮の人たちと話すと「んであなたは何をしたいのですか?」と
聞きたくなることが多い。皆1970年には輝いていたのにもう輝いてはいない。
時代に併せて自分を磨くことをやめてしまったのか、錆びついているように思える。

しかし鶴田さんはそうではない。
錆びつかず、いまでも鮮度を保持していらっしゃるのだ。

何が違うのだろう? とじっと手を見て考えてしまう今日このごろのわたくし。
そして自分も「錆びない人」にならなくてはと強く強く思うのでした。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR