だいたいにおいて酒には飲まれているが飲めないよりはいいよなあと思う件

098_201608221216440a0.jpg
「インドの青鬼」。大変とてもおいしいんですが、苦味も香りも強いので、
他のビールの味がわからなくなります。なので中盤以降に飲みますが、
アルコール度数が7%とかで高いため、うっかり「大」で飲んじゃうと、
その後のダメージ(酔っ払い度)が強いので要注意です。



お酒、というかビールが大好きである。

ビールならなんでもいいかと言うとそんなことはなく、
最近のものでは香りの高いクラフトビールとか、IPAとかが大好き。
ヤッホーブルーイングのインドの青鬼とかすごい好き(ローソンに売ってます)。

昔ながらのアサヒスーパードライとかキリン一番絞り、
モルツなどはあれば飲むが自ら買ってまで飲もうとは思わない。
プレミアムモルツよりもキリンラガーの方が好きだったりするから、
麦芽とホップだけの伝統的な味、が好きなわけでもないらしい。

居酒屋に行ってエビスビールが置いてあると
わーい、エビスだ! とうれしくなって飲み過ぎるし、
スーパードライだとがっかりして「早く帰ろう」とか思うけど
3杯目からはどうでもよくなってやっぱり飲み過ぎるし、
なんだ、ビールならなんでもいいんじゃん。反省するわたくし。

そしてわかっているはずなのに、なぜか、
一定程度の量を毎回過ごして翌日は二日酔いになる。

実は、飲む量をカウントできている間は二日酔いにならないのだが
ちゃんと理性が働いているからで、理性が働くということは
冷静だからで、ある意味「楽しくない飲み会」ということでもある。

わたくしの場合カウントできなくなる目安は生ビール5杯だが、
そこまで飲んでるとだいたいものすごーく楽しくなっていて、
だいたい翌日は再起不能になると先日気がついた(遅いって)。

それに気づけたのはこのサイトのおかげである。
http://hangover.hajime123.net/06.html
「二日酔い予防と対策」

これで自分が何杯飲んだら二日酔いになってしまうかが計算できるのだ。

わたくしの場合、二日酔いになるアルコールの摂取g数は100g。
これ以上飲むと危険水域である。ワインや焼酎の場合はもっと少ない気がするが、
これは同時に摂取する水分量の問題であろう。ってことは
チェイサーで水飲めばいいってことかな? 今度試してみようっと。

ともかく、これ以上飲むと翌朝どうやって家に帰ったのか全く思い出せず、
なぜかひざとかひじとかに青タンをこさえていたりする。
近所のファミマですっ転んで人に助け起こしてもらった的な(恥)、
記憶をなくすなら全部なくしといてくれ自分! みたいなことも起こる。

しかし酩酊状態でも意外と一定程度の判断力が残っている、
とわたくしは知っている。

これは某D社の酒癖の悪い元同僚と「記憶をなくしていることに気づいた翌朝、
自分が何かやらかしているのではと不安になるがなぜかやらかしていない」
ことの不思議について議論した結果得た結論である。

アルコールの作用によって、脳の暫定的な記憶貯蔵庫から、
短期記憶貯蔵庫に移行することができないから記憶がなくなるだけなので、
脳全体の機能が衰えているわけではないから、瞬間の事象については
脳はきちんと判断できている。だからまじめな話もできるし議論も可能だ。

しかし議論をふっかけた本人が翌日その話を覚えてなくて、
あんたの議論につきあったアタシの2時間を返してくれ! とか
言いたくなった経験がある人は多いに違いない。

わたくしの場合はすげーいいアイディアの話をしていたのに
翌日全く覚えていない的なことが多い。
メモしとけ! 自分! って感じだ。

なぜこのような結果になるとわかっているのに飲み過ぎるのか。
わたくしが飲み過ぎてしまう明確な原因はふたつある。

ひとつは「早い時間から飲む」こと。

毎回失敗しているが「こないだは遅くなったから早めにはじめようね」
とかで5時とか6時とかスタートにしてみるが、終わりは必ず11時で、
お店に「帰ってください」と言われるまで飲み続けてしまう。
支払いのほとんどは酒代である。ううううう。アホですか。

もうひとつは「宴会におけるちっこいグラス攻撃」だ。

産地の宴会とかさ、あるでしょう。仕事で出席するヤツとか。
こういった宴会で生ビールが出ることはまれで、だいたいにおいて、
瓶ビールをちっこいグラスにどんどんつがれることが多い。

飲み干してないのにつがれたり、飲み干せと強要されてつがれることも多い。
そうなると、必ず自分が何杯飲んでいるかわからなくなり、
ふと気づくとなんかしらん酔っ払ってたのしーくなっているのだった。

日本酒でこれをされてる人はどうやってコントロールしてるのか。
ビールでもできないわたくしはその人たちのことを尊敬してしまうなあ。

さらに宴会にはもうひとつ罠がある。

料理がおいしくなくて箸をつけるのをためらっていたら
ちっこいグラス攻撃に合って食べそこねて酔っ払うというもので、
この場合の二日酔いはただの飲み過ぎよりもひどくなるので要注意だ。

ということで「わたくし的賢い宴会対策」は、「カンパーイ!」のあと
サラダではなく揚げ物(とくに肉)と炭水化物をごっそり食べて
すぐにやってくる「ちっこいグラス攻撃」に備えることである。

成功したことが数えるほどしかないのが不思議だが
自己管理能力の欠如ということだろうか。ううう、人間失格?

しかし昨今わたくしはどうも酒(ビール)が飲めなくなったらしく、
人生における楽しみのひとつを失うのではないかと恐れているのだ。

酒に飲まれても飲めないよりはいいよなあと思う今日このごろ。
これも「寄る年波」ってヤツですかね。ううううう。つまらんのう。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR