銃所持許可証が出たので猟友会に入ってみた

10991083_668793789888320_333747553534179603_n.jpg
わたくしは網猟の免許は取らなかったのですが、果樹園があったら
網やりたかったなーとしみじみ思っとります。しかし、
実際には非狩猟鳥が大量に捕まるらしく、それはそれで大変。
なんだって。そりゃそうだよね。(写真提供・高取寛氏)



銃所持許可がおりまして、手帳をもらったです。

「猟銃・空気銃所持許可証」はパスポートみたいなちっこい手帳で
銃を持つときには必ず携行しなくてはならない、と書いてあります。

手帳には顔写真とか登録番号、交付日などが記載されております。

わたくしが許可を申請した銃はベレッタの自動銃ですが、
この後エアライフルが欲しくなったら再び申請しなくてはなりません。
なぜなら所持許可は銃一本ごとに行なわなくてはならないからです。

有効期間は所持許可を受けた日から3回目の誕生日が経過するまでの間。
結婚記念日もつれあいの誕生日も忘れるわたくし的に
絶対忘れるよねって感じです。Googleカレンダーに登録しとこうっと。

さて、わたくしの所持許可証は、生活安全課保安係のおじさまが
どういうわけだか男に◯をし、間違ったことに気づいたあと
砂消しで消して女に◯をしたのはいいけど「男」の字が消えちゃったので、
おじさまの手書き文字で「男」と書いてあります。

「砂消しで消したけど大丈夫だから」だって。そうですか。

砂消しってひっさしぶりに聞いたよな、まだ売ってんだ!! と
間違いよりも砂消しに気を取られたわたくしですが、
その後さらにでかい間違いをされていたことに気づくのでありました。

許可証が下りたらすぐに銃を送ってもらい再度生活安全課保安係に行って
「許可が下りた銃と同じです」と見せなくてはなりません。
ということで、銃の手配をぬかりなく行いました。

さらにわたくしは山形県の農家のお友だちから
「狩猟解禁日の11月1日にはみんなで鴨を撃ちに行くから、
そこに間に合うように狩猟届を出しとけ」という指令を受けているため
速攻で大日本猟友会東京都猟友会◯地区の地区長さんのところに行きました。

「大日本猟友会」大げさな名前です。
いったいどのような組織なのでしょうか。

『野生動物管理のための狩猟学』(朝倉書店)によると、
設立は1929年(昭和4年)だそうです。当初の名称は
全日本総合猟友会でした。大層な名前ですが時代を反映したものでしょう。

設立事由について「狩猟道徳の向上」があったと書かれております。
当時はモラルもへったくれもなく密猟が横行していた、というのは
当時の日本人の民度を考えると当然だろうって気がします。

11665766_720015344766164_8165480764404141941_n.jpg
わたくしの地区の猟友会会員は鳥撃ちの人が数名(じいさま)いて、
みんな千葉県に行ってるそうですが、だいたい単独行らしいです。
いいなー、鳥撃ち。とりあえず鳥撃ち専門でやりたいと思っとります。
※今回の鳥写真は全部非狩猟鳥獣です。


第ニ次世界大戦中は軍からの要請もあり、野生動物の毛皮(軍用毛皮)や、
肉などの供給などの協力体制を敷いたようです。
戦後は食糧増産計画の一環としての食肉の獲得と有害駆除目的もあり
猟友会はさらに活躍の場が広がりました。お金も儲かったでしょうね。

そして野生動物の数が大きく減ることになりました。
さらに事故の発生もかなり多かったようです。あわわわ。

1963年「狩猟法」は「鳥獣保護及び狩猟に関する法律」に大改正されました。
もとの狩猟法がどんなもんだかこの文献を見てもよくわかりませんが、
積極的な「保護」という概念はあまりなかったのではないかと思います。
なぜなら「アホウドリ」も狩猟鳥獣になっているからです。

野生動物を取りすぎると絶滅する、などの概念は
狩猟法が定められた1918年にはおそらくなかったのでしょう。
このあたりでニホンオオカミが絶滅しているからです。

しかし「鳥獣保護及び狩猟に関する法律」も正しかったかというと
科学的な知見もなくとりあえず「減ってるものは保護」的な
やみくもな保護を行い、ニホンジカ、エゾジカの爆発的な増加をもたらしたのは
今だから言えるということもありますが、周知の事実です。

2015年、鳥獣法は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」と
わざわざ「管理」という言葉が追加され改正されました。
これにともなって職業ハンターが生まれるのではと期待されています。

さて大日本猟友会は現在では一般社団法人です。

下部組織として47都道府県に自治体ごとの猟友会があります。
大日本猟友会→東京都猟友会→地区猟友会、という構造です。
各地区は地区長が会員の管理をしています。

猟友会に入ると地区長が狩猟届けを取りまとめて提出してくださったり、
ハンター保険に加入できたりもします。初心者にはとても役立ちます。

わたくしの地区の地区長は、ハンターにありがちな顔色の悪いじいさま
ではなく少し年上のフツーの方で、iPadとiPhoneを持っていました。

おお、りんご教信者か。きっといい人に違いない。

そして地区長は保安係のおじさまの「男に○」どころではない
でかいミスを発見してくださったのでした。

10959336_668076333293399_1726357545018265644_n_20161014094428ea9.jpg
海外の冒険小説読んでるとトレーサーって人がよく出てきます。
山歩きで獣の足跡や糞の痕跡からあれこれ見つけることができる
(冒険小説の場合は人間を見つけることが多い)のですが、
わたくしはそういう人になりたいなと思っております。



詳細は省きますが、このミスのまま狩猟届を山形県に出していたら
突き返されたに違いありません。地区長は速攻で警察署に電話し
修正をしてくださりましたよ。やっぱりいい人なんだ。そして

くそう!!! ふざけんなよ!!!

警察署方面に向けて呪詛の言葉のひとつも吐きたくなるわたくし。
保安係のおじさまから「今度銃を持ってくるときに許可証持ってきて。
修正するから」と翌日電話がかかってきました。

「すんません、悪かったね」くらい言え!!! 
くらい思ってもバチはあたらんでしょうと思うわたくし。

猟友会に入らずわたくしが一人で狩猟届を書いていたら、
間違ったまま山形県に行き、差し戻しをくらって、
ただでさえ遅い処理がますます遅れたことでしょう。

猟友会(というか地区長さん)ありがとう!!!

「猟友会に入るべきか否か」とWEBを検索すると結構出てきます。
ハンター初心者の初歩的な相談なのかもしれません。

銃砲店が猟友会の地区長をしているところもあるので、
銃砲店にしょっちゅう出入りする人はそこに入ればいいかもしれません。
射撃大会とか狩猟ツアーとかやってる銃砲店もあるようです。
イベントが好きな人は地区ではなく銃砲店を選択するといいと思います。

わたくしの場合は猟に行くとしたらとりあえず知り合いがいる
北海道か山形県で、地元の人と狩猟をすることはまずないでしょう。

数十名いらっしゃる地区の構成員も好きなところに行ってるので、
「僕の仕事は事務屋さん」と地区長が言うとおり、
23区内の地区猟友会は諸手続きを円滑にしてくれる事務屋さん
なのかもしれません。そして彼の場合、完全なボランティアなのだそうです。

スゴイわー。さすがりんご教信者、いい人!

そして地区長が「もうやーめた」と言って後継者がいない場合
その地区は消滅するそうです。猟友会の将来も不安よねと思った次第です。

初心者は猟友会に入って懇切丁寧にいろいろ教えてもらうこと。
初年度はそうするのが一番いいとしみじみ実感したわたくしです。

地区長がりんご教信者ならもっといいでしょう。なんちて。


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR