巷に「農法」は数多くあれど…

gazou 033
独自の剪定方法「切り上げ剪定」で無農薬・無施肥栽培の農法を確立している道法正徳さん。
この農法は誰がやっても一定の効果が得られる再現性のある農法だと思います。
農法ってのは、そうでなくちゃね。



以前勤務していたNPO法人で、農業分野でのCO2削減について調査しました。
何を軸にしてCO2排出量を見ていくか色々と考え、
とりあえず「農法別」にまとめてみようというので、農法の一覧表を作成したです。

農水省のHPのどこかで農法のリストを発見したのは良かったのですが、
そのリストたるや…オカルト、科学的根拠の全くないもの、資材の名前をつけただけのもの、
思わずぷぷぷと失笑がもれてしまうものなど、ほんとにさまざま。

これらを信じて実践している人が本当いるのかなあ…
その人たちはちゃんと収量をあげてるのかなあ…と遠い目をしてしまいましたです。

実は大地を守る会で産地担当をしていた期間も、農法について勉強しました。

大地を守る会は有機農業運動のスタートとほぼ同時期にできた会社ですから、
生産者は一筋縄でいかない人ばっか。無知な小娘では相手にしてもらえません。

それもそのはず、彼らが有機に取り組んだのは、有機をしてるだけで村八分にされ、
農協に嫌がらせをされた時代です。国が方針として有機農業を認めた現在と違い、
有機農業を営むってことは信念と根性の必要とされる、大変なことだったのです。

IMG_0755.jpg
師匠・西出隆一さんの農法名は「一の字農法」。別名「西出式微生物農法」。
西出さんの技術も、科学的な根拠と観察力に裏打ちされた再現性のある農法です。
話を聞いてて「おや?」と思うことが全く無い農法って、それほどないんですよね~、ほんと。
「おや?」と思った瞬間、自分の中では信頼度は0%。人を信じないゆがんだ性格のせいかしら。


当時、有機農業の教科書などはなく(まあ今でもそういうものはないのですが)、
自分の技術を蓄積するためには、いろんな農法を学習し実践してみるしかありませんでした。
だから古い生産者ほどいろんな農法と理念を知っていました。
産地担当の4年間、私は彼らにいろんなことを教えてもらいました。

昨今「農法」と呼ばれているものの中には、技術体系が構築されているもの以外に、
農薬・化学肥料の代替物として特定資材を使用する「対症療法農法」、
何かひとつのものを軸にして栽培をかたる「よりどころ農法」も混在しています。

個人的な意見なので異論はもちろんあると思いますが、私は「農法」ってのは
①栽培のステージにそった技術・理論体系がきちんと構築されているもの
②栽培したものがおいしいこと、収量もそれなりにきちんとあるもの
③特定の資材に頼るのではなく、それが農民自身の知識となり再現性があるもの
上記の3つの条件を満たす必要があると考えています。

担当していた農家のなかで、味がよく、毎年その味がぶれなくて、農薬も少なく、
自分の作物に何が起こっているのかきちんと把握している人たちがいました。
皆同じ農法を勉強していた人でした。

その農法の名は「栄養週期説」と言います。

gazou 020
私に栄養週期を教えてくださった無農薬ですももを栽培している山梨県の古郡正さん。
栄養週期を実践していく中、植物の生育のコントロールもある程度できるようになったけど、
それは植物にとって本当にいいのかという疑問を持ち、その技術を利用しなくなった方。
今でも栄養週期でわかんないことがあると、古郡さんに電話して色々聞いちゃいます。


これは巨峰を育種した大井上康さんという方が提唱した考え方で、
ざっくり言うと、植物の状態を見極め、そのステージごとに何を必要としているかを観察し、
植物が求めているものを与えるという植物生理に基づく理論です。

大井上さんが著した『新栽培技術の理論体系』という本を読むとよくわかるのですが、
私は毎回その本を読もうとすると眠気が襲ってきてしまい、いまだに読めていませんです。
なので、内容をお知らせすることはできませんですが、
今は家庭菜園用の本も出ているそうです。それは非常にわかりやすいと聞きました。

栄養週期を勉強すると、作物の状態がある程度わかるようになります。
以下は私でも今のところわかっている、基本中の基本の考え方です。

植物にはまず体を作っていく期間「栄養成長」を行ってから、
子孫を残すための成長期間「生殖成長」に切り替わります。

栄養成長から生殖成長に切り替わる時期を「交代期」と呼び、
本葉5~6枚出た時期がこれに当たります。

植物の生理は基本的に同じなのですが、タイプ別に考え方があります。

奥山さん
慣行栽培の半分以下の農薬散布で、おいしいさくらんぼを栽培している山形県の奥山博さん。
栄養週期との出会いがあって、現在の誰にも真似できない技術があります。



栄養成長の途中で食べてしまう菜っ葉などの作物は「直線型」
栄養成長と生殖成長を同時に行うトマトやきゅうりなどの果菜類は「複線型」、
前年・前々年の影響を受ける永年作物である果樹類は「らせん型」。

それぞれのタイプで必要とされるものが違いますが、
同じタイプのものは肥料の用い方もほぼ同じ(果樹類はちょっと違うけど)。
資材などの外的要因に頼らないので、基礎を押さえれば様々な応用が可能です。

ただ、栄養週期は有機JAS法が施行される以前の技術。
リン酸・石灰・カリなどを単体で与える「単肥」の施用が必要なため、
有機ではこの農法は実践できません。

しかし、この農法の価値は理論にあります。
私は栄養週期を知ってから、植物生理が少しだけ理解できるようになりました。
人間とは全く違う生理をもつ植物の声が、うまく聞けるような気がしたものです。

gazou 034
長年栄養週期を実践してきた埼玉県本庄市の瀬山明さん。
その野菜は誰よりもおいしくて、土づくりと技術の大切さを教えていただきました。
瀬山さんは有機JASを取得しています。栄養週期の基本の上に自分の技術を構築した生産者です。



今では栄養週期を教える人がいなくなってしまい、この技術の継承は難しいようです。
時代の趨勢っていうのか…残念だなあと思います。

巷には星の数ほど農法がありますが、科学的な根拠があるものなんてほんの一握り。
これだけやってれば大丈夫!みたいな、よりどころ的なものだってあります。

それに振り回されて、一喜一憂している農民を見るにつけ、
農業って、植物の生理を知り、自分の畑の土の状態を把握して観察力を養うこと、
そこに尽きるんじゃないのかなあ…。なんて最近よく思うのでした。


上記でご紹介した農家の記事は過去ログから↓
道法正徳さん  http://hontabe.blog6.fc2.com/blog-entry-34.html
西出隆一さん  http://hontabe.blog6.fc2.com/blog-entry-9.html
古郡正さん  http://hontabe.blog6.fc2.com/blog-entry-14.html
奥山博さん  http://hontabe.blog6.fc2.com/blog-entry-8.html
瀬山明さん  http://hontabe.blog6.fc2.com/blog-entry-6.html


★現在ブログランキング参加中です!
↓プキッとクリック、ご協力お願いいたします!



こちらもよろしくお願いいたします!
にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ほんたべさん、こんばんわ。ほんたべさんのご紹介して下さる方々の「農法」はとてもすっきりと分かりやすく、なるほど!と感心するものばかりですね。

『新栽培技術の理論体系』この本を読んでみたい!と思い、Amazonで探したら、取り扱っていませんでした。(1948年ではさすがに入手不可能ですね。)他の本がありましたら教えてください!寝ないで読破してみます!

Re: No title

駆動さん

あけましておめでとうございます。
私が寝てしまう本は「新栽培技術の理論体系」(日本巨峰会、2000)です。
家庭菜園の本は以下になります。
大井上康「家庭菜園の実際 栄養周期理論の作物づくり」(農文協、2006)

農文協の本だったのですね…なんか栄週にちょっとそぐわない、カラーの図版の多い本だったような記憶があります。
私の後任者は京大の大学院出でしたが「すっごくわかりやすい」と言ってました。

もしも入手できたらしてみてください。
私は元会社の同僚に借りて読もうかしら…とセコイことを考えてます(笑)。


プロフィール

ほんたべ

Author:ほんたべ
手島奈緒
おいしい食べものをつくる人を紹介したり応援したりしております。ブログをまとめた著書『いでんしくみかえさくもつのないせいかつ』(雷鳥社)『まだまだあった! 知らずに食べてる体を壊す食品』(アスコム)『儲かる「西出式」農法』(さくら舎)など。現在ハンター修行中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
FC2ブログランキング
FC2ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR